僕 の ヒーロー アカデミア 270。 僕のヒーローアカデミア

漫画「僕のヒーローアカデミア」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

僕 の ヒーロー アカデミア 270

259話・・・週刊少年ジャンプ10号【静かな始まり】• 260話・・・週刊少年ジャンプ11号【人生の全て】• 261話・・・週刊少年ジャンプ12号【ハイエンズ】• 262話・・・週刊少年ジャンプ14号【No. 5のミルコさん】• 263話・・・週刊少年ジャンプ15号【皆といたいよー!!! 265話・・・週刊少年ジャンプ17号【敵とヒーロー】• 266話・・・週刊少年ジャンプ18号【Happy Life】• 268話・・・週刊少年ジャンプ19号【】• 269話・・・週間少年ジャンプ20号【】• 270話・・・週間少年ジャンプ21号【】• マンガは本がいい!• 繰り返し読むから買いたい! という方には、お得なサイトを紹介します!• 週刊少年ジャンプ公式 電子書籍はもちろん、ジャンプ関連の最新情報が色々見れます 【ヒロアカ】をお得に見たい方にはこちらがおすすめ• イーブックスイニシアティブジャパン イーブックスならログインで 50% OFF のクーポンが貰える! さらに運営からプレゼントも!?クーポンをGETして お得に読もう•

次の

漫画「僕のヒーローアカデミア」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

僕 の ヒーロー アカデミア 270

しかしデクたちはあっという間に死柄木に追いつかれてしまい、危うく殺されかけてしまいます。 そこへグラントリノが助けに入り、相澤たちが死柄木の前に立ちはだかるのでした。 僕のヒーローアカデミア276話ネタバレ 蛇腔市は死柄木のせいで市の3分の1ほどが更地と化してしまい、ヒーローや警察、救助隊らがとてつもない数の市民を避難させていました。 そんな中、死柄木は何者かに連絡し、視界に入った人間を殺せと命令します。 そこへ死柄木を追いかけてきたエンデヴァーがやってきました。 エンデヴァーはサイドキックであるキドウの個性「軌道」により、進行方向を変えて宙を舞う死柄木に近づきます。 現在死柄木は相澤に視られているため、個性が使えませんでした。 瞬きが出来ない相澤のために、目が乾かないようマニュアルがサポートしています。 そんな中、エンデヴァーは死柄木に向けて炎を噴射しました。 しかし死柄木は左腕を焼かれながらも自らの拳の風圧を利用して、その攻撃を避けてしまいます。 つまり先ほどの跳躍も個性を使ったわけではなく、手を振るうだけで空を自由に飛んでいたことになります。 そんな死柄木の力を目の当たりにし、オールマイトの姿が頭をよぎるエンデヴァー。 しかし博士によると身体の過度な改造は脳に負荷がかかるため、死柄木はオールマイトには及ばぬ程度のようです。 相澤は仲間に両脇を抱えられながらも、死柄木を視て個性を封じ続けていましたが、「抹消」は解除できていませんでした。 そんな中、デクと爆豪はグラントリノに死柄木から少し離れた場所へと移動させられていました。 爆豪はもっと離れた方がいいと言いますが、ここが限度だというグラントリノ。 死柄木の移動速度が想像以上に速く、追える者は限られており、通信が封じられた以上は離れすぎは却って彼を自由にさせてしまうのです。 しかし死柄木を留まらせて人々から引き離し、相澤の視界に入れたので、すでに十分な成果は出ていました。 万が一ワン・フォー・オールが奪われでもすれば、「最悪」を考えなくてはなりません。 それでも敵は一人。 これを討てなければ何のためのヒーロー飽和時代かとグラントリノは力強く話しました。 しかしその時、砂煙の中から突如複数の脳無が姿を現しました。 それを見て唖然とするデクたち。 ヒーローたちは死柄木の崩壊に巻き込まれたはずの脳無が何で無事なのかと驚いていました。 一方死柄木は地面に横たわるエンデヴァーの上に乗り上げていました。 死柄木の左腕はエンデヴァーの攻撃によって、焼け焦げてなくなっています。 そんな死柄木に「どけ!!」と言いながら、炎を噴射するエンデヴァー。 死柄木はそれを避けながら、「崩壊」を操れるようになったと話し始めます。 実は死柄木は脳無のカプセルに波及しないよう調整していました。 脳無は急に暴れることはなく、電流を流して起動します。 デバイスでワンタップで起動させることが出来、起きたら設定された人物の命令に従い動くのですが、死柄木は「電波」によって誘導電流を発生させて脳無を起動していました。 ヴィランの王にふさわしき、しもべでした。 そんな中、博士はハイエンドを生かしていた死柄木を褒め称えます。 しかし脳無はテスト段階には至っていないため、自立思考はできないとのこと。 それでもその力は上位以上で、ニア・ハイエンドだと博士は言いました。 その時、二体の脳無が相澤の元へと向かいました。 グラントリノはデクたちに隠れていろと指示し、すぐさま相澤を助けに行きます。 しかしさらに死柄木も相澤の元へとやってきました。 相澤を守るため援護しようとするヒーローたち。 相澤は自分が殺られたら死柄木の歯止めがきかなくなるのが分かっているため、死んでたまるかとナイフを取り出します。 それと同時にあいつらを卒業させてヒーローになるまで、見届けるのだと考え、生徒たちの顔を思いを浮かべました。 邪魔はお前だ!と死柄木に向かって叫ぶ相澤。 しかし死柄木が今にも相澤に触れようとしたとき、デクが死柄木に飛び掛かり、爆豪もそれに続くのでした。 しかし今まで守られる立場だったデクや爆豪が相澤を守りに入る展開は熱いですね。 どうなるのか、とても楽しみです! 次回の僕のヒーローアカデミア277話が掲載される週刊少年ジャンプ31号は7月6日に発売されます。 僕のヒーローアカデミア277話ネタバレはこちら カテゴリー•

