肺 気胸 コロナ。 【コロナウイルス!?】胸が痛い!

新型コロナと気胸の関係は?

肺 気胸 コロナ

最近、新型コロナウイルス蔓延で、気胸持ちであることに急に不安になってきました・・・。 自分の体験を書くことで、不安が和らぐものでもないですが、「あれ、気胸の手術をしたあの頃のこと、結構忘れてるなあ」と思ったので今、備忘録として書こうと思います。 忘れている部分が多々ありめちゃくちゃな文になっていますが、ご容赦下さい。 17年以上前、高校1年の16歳の時に気胸と診断された。 友達のA君と二人で街を歩いていたら、急にドカンと肺が落ちるような感覚になり胸に重い痛みが走った。 動けなくなり、A君が近くに停まっていたのタクシーに私を乗せて救急病院に連れて行ってくれた。 A君ありがとう。 レントゲンを撮り、両肺の気胸が判明。 詳細を忘れたけど、どちらかが8割萎んでいる状態だった気がする。 確かそこでは帰されたのかな、それとも後日だったか、ポータブル型のカテーテル?を挿入した。 あれ、どうだったっけ。 それ挿したのそれより前かも。 もともと胸痛で病院に行ったことがあって、そこで気胸が発覚したんだったかな。 そこで医者にしばらく自宅で安静にして様子を見ましょうと言われて、後日再診したら治ってないのでポータブルカテーテルをやつ入れたんだっけな。 うーん記憶が曖昧だ。 カテーテルはこういうやつ。 外来ドレナージキットとか、気胸ドレナージキットと言うらしい。 この商品自体はソラシックベントと言うようだ。 局所麻酔をして「ドン!」という衝撃を受けながら入れられたのを覚えている。 入れられてすぐに帰された。 麻酔が切れてくるとむちゃくちゃ痛かった。 胸に異物が刺さっているのだから当然である。 その後帰宅し、一日目はなんとか痛み止めの薬で耐えたが、2日目の昼、安静にしながらテレビを見ていると突然この世のものとは思えない激痛が左脇下に走った。 文字通りのたうち回った。 人間、良く「激痛」という言葉を使うが、理性を無くして叫び、のたうち回ったことがあるだろうか。 「激痛」を超えた「超激痛」。 母親は顔色を変えて病院に電話。 「様子を見てくれ」と言われたのか、泣きながら「痛がってるんです!」と訴えていた。 「わかりました。 来て下さい」ということになり、痛みが少し落ち着いた隙に車に乗って病院に向かった。 車中でももう一度この超激痛があった。 それ以降はおさまり、超激痛は出なくなった。 病院についてからはあまり覚えていないが、「神経に触ったのかな?」みたいなことを言われて、痛み止めの注射かなんかしたのかな。 完全に忘れた。 入院は必要ないと判断された。 その激痛に怯える日々が続き、肺がもとに戻ったのか、カテーテルを抜いた。 その後、2・3回気胸の再発を繰り返したので医者から手術を勧められた。 というか、中学3年くらいから、よく肺がポコポコ鳴っていた。 考えたらあれは気胸だったのだな。 親にも確か教えていたが、自然気胸のことはよく知らなかったようで病院にいくことは無かった。 ということは再発繰り返しまくりなので手術を決意した。 死にたくないので。 気胸は最悪死ぬ病気ということもネットで勉強した。 なぜこんな肺になったのだろう。 中学は3年生の夏位まで毎日サッカー部で走ってて何も症状は無かったのになあ。 医者は、片方を手術している最中にもう片方が再発すると危険、両肺同時の方が安全かも知れないとかなんとか言っていたような気がする。 