ストーリー保存できない。 Instagramの「ストーリー」を保存する方法

インスタの動画を保存したい!スマホやPCに保存する方法

ストーリー保存できない

24時間限定で写真や動画を投稿できるストーリー機能が 世界最大のSNSであるFacebookにも追加されました。 もともとストーリー機能というコンセプトを世に打ち出したのは Snapchatというアプリなのですが、その人気ぶりを見てインスタが採用。 そしてインスタの親会社であるFacebookも取り入れるという運びになりました。 Facebookのストーリーを保存する方法 通常のフィードに投稿されている写真は「長押し」で 動画は「保存済みの動画にこのアイテムを追加」から保存することができます。 しかしストーリーに関しては24時間限定公開という コンセプトに配慮してか保存機能は用意されていません。 ですから写真はスクショで動画は下記の方法で保存する必要があります。 録画アプリ iPhoneをお使いのユーザであれば「」という外部アプリを使用することで、 iPhoneの画面をそのまま録画することができます。 要するにFacebookのストーリーを再生しながらAirShouで 録画しカメラロールに保存するというわけです。 AirShouを使いこなすことができればストーリーのみならず、 ゲームアプリのプレイ画面やインターネットTVとして人気を博している AbemaTVの放送なども録画できてしまうのですが、一つデメリットがあります。 それはApp Storeからダウンロードできるアプリではないという点です。 またダウンロード後も正規のアプリでないためプロファイルと デバイス管理の設定を変更しなければならないのもネックです。 ですので比較的ネット関係に詳しい方向けの方法になります。 動画を保存して送信してもらう こちらは親しい間柄でないと気軽に頼むことはできないのですが、 ストーリーに投稿した本人は簡単にカメラロールに保存することができます。 具体的な手順はストーリー再生中の画面右上にある「 …」をタップし 「動画を保存」をタップという流れになります。 あとは保存した動画をLINEのトークなどで送ってもらえば 24時間経過後も繰り返し視聴することができます。 PCからの録画について 現在、PC版のFacebookからストーリーを見ることはできません。 これはPC版のインスタも同様です。 しかしPC版のインスタはChromeの拡張機能「Chrome IG Story」を 導入することでPC上からストーリーを見ることができるので、 Facebookにも同様の拡張機能が登場する可能性があります。 PCからストーリーが見れるようになれば無料・有料様々な録画ツールを 活用することができるので、スマホからより録画が容易になります。 Facebookのストーリーに対応した拡張機能がリリースされましたら 改めてご紹介いたしますね。 ストーリーを保存する方法に関する解説は以上になります。 スポンサードリンク.

次の

インスタストーリーが保存できないは嘘!裏ワザの保存方法とは?

