200v コンセント 配線。 IHクッキングヒーター用の新規配線 (r271

IHクッキングヒーター用の新規配線 (r271

200v コンセント 配線

まったく素人の為、上手く説明できませんが、モーターに使用している200Vプラグの配線を教えてください。 今までの配線だと、モーターが時計と反対回りになります。 配線のコードの色は緑(たぶんアースだと思います)この部分だけ他と形状が違いL字のようになっています、赤、黒、白の4色になっています。 モーターの回転方法を時計と同じ方向にしたいのですが、どのようにプラグに結線したら良いのでしょうか。 緑だけは変えていませんので、緑を基点にして結線する順番を教えてください。 プラグの形状は50mmくらいの黒色で4本のコードが十字に結線されているものです。 またモーターには結線方法を変えられないものもあるのでしょうか。 宜しくお願いします。 赤黒を変えてください (軽微な工事) 第一条 電気工事士法 (以下「法」という。 )第二条第三項 ただし書の政令で定める軽微な工事は、次のとおりとする。 一 電圧六百ボルト以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼットその他の接続器又は電圧六百ボルト以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコード又はキャブタイヤケーブルを接続する工事 二 電圧六百ボルト以下で使用する電気機器(配線器具を除く。 以下同じ。 )又は電圧六百ボルト以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル及びケーブルを含む。 以下同じ。 )をねじ止めする工事 三 電圧六百ボルト以下で使用する電力量計若しくは電流制限器又はヒューズを取り付け、又は取り外す工事 四 電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に使用する小型変圧器(二次電圧が三十六ボルト以下のものに限る。 )の二次側の配線工事 五 電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更する工事 六 地中電線用の暗渠又は管を設置し、又は変更する工事 Q 200V用エアコンを新規に設置した際の分電盤からのコンセント用の配線について質問させて下さい.当方ペーパー第2種電気工事士です.実は分電盤からエアコンまで中性線も含めた3線のまま配線するかと思って3芯のケーブルを配線まで行いましたが,実際にはR,Tの2本だけで良いのであれば余った真ん中の白線をコンセント側ではアース端子に接続し,分電盤側では分電盤のアース(中性線ではなく)端子に接続してD種接地となるような配線をして良いものでしょうか?分電盤内の見た目は悪いのですが折角3芯のケーブルなので使えるのでしょうか?あるいはやはり単独のアースケーブルを利用してコンセント側まで配線すべきなのでしょうか? どなたか教えて頂ければ幸いです.よろしくお願い致します. A ベストアンサー >分電盤からエアコンまで中性線も含めた3線のまま配線するかと思って3芯のケーブルを配線まで行いました… それなら、200V のコンセントと 100V のコンセントを並べて設置できます。 まあ、高いところに 100V のコンセントがあっても余り使い道はなさそうですけど。 >余った真ん中の白線をコンセント側ではアース端子に接続し… それが現実的でしょうね。 それで、分電盤にアース線は来ているのですね。 分電盤が金属製でない限り、分電盤にアースは必ずしも必須ではありませんので、ないこともあります。 なんでもかんでも「分電盤にはアース(接地端子)を設けてあるのが正しい施行方法」とは限りませんよ。 >3芯のケーブルなので使えるのでしょうか?あるいはやはり単独のアースケーブルを利用してコンセント側まで… 内扇規定等によれば、アース線は単独に配線する場合を除いて、緑色を使用することになっています。 3芯ケーブルを使う場合、100V なら白黒緑、200Vなら赤黒緑のケーブルでないといけないということです。 とはいえ、現実問題として内扇規定を杓子定規に解釈する人は少なく、ふつうの赤白黒ケーブルを使うことも多いです。 このようなときは、接地線と接地側電線とを間違えないようにするため、接地線になる心線には緑色のテープを巻いておくことが肝要です。 >分電盤からエアコンまで中性線も含めた3線のまま配線するかと思って3芯のケーブルを配線まで行いました… それなら、200V のコンセントと 100V のコンセントを並べて設置できます。 まあ、高いところに 100V のコンセントがあっても余り使い道はなさそうですけど。 >余った真ん中の白線をコンセント側ではアース端子に接続し… それが現実的でしょうね。 それで、分電盤にアース線は来ているのですね。 分電盤が金属製でない限り、分電盤にアースは必ずしも必須ではありませんので、ないこともあります。 Q こんばんは。 単相200Vの機器を使用しているのですが、先日配線周りの整理をしようと本体とモーターの配線をチェックした所、 モーター側 本体側 L(赤)----N(青) N(黒)----L(茶) 〒(白)----〒(黄/緑) という形で接続されているのに気付きました。 LとNが逆になっていると思うのですが、この機器は約1年間、何の異常も感じる事無く使用していました(設置は業者さんに依頼しました)。 この「L」と「N」というのは何の事なのでしょうか?