次の

漫画「僕のヒーローアカデミア」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

僕 の ヒーロー アカデミア 270

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。 完全無料で読む手順(簡易版)• 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録• 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「僕のヒーローアカデミア」単行本は410ポイント〜)• 漫画「僕のヒーローアカデミア」の過去話ネタバレ 今回は僕のヒーローアカデミアの今後の展開について予想・希望を書きたいと思います。 まず、今後の展開として予想されるのが主人公デクvs覚醒死柄木弔です。 ワンフォーオール継承者の歴代個性が発現し更に強くなったデクと死柄木弔との戦いは避けては通れないでしょう。 死柄木弔は最新話で個性が覚醒。 超広範囲で全てのものを崩壊させるといったチートっぷりでした。 この広範囲攻撃はワンフォーオールの超パワーを持ったとしても勝つのが難しいのでは無いでしょうか。 そこでデクの歴代個性が生きてくると思います。 ワンフォーオールの超パワー+その他の様々な個性を使い死柄木に対抗するのではないでしょうか。 私は歴代継承者の個性はそれぞれ全く違うものだと予想します。 現在明らかとなっている歴代個性「クロムチ」は敵を拘束し行動を制限するという個性でした。 これから登場する歴代個性を予想すると「回復系」が登場する可能性が高いと思います。 回復系個性と超パワーを使いこなし、死柄木に対抗して欲しいと思います。 2019年8月5日 更新分 「僕のヒーローアカデミア」へのコメント(ネタバレ含む)1 雄英体育祭2回戦で緑谷VS轟の試合となりました。 ワンフォーオールの力を有する緑谷と半冷半燃の力を有する轟の対決であり、個性だけを見れば最上級に強力な個性のぶつかりあいに思えますが、力を使いこなせず自分の身を傷つける諸刃の剣を抱えた緑谷と強力な力がゆえに単調な攻撃である上に父親との確執により半燃を使わない轟と、両者少なからずハンデを背負った状態での対決となりました。 いくらハンデを背負っているとはいえ優勢なのは轟のままで試合展開は進みますが、緑谷はどんなに両手がボロボロに損傷しても強気な気持ちを持ち続けていました。 試合に勝つ、という目的だけでなく轟のことを思うがゆえに強気な気持ちが出ていたんだろうと思います。 父親を恨むがあまり、その父親の力を引き継いでいる自分と力を嫌っている轟に緑谷が声を掛けます。 「全部、君の力じゃないか」この言葉にどれだけの気持ちがこもっているのでしょうか。 無個性で育った自分の気持ちも、父親を恨んで力を使わなかった轟の気持ちも、どちらも自分の中で消化するにはまだ若い彼らが、それでもどうしようもない現状を受け入れ、前を向くために、これ以上の言葉はないです。 この一言を読んだ時が、私は僕のヒーローアカデミアにハマった時です。 「僕のヒーローアカデミア」へのコメント(ネタバレ含む)5 オールマイトが入寮の件で出久の家へ家庭訪問に来た際、出久の母親は反対をします。 これまで息子に大怪我を何度も負わせた雄英にこれ以上通わせたくないと訴えました。 ヒーロー科は他にもある、と。 すると出久は以前に助けた子供からの手紙を持ってきて「雄英でなくともいいよ。 僕はヒーローになるから」と話します。 それを聞いたオールマイトは覚悟を決めて出久母に土下座をしました。 謝罪と、それから出久少年が後継者にふさわしいことを話し「この命に代えても、守り育てます」そう宣言をします。 出久母は「命に代えないでちゃんと生きて育ててください。 それを約束して下さるのなら私も折れましょう」と完全に納得、とまではいきませんが了承してくれました。 母親の底無しの愛情やオールマイトの覚悟、出久の成長を感じさせるお話でした。

次の