だけど片方ずつでも両肺一気にでもどっちでも良いからね~とも言っていた気が。 なんか怖いので両方一気にやることにした。 あの超激痛の神経痛?に比べたら手術の痛みなんて楽勝だろうというメンタルもあったが、手術によってその超激痛がまた出たら嫌だなという思いはあった。 特殊な例なのかも。 手術当日、ベッド上で管から全身麻酔を入れられて数十秒、術後に跳んだ。 全身麻酔というのはタイムマシンか?ウトウトとか夢とかなく、パン!と術後に場面が切り替わった。 たんが大量に喉奥に絡んでいて咳き込んでそれを出した。 手術直後はそれしか覚えてない。 左右肺に1本ずつ太いの、背中に痛み止め用、股間におしっこ用の計4本の管が繋がれた状態だった。 管だらけ。 切った穴としては左右3箇所ずつの計6箇所。 今でも傷がある。 肺からの管はドレーンという装置に繋がれている。 医者曰く、一方の肺はブラ(穴)が見つかり塞いだが、もう一方の肺は穴が見つからなかった(確かそう言っていたと記憶、記憶間違いかも)ため、レーザーで焼いたらしい。 いやレーザーで焼いたんかい!! 術後の痛みはかなり厳しく、堪えたが、あの神経痛に比べたら全然マシだった。 でも痛いのは痛いので何度もナースコールをして痛み止めの注射を打ってもらった。 モルヒネと言っていた。 こうなってくると痛み止めの注射なんてほとんど痛くないに等しい存在になっている。 夜9時でテレビが消えるのが辛かった。 痛みで碌に眠れないから夜が長い長い。 スマホもない時代。 夜中はガラケーをポチポチするかCDウォークマンしか娯楽がなかった。 早い人は術後1週間で退院出来るらしいが、3週間経っても私はまだ病院にいた。 中々肺が膨らまないのである。 医者がデカイ注射を持ってきて「薬いれますね~」と肺の管へサラダ油みたいな色のものを注入した。 痛みは無かった。 効果が無かったらしく、後日もう一度注入した(「今回は強い薬です」みたいなことを言っていた気がする)。 「全体に行き渡るように体動かしたほうが良いですか?」と聞くと、「そうですね」と言われたのでせっせと体を動かした。 肺が猛烈に熱くなり痛くなった。 これは結構痛かった。 なんかその時だけ別室に移された気がする。 今調べてみたら、癒着療法というやつらしい。 Q)癒着療法とは、何ですか? A)癒着療法は、肺とあばらの壁の間に、何らかの手法を用いて炎症反応を誘発し、組織修復機能を活性化させることで、肺の穴が塞がりやすい状況を作るとともに、胸腔の隙間をつぶして、肺が虚脱するのを防ごうとする治療を指します。 肺とあばらの壁の間に炎症が起きると、組織を修復するための重要な素材である線維や、組織修復役の細胞を含んだ浸出液が、肺とあばらの間に大量に出てきます。 修復材料が十分ある環境となり、肺の穴が塞がることを助けます。 また浸出液が、肺やあばらの表面から吸収される過程で、線維素材によって肺とあばらの間に癒着が起きます。 癒着は線維組織による肺とあばらの接着を言います。 癒着により、肺は線維組織を介してあばらの壁に引っ付き、離れなくなります。 線維の中には細い血管ができることもあります。 ブラは肺の表面にできて、肺とあばらとの隙間で大きくなり破綻しますので、ブラが成長する空間を線維で埋めることで、ブラの発生や成長を防ぐとともに、たとえ癒着とは違う場所で、ブラが発生し破綻したとしても、肺の完全な虚脱を防ぐことができます。 炎症を引き起こす手法は、さまざまです。 