また、このLとNを逆に接続しても問題無かったのでしょうか?ちなみに、〒はアースだと認識しています。 あえて言うなら逆に接続していた(と思われる)配線の接続部分が若干ですが焦げているような?印象を受けました。 どちらかと言えば、モーター側の赤・黒・白の振り分け(L・N・〒)が合っているのか?自信がありません。 ご存知の方、どうぞよろしくお願いします! A ベストアンサー いくつか逆質問になります。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 a 電熱器・電気炉、溶接機など。 b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 a のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 b のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 【2】 前項の a であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。 また、三つに分割できますか。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 a 動力専用バンクの三角 またはV 結線で一線接地。 たぶん S線が接地されている。 b 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。 たぶん S線とT銭の中間で接地されている。 a のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。 b のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。 【4】 電力会社との契約種別。 a 低圧。 b 高圧または特別高圧。 a の場合は電力会社の、 b の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。 いくつか逆質問になります。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 a 電熱器・電気炉、溶接機など。 b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 a のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 b のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 【2】 前項の a であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。 また、三つに分割できますか。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 a 動力専用バ... Q この度、エアコンを購入しました。 設置は、6月7日です。 自宅のエアコン設置予定場所に、電気配線のみ施工してあります。 コンセントは、つけてません。 自分でホームセンターでコンセントを購入してきて設置しておきたいのですが、どの線をつなげばよいのか、よく分かりません。 3芯の電気配線が来ていて先端にはビニールテープが巻いてあります) 今回購入したのは、200V 15Aのものが1台と別の部屋に100V15Aのものです。 予断ですが、既設のエアコン(5. 0Kw のコンセントの電圧を測ると上の2つの端子間で200V。 その一方と下にある丸い形状の端子間 アースマーク)を計ると100V が来ていました。 電圧切り替えとは、この3本の配線の中で必要な電圧になるようにコンセントに接続すれば良いのでしょうか? この度、エアコンを購入しました。 設置は、6月7日です。 自宅のエアコン設置予定場所に、電気配線のみ施工してあります。 コンセントは、つけてません。 自分でホームセンターでコンセントを購入してきて設... A ベストアンサー まずはじめに、工事店に工事をご依頼される事をおすすめします。 法律には詳しくないので断言しませんが、コンセントの接続には電気工事士の資格か必要だったと思います。 一般住宅の場合、低圧需要家となりますので、電気設備(コンセントの差し込み口まで)の保安責任は電力会社にあります。 よって、知識を得るという範囲でお答えします。 一般的にエアコン用のコンセントはアース付コンセントを使用します。 よって電気配線は3芯のケーブルが配線されていると思います。 (先にビニールテープが巻いてあるのは、工事店の配慮で感電等事故防止の為です。 ) その3芯それぞれに色が着色してあると思います。 一般的に 黒・・・・・電源側 白・・・・・中性側 赤(緑)・・アース という配線になります。 200V配線の場合は、黒と白で200V 残りはアースです。 100V配線の場合は、黒と白で100V 残りはアースです。 新築時に配線されているケーブルを200Vや100Vに変更する場合は、ご自宅の分電盤を確認する必要があります。 テスターがあれば、分電盤内のブレーカーの端子部にて電圧を確認する事が可能です。 もし、ご希望の電圧が得られない状況の場合、停電して電圧切換工事を行う必要があります。 ご質問文内のブレーカーの記載を見ますと、容易に電圧変更が可能のように見受けられますので、業者さんにお願いしても安価で済むと思われます。 