荒野行動 タブレット。 荒野行動がラグい原因5つ!ラグを解消し改善する対処法も解説!

「荒野行動」iPad最強時代。初期費用10万!?このままだとユーザーがいなくなると思います。解決案をまとめてみた。

荒野行動 タブレット

ルーターには通信記録のアクセスログが蓄積されるようになっていますが、溜まり過ぎると高負荷がかかり不具合を起こす要素となります。 光回線を利用している場合、ONU(回線終端装置)にもアクセスログが蓄積され、不具合を起こす確率が高くなります。 WiMAXやポケットWi-Fiを利用しているのであれば、ルーターの温度が上がりすぎて通信状態が不安定になっている場合もあるので気をつけなければいけません。 モバイルルーターは熱を帯びやすいので、荒野行動などの高負荷がかかるオンラインゲームを動作させると熱くなりすぎてラグが起きやすくなります。 有線でスマホやタブレットをネットにつないでいる場合、LANケーブルの断線も考えられるので念のためにチェックしておきたいところです。 スマホやタブレットにアクセスログが蓄積されて不具合が起きる、もしくは高負荷による発熱でラグが発生するパターンも珍しくありません。 WiFiの接続状態が不安定 WiFiを使ってネットに接続している場合、Wi-Fiの通信状態が安定しないないかもしれません。 デバイスとルーターの距離が離れているか、そばに電子レンジやテレビなどの家電が置いてあるとWiFiの通信状態が安定せずラグの要因になります。 ルーターがWiFiを発信できる範囲には限界があるので、離れた部屋でスマホを使おうとすると接続状態が安定しにくいです。 スマホやタブレットのメニュー画面に表示される扇マークの点滅線が一つでも少ないと、WiFiの通信状態は良くありません。 電子レンジやテレビが発する電磁波はWiFiと干渉して通信を不安定にさせる要因なので注意しておきたいポイントです。 ルーターとの距離や側に家電がある状況は通信状態を悪化しやすいです。 回線やプロバイダの速度低下 利用しているネット回線やプロバイダの速度低下も予想される原因の一つです。 何度もラグが起きるのであれば通信速度が遅くなっていないか調べてみましょう。 通信速度が遅いかは「Speedtest」のサイトで計測すればすぐわかります。 引用元: ラグが起きるときに確認する項目は「PING」と「DOWNLOAD」の2つです。 PINGは回線の応答速度、いわゆる「画面をタップして荒野行動が反応するまでの間隔」です。 PINGは通信状態の安定性を表すもので、数値が低いほどラグが起きる可能性が低くなります。 荒野行動で遊ぶならPINGは1ケタから20msにするのが理想です。 DOWNLOADはネット上でウェブサイトや動画を読み込むスピードで、数値が高いほど良いです。 PINGが20msをはるかに超えて、DOWNLOADの速度が5Mbpsを下回るのであれば通信状態は不安定と認識しなければいけません。 ほとんどのネット回線では高速通信が可能ですが、速度が安定するかは種類ごとに違います。 もっとも安定性があるのは光回線ですが、契約プロバイダや利用している接続方式によっては不安定になるので注意しなければいけません(光回線の速度を安定させる条件は後ほどご説明します)。 荒野行動をプレイしているときによくラグを起こすのはWiMAXやポケットWiFiなどのモバイル回線です。 モバイル回線で用いられている電波は細かな天候の変化や周辺に建物があるかで良し悪しが変わるので、速度が下がりやすくやすくラグを招きやすいです。 契約回線・プロバイダで発生している通信障害 可能性は低いですが契約している回線やプロバイダで通信障害が起きているとも考えられます。 通信障害が起きると速度の低下や接続不良が起き、荒野行動でラグが起きるだけでなく、最悪の場合はプレイ自体ができなくなることもあります。 スマホ・タブレット・PCのスペック不足 こちらも考えにくいですが、利用しているスマホやタブレットのスペックが低いことが原因になっている場合もあり得ます。 現在販売されているほとんどのスマホやタブレットは高スペックで、荒野行動のような3Dゲームをなんなく動作させられますが、古い機種を利用していると性能不足が原因でラグが起きる可能性があります。 数万円ほどの値段が安いタブレットもスペックが低いものが多いので、荒野行動をプレイするときにラグを起こしがちです。 パソコンではCPUやGPUなどの性能が不足していると、回線の品質が良くてもグラフィックの処理が追いつかずラグを起こしかねません。 荒野行動のラグを解消・改善する対処法 荒野行動でのラグをなくす、最小限にする方法はいくつもあり、意外と簡単に改善できる場合もあります。 スマホやルーターの再起動で改善する可能性は高い 最初に試してほしい対処法はルーターやデバイスの再起動です。 ルーターやスマホで発生する不具合はアクセスログの蓄積によってかかる負荷ですが、再起動をするとログがすべて消去されて正常に稼働するようになります。 再起動をしてラグがなくなるパターンは意外と多いです。 