化学物質を注入する方法が一般的で、欧米ではタルクという粉をまくことも多いようです。 欧米では、手術のときも、気胸の再発防止を目的に、癒着療法をブラ切除と同時に行うことが通例と言われています。 その際の癒着の方法は、胸膜を意図的に切ったり、強く擦って炎症を起こしたり、タルクなど薬をまいたり、といろいろです。 国内では気胸の治療として使える癒着剤が、保険で認められていないこともあり、積極的には行われていません。 タルクについては下の回答も参考にしてください。 今、国内では、生体内で分解吸収されてなくなる手術用の縫合糸を、網状に編んだネットを肺の表面に固定する方法が手術中に行う癒着療法の代わりとして行われ、大変良い効果を上げています。 うーん、最後の手段的な感じだったのかな。 私の時代にはネット固定療法は無かったのだろうか・・・ この療法はよくないとの情報も。 Q)癒着療法はよくないと聞きましたが? A)おそらく、癒着がうまくいかなかったときの次の治療(多くは手術)が、より困難になることを嫌うことによるものですが、急性の呼吸不全で死亡するような合併症が知られており、ほかにもいくつか欠点を指摘されています。 癒着療法は、諸外国では気胸治療として一般的ですが、国内では他の治療が有効でないときなどに限って行われることが多いです。 国内では気胸治療用として、保険で認められた薬物はありません。 短期的にみると、癒着療法は発熱を伴うことが欠点です。 注入する化学物質によっては、強い痛みがあることもあります。 発熱と痛みは、程度の差はあれ、ほとんど必発といえる副作用です。 物質を注入する方法は、注入する物質が移動して、癒着を必要としない場所にも溜まり、肺の柔軟性が落ちて、将来的に呼吸に障害を与えることも指摘されています。 特に外科医が嫌う理由は、癒着によって次に胸の手術が必要になったとき、手術が難しくなるからです。 外科医の立場からすれば、再発防止に癒着療法するよりも、気胸が再発したらまた手術をすればよいという主張です。 うーん、将来的に呼吸に障害、次回の手術のときは難しいか・・・ 手術が必要な肺の病気になったら終わりってこと? ということで、その治療により肺は回復、1ヶ月程で退院しました。 もともと62kg位あった体重が52キロまで減った。 入院中は痛みにより食欲が出なかった。 あの病院食のにおいが気持ち悪くなるのだ。 友達がお見舞いに来てくれたときに丁度、病院食が運ばれてきて、全部食べてもらったこともあったw あと1度ジャンクなものが食べたくなり母親に「ピザを買ってきて」と注文したことも。 母はピザハットの四角いこういうやつを買ってきた。 こんなにおいしそうな食べ物でも胃が小さくなっているのか2~3切れくらいしか食べられなかった・・母よ、申し訳ない。 あと痛みでナーバスになっていて毎日来てくれる母に理不尽に当たってしまったこともあった。 母よ、申し訳ない。 退院してから確か2週間くらい家にいたかな。 そのあと高校に復帰。 もともと高校の勉強は出来ない方だったが、更に1ヶ月半休んだので勉強は諦めました。 真面目にやれアホと思うが生きてるだけで十分だという考えになっていた。 幸運なことに現在まで一応再発(と診断されたこと)や再手術はない、肺が痛くなったりこれ気胸じゃね?ということはあり何度も病院に行っている。 レントゲンを撮ると、「異常ないですよ」と言われる。 肺活量はかなり減ったように思う。 以上書きなぐりだけど、終わりにする。

