三菱 suv。 三菱自動車、小型電動SUVと新型軽自動車のコンセプトモデル世界初披露へ…東京モーターショー2019

フル装備でお買い得の三菱SUV『アウトランダー』 [MITSUBISHI(三菱自動車)] All About

三菱 suv

三菱 SUVミニバンのエクスパンダーってどんなクルマ?価格や導入時期を考える 2017年インドネシア国際オートショーで世界初披露された三菱 エクスパンダーは、1. 5Lエンジンを搭載する3列シート7人乗りのMPV。 インドネシアでは大人気を博し、インドネシア・カーオブザイヤー2018を受賞しました。 同クラスの3列シート車は日本でも人気ですが、果たして日本に導入されるのでしょうか。 2017年8月より生産を開始し、同年10月からインドネシア国内で販売を開始し、2018年初春からはASEAN諸国でも販売が開始されます。 三菱 エクスパンダーのフロントデザイン 三菱 エクスパンダーのフロントデザインは、三菱ブランドのアイコン「ダイナミックシールド」をさらにアグレッシブにしたデザインで、同じくインドネシアで大人気の三菱 パジェロスポーツのイメージが色濃く活かされており、存在感と勇猛さを感じるデザインに仕上げられています。 好みの問題もありますが、私としてはとても好きなデザインでかっこよく感じます。 三菱 エクスパンダーの搭載エンジン 搭載エンジンは1. 5L直列4気筒DOHCエンジン。 トランスミッションは4ATと5MTを採用しています。 三菱 エクスパンダーの車両寸法・車両総重量 車両寸法は全長4,475mm、全幅1,750mm、全高1,700mmのコンパクトボディながら、ホイールベースは2,775mmを確保。 同クラスのトヨタ シエンタより25mm、ホンダ フリードより35mm長い設定です。 地上最低高は205mmで不整路やスコール後のぬかるみにも対応できるサイズとのことです。 重量について気になったので、三菱自動車のインドネシア版公式サイトにアクセスして見たところ車両重量の記載がなく、車両総重量のみ公表されています。 そちらによると三菱 エクスパンダーの総重量は1,780kg。 ホンダ フリードの最重量車両総重量より45kg、トヨタ シエンタより15kg重くなっています。 三菱 エクスパンダーの走行メカニズム サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアにはトーションビームを採用。 リア・サスペンションにコンパクトなトーションビームを採用することで、3列目シートの居住性やラゲッジルームの容量確保をしています。 ブレーキはフロントがディスクブレーキ、リアがドラム式。 ABS、EBDは全車に標準装備ですが、ブレーキアシストやヒルアシストは一部グレードにオプション設定となります。 三菱 エスクパンダーの価格 三菱 エクスパンダーには5つのグレードが用意されています。 ベーシックグレードのGLXは5MTのみの設定で1億8,905万ルピア、トップグレードのUltimateは4ATのみの設定となっており、2億4,535万ルピアで販売されています。 なお2018年4月現在、1ルピアはおよそ0. 0075円なので、日本円では141万7,875円~184万125円の価格設定です。 日本にも導入?最新の三菱自工中期経営計画とは? 三菱 エクスパンダーはインドネシアで生産するインドネシア車で、主要マーケットはASEANを中心とする新興国です。 なぜか日本にも導入されるとの情報が飛び交っていますが、その情報源が2017年10月に発表された三菱自動車最新の中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」とされています。 同計画書には新型「エクスパンダー」や「エクリプスクロス」など11モデルを投入して、ラインナップの刷新を図ること、これはASEAN、オセアニア、米国、中国、日本市場の販売拡大と並行して行うことが記されています。 ラインナップを刷新すること、日本での販売拡大を行うことは記されていますが、日本市場のラインアップを刷新するとは一言も書かれていません。 それでもエクリプスクロスは投入されたことにより、期待はしてしまうのですが。 けど、日本には導入されないと考えるわけ それでは三菱 エクスパンダーが日本に投入されない理由を、商品面からも見てみます。 まず第1にパワートレーンの動力不足があります。 5L自然吸気エンジンでは、フル乗車時に1,800kg近い車両総重量をストレスなく発車させることは困難です。 トヨタ シエンタやホンダ フリードはハイブリッドシステムを採用して低速トルクの増大を図っていますが、三菱 エクスパンダーではそのような工夫がありません。 第2に三菱 エクスパンダーは赤道直下のインドネシア仕様であるということ。 それが最も顕著に表れているのがエアコンで、インドネシア国内の同クラス車では最高クラスの冷房能力を誇ります。 3列目シート専用エアコンには風速を4段階に切り替えられる調節機能があります。 日本ではかなりオーバーな冷房能力のようです。 第3にASV技術が未搭載であること。 ただしエクスパンダーは新興国向け車両とは言え、三菱の最新車両ですから、もし日本市場導入となれば採用することは可能かと思われます。 他にも新工場での生産では日本市場が求めるクオリティに到達できないのではないか、年間生産台数8万台では日本市場までデリバリーできないのではないかといった杞憂もあります。 本当に三菱 エクスパンダーの日本市場導入の可能性はないのでしょうか。 三菱自動車本社に取材を申し込んだところ、本稿執筆時点では三菱 エクスパンダーの日本での販売および生産計画が存在しないことを明かしてくれました。 あくまでも現状での話で、今後モデル生産を重ねるにつれインドネシア工場の生産能力が向上したり、日本市場からのラブコールが予想以上なら、もしかしたら導入される可能性が高まるかもしれません。 関連する記事.

