ペイペイ フォー ビジネス。 お客様にペイペイ残高を『返金』する方法【PayPay for Bussiness】|キャッシュレスJAPAN

ペイペイ店舗用アプリ「PayPay for Business」で利用者QRコードも読み取れる!

ペイペイ フォー ビジネス

[東京拠点] 東京都港区• [横浜拠点] 神奈川県横浜市西区• [さいたま拠点] 埼玉県さいたま市大宮区• [仙台拠点] 宮城県仙台市青葉区• [盛岡拠点] 岩手県盛岡市• [札幌拠点] 北海道札幌市北区• [高崎拠点] 群馬県高崎市• [新潟拠点] 新潟県新潟市中央区• [名古屋拠点] 愛知県名古屋市中村区• [金沢拠点] 石川県金沢市• [静岡拠点] 静岡県静岡市葵区• [大阪拠点] 大阪府大阪市中央区• [京都拠点] 京都府京都市下京区• [神戸拠点] 兵庫県神戸市中央区• [福岡拠点] 福岡県福岡市中央区• [広島拠点] 広島県広島市中区• [岡山拠点] 岡山県岡山市北区• [高松拠点] 香川県高松市• [鹿児島拠点] 鹿児島県鹿児島市•

次の

PayPay株式会社

ペイペイ フォー ビジネス

2019年3月31日までPayPay(ペイペイ)をWeb経由で新規申し込みすると,15,000円がプレゼントされるキャンペーンがおこなわれています。 商売をされている方はもちろん,ご実家がお店をされている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 以下「本サービス」とします)に、当社指定のWEBページよりキャンペーン期間中にお申し込みいただき、決済のご利用を確認できた場合、特典を付与します。 キャンペーン達成のハードルが低いのがポイントです。 もちろん,加盟店審査はありますが,現在はPayPay(ペイペイ)を拡大していきたいという方針です。 さらに,「決済のご利用を確認できた場合、特典を付与」とありますが,何回とか何円とかという下限がありません。 つまり,1回/1円でもOKです。 個人事業主の方の場合は屋号をつけずに確定申告をなさっている方も多いと思いますので,その場合は「1契約につき、15,000円を付与」と読み替えてください。 申し込みは2019年3月31日まで,初回決済は2019年4月30日までにおこなってください。 意外と付与は早いですね。 必ずからお申し込みください。 実はPayPay(ペイペイ)の加盟店登録は,アプリやPayPay for Business(加盟店様向け管理画面)からも可能ですが,その場合は対象外に利ます。 キャンペーン対象になるためには,確実に下記のキャンペーンページからご登録ください。 期日までに正しい口座情報を登録いただけなかった場合には、特典は付与できません。 その他の注意事項です。 キャンペーンの延長や終了がある場合があります。 キャンペーンを希望する場合は,後回しにせずにお早めにどうぞ。 あと,口座情報や登録メールアドレスに間違いがないように気をつけましょう。 キャンペーン対象になっても特典がもらえなくなる可能性があります。 PayPay(ペイペイ)の新規申し込みをWebでおこなう方法 上記の画面から「オンラインでお申込み」をクリックしてください。 上記の申し込みフォームに順に記入していってください。 「屋号」は店舗経営の方は店舗名,個人事業種の方はたとえば「ペンネーム」などでもOKです。 新たにいま決めても問題ありません。 申し込み後にメールが来ますが,それとは別にPayPay(ペイペイ)のスタッフさんから電話も来ます。 電話を確実に受けるために「ご連絡可能な時間帯」をプルダウンで選んでおきましょう。 もし,知り合いにPayPay(ペイペイ)を導入した方がいれば,も利用できますね。 その場合は一番下の「キャンペーンコード」にご記入ください。 記入しなくても問題ありません。 PayPay(ペイペイ)からメールが届けば準備OK!あとはPayPayコードキットが届くのを待ちます 完了後,すぐにメールが届きます。 そのあと,およそ1週間ほどで「PayPayコードキット」が届きます。 PayPayコードキットとはPayPayによるQRコード決済をするためのシールです。 機器ではありません。 上記のようなものですね。 これを店舗に置いておき,お客さんがスマホでこのQRコードを読み取って会計金額を入力するだけで支払いが完了します。 とにかく, お店側に金銭的負担がないのが特徴です。 PayPay(ペイペイ)決済は完全に0円から始められます ほかの決済サービスでは,店側が手数料を負担しなければならないことが多いのですが,PayPay(ペイペイ)の場合は,• 初期導入費0円• 決済手数料0円(2021年9月30日まで)• 入金手数料0円(2019年9月30日まで/ジャパンネット銀行なら永年無料) となっています。 入金手数料(店舗側からすると出金)は,2019年9月30日まで無料です。 「2019年10月1日移行有償化する場合があります」と注意書きがありますが,まだ未定という感じですね。 この機会にジャパンネット銀行のビジネスアカウント(法人・営業性個人)の口座を新規に開いておいてもいいかもしれませんね。 海外(特に中国)からの観光客を逃さない!PayPay(ペイペイ)決済を導入するとAlipay(アリペイ)決済もOK! お隣の国,中国ではQRコード決済が爆発的に普及しています。 中国のスマホ決済では下記の二つが代表的です。 支付宝(Alipay:アリペイ)• 微信支付 (WeChatPay:ウィーチャットペイ) PayPay(ペイペイ)を導入すると,このうちの一つであるAlipay(アリペイ)でも支払いを受け付けられますので,海外(特に中国)からの観光客(インバウンド客)を逃しません。 しかも,決済手数料0円です。 これは見逃せないメリットですね。 ただし,Alipeyの利用にはAlipayの審査がありますので,この点はご了承ください。 「PayPay(ペイペイ)導入店舗お悩み解決シリーズ」の動画もぜひ.