次の

肺気胸とコロナウイルスは関係ある?気胸とコロナウイルスの関係をまとめました

肺 気胸 コロナ

皆さん、新型コロナウィルス感染症の影響はいかがでしょうか? 私ですが、実は4月から転職したのですが、勤務開始早々に時短勤務となり、さらに 先週、10日 金 から職場がロックダウンとなりまして...在宅勤務となりました。 とりあえず 今のところ夫婦二人、発熱や咳、味覚・嗅覚の異常などの症状は見られず、無事に生活できている我が家です。 Covid19と気胸の関係って? いくら今現在が健康だからって言っても、私のような気胸体質、呼吸器系の弱いものからしますと、今回のCovid19のように肺炎をはじめとする呼吸器系の疾患と関連する疾病ってのは、気になって仕方がない訳です。 新型コロナウィルス感染症と気胸について、試しに少し調べてみました。 2019年12月から2020年1月26日の期間に武漢Jin Yin-tan Hospital集中治療室に入室したSARS-CoV-2肺炎重症患者52名の臨床経過・アウトカムについて触れています。 中国・武漢の金銀潭医院より重症例(52 例:平均年齢 59. やはり、 肺に負担がかかるので気胸を併発してしまう可能性がある、と言えますね。 上記、厚労省の診療の手引きがアップされたのが3月17日なので、もう少し新しい情報がないか調べてみましたのですが、私が探した限りでは見つかりませんでした。 恐らく、そんなデータをまとめるどころではないのだろうと想像していますが。 咳が出て発熱!さて、どうする? ちょっと別の視点の話となりますが、こんな記事を見つけてしまいました。 3月末の北海道新聞の記事となりますが、北海道医療センター院長の先生の談話として... 感染拡大の影響で、札幌市内の病院の間に、発熱患者の救急受け入れをためらう動きが出ています。 以前、 自然気胸(呼吸が苦しくなる症状)で微熱もあった救急患者が、感染を疑われたため、複数の病院に断られ、最終的に当院に運ばれた事がありました。 最近、似たような事例が増えています。 気胸になると咳が止まらなくなってしまいますからね(実際、私そうでしたし)、そんなときに受け入れ拒否される可能性もゼロではない、ってことのようです。 新型コロナの影響で、恐らく日本全国の呼吸器外科は患者さんが殺到していることと思います。 PCR検査は報道を見ている限りでは、希望したからと言ってすぐに受けさせていただけるものでもないようです。 そう考えると、気胸持ちの私のような患者が 「あれ?気胸かな?ひょっとして新型コロナかも...」というときは、まずはお医者さん(できれば呼吸器内科か呼吸器外科)を受診され、レントゲン写真を撮っていただくのが良いのではないでしょうか。 別に私は医師でも医療従事者でもありませんが、少なくともレントゲンを撮れば、気胸になっている・いないの判断はできると思うんですよね。 もちろん、新型コロナについては全く判別できないので、そこから先は、お医者さんとご相談くださいとしか言えませんが... 世間では、過去に気胸を患った方への心配の声も多く聞こえるようになってきました。 嵐の相葉クン、過去に2回も気胸をやってますからね、私も気になって仕方がないですよ。 あと、ナイナイのやべっちこと矢部さんとか。 とにかく今は外出を極力控えて、人との接触を少なくして、コロナウィルスの拡大を防ぐように動くしかありませんね。