次の

【三菱新型eエボリューション】2021年EVスポーツSUV発表!最新情報、航続距離や充電時間、サイズ、価格、発売日は?

三菱 suv

一度カタログから消滅という憂き目にあうも、2010年にコンパクトSUVとして復活。 現行モデルは、復活以降フルモデルチェンジなしで作られ続けているロングセラー車となっています。 SUVというとリセールに強いイメージがありますが、RVRの実際のところはどうなのでしょうか?詳しく見ていきましょう! Contents• 三菱・RVRとは? 三菱・RVRの歴史は意外なほど古く、初代モデルの登場は1991年にまでさかのぼります。 時はバブル経済末期、そして自動車業界は「RVブーム」に湧いている時代でした。 初代RVRはトールワゴンスタイルで、2列シート、片側スライドドアを備えた5人乗り(ロングスライドシートを備えた4人乗りも設定)のコンパクトなクルマとして登場。 モデルライフ末期には、あのランサーエボリューションのエンジンを搭載した「ハイパースポーツギア」もラインナップに加わり、「RV版ランエボ」として大きな話題を呼びました。 2代目モデルは1997年に登場。 以来2003年まで生産が続けられました。 5ナンバーサイズの「GDI RVR」と3ナンバーサイズの「RVR スポーツギア」が併売されていたのが大きな特徴。 オンロードとオフロード、それぞれを意識したモデルをラインナップ内に揃え、幅広いニーズに応えるグレード構成でした。 しかし、RVブームの終焉、そしてミニバンの台頭とともに販売台数は下降の一途をたどり、2003年を持って生産終了。 その後は直接の後継車種もなく、一旦RVRの歴史は幕を閉じることになります。 そして2010年。 8年ぶりにRVRの名称が復活します。 しかし、クルマのスタイルは以前のような「オフロードイメージの強いトールワゴン」ではなく、三菱のSUVラインナップで最もコンパクトなSUVとして登場します。 現在は、最も大型でプラグインハイブリッドの設定もある「アウトランダー」、ミドルサイズでクリーンディーゼルの設定がある「エクリプス クロス」、そして最もコンパクトでリーズナブルな「RVR」と、明確でわかりやすい住み分けとなっています。 RVRの現在の基本グレード構成は、ベーシックな「M」と上級仕様の「G」の二つと非常にシンプル。 それに加えて特別仕様車として「ブラックエディション」が用意されています。 搭載されているエンジンは、全車1. 8リッターSOHCガソリンエンジンで、6速スポーツモード付きCVTを組み合わせています。 駆動方式はどのグレードでもFFと4WDから選択可能です。 コンパクトで取り回しの良い車体、ロングホイールベースとワイドトレッド由来の優れた直進安定性、そして悪路に踏み入れた際に有利なディメンション(アプローチアングル20. オンロードがメインだけど、週末はロングドライブもするし、場合によっては悪路にも踏み込む…といったユーザーにとって、特におすすめのモデルといえるでしょう。 三菱・RVRは値落ちしやすいのか ここから先は現行モデルの三菱・RVRに絞って話を進めていきたいと思います。 表題の値落ちしやすいのかどうか、という問いについては「SUVとしては値落ちしやすい部類に入る」というのが結論になります。 