余談ですが、工事をご自身で実施する・しないに関わらず、コンセントをホームセンターで購入する場合にも、注意が必要です。 差し込み口の形状も何種類かあります。 配線も布設済みという事であれば、 コンセントの材料費で500円程度/箇所 分電盤改造費用とコンセント取付費2カ所で、数千円 くらいのイメージですので、ご依頼された方がよろしいかと。 個人的な意見ですが エアコン取付を行う業者さんからみれば、エアコン取付費を家電店さんから貰っていると思いますので、配線工事を伴わない電気工事程度であれば、安価に引き受けてくれると思います。 まずはじめに、工事店に工事をご依頼される事をおすすめします。 法律には詳しくないので断言しませんが、コンセントの接続には電気工事士の資格か必要だったと思います。 一般住宅の場合、低圧需要家となりますので、電気設備(コンセントの差し込み口まで)の保安責任は電力会社にあります。 よって、知識を得るという範囲でお答えします。 一般的にエアコン用のコンセントはアース付コンセントを使用します。 よって電気配線は3芯のケーブルが配線されていると思います。 (先にビニールテープが巻いてあ... なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。 ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。 電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。 何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。 6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。 高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。 事前に十分な技術的検討が必要です。 200V50A 三相 は、17. 3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。 単相の電源盤からとるとしても、同じです。 余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。 どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。 経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。 事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住... A ベストアンサー 質問者様がどのくらい電気の知識をお持ちかわからないので、失礼があったらお許し頂きたいのですが、コンセントに3本のピンがあれば必ず3相200vであるという訳ではありません。 単相3線式200Vという電源方式もあり、3相200Vとは似て非なるものです。 間違えて接続すると機械が動かないどころか、故障してしまうことにもなり兼ねないので確認するに越したことはありません。 また機械の中にモーターが使われている場合、3本の電源線(R相、S相、T相)のつなぎ方によって回転方向が変わることがあります。 これは相回転計などを使って正相、逆相を判定してつなぐのが基本で、線の色だけで判断すると機械に逆相印加する可能性もありますので注意が必要です。 たいていR,S,Tの順に赤、白、青 もしくは黒)であることが多いですが、私なら自分が工事したのでなければ必ず相回転方向を確認したいところです。 また3相200Vを使用する電気機械なら各相の対地間電圧が200Vになるのでアースを取らなけばなりません。 緑の線だけ接続せずに浮かしておいて、電源3本だけ接続して使用すると、もしものとき機械に触れた人が200Vに感電します。 また緑の線を白などの電源線に合流させると機械のボディにそのまま200Vが印加されるので止めましょう。 以上、せっかく購入された機械を壊さないため、また使用する人に危害が及ばないことを願って老婆心ながら書き込まさせて頂きました。 分かっておられたのであればスルーしてください。 質問者様がどのくらい電気の知識をお持ちかわからないので、失礼があったらお許し頂きたいのですが、コンセントに3本のピンがあれば必ず3相200vであるという訳ではありません。 単相3線式200Vという電源方式もあり、3相200Vとは似て非なるものです。 間違えて接続すると機械が動かないどころか、故障してしまうことにもなり兼ねないので確認するに越したことはありません。 また機械の中にモーターが使われている場合、3本の電源線(R相、S相、T相)のつなぎ方によって回転方向が変わることがありま... A ベストアンサー もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 有効電力がPowerから、P となった後 単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。 ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが 既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。 1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

