レクサス ux f sport。 レクサスUXのおすすめグレードUX250h F SPORT!他グレード比較!!

写真で見る レクサス「UX」

レクサス ux f sport

価格にはオプション価格は含まれません。 北海道地区の価格には寒冷地仕様の価格が別途加算されます。 価格はレクサス販売店が独自に定めていますので、詳しくはレクサス販売店におたずねください。 詳しくはレクサス販売店におたずねください。 8 21. 6 16. 0 21. 1 12. 4 21. 7 16. 7 21. 7 18. 0 25. 2 *1 17. 2 *2 エンジン 種類 直列4気筒 総排気量 L 1. 188 19. 6 - リヤモーター 最高出力 kW PS - 5 7 - 最大トルク N・m kgf・m - 55 5. 6 - 駆動装置 駆動方式 前輪駆動 E-Four 電気式4輪駆動方式 前輪駆動 トランスミッション 電気式無段変速機 Direct Shift-CVT ギヤ機構付 自動無段変速機 *1. メーカーオプション装着により車両重量が1,660kg以上の場合、25. メーカーオプション装着により車両重量が1,540kg以上の場合、16. お客さまの使用環境 気象、渋滞等 や運転方法 急発進、エアコン使用等 に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。 スピンドルグリル• - アルミホイール• ファブリック [UX250h、UX200] スカッフプレート•

次の

レクサスUXのおすすめグレードUX250h F SPORT!他グレード比較!!

