自賠責保険 コンビニ クレジットカード。 コンビ二で契約できる原付・バイクの自賠責保険まとめ

自賠責保険料の支払いは「現金」または「カード」など分割払いは可能なのか?

自賠責保険 コンビニ クレジットカード

自賠責保険の分割払いは「現金は無理」「カードは可能」 結論から言うと、 現金の分割払いは不可能で、クレジットカードの分割払いは可能です。 自賠責保険は保険加入時に 一括払込いが基本だからです。 もちろん保険会社やディーラーで掛けるのも同じで、現金分割払いは断られるのは間違いないでしょう。 なぜ現金の分割払いができないのかというと、自賠責保険の基本は「 保険料即収の原則」という概念がり、契約と同時に支払いが完了しなければ、事故が起きた時などに対応ができなくなるからです。 例えば、自賠責保険料が20,000円で10,000円だけもらっていたとしても残りの10,000円の支払いが終わらないうちには、保険は適応されていません。 この状態で事故を起こしても保険料は一切補償されないのです。 一方で、クレジットカードでの分割払いなら、カード会社があなたに代わって保険料を支払ってくれるので全く問題はありません。 車検時には、自賠責保険を「立て替え払い」してくれている。 例えば、車検代の支払いについては、車検が終わってからでも良いところが未だに多くあります。 これは、整備工場やディーラー特有の、自賠責保険立て替え払いによって生まれる仕組みなのです。 先ほど自賠責保険の基本は「 保険料即収の原則」と言いましたが、あなたがお金を支払っていなくても自賠責保険にかかっているのはディーラーがあなたの自賠責保険料金を立て替え払いしているだけだからです。 本来車検を受けるときには「法定費用の前受金」が必須です。 でも、最近では法定費用も含めた車検代のすべてをクレジットカードで支払っても問題がないところも増えてきているので車検を受ける場所で確認しておきましょう。 昔は、法定費用は税金に当たるので、クレジットカードでの支払いをNGだったのですが、最近では車検業者も「 回収できないよりは、売掛を残さない方針」なので、自賠責保険を含めた車検代を、クレジットカードの分割払いをしても全く問題はないのです。 つまり、車検代すべてをクレジットカード払いしているということは、自賠責保険も同様に分割払いをしているのと同じことになります。 法定費用を前受金としてもらっている整備工場もありますが、 最近では、整備代+法定費用が作業完了時に一括して支払いさせるところが多くなってきています。 車検のない自賠責保険はカードでも支払いが可能 原付バイクなど、車検に関わらない自賠責保険料の支払いについても、以前は、現金一括払いしかありませんでした。 ですが、最近のコンビニエンスストア、例えば「セブンイレブン」では、現金一括とnanakoカードで支払いが可能です。 また、 やなどでは、クレジットカード払いができるようなサービスが登場してきています。 なので、車検に関係に該当しない250CC以下のバイクや原付バイクに関して言えば、支払い方法が多様化してきていると言えますね。 もちろん分割払いも可能ですので、月々の支払いが苦しいのなら分割で支払いをしましょう。 まとめ どうしても、自賠責保険料を分割払いしたければ、クレジットカードにて分割払いしか方法はありません。 何度も言いますが「現金」では無理です。 「クレジットカード」のみが有効です。 もし手持ちの現金がなくて、どうしてもカードが必要になれば、 を作ることで初期ポイントがもらえます。 楽天カードは、なんと 初期ポイント5,000円分がつくのですごくお得です。 自賠責保険の支払いを現金の分割払いにするのは厳しいので、まずは楽天カードを作り、初期ポイントを利用して、自賠責保険の支払いに当てても良いかもしれませんよ。 自動車保険を見直しするのに「一括見積もり」を使ってみました。 すると、全く同じ補償内容であるのにもかかわらず、保険料が 35,600円も安くなりました。 「保険の窓口 インズウェブ」は、最大20社の保険会社の中から保険料の比較ができるサービスです。 たった5分で見積もりがとれて、もちろん手数料も無料なので安心です。 すでに、利用者も900万人に突破して保険料の節約に成功しています。 私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、 予想してたよりもはるかに低い査定額でした。 ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、 最大で234,000円の価格差がついたのです。 また、 「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の 「相場価格」もかんたんに知ることができる。 提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、 最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。 それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