再起動はモバイルルーターやデバイスの発熱による不具合を解消する手段でもあるので、困ったらとりあえず再起動と考えましょう。 冷却用具でスマホやタブレットの発熱を抑える スマホやタブレットの発熱もラグの原因なので、冷却対策もして視野に入れておきましょう。 モバイル型の端末で行える発熱への対策は2つあります。 有線接続へ切り替える場合は、品質が良いLANケーブルを使いましょう。 LANケーブルには以下6つの規格があり、ラグを最小限にするためにCAT6以上を使いたいところです。 規格 最大通信速度 伝送帯域 CAT8 40Gbps 2000MHz CAT7 10Gbps 600MHz CAT6A 10Gbps 500MHz CAT6 1Gbps 250MHz CAT5e 100Mbps 100MHz CAT5 100Mbps 100MHz ラグをなくすためにはLANケーブルの形状もチェックしておきましょう。 LANケーブルの形状にはスタンダードと極細、フラットの3種類があり、ラグを最小限にできるのはスタンダードです。 スタンダードは家電からのノイズを拾いにくく、通信状態が安定するからです。 極細やフラットは周辺の家電からノイズを拾いやすいので、オンラインゲームをする人にはおすすめできません。 もっと性能が良い無線LANルーターを使う ルーターから離れた場所で荒野行動をプレイするためにどうしてもWiFiで接続したいのであれば、より性能の良いルーターへの買い換えを考えてみましょう。 Wi-Fiを飛ばせる範囲はルーターごとに違います。 2階で荒野行動をプレイしているときにラグを感じるのであれば、3階建て向けのルーターを使うといった感じの買い換えが必要になってきます。 中継器を使ってWiFiの発信範囲を広げる方法もありますが、ルーターを1台だけ使う場合と比べて通信状態が安定しにくいのでのラグを防ぐための手段にはなりません。 違う周波数帯のWiFiに接続する スマホのメニュー画面に表示される扇マークのすべての線が点灯しているのにラグが起きるのであれば、利用するWiFiの周波数帯を変更しましょう。 WiFiの周波数帯は2. 4GHzと5GHzの2種類があります。 4GHzは他の家電でも使われているので、電子レンジやテレビの電磁波と干渉して通信が不安定になりラグを起こしがちです。 5GHzは生活家電では使われていないので電子レンジやテレビの電磁波とは干渉せず、ラグが発生しにくい周波数帯です。 ほとんどのルーターは2. 4GHzと5GHz両方のWiFiを発信していて、接続設定をするときのSSIDの選択画面でどちらの周波数帯を使うかを決められます。 SSIDによる周波数帯の判別は以下の表を参考にしてください。 パターン 周波数帯 SSIDの語尾が2G 2. 4GHz SSIDの語尾が5G 5GHz SSIDに「G」が含まれている 2. 4GHz SSIDに「A」が含まれている 5GHz 周波数帯を切り替える手順は以下の通りです。 モバイル回線はオンラインゲームに向いていないからです。 先ほどご説明した通り、モバイル回線では細かな天候の変化やまわりに建物があるかで電波の届きやすさが変わりやすいのでラグを起こしがちです。 光回線は天気や建物環境による影響を受けないので、導入すれば快適に荒野行動をプレイできるようになります。 オンラインゲームに向いている光回線は後ほどご紹介します。 IPv6オプションを利用する(IPv6対応の光回線へ乗り換える) 光回線を利用しているのにラグが起きるのであれば、IPv6オプション(プロバイダによってはオプション名がV6プラス)の利用が対処法になります。 IPv6オプションはもともとIPアドレスの不足を解消するために普及が進められているプロトコルですが、IPoE方式でインターネットに接続できるメリットがあります。 IPoE方式では利用者の増加による混雑が起きない回線経路を経由して、どの時間帯でも通信速度とPing値が安定します。 引用元: IPv6オプションを利用しないと混雑が生じやすいPPPoE方式で接続するので、夜に速度やPing値が低下してラグが起きやすくなります。 NURO光ではソフトバンク、auひかりではau、ドコモ光ではドコモのスマホ代が500円から1,000円安くなるセット割が受けられます。 セット割は家族全員のスマホに適用できるので、利用料金の安さも良好です。 注意点としてNURO光とauひかりは提供エリアが限られているところです。 自宅が提供エリアではない場合を想定して他の回線も候補に入れておきましょう。 ソフトバンクユーザーがNURO光を契約できない場合、セット割が受けられるソフトバンク光が候補になります。 ソフトバンク光では光BBユニットをレンタルすればIPv6高速ハイブリッドを利用できるので、ソフトバンクユーザーにとっては魅力的な回線になります。 auユーザーがauひかりを契約できない場合、セット割が適用できIPv6オプションを利用できるビッグローブ光が替わりの候補です。 