次の

肺に影があるとき考えられる病気・再検査の必要性 [健康診断・検診・人間ドック] All About

肺 気胸 コロナ

とは、肺の組織が壊れた状態をいいます。 主な原因はといわれており、喫煙習慣がある方が肺気腫になることがほとんどです。 肺気腫はゆっくりと進行していき、一度壊れた肺の組織が元に戻ることはありません。 しかし、によって肺気腫の進行を遅くしたり、治療によって症状を和らげたりすることができます。 今回は、聖マリアンナ医科大学病院 呼吸器内科の峯下 昌道先生に、肺気腫の原因や症状、治療についてお話しいただきました。 肺気腫とは? 肺気腫の概要 とは、タバコの煙など有害物質が原因で、肺の組織が壊れた状態のことをいいます。 40歳以上の男性が肺気腫になることが多く、特に60歳以上の男性が多いといわれています。 鼻や口から吸い込まれた空気は、気道を通り左右の肺に送られます。 肺の内部には気管支があり、気管支が枝分かれを繰り返した先には「肺胞」と呼ばれる小さな袋状の組織が集まっています。 この肺胞が機能しているおかげで、私たちはスムーズに呼吸することができます。 しかし、肺気腫になると、肺胞の壁が壊れてしまうことで隣の肺胞と合わさり、大きな袋のようになってしまうのです。 大きな袋のようになった部分は伸びきった風船のようになり、弾力性がなくなります。 その結果、呼吸機能が低下し、息切れなどの症状が現れるようになります。 壊れた肺は元には戻せないが進行を抑えることはできる 肺気腫はゆっくりと進行していきます。 隣の肺胞と合わさり大きくなった部分は、周囲の肺胞を壊しながら徐々に広がっていきます。 現状では、壊れた肺胞の壁を元に戻すことはできません(2018年7月時点)。 しかし、後ほど治療の項で詳しくお話ししますが、治療によって肺気腫の広がりを抑えたり、症状を和らげたりすることができます。 肺気腫と慢性閉塞性肺疾患(COPD)の関係 肺気腫と慢性閉塞性肺疾患(COPD)ってどう違うの? は、病気の名前というより「肺の組織が壊れた状態」を指します。 一方、(:chronic obstructive pulmonary disease)は、タバコの煙などを長期に吸い込むことにより気管支や肺に病変が生じ、スムーズに息を吐きにくくなる症状(気流閉塞)が現れる病気のことです。 もともとタバコを吸う方に、 咳 せき や 痰 たん が出続けるや肺気腫が多く認められていましたが、これを「息が吐きにくくなる(気流制限がある)」という診断基準でまとめたものが慢性閉塞性肺疾患(COPD)といえます。 しかし、肺気腫の方が必ずしも慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症するわけではありません。 反対に、慢性閉塞性肺疾患を発症しながらも肺気腫があまり進行していないケースもあります。 肺気腫の原因 肺気腫の主な原因は喫煙 の主な原因は、です。 喫煙習慣のある方が肺気腫を生じる可能性が高いと考えられています。 長期にわたり吸い込んだタバコの煙が原因で、徐々に肺の中の肺胞が壊されていくといわれています。 40歳以上の男性が肺気腫になることが多いのも、喫煙率と関係しています。 男性は喫煙習慣のある方が多いため、肺気腫の患者さんが多いと考えられているのです。 また、肺気腫はある一定の喫煙期間によって生じます。 そのため、中高年から高齢にかけて肺気腫になることが多いと考えられます。 たとえば、20歳代で喫煙を始めた方が40歳代や50歳代になって肺気腫になるイメージです。 受動喫煙や大気汚染で肺気腫になる可能性 受動喫煙や大気汚染などが原因で肺気腫を生じる可能性もあるといわれています。 また、単一遺伝子の異常によって肺気腫を生じることもありますが、日本では非常にまれです。 肺気腫の症状 主な症状は咳・痰・息切れ で症状が現れる方は、()を発症しているケースが多いです。 そのため、現れる症状は、慢性閉塞性肺疾患の症状とほぼ同じであると考えられます。 主に以下のような症状が現れることが多いです。 咳が続く• 痰がからむ• 息切れする(特に動いた時) 空気の通り道である気管支に炎症が起こるために、咳や痰がでるようになります。 また、痰がつまることによって呼吸が苦しくなることもあるでしょう。 さらに、肺の組織が壊れてしまうために呼吸が難しくなり、息切れするようになります。 特に、動いたときに呼吸が苦しくなることが多いです。 たとえば、坂道を登ったり、階段を上ったりすると息切れすることがあるでしょう。 栄養不良や筋肉減少が現れることも また、肺気腫の方には、や筋肉減少が現れることがあります。 肺気腫が進行すると、呼吸に大きなエネルギーを使うために痩せやすくなります。 さらに、動くと息が切れてしまうためにあまり動かなくなると、筋肉が減少してしまうこともあります。 また、進行すると食事をするときにも息切れを伴い、食べる量が減少する傾向にあるといわれています。 食事の量が減り十分な栄養がとれなくなると、栄養不良になることがあります。 症状から肺気腫に気づくことはできる? 症状は徐々に現れることが多い お話ししたような症状からに気づく方は少ないかもしれません。 症状は徐々に現れることが多く、初期には気づかないケースが多いでしょう。 