次の

バイク自賠責保険|ローソンで入れる保険

自賠責保険 コンビニ クレジットカード

自転車保険はクレジットカード会社の個人賠償責任保険がおすすめ 買い物や通勤通学に便利に利用することが出来る自転車ですが、 一歩間違うと自分の人生を狂わせてしまうような事故に繋がってしまうことも少なくありません。 自動車の場合は、任意保険の加入率が8割を超えるなど、事故に対する備えをしている方は多いでしょう。 しかし、自転車の場合には、あまりにも手軽で身近な乗り物であるが故に、 任意の保険などを備えていない方が多いのではないでしょうか? 坂道では時速20kmを超えることがある 自転車は歩行者にとっては立派な凶器となりますし、鉄の塊であることも忘れてはいけません。 自転車を運転中に歩行者に追突してケガを負わせてしまった 道に止めている車に追突して自動車に傷をつけてしまった 駐車場・駐輪場に止めていた自転車が倒れて車に傷をつけてしまった このように、自転車を運転している時だけではなく、駐車場や駐輪場に止めている場合でも、他人の車に傷をつけてしまうリスクがあるのですね。 また、 子供が自転車で通学している方の場合は、我が子が事故に合わないかを心配するとともに、人にケガをさせてしまわないか不安な方も多いのではないでしょうか。 自転車での事故で生じた損害を補償する保険となるのが「自転車保険」です。 自転車保険は各保険会社で加入することが可能となっていますが、 年間の費用が約7,000円程度と高額になってしまいます。 自転車保険を備える場合には、 クレジットカードの個人賠償責任保険がおすすめとなっています。 自転車での事故の際に、最も賠償の負担が大きくなってしまうのは、他人や他人の物品を傷つけてしまった場合でしょう。 個人賠償責任保険では、そうした損害を補償してもらうことができますので、万一の際の賠償の負担に備えることが出来るのですね。 クレジットカードの個人賠償責任保険は、 カードのオプションとして利用することができますので、月額数百円の低コストで補償を備えることができます。 最小限のコストで補償を用意したい方には、クレジットカードの個人賠償責任保険がおすすめとなっているのですね。 個人賠償責任保険が加入できるおすすめのクレジットカード 自動車の任意保険は多くの方が関心を持っていますが、自転車保険というとどうしても意識が薄くなってしまうものです。 自転車保険を備えるには、クレジットカードの個人賠償責任保険がおすすめです。 ここでは、個人賠償責任保険に加入することができる、おすすめのクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。 JCB一般カード 入院・手術費用まで補償された手厚い個人賠償責任保険 手厚い旅行保険も魅力 年間50万円以上の利用で年会費が無料 個人賠償責任保険を付帯させるのであれば、最もおすすめのクレジットカードとなるのが 「JCB一般カード」です。 JCB一般カードの個人賠償責任保険では 入院保険金・手術費用まで補償されており、自転車を運転する方・自転車に乗る家族が居る方には最適なカードとなっています。 また、 国内外の旅行保険でも最高3,000万円が補償されており、プロパーカードに相応しいバランスの取れたカード構成が魅力となっています。 JCB一般カードには、ポイントを有利に貯めることができるJCB ORIGINALシリーズパートナー店も用意されており、セブン-イレブンでポイント3倍など、効率的にポイントを貯めることができます。 年間50万円以上のカードの利用で翌年の年会費が無料になる特典もありますので、年会費のコストを抑えて利用したい方にもおすすめのカードとなっています。 エポスカード 入院保険金が補償される個人賠償責任保険が魅力 各種店舗・サービスでの手厚い優待サービス 年会費無料最高クラスの手厚い旅行保険 年会費無料のカードの中でも、特に 付帯保険が手厚いクレジットカードとなっているのが 「エポスカード」です。 エポスカードの個人賠償責任保険では、 入院保険金も1日当たり500円補償されますので、自転車の事故で入院をしてしまった時の最低限の補償も備えることができます。 また、エポスカードでは、 自動付帯で補償される海外旅行保険が非常に手厚い内容になっており、 200万円の傷害治療・270万円の疾病治療と実用にも充分な補償が用意されています。 エポスカードでは、マルイでの年に4回の会員向けセールをはじめ、シダックスなど幅広い店舗での優待をうけることが可能となっています。 エポスカードは、オンラインでの申込後にマルイのカードカウンターで 即日発行も可能となっており、その日の内に特典をうけることが出来るのも嬉しいですよね。 