ストーリー保存できない

インスタのストーリーは24時間で消えてしまう なぜインスタのストーリーを保存しておきたいか?って「ストーリーは24時間で消えてしまう」からなんですよね。 気になる動画があったら「何度も見たい」ですし 消えて欲しく無いと思うユーザーも多いと思います。 でも24時間で消えてしまうので、 もう一度見ようと思った頃には動画そのものがないんですよね。 そんなユーザーに向けて「インスタのストーリー」の保存方法や保存出来ない場合の対処法を下記で分類に分けて解説していきますので、気になる部分は目次から飛んでください。 保存のためにはインスタのリポスト機能を使うのが一般的 インスタのリポストはフェイスブックのシェアやツイッターのリツイートに相当しますが、インスタアプリそのものにリポスト機能が付帯しているわけではありません。 リポストを行うには、リポストができる専用のアプリを使用する必要があります。 一番使いやすいのは、下記の「リポストforインスタグラムとTwitter」です。 自分のインスタアカウントにログインして、その後ストーリーを投稿しているユーザーを検索、そのストーリーを端末に保存する作業をするだけで完了です。 具体的な保存方法に関しては、下記の記事に詳しく記載しています! リポスト for インスタグラムとツイッター! リポストを使用してもストーリーが保存できない原因について iPhoneならばiOSアプリのリポストを使用してストーリーを保存する方法がよく知られています。 しかし、リポストを使用してもストーリーが保存できない場合があり、なんらかの不具合がアプリに生じている可能性があります。 まずはストーリーを保存できない原因をはっきりさせて、対処法を探してみましょう! 写真がライブラリに追加されていない リポストで動画を保存したい場合、 「写真をライブラリへの追加」を許可する必要があります。 リポストに写真をライブラリに追加する許可を与えないと、いつまで経っても動画が保存されません。 本来なら上記画像のように勝手にメッセージが出て来て「許可しない」「OK」の選択を迫られます。 しかし、ダウンロードしたばかりのときに選択画面が出て来なかったり、誤って許可しないを選択してしまった場合、問題が生じてしまいます。 そんなときは 保存中の画面からずっと切り替わりません。 このまま保存されることはないので、 アプリを一度落としてから写真をライブラリへ追加する許可を与える必要があります。 この不具合のせいでリポストでインスタのストーリーを保存できない場合は、原因がはっきりしているのでそこまで大きな問題にはなりません。 写真のアクセスを許可していない リポストの設定で写真へのアクセスを許可していないと、動画の保存に失敗します。 写真をアクセスすることで「写真(動画)をアプリから端末(端末からアプリ)に移動できる」ようにすることができますよね。 この許可をしていないということは、端末に動画を移動できないように設定しているものと同じだと考えてください。 タップするボタンが間違っていないか確認しましょう リポストを使用してストーリーを保存するには 画像の矢印で指しているボタンをワンタップするだけでOKです。 このボタンに関してはスマホを使って何かをダウンロードしたい場合などに度々見かけますよね。 このボタンをちゃんと押しているかどうか確認してください。 ちなみに、その左隣のボタンでもインスタのストーリーを保存することができます。 これはインスタにリポストするボタンですが、これをタップすると他人の投稿を自分の投稿みたいにストーリーやフィードに流してしまうのでおすすめできません。 インターネットの接続状況が悪い アプリがどうこう以前にインターネットの接続状況が悪いと当然ながらリポストできません。 自分の端末のWiFiなどに問題がある可能性もありますが、アプリそのものがサーバーダウンを起こしていたり、その他不具合を起こしている場合もあります。 アプリには特に原因を見つけられなかったら、 ネットの接続状況を確認し、問題なく接続できているかチェックしましょう。 途中でパスワードを変更した リポストにログイン中にインスタのパスワードを変えてしまうと画像のような感じで 再度ログインを求められます。 インスタのパスワードをちゃんと入力すれば問題なくアプリに入ることができるのですが、 ごく稀に正しいはずのパスワードを入力してもリポストに入れない場合があります。 まずはパスワードが合っているか確認してから、リポストの不具合に対する対処法を試すか考えてください。 リポストでインスタの動画を保存できない場合の対処法 リポストを使ってもインスタのストーリーを保存できなかった場合はどうすればいいのでしょうか。 上記の原因のうち「どの症状に当てはまるのか」をしっかりと把握しなければいけません。 それに沿った対処法を見つけてください。 「写真をライブラリに追加」を許可する こちらの対処法は、以下の場合に使ってみてください。 写真のアクセスを許可していない 写真をライブラリに追加したい場合はリポストを開いて許可する必要がありますが、 写真のアクセスに関してはiPhone(Android)の設定から行ってください。 iPhoneで設定を一番下まで見ていくとインストールされているアプリが表示されているので、そこからリポストをタップし、設定を変更します。 Androidの場合は、設定の中にある「アプリ一覧(もしくはアプリ)」からリポストを選択してください。 ご覧のように許可しないになっているので 写真のみ追加をタップし、設定を変更しましょう。 また、リポスト初回起動時に「写真のアクセスを許可しますか?」と問われるので、そのときにちゃんと許可しておけば問題はありません。 正しい保存手順を確認する こちらの対処法は、以下の原因に当てはまる場合に試してみましょう。 インターネットの接続状況が悪い• その他の不具合が起こっている 例えば、自分の端末のWiFiが勝手に切れていたり、機内モードや低速モードになっている可能性もありますよね。 通信制限にかかっていた場合、どのアプリを使って動画保存することもできなくなるので、注意してください。 また、 WiFiやルーターそのものにエラーが出ているかもしれないので、端末の通信に問題がない場合は、一度WiFiやルーターの電源を落として、再度試してみてください。 スマホ本体やリポストアプリを再起動させる こちらの対処法は、どんな原因でインスタのストーリーが保存できない場合でも実践してみる価値があります。 スマホ本体やアプリそのものを再起動させることで、不具合そのものも消えてくれるかもしれません。 一番楽して不具合を解消することができる方法なので、原因がなにかわからない場合でも試してみるといいでしょう。 リポストアプリを再インストールする こちらの対処法は、以下の原因に当てはまる場合に試してみましょう。 通信状態が悪い• リポストにログインできない(インスタパスワードを変更している)• その他の不具合が起こっている アプリの再インストールは「最終手段」となりますが、非常に有効な対処法です。 ただし、再インストールした場合、連携しているインスタアカウントの情報をもう一度入れる必要があります。 アカウントのIDやパスワードなどを、あらかじめ把握しておくといいでしょう。 編集後記 インスタのストーリーが保存できない場合の対処法について説明しました。 インスタアプリにはじめから機能として備わっているわけではないので、保存そのものが出来ないんじゃないかと思ってしまいますが、そんなことはないんですね。 ただリポストするためのアプリをダウンロードしても、使い方が分からなかったり、ダウンロードできない原因が分からなくて保存できないなんて事態は避けたいと思います。 なので是非参考にしてみて下さい。