契約回線・プロバイダに通信障害が発生していないか確認する 念のために、契約中の回線やプロバイダに通信障害が起きていないかも見ておきましょう。 通信障害が起きているかは契約している事業者の公式サイトで確認できます。 通信障害が起きている場合、復旧するのを待つしかありません。 スマホやタブレットの買い換えも検討要素 速度を測定しても回線やプロバイダに問題はなく、ルーターなどの周辺機器にも問題がなければ利用しているスマホやタブレットのスペックが原因の可能性があるので買い換えも視野に入れておきましょう。 あまりにも古い機種や販売価格が安いスマホやタブレットは荒野行動などの高解像度がグラフィックの処理に追いつけないので、オンラインゲームに向いた端末は必須です。 PCでプレイしている場合、以下の推奨基準を見て充分なスペックがあるのかをチェックしてみましょう。 項目 推奨基準 CPU Core i5以上 メモリ 8GB以上 ストレージ容量 512GB以上(SSDが理想) GPU(グラフィックボード) NVIDIA GeForce GTX 1060と同等かそれ以上 上記の基準は荒野行動などの3Dゲームをスムーズに動作させるために必要なスペックとなります。 どれか一つでも上記のスペックを満たしていないと、グラフィックの処理が追いつかずラグが生じてしまいます。 利用しているPCのスペックが不足している場合は以下のどれかの方法で対処しなければいけません。

次の

【荒野行動】iPad用のおすすめコントローラーを紹介!【3選】

荒野行動 タブレット

ゲーミングタブレットの注目したい機能・性能3つ• 大画面で見やすい• 持ち運びも楽々• 高性能でサクサク動く 大画面で見やすい タブレットでゲームをするメリットの一番のポイントは画面が大きく見やすいということです。 特に荒野行動やPUBGといったFPSゲームに関しては見やすさは重要です。 一般的なスマートフォンに比べてタブレットは倍以上の画面サイズなので見やすさは段違いに向上します。 ただし、ゲームによっては大きいがゆえに操作がしづらいと感じることもあります。 その場合はBluetoothのコントローラーを使うこともできるゲームもあるので、ぜひ利用してみてください。 持ち運びも楽 パソコンに比べて持ち運びがしやすいという点も特徴です。 パソコンでゲームをするとなるとそれなりのスペースが必要になってしまいますが、タブレットであれば省スペースでゲームを楽しむことができます。 もちろん、本体ひとつあればプレイできるので持ち運ぶものも少なく済みます。 また、ベッドやソファで「横になりながら」や「くつろぎながら」の「ながらプレイ」もできるので手軽さはパソコンの比ではありません。 リラックスしながら楽しみたいという人にもおすすめです。 高性能でサクサク動く 最近のスマートフォン、タブレット向けゲームは必要なマシンスペックも高くなってきています。 そんな市場に合わせてタブレットの性能も向上してきています。 ゲーミングタブレットは特にハイスペックに作られているので非常に軽快な動作をしてくれます。 その分、価格が上がってしまうというデメリットもあるので、プレイしたいゲームの必要スペックをよく確認し、それに見合ったモデルを選ぶようにしてコスト面も考慮していきましょう。 ゲーミングタブレットの選び方 ゲーミングタブレットの選び方を以下の3つのポイントから解説します。 ゲーミングタブレットの選び方3つ• 画面の大きさで選ぶ• スペックで選ぶ• 価格で選ぶ 画面の大きさで選ぶ まずはタブレットの画面の大きさを決めましょう。 タブレットは小型の7インチクラスのモデルから大型の13インチクラスまで様々です。 ゲームに合わせたサイズを選ぶことでプレイのしやすさは格段に変わってきます。 FPSには大型のモデルが見やすいのでおすすめですし、パズルゲームなどにはスマホより少し大きいくらいの小型モデルでもよいでしょう。 ただし、大きくなればなるほど重量が増すので持ちながら使うには不向きとなっているので注意してください。 スペックで選ぶ ゲーミングタブレットとしてスペックは外せない項目です。 まずはOSですが現在の一般的なタブレットにはAndroid、iOS、Windowsの3種類のどれかが搭載されているものがほとんどです。 プレイしたいゲームに対応しているOSのモデルを選びましょう。 また、CPUとRAMにも注目してみましょう。 タブレットを人に見立てた場合にCPUは手、RAMは作業スペースと考えてください。 CPUの性能が高ければ手の動きも速く、効率的に仕事ができます。 また、RAMが多ければ作業スペースが広いのでより快適にゲームができるでしょう。 価格で選ぶ タブレットを選ぶ上で価格も見ておきたいポイントです。 サイズやスペックが上がれば上がるほど価格も上がってしまいます。 ですが、ゲームによってはそこまで性能を必要としない物もあります。 用途に合うモデルを選ぶことで無駄な出費を抑えることができるでしょう。 浮いた分でゲーム用にBluetoothコンローラーを用意したり、スピーカーやヘッドホンなどの音響機器を用意したりと同じ費用で色々と周辺機器を購入するというのもいいですね。 