肺気腫であっても進行していなければ症状が現れない場合もありますし、症状が軽い場合もあります。 特に高齢の方であると、息切れなどの症状があっても加齢によるものだと考え、肺気腫の可能性に気づかないケースもあるかもしれません。 しかし、習慣があり息切れや長引く咳などの症状があるようなら、肺気腫の可能性について一度考えてみてもよいでしょう。 肺気腫・COPDの検査 レントゲン検査・CT検査 は、画像診断によって、肺の組織が壊れた状態を確認できる場合があります。 そのため、肺気腫では、胸部レントゲン検査やCT検査などによる画像診断が行われることが多いです。 レントゲン検査でも、肺気腫に特徴的な所見を確認できる場合があります。 しかし、肺気腫が進行していない段階であると、レントゲン検査ではみつからないケースもあります。 特に、初期の肺気腫であるとCT検査が有効な場合が多いでしょう。 CT検査によって肺気腫の程度の確認や、ぜんそくなど症状が似ている病気との鑑別が可能になります。 呼吸機能検査 呼吸機能検査は、()の診断に必須です。 主に肺活量と1秒率を調べます。 肺活量を調べるためには、ゆっくり呼吸をしてもらい、息をたくさん吸ってもらったときと吐ききったときの空気の量を測定します。 また、1秒率を調べるためには、息を思いきり吐き出してもらい、最初の1秒で吐き出せる量(1秒量)を測定します。 そして、思いきり吐き出した肺活量のうち1秒量が占める割合をだします。 この1秒率が低いほど、息を吐き出しにくい状態であるということができます。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、1秒率の割合が70%を切っているかどうかがひとつの目安になります。 肺気腫・COPDの治療 禁煙の指導 の治療では、の指導が行われます。 肺気腫がある方がを続けると、重症化するリスクが高くなってしまいます。 肺気腫が進行していない段階で喫煙をやめれば、それだけ進行を遅くすることができます。 このような気流制限を生じる()の薬物療法として、主に気管支を広げる効果のある気管支拡張薬を使用し、呼吸しやすくする治療が行われます。 どちらか片方の薬を使用するケースもありますし、2つの薬を組み合わせて使用するケースもあります。 重症化している場合や、ぜん息を合併している場合には、吸入のステロイドによる治療が行われることもあります。 霧状にした薬を口から吸い込むこと 呼吸リハビリテーション 薬物療法以外には、呼吸訓練や運動療法、栄養療法(呼吸リハビリテーション)も有効です。 呼吸訓練では、楽な呼吸の方法について指導が行われます。 また、運動療法では、適度な運動によって筋肉の減少を防ぎます。 さらに、栄養療法では、食事内容や食事回数の指導によってを防ぎます。 重症なケースでは、入院してもらい集中して呼吸リハビリテーションや薬剤の吸入方法の確認などを行い、治療の最適化をはかることもあります。 在宅酸素療法 肺気腫が進行し重症化すると、十分な酸素を体に取り入れることが難しくなります。 そのようなケースでは、在宅酸素療法による治療が行われることがあります。 在宅酸素療法では、酸素供給装置からチューブを通して酸素を吸入します。 さらに気流閉塞が進行すると自力で呼吸することが難しくなるケースがあり、マスクで呼吸を助ける在宅人工呼吸も導入されることがあります。 また、日本ではまれなケースではありますが、肺気腫の部分を切除する外科手術が行われることがあります。 肺気腫の方に心がけてほしいこと 必ず禁煙をする 治療の項でもお話ししましたが、がみつかったら、なるべく早くをしていただきたいと思います。 をやめれば、それだけ肺気腫の進行を遅くすることができます。 風邪や感染症を予防する 肺気腫の方が風邪をひくと、より呼吸が苦しくなってしまうことが多いです。 さらに、風邪からに進行すると重症化してしまう可能性があります。 そのため、日頃からマスクを着用するなど風邪を予防することが大切です。 また、が流行する季節には予防接種を受けるなど、感染症の予防も有効でしょう。 栄養をとり適度な運動を行う 肺気腫の方には、栄養をとることと、適度な運動を心がけてほしいと思います。 しっかりと食事をとり、特に痩せ気味の方は体重を落とさないことが大切です。 一度にたくさん食べられないという方は、食事回数を増やすことも検討してほしいと思います。 運動はウォーキングなど日常的に取り組むことができるものがおすすめです。 長年取り組んできたスポーツを続けたいと希望する場合には、医師と相談のうえ、無理をしない範囲で続けてほしいと思います。 肺気腫治療後に後遺症はあるの? 後遺症ではなく副作用が起こることがある の治療では、薬の副作用が現れることがあります。 たとえば、吸入の抗コリン薬による治療を行うことで、尿が出にくくなることがあります。 先生からのメッセージ 禁煙や薬物治療に取り組み重症化を防いでほしい 習慣があり息切れや長引く咳などの症状が現れるようなら、一度病院で検査を受けてほしいと思います。 もしもがみつかった場合には、が非常に大切です。 たとえ肺気腫であったとしても症状が進行していない段階で禁煙を行えば、進行を抑えることができます。 禁煙をしながら、必要があれば薬物治療などに取り組み、できるだけ重症化を防いでほしいと思います。

次の