VIASOカード 月額150円の格安費用で損害賠償保険を付帯可能 ETC・携帯電話の支払いでポイントが2倍 貯まったポイントはオートキャッシュバック 最もコストを抑えて個人賠償責任保険を備えることができるクレジットカードが 「VIASOカード」です。 VIASOカードでは、 月額150円からの格安費用で個人賠償責任保険に加入することが可能となっており、自転車での事故やトラブルに備えることが可能となっています。 また、VIASOカードの個人賠償責任保険では、 死亡・後遺障害の補償が最高100万円までの補償が付帯しており、コストだけではなく補償内容も手厚い内容となっています。 VIASOカードでは、 ETC・携帯電話の支払いでポイントが2倍になる特典もあり、毎日の生活で効率的にポイントを貯めることが可能です。 貯まったポイントは1年間蓄積され、 自動的にキャッシュバック還元されますので、ポイントの失効を気にすること無くカードを利用することが出来るのですね。 イオンカード セレクト 現在、受付停止中です 死亡・後遺障害の補償が手厚い個人賠償責任保険 毎月20日・30日はイオングループで5%オフ WAONのオートチャージでポイントが貯まる 個人賠償責任保険で、自分に対する補償もしっかり備えておきたい方には 「イオンカード セレクト」がおすすめです。 イオンカード セレクトの個人賠償責任保険では、 死亡・後遺障害の補償が最高400万円まで付帯しており、自転車での事故での万が一に備えることができます。 また、イオンカード セレクトにはイオンの電子マネー「WAON」が一体となっており、 WAONのオートチャージでポイントを貯めることが可能となっています。 イオンカード セレクトの最も大きなメリットとなっているのは、 毎月20日・30日のお客様感謝デーのイオングループ店舗での5%割引の優待特典でしょう。 毎月5の付く日はイオングループ店舗でのお買い物で2倍ポイントを貯めることが可能となっており、毎日のお買い物でお得に利用することができるカードとなっているのですね。 三井住友カード 入院保険まで補償された手厚い個人賠償責任保険 バランスの取れた付帯サービスが魅力 自転車事故での入院に備えたい方には 「三井住友カード」がおすすめとなっています。 三井住友カードの個人賠償責任保険では、 入院保険金が日額500円補償されており、自転車事故のケガに最低限の補償を備えることができます。 三井住友カードでは、 電話1本で旅行を手配できる「エアライン&ホテルデスク」などのバランスの取れた付帯サービスも魅力となっています。 年間の利用金額に応じて、翌年のポイント還元率がアップするステージ制度も用意されており、ポイントを効率的に貯めたい方にもおすすめのカードとなっています。 保険会社の自転車保険の月額費用を比較! 自動車の任意保険とは違い、あまり普及率が高いとは言えない「自転車保険」。 しかし、自転車で他人にケガ・死亡をさせてしまった場合には、自動車事故で人身事故を起こしてしまった時と同等の損害賠償責任が生じてしまいます。 実際に子供が自転車で通学中に歩行者を死亡させてしまい、自己破産をしてしまわなけばならない状況に陥ってしまったケースも少なくないのです。 自転車と言っても「軽車両」の一種ですので、やはり無保険で公道を運転するのは危険なことなのですね。 ここでは、 保険会社で加入することができる自転車保険の月額費用を比較していきましょう。 au損保 三井住友海上 東京海上日動 富士火災 保険料 9,660円 月額:805円 3,990円 月額:333円 3,650円 月額:304円 4,390円 月額:366円 個人賠償 責任 1億円 3億円 1億円 1億円 死亡・ 後遺障害 300万円 290万円 300万円 200万円 入院日額 4,000円 4,000円 3,000円 3,000円 代表的な保険会社の自転車保険を比較してみると、 月額にすると300円以上の保険料が必要となることが分かりますね。 各保険会社の自転車保険の料金・補償内容はプランによっても異なりますが、やはり年間に一定のコストが必要になってくるのですね。 クレジットカード付帯の個人賠償責任保険を比較 上記では、保険会社で提供されている自転車保険の保険料と、月額にした際の保険料負担額を比較してきました。 クレジットカード付帯の個人賠償責任保険の保険料と比較するとどのようになってくるのでしょうか? ここでは、今回ご紹介した クレジットカード付帯の個人賠償責任の保険料を比較してみましょう。 