高いパフォーマンス• 鮮やかなディスプレイ• 10時間使えるバッテリー Apple iPad Airのレビューと評価・評判 Appleタブレットの金字塔 Appleから発売されているタブレットの最もポピュラーなモデルで、日本においてのApple製品は非常に人気が高いため、iPhoneとiPadを両立している人もかなりいるのではないでしょうか。 薄くて軽いので持ち運びもしやすく、CPU性能も高いためほとんどのゲームでストレスなくプレイすることができるでしょう。 10時間の長時間駆動も可能でシンプルながらすべてが詰まった1台に仕上がっています。 OSはiOSが搭載されているため、Android端末とは提供されているアプリが異なる点には注意が必要です。 Apple iPad Pro 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Apple iPad Pro」です。 Apple史上最高の性能• 大画面の美しい映像• 洗練されたデザイン Apple iPad Proのレビューと評価・評判 Appleタブレット最高峰モデル Appleから発売されているタブレットの最高性能を詰め込んだモデルです。 従来のiPadを更にスペックアップしたモデルに仕上がっているProはA12Xという毎秒5兆もの演算処理を行ってくれるApple最高のCPUを搭載し、快適な操作性を約束してくれます。 色鮮やかなLiquid Retinaディスプレイは現実に近い色で美しく映し出してくれます。 こまかな描写もくっきりと表示してくれるのでゲームにもより臨場感が加わり、楽しさも倍増するでしょう。 デザインも美しいフォルムで見た目にも楽しませてくれる至高の1台です。 HUAWEI MediaPad M5 lite 10 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10」です。 高精細液晶搭載• 4スピーカーで臨場感を• 手触りも配慮したデザイン HUAWEI MediaPad M5 lite 10のレビューと評価・評判 高精細10. 1インチのパワフルタブレット HUAWEIから発売されているMediaPadシリーズのタブレットです。 1インチのスタンダードタイプでフルHDを超える高解像度ディスプレイを搭載し、鮮明な映像を映像を楽しめます。 スピーカーも世界的なオーディオブランドであるHarman Kardonを採用し、4つのスピーカーから発せられる音は臨場感もたっぷりです。 CPUにはKirinが搭載されていますがSnapdragonと二分する有名なCPUで性能面は問題ありません。 デザインもシルバーの落ち着いた配色となっており、シンプルで手にフィットしやすいエッジが使い勝手を向上させてくれます。 Dragon Touch タブレット 10. 1インチ 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Dragon Touch タブレット 10. 1インチ」です。 高コストパフォーマンス• ライトユーザー向け• HDMIでテレビに投影可能 Dragon Touch タブレット 10. 1インチのレビューと評価・評判 お手頃価格で楽しめるタブレット Dragon Touchから発売されているタブレットで、高コストパフォーマンスが売りです。 1インチクラスでは非常にお手頃な価格となっていますが、それなりの性能を持っているのでパズドラなどのライトゲームであれば問題はありません。 ですが、荒野行動などのハイスペックを必要とするゲームにはやや力不足でしょう。 タブレットとしては珍しくHDMI端子を搭載しているのでテレビにケーブルで接続すれば更に大画面でゲームを楽しむことができる点はメリットです。 Vankyo タブレットZ4 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Vankyo タブレットZ4」です。 最新Android• 目に優しい光• お手頃価格 Vankyo タブレットZ4のレビューと評価・評判 格安の中華タブレット Vankyoという中国メーカーから発売されているタブレットです。 主にプロジェクターなどを手掛けているメーカーですが、タブレットも低価格で楽しめるモデルが用意されています。 価格はリーズナブルで、手を出しやすい点が一番のメリットでしょう。 それでいてカスタマーサポートが日本語に対応しているので安心です。 目に優しいEye healthという設定があり、バックライトを自動的に最適化してくれる機能がついているので長時間のゲームプレイでも疲れにくくなっています。 TECLAST P80X 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「TECLAST P80X」です。 