次の

インスタのストーリーが保存出来ない場合の対処法を徹底解説

ストーリー保存できない

【目次】• 2016年8月に登場して以降、いまや日本でInstagramを使っている約2,900万人のユーザー(2018年9月時点)のうち、70%ほどが利用しているという。 もっとも多いのは13〜18歳のティーン層だが、最近では利用する世代も広がっている。 最近では、Instagramのフィード(ホーム画面のこと)への投稿よりも、もっぱらストーリーズのみを利用するというユーザーも増えている。 その理由のひとつが「24時間」で消えることだ。 この消える機能により、気軽な情報発信手段として利用されている。 そこで今回は、ストーリーズの詳しい機能や使い方、利用方法などを説明する。 左がInstagram、右がFacebookのストーリーズ画面 Instagramの通常投稿が「旅先で見つけた厳選の1枚」、「お気に入りの店や料理」といった、自分の統一した世界観を披露するオフィシャル的な場であるのに対し、ストーリーズはフィードで公開しておくほどではないが、日常の何気ない瞬間を気軽に投稿できるプライベート的な場と言えそうだ。 では、利用者たちはどのようにストーリーズを投稿しているのだろうか? まず、よくある利用シーンを見ていきたいと思う。 フィード画面で「画面収録」をタップし、他人のストーリーズを開くとはじめから収録できる。 Androidの場合 AndroidにはiPhoneのような「画面収録」機能がないため、「PhotoAround」など保存機能のある外部アプリを使って保存することができる。 右下の紙飛行機マークをタップし、フォロワーを選択すればOK。 ここで気をつけておきたいのは「保存した画像や動画の著作権や肖像権はもともとの投稿者にある」ということ。 保存した他人の画像を自分のモノとして投稿する行為や、ほかのSNSやメディア(インターネットでないものも含む)で使うなどの行為は、 著作権の侵害になるので絶対にやめよう。 ハンズフリー ストーリーズで動画を撮る場合、通常は自分でボタンを長押しして撮影しなければならないが、この機能を使うとワンタッチで動画撮影が始まり、もう一度タップすれば撮影を終えることができる。 長押しすると3秒後に撮影が始まる。 ずっとボタンを押しているのが面倒なときや、被写体と一緒に写りたいときにおすすめだ。 画面上部に各種編集メニュー(スタンプ、落書きなど)が並ぶほか、画面を左右にスワイプしてフィルターを適用することができる。 フィルター 撮影した写真や動画にフィルターをかけることができる。 色を変更するには、画面を左右にスワイプさせるだけなので直感的に操作が可能。

次の