次の

PayPay株式会社

ペイペイ フォー ビジネス

は、最大20%が戻ってくる100億円キャンペーンなどによって話題となったスマホ決済アプリです。 日常の買い物を簡単に済ませることができる魅力的なシステムは、多くのスマホユーザーに浸透し、今や「ペイペイで」という言葉だけで決済がスムーズにできるようになっています。 そんなPayPayで支払いができるお店は利用者数に合わせて増加し、個人や企業に関わらず多くの店舗が「PayPay加盟店」に数えられています。 ここではそんなPayPayの加盟店となるメリットと、申し込み後の初期設定や利用開始までの手順を解説します。 PayPayをスムーズに使いこなすためにも、まずは始めるのに必要な情報をチェックしてみましょう。 PayPay(ペイペイ)は加盟店にもメリット多数 PayPayはユーザーにとってのメリットがたくさんあるスマホ決済サービスですが、導入する加盟店側にも多くのメリットがあります。 キャッシュレス化の波が既に広まり始めている現代において、PayPayを導入しない理由はほとんどなくなりつつあるといえるでしょう。 それでは具体的にどのような点が加盟店にとってメリットとなるのか、以下を参考に把握しておくことをおすすめします。 集客効果が高まる PayPayはこれまでに100億円キャンペーンや、初回インストールで500円分のポイントプレゼントなどさまざまなキャンペーンを実施し、爆発的に利用者を増やしています。 2018年12月に行われた第1弾100億円キャンペーンの際には、 500万人近い新規ユーザーを獲得したとのことです。 アプリをインストールしただけでなく、実際に利用している割合も高く、キャンペーンが頻繁に行われているためアクティブユーザー数が多いことがわかります。 そんな人気を博しているPayPayですが、その機能を使うには店舗側もPayPayのシステムを導入している必要があるため、実は使えるお店が限定されてしまうのです。 だからこそ店舗はこのタイミングでPayPayを導入することによって、 新たな客層を開拓することができるでしょう。 PayPayユーザーが増えている今こそ「PayPayが使えるお店」の需要は高まり、大きなビジネスチャンスになっているのです。 初期費用0円 PayPayの導入にかかる費用は、2019年4月時点ではすべて無料となっています。 店舗は一切のコストをかけずにPayPayによる決済システムを利用できるので、興味があるのなら早めに導入を検討するべきでしょう。 「初期導入費」「決済手数料」「入金手数料」が0円というメリットは、店舗にとってPayPayを導入する理由になります。 決済手数料は2021年9月30日まで、入金手数料は2019年9月30日まで(ジャパンネット銀行を除く)が無料期間となっているので、ぜひお得な期間中に利用を始めてみましょう。 お金の管理がしやすい PayPayでの支払いは 完全なキャッシュレス決済となっていて、現金はもちろんクレジットカードのような現物も必要なく、 スマホ1台ですべてが完了します。 そのため店舗はお金の管理がしやすくなり、スムーズなレジ業務が実現するでしょう。 レジが忙しい店舗はPayPayを導入して、そこに発生する業務時間を大幅に短縮することも可能です。 その分の時間はまた別の業務で利用できるため、店舗全体の活性化と効率化をも図れるでしょう。 集客効果と合わせれば、PayPayの導入をきっかけにお店のシステムは改革されることになります。 現状よりもさらに大きな売上や快適な職場環境を実現したいのなら、お金の管理をスマートにするPayPayは要チェックとなるでしょう。 「PayPayコードステッカー」を「自立式スタンド」に貼り付ける• 「自立式スタンド」の底を開いて、コードが前になるように立てる• 「リーフレットケース」を組み立てて、その中にリーフレットを挿入• ユーザーが読み取れるようにレジ横などに設置する• 「店頭用ステッカー」をお店の外から見える位置に貼る 以上の手順でコードキットを組み立てれば、PayPayが使えるお店としてデビューできます。 QRコードを利用者に読み取ってもらい、その場でのキャッシュレス決済を体験してみましょう。 PayPayコードキットが届く前に導入したい場合は? 申請が通過してからPayPayコードキットが届くまでには若干時間がかかるので、なかには待つ時間が長いと感じるかもしれません。 コードキットが届く前にPayPayを導入したい場合は、以下の手順を参考にして環境を整えてみましょう。

次の