最新Android• グラフィックプロセッサで読み込みが早い• 広い視野角 TECLAST P80Xのレビューと評価・評判 コンパクトで持ち運びしやすいタブレット TECLASTから発売されているコンパクトタブレットです。 最新のAndroid 9. 0を搭載し、2GBのRAMとオクタコアCPUにグラフィックプロセッサとしてPowerVR Rogue GE8322を搭載しているので画像の読み込みを高速かつスムーズに表示してくれます。 ディスプレイはIPSタッチスクリーンなので広い視野角と明るさを兼ね備えており、コンパクトながらも見やすさは上々です。 バッテリー容量は4200mAhで約10時間の駆動が可能と電池持ちも良く、出先で使う2台目タブレットとして優秀です。 マイクロソフト Surface Pro 6 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「マイクロソフト Surface Pro 6」です。 ハイスペック• キーボードの取り付け可能• PCゲーム向け マイクロソフト Surface Pro 6のレビューと評価・評判 Windowsタブレットのマストアイテム マイクロソフトから発売されているタブレットです。 Windowsタブレットとしては最も有名なシリーズで、こちらはスペックアップしたProモデルになります。 IntelのCore i5に8GBのRAMとタブレットのスペックとしては非の打ちどころがなく、ハイパフォーマンスを発揮してくれます。 ゲーミングタブレットとして見るとOSがWindowsなのでパソコン用のゲームをする用途になります。 やりたいゲームがWindowsで出ているのかはしっかりとチェックしたうえで購入しましょう。 Jumper EZpad 6 Pro 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Jumper EZpad 6 Pro」です。 6インチ CPU Intel Apollo Lake E3950 RAM 6GB OS Windows 10 Jumper EZpad 6 Proのおすすめポイント3つ• 2 in 1タブレット• コストパフォーマンスに優れる• PCゲーム向け Jumper EZpad 6 Proのレビューと評価・評判 2 in 1タブレットでノートパソコン代わりにも Jumperから発売されている2 in 1タブレットです。 2 in 1タブレットとは、キーボードの脱着が可能なノートパソコンで、タブレットとしての使用はもちろん、ノートパソコンとしても使える1台2役のモデルを指します。 スペックはCPUにIntel Apollo Lake E3950というモデルを搭載していてグラフィックにも強い仕上がりです。 RAMも6GBと十分なスペックを誇り、それでいてリーズナブルとコストパフォーマンスに優れるモデルとなっています。 初めてのWindowsタブレットとしてもおすすめできる1台です。 ALLDOCUBE X 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「ALLDOCUBE X」です。 5インチ CPU MediaTek 6コア CPU MT8176 RAM 4GB OS Android 8. 1 ALLDOCUBE Xのおすすめポイント3つ• 2560x1600の高解像度• 指紋認証でセキュリティ強化• 大容量8000mAhのバッテリー ALLDOCUBE Xのレビューと評価・評判 2K解像度を持ち72時間駆動できるタブレット ALLDOCUBEから発売されているタブレットです。 5インチの液晶にはサムスンスーパーAMOLEDディスプレイが使われており、フルHDを超える2K解像度を搭載した美麗な映像を得意とするモデルです。 CPUは6コアに新世代GPUを搭載したハイパフォーマンスモデルで4GBのRAMと相まって快適な操作性を感じられます。 バッテリー容量も8000mAhと非常に大きく、最大で72時間もの駆動を可能し、モバイルバッテリーが必要ないという点もうれしいポイントです。 Fire HD 8 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Fire HD 8」です。 圧倒的な高コスパ• 軽量設計• Alexa搭載 Fire HD 8のレビューと評価・評判 圧倒的なコストパフォーマンスのタブレット Amazonから発売されているコンパクトタブレットです。 最大の特徴は圧倒的なコストパフォーマンスにあるでしょう。 8インチタブレットとしては破格の1万円以下で購入することができます。 非常に軽量な設計なので持ち運びにも邪魔になりませんし、Alexaという音声認識に対応しているので調べものなども簡単に行えます。 反面、独自のOSを利用している点とスペックの関係上、ゲーミングタブレットとして見ると汎用性は若干低く感じます。 ですが、子ども用に知育ゲームなどをする程度であれば十分なのでそういった目的に利用することをおすすめします。 関連記事.