次の

コンセントの刃受の形状(極配置)

200v コンセント 配線

200vの家電機器を使用するためには! 家庭用に引き込まれている電気は、一般的に100Vです。 200Vに対応している高性能なエアコン、洗濯機などの使用には、100Vの配線を200Vの配線に変更しなければいけません。 100Vから200Vに変更することによって、稼働性能が向上します。 しかし消費電気は変わらないので、電気料金が倍になるということはありません。 100Vから200Vの配線に変更する工事は、比較的簡単におこなうことができます。 一般家庭用の電気は、単相3線式と呼ばれる方式を採用していることが多いです。 単相3線式の回路は、屋内の配線を入れ替える屋内配線工事を実施すれば、200Vの電力を使用することができる仕組みになっています。 家庭の玄関などに設置されている分電盤から、接続する電化製品までの配線を入れ替えるだけなのです。 200Vの電気を使った方が好ましいのは、エアコンや洗濯機だけでなく、IH調理器やエコキュートなどがあります。 配線の確認をしよう 家に電気を供給するための配線方式は、ひとつではありません。 電気の配線パターンは複数あるのです。 ご家庭で採用されている配線パターンによって、工事内容が変わります。 家の分電盤まで、単相3線式で電気配線がされている場合 分電盤をひらき、漏電ブレーカーに単相3線式の線が引き込まれているか確認します。 通常、分電盤の左上部にあるのが漏電ブレーカーです。 漏電遮断器または漏電ブレーカーと記載があるはずなので確認しましょう。 漏電ブレーカーに3本の線が配線されていれば、単相3線式です。 また漏電ブレーカーに、使用電圧200Vと記載もされています。 単相3線式の回路が組まれていれば、200Vの電気を取ることができます。 簡単な屋内配線工事のみで200Vの配線に変更が可能です。 これまで使用してきた配線が細く、高出力の電気が供給できない場合、屋内配線工事の際に電線の取り換え工事もおこなう場合があります。 軒下や外壁まで3線式がきているが、分電盤にはきていない場合 一戸建ての場合などは、軒下や外壁に設置された引き込み口に、電線を引き込んでいます。 家に隣接している電柱から配線されているので、目視で確認してみましょう。 軒下や外壁にきている配線本数が3つであれば、3線式です。 単相3線式の電線が軒下や外壁まではきていて分電盤にはきていない場合は、分電盤の交換工事と分電盤に3線を引き込む配線工事が必要になります。 軒下や外壁に3線式の電線がきていない 古い建物は、単相3線式で配線がされていないことがあり、100Vの電力しか使えない場合があります。 この場合は、分電盤交換工事と軒下や外壁の引き込み口への単相3線式の引き込み工事が必要です。 配線にはさまざまな種類がある 電気の配線方法は複数あり、建物の規模や使用目的によって、使われる配線は異なるのです。 自分の家にはどんな種類の配線がきているかを知ることで、工事方法もしることができます。 ・単相3線式 単相3線式は3本の電線によって構成されています。 真ん中の線と端の線の2線を利用すると100V、両端の線を利用すると200Vの配線ができ、200Vの電気を使用することができます。 一般家庭で主に用いられているのは、この単相3線式です。 配線の数が少なくて済み、安全性の確保が比較的容易なため用いられます。 ・単相2線式 単相2線式は2本しか電線がないため、100Vの電気しか利用することができません。 1980年代以前は、家庭用の電気の供給を、単相2線式でおこなうことが多かったようです。 現在はほぼ単相3線式が採用されているため、使われることは少なくなりました。 ・三相3線式 三相3線式は、電線3本で電気を供給する方式です。 工場の機械など、大がかりな設備を動かすときによく用いられます。 三相3線式は単相3線式に比べ、電力損失が少なくなり、より少ない電流でも同等の電力が得られます。 単相に比べ電力が大きくなり、安全性の確保が難しいため、一般家庭では使用されていません。 200vの配線工事の施工例を紹介 200V用の配線工事は、ご家庭の配線が単層3線式であれば、比較的簡単に実施できます。 配線工事がどのように実施されるのか、木造2階建ての物件に200Vを使用するエアコンを設置する場合を例にご紹介します。 物件には、単相3線式の配線が分電盤まできています。 この場合、200V用のブレーカーの設置と屋内配線工事が必要です。 ブレーカーを取り換え、分電盤からエアコンのコンセントまでの配線を100V用から200V用に変更します。 配線は、壁にはわせるか天井裏からおこなう2種類の方法があります。 家の構造によって、どちらの方法が使われるかは異なります。 天井に点検口などが設置されており、人が入れるスペースがある場合、天井裏からの配線の方が良いかもしれません。 配線が部屋のなかから見えず、すっきりした印象になります。 室内配線の場合はダクトに配線が格納されるため、配線がむき出しになることは少ないです。 ブレーカーの設置、分電盤からコンセントまでの配線工事が完了したら、200Vの電力を使用することができるようになります。 一般的な屋内配線工事の費用の目安は、2万円~3万円程度ですが、分電盤からコンセントまでの距離や必要作業時間によって、金額は前後します。 まとめ 200V用の配線工事は、比較的簡単におこなうことができます。 現在普及している単相3線式は、屋内配線工事を実施することによって、200Vを使用することができるようになります。 また新築や改築時には、将来的に200Vを使用する機器が普及してくることを想定して、配線工事を実施されることをおすすめします。 同一回路で複数の200V用コンセントを設置する工事もおこなうことができるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 コンセント工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