現行モデルは細かな改良や特別仕様車がリリースされ続けているものの、やはり基本設計の古さは否めなくなってきています。 特に次期モデルの具体的な話は聞こえてきませんが、モデル末期に差しかかっているためか、中古車価格の下落はセダンやミニバンといった他車種とそれほど変わりないレベルといえるでしょう。 三菱・RVRの中古価格はいま? 現行モデルの中古車市場の流通量は決して多くはなく、180台前後といったところ。 実際の価格は、10年落ちの50万円前後から新車同様の250万円までかなりの幅がありますが、全グレード、全年代を含めての平均価格は140万円前後です。 この価格の背景には、同クラスには多くのライバルがひしめいているのが大きな原因と考えられます。 日産・エクストレイル、トヨタ・ハリアーやRAV4、ホンダ・CR-V、マツダ・CX-3やCX-5などに比べると、人気や知名度の高さ、それに長くフルモデルチェンジされていないRVRの存在感が薄い印象はどうしても否めません。 三菱・RVRのリセール価格は? リセールバリューについて調べてみましょう。 3年落ち、3万キロ走行、無事故車で調べてみると、全グレード・全駆動方式平均で39パーセント。 5年落ちでのリセールバリューは32パーセントまで落ち込みます。 輸出に強いクルマではあるので、7年落ちくらいまでは高値がつく場合がありますが、そのあとは急激に下降してしまいます。 参考: グレード別や駆動方式別に見ていくと、やはり上級モデルの「G」が強く、またFFモデルよりも4WDが強い印象があります。 しかし、「G」グレードのFFモデル・3年落ちだけでみると、43パーセントと比較的高めの数値を記録。 初期投資額を抑えたい方にとっては魅力的なグレードといえます。 三菱・RVRを高値で買い取ってもらうには RVRはロングセラーモデルで、かつマイナーチェンジのタイミングが一定ではありません。 よって、モデルライフを判断しながら売り時のタイミングを探す、というのは非常に難しいのが実情です。 現行モデルもモデル末期に差し掛かっているのはたしかなのですが、次期モデルがいつ登場するかのアナウンスはまだ出ていません。 SUVの高額買取のセオリー通り、「夏前の売却」「高年式、低走行のうちに売却」が最も確実に高値で買い取ってもらえるでしょう。 特にこのモデルだけで高値がついているボディカラーもないので、一般的に人気のある「ホワイト」「シルバー」「ブラック」系のカラーリングであれば、他の色よりも少し高い査定が期待できます。 まとめ 三菱・RVRは2019年上半期の平均月販売台数は84台と、他社のコンパクトクラスSUVに比べるとかなり販売台数が落ち込んではいますが、実は海外での状況は日本と全く異なります。 少し古いデータで恐縮なのですが、2017年上半期には7万5千台を売り上げた、三菱では3本の指に入る「稼ぎ頭」なのです。 そうしたことから、三菱がRVRをフルモデルチェンジなしで消滅させることは考えにくいと思われます。 とはいえ「次期型は日本に導入しない」という選択肢があることも確かです。 2019年8月には大胆なフェイスリフトを含めたマイナーチェンジが行われましたが、今後の先行きについてはっきりしたことは何もいえません。