次の

Amazonの激安Fireタブレットで「荒野行動」はプレイできるのか?

荒野行動 タブレット

ゲーミングタブレットの注目したい機能・性能3つ• 大画面で見やすい• 持ち運びも楽々• 高性能でサクサク動く 大画面で見やすい タブレットでゲームをするメリットの一番のポイントは画面が大きく見やすいということです。 特に荒野行動やPUBGといったFPSゲームに関しては見やすさは重要です。 一般的なスマートフォンに比べてタブレットは倍以上の画面サイズなので見やすさは段違いに向上します。 ただし、ゲームによっては大きいがゆえに操作がしづらいと感じることもあります。 その場合はBluetoothのコントローラーを使うこともできるゲームもあるので、ぜひ利用してみてください。 持ち運びも楽 パソコンに比べて持ち運びがしやすいという点も特徴です。 パソコンでゲームをするとなるとそれなりのスペースが必要になってしまいますが、タブレットであれば省スペースでゲームを楽しむことができます。 もちろん、本体ひとつあればプレイできるので持ち運ぶものも少なく済みます。 また、ベッドやソファで「横になりながら」や「くつろぎながら」の「ながらプレイ」もできるので手軽さはパソコンの比ではありません。 リラックスしながら楽しみたいという人にもおすすめです。 高性能でサクサク動く 最近のスマートフォン、タブレット向けゲームは必要なマシンスペックも高くなってきています。 そんな市場に合わせてタブレットの性能も向上してきています。 ゲーミングタブレットは特にハイスペックに作られているので非常に軽快な動作をしてくれます。 その分、価格が上がってしまうというデメリットもあるので、プレイしたいゲームの必要スペックをよく確認し、それに見合ったモデルを選ぶようにしてコスト面も考慮していきましょう。 ゲーミングタブレットの選び方 ゲーミングタブレットの選び方を以下の3つのポイントから解説します。 ゲーミングタブレットの選び方3つ• 画面の大きさで選ぶ• スペックで選ぶ• 価格で選ぶ 画面の大きさで選ぶ まずはタブレットの画面の大きさを決めましょう。 タブレットは小型の7インチクラスのモデルから大型の13インチクラスまで様々です。 ゲームに合わせたサイズを選ぶことでプレイのしやすさは格段に変わってきます。 FPSには大型のモデルが見やすいのでおすすめですし、パズルゲームなどにはスマホより少し大きいくらいの小型モデルでもよいでしょう。 ただし、大きくなればなるほど重量が増すので持ちながら使うには不向きとなっているので注意してください。 スペックで選ぶ ゲーミングタブレットとしてスペックは外せない項目です。 まずはOSですが現在の一般的なタブレットにはAndroid、iOS、Windowsの3種類のどれかが搭載されているものがほとんどです。 プレイしたいゲームに対応しているOSのモデルを選びましょう。 また、CPUとRAMにも注目してみましょう。 タブレットを人に見立てた場合にCPUは手、RAMは作業スペースと考えてください。 CPUの性能が高ければ手の動きも速く、効率的に仕事ができます。 また、RAMが多ければ作業スペースが広いのでより快適にゲームができるでしょう。 価格で選ぶ タブレットを選ぶ上で価格も見ておきたいポイントです。 サイズやスペックが上がれば上がるほど価格も上がってしまいます。 ですが、ゲームによってはそこまで性能を必要としない物もあります。 用途に合うモデルを選ぶことで無駄な出費を抑えることができるでしょう。 浮いた分でゲーム用にBluetoothコンローラーを用意したり、スピーカーやヘッドホンなどの音響機器を用意したりと同じ費用で色々と周辺機器を購入するというのもいいですね。 高いパフォーマンス• 鮮やかなディスプレイ• 10時間使えるバッテリー Apple iPad Airのレビューと評価・評判 Appleタブレットの金字塔 Appleから発売されているタブレットの最もポピュラーなモデルで、日本においてのApple製品は非常に人気が高いため、iPhoneとiPadを両立している人もかなりいるのではないでしょうか。 薄くて軽いので持ち運びもしやすく、CPU性能も高いためほとんどのゲームでストレスなくプレイすることができるでしょう。 10時間の長時間駆動も可能でシンプルながらすべてが詰まった1台に仕上がっています。 OSはiOSが搭載されているため、Android端末とは提供されているアプリが異なる点には注意が必要です。 