レクサス ux f sport

レクサスの新型SUV「UX」。 大手サイトや雑誌でもかなり良く書かれていますよね。 こういう情報ばかり見ていると逆に レクサスUXの欠点はないの? ということが気になるのではないでしょうか。 実際に購入しようと思うと、悪いところも知っておきたいところですよね。 実はレクサスUXにもちゃんと欠点や弱点は存在します。 大手メディアやレクサスの公式サイトなどでは欠点を公表したがりませんが、 口コミサイトや個人ブログでなどでは 欠点についても情報があるんですよ。 ただ、こういう情報を1つ1つ見ていくのはめちゃくちゃ大変ですよね。 ただ、欠点を調べていると 「これ本当かよ!?」 と思えることもあったので、そういう情報については 実際に購入した人の意見も取り入れて信憑性を確かめています。 調べるのは結構面倒でしたが、レクサスUXについて欠点を含めた口コミや評価を丸裸にできたと思います。 調べた情報は 外観・内装、燃費、価格、走りなど7つのポイントで整理しました。 約9割の人がエクステリアを「良い」と評価。 欠点は新鮮味のないデザイン UXのエクステリアを約9割の人が良いと評価しています。 クーペのようなデザイン• レクサスらしいフロントマスク• 日本の道路環境にマッチするサイズ感 特に言われているのがこの3点。 レクサスUXの 独特なリアデザインや、低くワイドに見えるクーペのようなデザインが好評です。 一方で、残り約1割の人はエクステリアに対して何かしら不満を持っています。 具体的にどこが不満なのか紹介していきます。 NXやRXに比べてデザインに新鮮味がない 出典: UXのエクステリアに不満を持っている人からは 「正面から見ると RXと区別がつかない」 「 NXやRXと同じようなデザインに見えます」 「そんなに 新鮮味はありません」 このような口コミが多く見られました。 正面から見ると RXと同じような顔つきに感じています。 全体を見ても、 これまでのレクサス車からするとそんなに真新しさがなく、新鮮に感じないことが不評の要因のようです。 インテリアは約7割の人が満足。 欠点は質感の低さ レクサスUXのインテリアは7割の人が「良い」と評価しています。 良い口コミでは• 運転席周りの使い勝手が良い• インパネが少し運転席の方に向いていて使いやすい• C-HRよりは後席やトランクにゆとりがある 主にこの3点を評価。 UXのインパネは 運転席の方に向いていて、ボタン類の配置もシンプルなので操作がしやすいと高く評価していました。 しかし、残り3割の人はインテリアをに対して満足はしていない様子。 具体的にどこがダメと言われているのか紹介します。 内装の質感が低い 出典: UXのインテリアを「悪い」と評価した口コミでは 「ダッシュボードが安っぽい」 「ドアの内装の質感は非常に残念」 「ドアの開閉音がチープ」 このように言われています。 レクサス車の割に内装の質感が安っぽいことに不満を感じているようです。 特にダッシュボードやドアの質感が悪いことに多く口コミされています 価格は約3割の人が満足。 欠点は総額の高さ 価格は約3割の人が「良い」と評価しています。 価格に対する口コミでは• リセールの良さを期待すると悪くはない• 欧州のライバル車と比べると安い• サービスを考えればコスパは良い 主にこの3点を評価。 レクサスなので価格は高いですが、 3年で55%と高いリセールバリューが評価されています。 また、ディーラーからの買取保証もあり手厚い対応も高評価のようです。 一方で、約7割の人はUXの価格には不満を持っています。 具体的にどこに不満なのか詳しく調べてみました。 総額で見るとレクサスNXをも買えるほどの価格 UXの価格を高いと評価した人は、 総額550〜600万円くらいになってしまうため、高いと感じています。 これはエントリーグレードであれば ワンランク上のNXを買えてしまうほどの価格。 そんなUXの本体価格表がこちら。 これに 諸経費約20万円とオプション30万円を加えた 支払い総額は554万円! 「コンパクトSUVならレクサスを買えるかも…。 」 と思っていた人の夢を打ち砕かれたような総額ですね。 価格に不満がある人も同じように感じているのではないでしょうか。 支払い総額を抑えるには? ちょっと割高なUXで重要になってくるのは値引きや下取りです。 交渉次第では総額524万円〜544万円ぐらいで購入することはできます。 実際にうまく 値引き交渉や下取り交渉をして購入した人の体験談を紹介しているので、参考にしてみてください。 欠点は街中での実燃費 燃費は約9割の人がUXの燃費を「良い」と評価。 ただ、こういうレビューって正直 ちょっと胡散臭い。。。 と思うんですよね。 そこで、 e燃費やみんカラのデータを参考に 春夏秋冬の実燃費を予測してみました。 UXの実燃費はコンパクトクラスSUVの中では優秀 その結果がこれです。 2Lガソリン 時期 UX 2WD [2Lガソリン] カタログ値 実燃費 燃費達成率 春・秋 17. 2Lハイブリッド 時期 UX 2WD [2Lハイブリッド] カタログ値 実燃費 燃費達成率 春・秋 27. 冬は暖機運転の時間が増えるため、かなり落ち込みます。 季節別にみるとよいのは春・秋。 ガソリン車は平均15. この数値は コンパクトクラスSUVの中ではトップクラスです。 しかし、約2割の人は燃費が悪いと評価しています。 具体的にどんな点に不満なのでしょうか。 高速では伸びますが、市街地はストップ&ゴーを繰り返すため 燃費はかなり落ちる可能性が高いです。 街乗りが多い人は燃費に関してはあまり期待しない方がいいでしょう。 エンジン性能は約8割の人が「良い」と評価。 欠点は登坂時の加速力と反応の悪さ エンジン性能では約8割の人が「良い」と支持しています。 UXのエンジン性能に満足した人は ・NAでも静か ・CVTの割に発進時はダイレクト感がある ・スムーズにレッドゾーンまで回る ・スポーツモード時のレスポンスが良い ・モーターのアシストが素早く、キビキビ走る ・アクセル全開時の加速はパワフル この6点を評価していました。 2Lガソリンは 滑らかに高回転域まで回り、音もハイブリッドに近い程抑えられているようです。 ハイブリッドはモーターのアシストも早くなっていて、 2Lガソリンよりもパワフルになっている点が高く評価されています。 ですが、約2割の人はエンジン性能に不満なようです。 具体的にどのような点が不満か調べてみました。 2Lガソリンはキツい登り坂では加速力が足りない 2Lガソリンのエンジン性能に不満がある人からは 「発進時や登り坂での 加速が悪い」 「登り坂は 瞬発力が足りない印象」 このような口コミが見られました。 2Lガソリンは新型のエンジンですが、 登坂時においては 加速力が足りないと感じてしまうようです。 2Lハイブリッドはアクセルに対しての反応が少し悪い ハイブリッドのエンジン性能に不満がある人からは 「ハイブリッドはアクセルに対して 加速が少し遅れる」 「改善されているが、まだ レスポンスは悪い」 こんな口コミが見られました。 新しいハイブリッドエンジンですが、 アクセルに対してやや遅れて反応するようです。 約9割の人が走行性能を「良い」と評価。 欠点は着座位置 走行性能は約9割の人が「良い」と評価しています。 口コミでは• 基本性能が良くて扱いやすい• SUVを感じさせないハンドリング• 意外と取り回しが良い 特にこの3点を高く評価していました。 SUVながら安定感があり、 バランスの取れた車体性能で運転しやすいそうです。 一方で、約1割の人は走行性能に不満を感じています。 具体的にどのような点に不満なのか調べてみました。 着座位置が低い 出典: 走行性能に不満を感じた人からは 「運転席は SUVらしくないポジション」 「クーペのように 着座位置が低くて違和感がある」 このように言われています。 SUVらしく アイポイントは高めですが、着座位置はクーペのように低いため違和感があるそうです。 乗り心地は約9割の人が満足。 欠点はロードノイズ 約9割の人が乗り心地を「良い」と評価していました。 UXの乗り心地に満足した人からは• 突き上げはほとんど感じない• 運転席からの視界が良い• 足回りの硬さがちょうど良い この3点を高く評価しています。 運転席からの視界が良く、足回りの硬さもちょうど良いため快適に感じるようです。 しかし、約1割の人はUXの乗り心地を「悪い」と評価しています。 具体的にどんなところに不満なのか調べてみました。 ロードノイズが大きい UXの乗り心地を「悪い」と評価した人は 「エンジン音は静かだが、 ロードノイズが目立つ」 「 ロードノイズが気になります」 このような不満を感じるそう。 風切り音やエンジン音はかなり抑えられていますが、 代わりにタイヤからのロードノイズが目立ってしまうようです。 総合評価は約7割の人が「良い」と評価。 新型レクサスUXでチェックすべき欠点まとめ 最終的にレクサスUXが総合的にどう評価されているのかまとめてみました。 その場合、価格差が少ない ワンランク上のレクサスNXを選ぶのもアリでしょう。 NXの方が全体的な質感は高いですからね。 また、価格では総額に不満を感じている人がいました。 レクサスと言えど コンパクトSUVで500万円オーバーでは 「もう少し安くしろよ!」 と思ってしまうのもムリはないですよね。 その他細かい欠点はありますが、 全体として約7割もの人が「良い」と評価しており、 総合的な評価は高いようです。 新型レクサスUXを安く買うには? レクサスUXを安く購入するには値引きや下取りが重要です。 ただ、値引きや下取りについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。 それは… 交渉でディーラーに騙されている人が多い ということです。 この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、 実際にレクサスUXを購入した人がどうやって騙されずに値引きや下取り交渉をしたのか、次の記事でチェックしてみてください。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