JCB一般 エポス カード VIASO カード イオンカード セレクト 三井住友 カード 保険料 280円 250円 150円 260円 250円 個人賠償 責任 1億円 1億円 1億円 1億円 1億円 死亡・ 後遺障害 100万円 — 100万円 400万円 — 入院日額 1,000円 500円 — — 500円 このように、クレジットカード付帯の個人賠償責任では、最安のでは 月額150円からで保険に加入することが可能となっています。 しかし、保険と言うのは安かろう・悪かろうでは意味が無いものです。 保険会社の自転車保険とクレジットカードの個人賠償責任保険を比較して、補償の内容は劣っているのでしょうか? 保険会社の自転車保険とクレジットカードの個人賠償責任では、 死亡・後遺障害や入院日額などの補償金額に違いがあります。 ただし、自転車事故で自分がケガをしてしまうケースと言うのは、ほとんどの場合が対自動車などとの事故の場合でしょう。 対自動車の事故のケースの場合は、自動車の運転者の過失割合も大きくなってきますので、自己に対する補償はほとんどの場合相手からの補償をうけることができます。 自転車を運転する場合に、損害賠償責任が生じてしまうケースとしては、 他人にケガをさせてしまった場合の「個人賠償責任」です。 最も重要な補償となる個人賠償責任の補償金額は、クレジットカード付帯の個人賠償責任保険の場合でも最高1億円と、保険会社と同等の補償が用意されています。 ですので、コストを抑えて自転車の保険を用意するのであれば、 クレジットカードの個人賠償責任保険でも充分と言えるのですね。 クレジットカードの個人賠償責任保険の事故対応は? 事故を起こしてしまった際に、保険に求めたいサービスとして大きなものになっているのが 「事故対応」の素早さでしょう。 事故を起こしてしまった際に、事故被害者との示談交渉を自分で行うことは非常に負担になってしまいます。 万一、双方の納得ができる交渉とならなかった場合には、裁判に発展してしまうことも少なくありませんので、弁護士費用・裁判費用などが必要になってしまいます。 保険会社の比較サイトなどの場合では、クレジットカードの保険では「示談交渉」がセットされていない、と記載しているサイトもありますが、これは誤りです。 今回ご紹介した5社のクレジットカード付帯の個人賠償責任保険では、 示談交渉もセットされていますので、事故の際には保険会社に連絡をすれば事故対応もしてもらうことが可能です。 このような、事故の際の対応も含めて、自転車保険はクレジットカードの個人賠償責任保険で充分カバーできるのです。 自転車保険の義務化が進む 冒頭でも説明をしたように、近年では自転車事故により高額な損害賠償を命じられてしまったケースが非常に増えています。 子供が自転車に乗っている際に事故を起こしてしまったケースでも、未成年の子供の場合には親に損害賠償の支払い責任が生じてしまいます。 突然、高額な損害賠償が発生してしまった場合には、事故加害者にとっても生活の破たんに繋がるだけではなく、被害者にも充分な賠償を受けられないという問題があります。 そうした背景から、近年では 自転車保険の加入の義務化が進行しています。 2015年10月 兵庫県で義務化 2016年2月 滋賀県で義務化 2016年7月 大阪府で義務化 2017年10月 名古屋市で義務化 と、関西圏・中部の自治体を中心に自転車保険の義務化が進んでおり、2018年4月には京都府でも義務化される予定となっています。 東京都でも自転車保険の義務化がされるのは、流れとして自然なこととなっており、 大都市圏で義務化されれば全国でも自転車保険の加入が当たり前のことになってくるでしょう。 まだ、自転車保険に加入していない方の場合は、クレジットカードの個人賠償責任保険で、コストを抑えて自転車保険を用意しておいても良いのではないでしょうか。 自転車保険の義務化の前に、コストを抑えられるクレジットカードの個人賠償責任保険を 自転車を運転する際には、万が一の事故で他人や他人の財物を傷つけてしまうリスクがあることをしっておかなければなりません。 特に、子供が自転車で通学をしている場合には、 子供が自転車で他人にケガをさせてしまうと、親権者である親に損害賠償の支払いが生じてしまいます。 近年では、 自転車保険の加入の義務化も進んでおり、自転車保険に加入しないと自転車を運転できなくなる流れになってきます。 保険会社の自転車保険の場合には、年間4,000円弱〜の費用が必要となってきますが、クレジットカードの個人賠償責任保険では月額150円からの低コストで保険を備えることができます。 義務化されてしまう前に、しっかりと考えてクレジットカードの個人賠償責任保険を備えておくのも良いのではないでしょうか。