Apple iPad Pro 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Apple iPad Pro」です。 Apple史上最高の性能• 大画面の美しい映像• 洗練されたデザイン Apple iPad Proのレビューと評価・評判 Appleタブレット最高峰モデル Appleから発売されているタブレットの最高性能を詰め込んだモデルです。 従来のiPadを更にスペックアップしたモデルに仕上がっているProはA12Xという毎秒5兆もの演算処理を行ってくれるApple最高のCPUを搭載し、快適な操作性を約束してくれます。 色鮮やかなLiquid Retinaディスプレイは現実に近い色で美しく映し出してくれます。 こまかな描写もくっきりと表示してくれるのでゲームにもより臨場感が加わり、楽しさも倍増するでしょう。 デザインも美しいフォルムで見た目にも楽しませてくれる至高の1台です。 HUAWEI MediaPad M5 lite 10 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10」です。 高精細液晶搭載• 4スピーカーで臨場感を• 手触りも配慮したデザイン HUAWEI MediaPad M5 lite 10のレビューと評価・評判 高精細10. 1インチのパワフルタブレット HUAWEIから発売されているMediaPadシリーズのタブレットです。 1インチのスタンダードタイプでフルHDを超える高解像度ディスプレイを搭載し、鮮明な映像を映像を楽しめます。 スピーカーも世界的なオーディオブランドであるHarman Kardonを採用し、4つのスピーカーから発せられる音は臨場感もたっぷりです。 CPUにはKirinが搭載されていますがSnapdragonと二分する有名なCPUで性能面は問題ありません。 デザインもシルバーの落ち着いた配色となっており、シンプルで手にフィットしやすいエッジが使い勝手を向上させてくれます。 Dragon Touch タブレット 10. 1インチ 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Dragon Touch タブレット 10. 1インチ」です。 高コストパフォーマンス• ライトユーザー向け• HDMIでテレビに投影可能 Dragon Touch タブレット 10. 1インチのレビューと評価・評判 お手頃価格で楽しめるタブレット Dragon Touchから発売されているタブレットで、高コストパフォーマンスが売りです。 1インチクラスでは非常にお手頃な価格となっていますが、それなりの性能を持っているのでパズドラなどのライトゲームであれば問題はありません。 ですが、荒野行動などのハイスペックを必要とするゲームにはやや力不足でしょう。 タブレットとしては珍しくHDMI端子を搭載しているのでテレビにケーブルで接続すれば更に大画面でゲームを楽しむことができる点はメリットです。 Vankyo タブレットZ4 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Vankyo タブレットZ4」です。 最新Android• 目に優しい光• お手頃価格 Vankyo タブレットZ4のレビューと評価・評判 格安の中華タブレット Vankyoという中国メーカーから発売されているタブレットです。 主にプロジェクターなどを手掛けているメーカーですが、タブレットも低価格で楽しめるモデルが用意されています。 価格はリーズナブルで、手を出しやすい点が一番のメリットでしょう。 それでいてカスタマーサポートが日本語に対応しているので安心です。 目に優しいEye healthという設定があり、バックライトを自動的に最適化してくれる機能がついているので長時間のゲームプレイでも疲れにくくなっています。 TECLAST P80X 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「TECLAST P80X」です。 最新Android• グラフィックプロセッサで読み込みが早い• 広い視野角 TECLAST P80Xのレビューと評価・評判 コンパクトで持ち運びしやすいタブレット TECLASTから発売されているコンパクトタブレットです。 最新のAndroid 9. 0を搭載し、2GBのRAMとオクタコアCPUにグラフィックプロセッサとしてPowerVR Rogue GE8322を搭載しているので画像の読み込みを高速かつスムーズに表示してくれます。 