次の

三菱新型SUVミニバン「エクスパンダー」日本発売は?発売日と価格や燃費など

三菱 suv

販売好調! 個性が光る三菱「eKクロススペース」 2020年3月に発売された三菱「eKスペース/eKクロススペース」は、発売から約2か月で約5000台を受注し販売好評です。 ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」、ダイハツ「タント」といった、人気モデルがひしめく軽スーパーハイトワゴンのなかで、eKスペース/eKクロススペースにはどのような強みがあるのでしょうか。 そのなかでも、最近の三菱車が採用する「ダイナミックシールド」という力強いデザインのフロントフェイスを装着した「eKクロススペース」が6割以上を占めるなど人気が集まっています。 グレード別では、eKクロススペースは上級グレード、eKスペースは中間グレードがそれぞれもっとも人気があります。 個性派のeKクロススペースは装備や機能の充実したグレード、標準モデルのeKスペースは機能性と価格を両立したグレードが選択されており、両車の購入者の違いが見て取れます。 ボディカラーについては、eKスペース/eKクロススペースともにホワイトパールを選択する人が多いようですが、eKクロススペース専用色のオリーブグリーンメタリック/ホワイトソリッドの2トーンカラーは個性的なカラーであるものの、選択する人の割合が高くなっています。 eKスペース/eKクロススペースは、安全装備として高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」をオプション設定しています。 最近は全車標準で安全運転支援システムを備える軽自動車が増えていますが、軽自動車のユーザーは近所の買い物だけで高速道路を使わないという人もおり、その分価格を下げてほしいという要望があることから、中間グレードと上級グレードにオプション設定としているということです。 三菱広報部は、「マイパイロットやデジタルルームミラーを含むオプションの装着率も半数を超えており、安全性や快適性を求められる人が多いことも、eKスペース/eKクロススペースの特長だと思います」と説明します。 「背の高さ」と「SUV」が軽自動車のトレンド 昨今の新車販売では、約4割を軽自動車が占めています。 充実した安全装備や機能の向上により、車両価格は上昇傾向にありますが、税金をはじめとした維持費の安さも軽人気の要因であるとされています。 その一方で、軽自動車のもうひとつのトレンドが、「クロスオーバーSUV」です。 スズキは軽本格四駆の「ジムニー」に加え、軽クロスオーバーSUVというジャンルを開拓した「ハスラー」や、スーパーハイトワゴンのスペーシアにも「スペーシアギア」というSUVテイストを盛り込んだモデルをラインナップしています。 ダイハツは、2020年6月10日に、軽クロスオーバーSUVの新型「タフト」を発売するなど、軽自動車とSUV要素が融合したモデルが注目されています。 三菱のeKクロススペースも軽クロスオーバーSUVのひとつです。 兄弟車である日産「ルークス」にはクロスオーバーSUVはラインナップされておらず、三菱ならではの商品だといえます。 SUVテイストを取り入れたeKクロススペースについて、三菱は次のように説明します。 「現在のスーパーハイトワゴンのカテゴリにおいては各社ラインナップがありますが、カスタムといわれるエアロパーツが装着されたモデルと、スタンダードと呼ばれる標準モデルが用意されています。 SUVを強みとする三菱として、『デリカD:5』や『eKクロス』と同様に、eKクロススペースにもSUVテイストを取り入れました。 また、これまではいろいろなデザインのフロントグリルがあったのですが、パッと見たときに三菱車だということをわかってもらうためにも、力強い印象のフロントマスクを実現するダイナミックシールドを取り入れています」 eKクロススペースを購入したユーザーからは、「ほかと被らないデザインがよい」「三菱のSUVらしいテイストのデザインで、キャンプに出掛けたくなるクルマ」という声があがるなど、高評価を得ているようです。 eKクロススペースは、背の高さを活かした広い室内や便利な機能、スライドドアによる利便性の高さに加え、SUVテイストという個性を取り入れたことが、販売好調の理由だといえそうです。

次の