傷病手当と失業保険 どちらが 得。 失業保険で手当をもらうと「扶養」に入れない?損しない選択を!

傷病手当金と失業保険はどっちがお得?両方貰える?申請はいつまでにするの?

傷病手当と失業保険 どちらが 得

みなさま、こんにちは。 管理人のamiです。 この記事を読んでいただいている方々の中には、「病気が原因で退職して失業保険を受給している」といった方もいるのではないでしょうか? 一方で、退職した際にまず考えるのは「 失業手当」だったりしませんか? 私の旦那もうつ病を発症して仕事を退職し、退職してからも傷病手当を受給しておりましたが、「失業手当はもらえないんだろうなー」と諦めていました。 あまり旦那に、お金のことまでも心配させて悩ませるのは嫌だったので、私の方で「傷病手当をもらっていたら失業保険はもらえないのか」調べてみた結果、方法次第で失業保険も受給できることがわかりました! この記事では、「失業保険と傷病手当、両方もらえるの?」と疑問を持たれている方に対して、その悩みを改善できる情報になればと思います。 失業保険と傷病手当をどちらももらう方法 結果から言うと、 失業保険と傷病手当は両方もらうことができます。 しかし、 もらえないケースもありますので、その点についても記載していこうと思います。 失業保険と傷病手当を同時に受給することはできない まず大前提として、 「失業保険」と「傷病手当」は同時受給することはできません。 同時には! なぜなら、傷病手当は本来「 働くことができない人に対して、「働けるようになるまでの生活をサポートする」ための支援金」というのが目的であり、失業保険は 「働きたくて求職活動をしているが、「働き先がまだ見つかっていない期間」の生活と求職活動の支援金」というのが目的だからです。 つまり、傷病手当と失業保険が、 同時にお互いの目的・条件を満たす状況は生まれないのです。 なので、失業保険と傷病手当金は同時に受給することはできないのです。 失業保険と傷病手当をどちらも受給する方法 しかし、 傷病手当をもらった 後に失業保険をもらうことなら可能です。 順にご説明させていただきます。 傷病手当を受給する まず、病気になったり入院したり、今まで通り働きに行くことができなくなった場合、 医師の診断書を取得して会社を休職することになるかと思います。 その際、会社の方から(またはホームページで) 傷病手当を請求する申請書を取得し、 保健所に提出して傷病手当を受給することで、受給の意思表示は完了です。 () 退職した後であっても、条件を満たしておれば傷病手当の受給申請をすることができるので、ご安心ください。 失業保険の給付期間の延長 退職した後のお話で、退職日から31日経ってから、その時点より起算して1ヶ月以内に、 「失業保険の給付期間延長申請」をハローワークにて済ませてください。 病気や入院、また妊娠や出産で働けないことが証明できる場合、 通常一年の給付期間を最大4年まで延長することが可能です。 () この延長の目的は、「傷病手当を現在受給している理由で失業保険を受給することができない」ため、失業保険が受給できる条件が揃う(働ける状態に回復する)まで期間、延長させることです。 傷病手当の需給が終了した後、失業保険の受給の手続き 傷病手当の需給が終わることは、 「働ける状態まで回復した」とお医者さんが認めたということを意味します。 (受給期間を過ぎた場合も考えられますが、今回は容体が回復したことを想定します) すなわち、「 働きたい意思はある!しかし、まだ仕事が見つかっていない」状態になりますので、 求職活動を開始することで失業保険の給付を受ける条件がここで整います。 このタイミングで、「一般受給資格者と同様の手続き(通常通りの失業保険受給申請)」をハローワークにて済ませれば、一般受給資格者にある 「給付の制限期間」の3ヶ月を待たずして受給を開始することができます。 この流れで行けば、傷病手当金と失業保険をどちらも受給することが可能になります。 旦那のケース 旦那のケースを下記の図で載せていますので、参考にしてみてください。 2017年3月 失業保険を受給 傷病手当金が終わったので、次に失業保険の受給手続きを行いました。 手続きは、延長していた失業保険を受給するため「医師の診断書が必要でした。 通常3ヶ月の待機期間があるのですが、すぐに失業保険を受給することができました。 まとめ 意外と知らない失業保険と傷病手当の受給方法。 私の旦那も分からずに過ごしていましたので、 あのまま退職後に何もせずにいれば失業保険の給付期間延長が認められずに受給を受けることができなかったと思います。 特にうつ病に関しては 「焦って治すことはダメ」が原則なので、こういった支援制度に関しては、使えるものは残らず使いたい!が本音でした。 「失業保険と傷病手当をどちらも受給できるのかな」と悩まれている方がおりましたら、ぜひこの記事を参考にして、どちらの援助金ももらえる計画で、回復の道筋を立ててください。