ディスプレイはIPSタッチスクリーンなので広い視野角と明るさを兼ね備えており、コンパクトながらも見やすさは上々です。 バッテリー容量は4200mAhで約10時間の駆動が可能と電池持ちも良く、出先で使う2台目タブレットとして優秀です。 マイクロソフト Surface Pro 6 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「マイクロソフト Surface Pro 6」です。 ハイスペック• キーボードの取り付け可能• PCゲーム向け マイクロソフト Surface Pro 6のレビューと評価・評判 Windowsタブレットのマストアイテム マイクロソフトから発売されているタブレットです。 Windowsタブレットとしては最も有名なシリーズで、こちらはスペックアップしたProモデルになります。 IntelのCore i5に8GBのRAMとタブレットのスペックとしては非の打ちどころがなく、ハイパフォーマンスを発揮してくれます。 ゲーミングタブレットとして見るとOSがWindowsなのでパソコン用のゲームをする用途になります。 やりたいゲームがWindowsで出ているのかはしっかりとチェックしたうえで購入しましょう。 Jumper EZpad 6 Pro 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Jumper EZpad 6 Pro」です。 6インチ CPU Intel Apollo Lake E3950 RAM 6GB OS Windows 10 Jumper EZpad 6 Proのおすすめポイント3つ• 2 in 1タブレット• コストパフォーマンスに優れる• PCゲーム向け Jumper EZpad 6 Proのレビューと評価・評判 2 in 1タブレットでノートパソコン代わりにも Jumperから発売されている2 in 1タブレットです。 2 in 1タブレットとは、キーボードの脱着が可能なノートパソコンで、タブレットとしての使用はもちろん、ノートパソコンとしても使える1台2役のモデルを指します。 スペックはCPUにIntel Apollo Lake E3950というモデルを搭載していてグラフィックにも強い仕上がりです。 RAMも6GBと十分なスペックを誇り、それでいてリーズナブルとコストパフォーマンスに優れるモデルとなっています。 初めてのWindowsタブレットとしてもおすすめできる1台です。 ALLDOCUBE X 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「ALLDOCUBE X」です。 5インチ CPU MediaTek 6コア CPU MT8176 RAM 4GB OS Android 8. 1 ALLDOCUBE Xのおすすめポイント3つ• 2560x1600の高解像度• 指紋認証でセキュリティ強化• 大容量8000mAhのバッテリー ALLDOCUBE Xのレビューと評価・評判 2K解像度を持ち72時間駆動できるタブレット ALLDOCUBEから発売されているタブレットです。 5インチの液晶にはサムスンスーパーAMOLEDディスプレイが使われており、フルHDを超える2K解像度を搭載した美麗な映像を得意とするモデルです。 CPUは6コアに新世代GPUを搭載したハイパフォーマンスモデルで4GBのRAMと相まって快適な操作性を感じられます。 バッテリー容量も8000mAhと非常に大きく、最大で72時間もの駆動を可能し、モバイルバッテリーが必要ないという点もうれしいポイントです。 Fire HD 8 次に紹介するおすすめのゲーミングタブレットは、「Fire HD 8」です。 圧倒的な高コスパ• 軽量設計• Alexa搭載 Fire HD 8のレビューと評価・評判 圧倒的なコストパフォーマンスのタブレット Amazonから発売されているコンパクトタブレットです。 最大の特徴は圧倒的なコストパフォーマンスにあるでしょう。 8インチタブレットとしては破格の1万円以下で購入することができます。 非常に軽量な設計なので持ち運びにも邪魔になりませんし、Alexaという音声認識に対応しているので調べものなども簡単に行えます。 反面、独自のOSを利用している点とスペックの関係上、ゲーミングタブレットとして見ると汎用性は若干低く感じます。 ですが、子ども用に知育ゲームなどをする程度であれば十分なのでそういった目的に利用することをおすすめします。 関連記事.

次の