次の

自賠責保険料の支払いは「現金」または「カード」など分割払いは可能なのか?

自賠責保険 コンビニ クレジットカード

バイクに乗るには必須の自賠責保険、気づけば期限が切れかけていることは誰にでも起こり得ることですよね。 自賠責は保険なのでどこかの窓口で手続きをしないといけないと考えがちですが、実は コンビニでも自賠責のシールを買えるってご存知ですか? 今回の記事では意外と知らないコンビニでの自賠責加入について解説をいたします。 自賠責の加入はコンビニでもできる まず結論からお伝えすると、 コンビニで自賠責保険のシールを購入(加入)できます。 コンビニはいまやお弁当や飲み物、お菓子、日用品の販売だけでなく、各コンビニに導入されている端末を使用して映画やライブ、コンサートチケットの発行から購入まで幅広いサービスを展開しています。 近年ではマイナンバーカードの普及により、コンビニで住民票の発行もできるくらい便利な業態に進化しました。 そんなコンビニではバイクとは一切縁がないように思われがちですが、 コンビニ各社が導入している端末を利用すれば操作したその日のうちに自賠責保険に加入できるのです。 コンビニで自賠責に加入するには? コンビニで自賠責保険に加入したい場合は、コンビニ各社が導入している端末を操作する必要があります。 自賠責保険の加入サービスを展開しているコンビニは、主にセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの三社がメジャーですが基本的な流れはそこまで代わりはありません。 操作する端末ですが、 セブンイレブンはマルチコピー機、ファミリーマートはFamiポート、そしてローソンはLoppiを使用します。 セブンイレブンとファミリーマートに関しては店頭での面倒な操作を省くためにも事前予約(事前登録)を実施しており、スマートフォンやパソコンであらかじめ入力して行くようにしましょう。 操作が済んだらレジで支払うだけ 各端末で操作が終了したら、端末からレシート状の用紙が出てきますので、そちらを持ってレジに向かいます。 あとはあなたが申し込んだ自賠責保険の加入期間に沿った料金をレジで支払えば、 コンビニの店員が自賠責保険の標章(シール)、保険のしおりを手渡してくれます。 自賠責保険証明書(保険証のようなもの)はファミリーマートとローソンであれば料金を支払ったタイミングで、店員から手渡しでもらえますが、 セブンイレブンだけはマルチコピー機のもとにいって自分で印刷しなければいけません。 コンビニで加入の自賠責保険は安い? コンビニは全国いたるところに店舗があるので 「もしかしたらコンビニで加入すると安く済む?」と思ってしまいそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。 結論からお伝えすると、コンビニでの加入とカーショップやディーラーで加入しても 保険料に違いはありません。 自賠責保険はそもそも国民健康保険や住民税などのようにお住まいの地域によって料率が異なるものではなく、 自賠責保険は法律に分類されお住まいのエリアが違っても料率が変わることはありません。 国民健康保険などは 条例という各自治区に限定した地域のルールであって、 自賠責保険は日本国内全体のルールを定めた法律であり、加入する店や地域が異なってもすべて同じ料金で加入することになります。 コンビニでの加入にクレジットカードは使える? 意外と見落としがちなのですが、コンビニで自賠責保険に加入する場合、支払い方法は現金のみでの支払いが原則です。 なお、セブンイレブンに関しては現金のほかに独自で導入しているnanacoで決済することも可能ですが、これら以外の支払い、つまり クレジットカードでの支払いはできません。 自賠責保険を取り扱っているカーショップのような代理店であれば現金のほかにクレジットカードでの決済は可能なのですが、コンビニに関しては現金しか使えないので、 加入する自賠責保険の期間が長くなる場合は大金が必要になるので忘れずに用意してから行きましょう。 まとめ 自賠責保険はコンビニで新規加入でき、非常に簡単に手続きできるようになりました。 加入したい保険期間も一種類だけでなく数種類選べるので、いつまで加入しておきたいのかや経済的な面からも融通がききやすいといえます。 現金でしか決済ができない点を除けばコンビニでの手続きにはデメリットがほぼないといえますので、自賠責保険の期限切れが近い場合はぜひコンビニを使ってみてはいかがでしょうか? 参考 — ,.

次の