200Vに切り替えたい!200V工事の費用ってどれくらいかかる?|生活110番ニュース

200v コンセント 配線

「200V のコンセントに変更するといいらしいけど……ぶっちゃけ何の意味があるの?」 電気って、わたしたちの生活にあって当たり前で、そしてちょっとした停電で大切さを思い出すのは「空気」と同じような感じがします。 電気は目には見えませんから、使い方がわかっていても、イマイチ理解できないもの。 200Vのコンセント工事の前にまずは100Vと200Vの違いを知っておくことが大切です。 「200Vの電圧に変更するメリットは何?」 「200Vの電圧にすると電気代はどうなるの?」 「200V引き込み工事の費用と流れも知りたい!」 今回は、『200V引き込み工事』を検討されている方が疑問に思うことについてまとめました。 暮らしを便利にする電気をかしこく使うためのヒントにしていただければと思います。 まずは、100Vと200Vの違いをたとえ話をもちいてカンタンにご説明しますね。 100Vと200Vの違いとは電圧の量、つまり電気を押し出す力が違うということです。 赤色も水色も、水鉄砲には同じ量の水しか入れられません。 でも、水が出てくる「穴」の大きさが違っています。 小さいですね。 もう片方の水色の水鉄砲は、大人の人差し指ぐらいの大きさの穴です。 あらら、でっかい……。 さて、どちらの水鉄砲のほうが、勢いよく遠くまで水を飛ばせるでしょうか? 答えは……「赤色の水鉄砲」ですね。 穴が小さいほうが、同じ量の水しかなくても、勢いよく水を発射できます。 このように、水圧が高いほうが、水鉄砲の威力が上がる。 つまり、性能をフルに発揮できるといえるわけです。 少し強引ではありますが、電圧も上に同じで、高いほうが家電の性能をフルに発揮してくれるのです。 家電の中でもエアコンは、200Vのコンセントが一般のご家庭でも主流になってきました。 200Vのコンセントを使えば、エアコンの性能をフルに発揮させられます。 つまり、同じ時間エアコンを使用した場合、いままでより早く「温めたり、冷やしたり」しやすくなるということです。 また、消費電力が大きいエアコンと他の家電を一緒に使うとブレーカーが落ちやすいなら、200Vの電圧への変更がおすすめ。 いままでは、100Vのコンセントが一般家庭の主流ではありましたが、工場などは様々な機器を多く扱うため、余裕を持たせるために200Vのコンセントが利用されているのです。 一般家庭でも200Vは増えてきている オール電化も広く浸透してきているので、一般家庭でも200Vのコンセントが増えてきています。 あなたのご家庭でも、一部のコンセントは200Vの家電に対応しているかもしれません。 200Vは「単相3線式」と呼ばれる配線の引き込み方で利用できます。 従来の100Vのコンセントのみ使用できる「単相2線式」とは、電柱からの配線の引き込み方が異なっています。 「単相3線式」でも100Vと200Vは配線の仕方の違いによって使いわけができます。 200Vのコンセントは100Vコンセントと差込口が違う場合も多いですが、どちらの電圧のコンセントなのかを確認するには「テスター」という器械を使って電圧を測定するのが確実でしょう。 「テスター」は個人で購入することができるものではありますが、素人の方が正確な操作をするのは難しいことと思われます。 電圧の測定だけでも、コンセント工事のプロにお任せいただいてかまいません。 もし、現在のお家が100Vしか対応していなくても、ちょっとした工事で200Vのコンセントへ変更できます! ご家庭のコンセントの電圧を測ってから、200Vの引き込み工事をするかご検討くださいね。 200Vのコンセントを使用する家電には何がある? 200Vのコンセントを使用するのは、エアコンや電子レンジなどです。 消費電力が高めの家電は、性能を発揮しやすくするために200Vが採用されやすくなっている傾向があります。 最近では電気自動車を使用する方も増えてきましたが、実は電気自動車も200Vの充電コンセントを使用されます。 家の配線がどのようになっているのか、分電盤のブレーカーを見てみましょう。 「アンペアブレーカー」「漏電ブレーカー」という家の配線全体につながるブレーカーに3本線が引き込まれていれば、それは単相3線式の回路なので200Vの電線がそこまで来ていることになります。 