次の

TAMAYA

レクサス ux f sport

Contents• レクサスUXとは? UXは、NXよりひと回り小さいLEXUSの新型SUVです。 サイズは意外にデカい? NXのひと回り小さいSUVという位置づけですが、横幅がデカいからあんまり小さく見えません。 しかし、全幅は 5[mm]しか違いません。 パワートレインは? パワートレインは、• UX200は自然吸気のガソリンエンジンです。 最近のレクサスは、ハイブリッド以外はターボエンジンをラインナップするんですけど… UXは自然吸気です。 グレードは? グレードは、以下のように分けられます。 ベースグレード• Version C• Version L• F Sport 便利快適装備がてんこ盛りのVersion L、スポーツタイプのF Sport、一番低価格なベースグレード、必要十分装備のVersion Cといったグレード分けです。 とは言いつつも、UXはVersion LでもF Sportでもパノラミックビューモニターやブラインドスポットモニターがオプションだったりするので…。 違いがあんまりないので好きなデザインで選んだ方がいいですね。 ちなみにレクサスはF Sportのリセールバリューが高いのが伝統です。 RXのような横一列の3眼LEDではなく、NXのような3角配置です。 近くで見ると結構キリリとしてカッコいいです。 サイドには「LEXUS」の文字があります。 「まゆ毛」デイランニングライトはシームレスに発光します。 NXやRXのようにツブツブが無いので技術が一つ先を言っている感じがしますね。 最近発売されているF Sportのモデルはみんなそうなっていますね。 ちなみにUXのスピンドルグリルに「漆黒メッキ」が使用されているのは下側だけです。 フォグランプもこの位置についています。 その為、積雪の際に急いで 「ワイパーを立てようと簡単に出来ない」デザインです。 たしか、RXもそんな感じのデザインでした。 UXを購入された方は説明書でワイパーの立て方を調べておいた方が良いと思います。 空力を意識したデザインなのでしょうか? 今回の試乗車はパノラミックビューモニター装着車でしたのでカメラがついています。 この価格帯の車でそりゃないっしょ。 とりあえず気になりました。 スポンサーリンク TRDエアロパーツ TRDエアロパーツについては個別に紹介しますね。 TRDフロントスポイラー フロントスポイラーです。 空力的なデザインと黒白のアクセントが素晴らしい。 ちなみに装着部分の 「車高が64[mm]下がる」ようです。 計測したらTRDエアロ装着状態でのフロント地上高は 約160[mm]ですね。 車止めの高さによっては擦る車高なのかもしれません。 TRDフロントスポイラーを装着を検討されている方はご注意を…。 羽のように出っ張っています。 また、出っ張り部分の色が白となっており、アクセントが素晴らしいです。 こちらも装備するとオリジナルより 「車高が65[mm]下がる」ようです。 こちらも計測しました。 TRDエアロ装着状態でのサイドの地上高は 約190[mm]ですね。 個人的にはオリジナルの黒いフェンダーの方が好きです。 こちらも空力的な要素がありそうなデザインですね。 TRD18インチ鍛造アルミホイール 鍛造アルミホイールです。 こちらのデザインも好みですね。 鍛造なので鋳造のアルミホイールより軽く車の性能がアップします。 タイヤがそのまま使えるのが救いですね。 マフラー自体を交換するのでダミーではないです。 耐熱コーティングの黒色がまたカッコイイです。 ディフューザーとの色の愛称もばっちりです。 しかし、その一方で車格故なのでしょうか? コストカットされている場所や今一歩足らない箇所があります。 (流れないウィンカーとかね…) また、最低地上高が抑えられている等のSUVでありながらSUVっぽくない存在でもあると思います。 この記事を見て、 「UXカッコイイじゃん!」 と思い、契約されるような方がいらっしゃれば幸いです。 ということで、次回は内装について紹介したいと思います。

次の