その場合ブレーカーは200Vに対応しているということなので、コンセントが100Vであっても工事はとてもカンタンなものです。 ブレーカーからコンセントの配線をちょっといじるだけの工事なので費用もお値打ちです。 また、ブレーカーをチェックする方法だけでなく、軒下に引き込まれている配線ぐあいを見て判別する方法もあります。 しかし、素人の方には難しいチェックと思われます。 家の配線がわからなくても、まったく問題はありません。 コンセント工事のプロに、『確認』もお任せください。 200Vにすると電気代は上がるの? 「電圧の大きい製品を使用したら、電気代が上がるんじゃない?」 この疑問はもっともです。 確かに電圧が強くなると電気の量が多くなるので、消費電力は大きくなります。 しかし、電圧が高い製品は100Vの製品に比べてパワフルで能力が高いです。 100Vの場合と使用する環境や状態が変わらない場合、より効率よく使用できるため使用時間も少なくなる、といえます。 ほとんどの場合、200Vの製品を使用しても100Vと電気代は変わらない方が多いようです。 例えば、車の充電をする場合を考えてみましょう。 満タンにするために100Vのコンセントで8時間充電しなくてはいけない……。 一方、200Vのコンセントなら半分の4時間でフル充電完了。 効率の違いがはっきりとしてきます。 エアコンの使用についても同じで、たとえば「27度に部屋を冷やしたい」場合の効率が断然違ってきます。 早く27度に冷やせたら、あとは慣らし運転となるので電気代は100Vのときと比べてそこまで変わらないのです。 このように200Vのコンセントを使うことにはメリットがあります。 100Vのコンセントが無い場合は、200Vへ引き込み工事を検討することがおすすめです。 200Vのコンセント工事の流れ 200Vのコンセントの工事は、多くの場合は短時間で終了する簡単な工事になります。 電柱には必要な3本の電圧線が備わっているので、ちょっとした工事で200Vのコンセントへ変更できるためです。 多くの場合、必要な電線は分電盤までつながっていますので、ブレーカーから200Vのコンセントに変更したい場所までを配線工事をすればいいでしょう。 どこまでの配線工事が必要かは、ケースバイケースです。 軒下まで届いている場合は、分電盤を交換して、分電盤までつなぐ工事が必要です。 もしも軒下まで来ていない場合であれば引き込み工事をする必要が出てきます。 コンセント工事のプロに見積もりを取って確認することをおすすめします。 ただし、電気自動車のコンセントは、特化した専門のプロへ依頼するほうがいい場合があります。 最適な業者をお探しであれば、一度ご連絡ください。 200Vのコンセント工事の費用相場 ではこの200Vのコンセントの工事には、一体いくらくらいの費用が掛かるのでしょうか。 分電盤からコンセントまでつなぐ場合であれば、一般的には8,000円ほどで切り替え工事ができます。 軒下まで3線式が来ていない場合は、家に引き込む工事が必要になりますが、これは電力会社が行います。 ケーブルの費用や点検口の設置など、家の状態によって必要費用が変わる部分が多くあるので、電気工事店に依頼して見積もりを取ってもらったほうがいいでしょう。 軒下まで来ている場合も必要な工事が家によって異なるので、まずは電気工事店に相談することをおすすめいたします。 200Vコンセント増設工事 項目 料金 差し込み口追加 5,000円~ コンセント追加 12,000円~ 200V専用線追加 16,000円~ 200V電力引き込み工事 50,000~60,000円 まとめ このコラムでは、100Vと200Vのコンセントの違いや200Vのものを使用するメリットをご紹介しました。 電気代が変わらないのであれば、効率がよい家電製品を利用したいですよね。 まずは自宅がどのような配線なのかチェックしてみましょう。 そして、200Vのコンセント工事で家電製品を快適に使ってみてはいかかでしょうか。 工事する場合は、コンセント工事のプロにお任せください。 コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年08月21日に加筆・修正されています).

次の