次の

【うつ病の問診】傷病手当金か失業保険のどっちがいいの?│うつで会社を辞めた場合

傷病手当と失業保険 どちらが 得

一般的なサラリーマンであれば、 現在加入している健康保険は、会社の医療保険制度です。 退職すると、今まで会社から渡されていた健康保険証を返すことになります。 退職後に、健康保険証に記載されている記号番号や、 健康保険組合の住所・電話番号などが必要になることもありますので、 退職前に保険証をコピーしておくようにしましょう。 国民健康保険 日本では、健康保険の資格を失うと、原則として、その時から、 国民健康保険 国保 に加入することが義務付けられています。 もし未加入の状態で病気にかかり、いざその時になって健康保険に加入しようとすると、 それ以前の保険料も追徴請求されることになりますので、入っておいた方が無難でしょう。 しかし、健康保険に入っていた人が国保に切り替えると、 初めの1年間は退職前1年間の所得で決まる為、保険料がグンと高くなる傾向があります。 国保を運営しているのは、市区町村にある国民健康保険組合です。 保険料は、財政状況に応じて決まります。 そのため、保険料は、市区町村ごとに大きな差がある場合もあります。 例えば、 法人税が多く入ってくる大都市は、保険料が低く抑えられる等です。 逆に、 老人の多い地域や、低所得の人が多い地域では、 保険料収入に比べて、保険給付に要する費用の方が大きいため、 保険料はかなり高めに設定される傾向にあります。 そんな国保を選ぶ最大のメリットともいえるのが、 減免制度です。 退職後すぐには受けられませんが、失業後、 1ヶ月以上、無職であれば、 減免が可能です。 減免額は前年の所得から計算されます。 デメリットは、国保には 出産手当金や 傷病手当金がないという点です。 任意継続被保険 国保以外にも、退職後2年間だけ社員でなくても従来どおりの健康保険を使える制度があります。 これを「 任意継続被保険」といいます。 健康保険組合によっては、付加給付といって、他の医療制度よりも 手厚い給付を受けられる可能性もありますから、 その内容によっては国民健康保険よりも有利だと言えます。 また、 扶養者がいる場合は、任意継続の方がお得です。 単身者の場合は、前年収入によりますのでどちらともいえません。 ただし、 保険料は在職中は会社が半分負担してくれていたので、 支払額は 現在の保険料の2倍になります、 ちなみに、保険料の上限がありますので、社会保険事務所に確認しましょう。 以前は医療費自己負担割合が2割であったため、任意継続の方が有利でした。 しかし現在は、医療費の自己負担額が同じ3割なので、 結局、 任意継続と 国保のどちらでも、あまり違いがあるとはいえません。 保険料と給付内容を比較して、決めるとよいでしょう。 任意継続加入は退職後20日以内に 在職時と同じ健康保険の適用、つまり 任意継続被保険者となるには、 資格喪失日(退職日の翌日)から 20日以内に手続きを行う必要があります。 国民健康保険に切り替えるかの選択する期間は退職後20日間しかないのです。 それを過ぎると、任意継続の手続きができなくなります。 保険証はいつ必要になるかわかりませんので、 手続きの際に第1回の保険料を納めると、保険証はすぐに発行してもらえます。 被扶養者がいる場合は、「被扶養者届」と整形維持を証明する書類を合わせて提出します。 保険料は在職中なら毎月給与から天引きされていましたが、 任意継続になると 毎月10日までにその月の分を収めることになります。 もしも 10日までに納めないと自動的に保険が打ち切られるので、注意しましょう。 任意継続の場合は、基本的に2年間は脱退できませんが、 逆に考えれば、1日でも滞納すると自動的に資格を喪失することもできます。 傷病手当金の受給体験談• 退職前の傷病手当金• 退職後の障害年金• 退職後の失業保険• 退職後の健康保険• 様々な退職理由• 退職準備• 退職後の節税• 退職後の転職• 参考文献•

次の

『失業保険と傷病手当金』どちらを申請すべきか

傷病手当と失業保険 どちらが 得

【このページのまとめ】• ・傷病手当は、雇用保険の1つで、ケガや病気で働けなくなったとき支えとなる制度• ・失業保険の受給者が病気やケガにより15日以上の就労が困難になった場合に支給される• ・傷病手当の受給要件には明確な決まりがあるので、よく確認しておく• ・雇用保険の「傷病手当」と健康保険の「傷病手当金」は混同されがちだが、別物である• ・受給するためには、所定の書類を管轄のハローワークに提出する必要がある 働く人々をサポートする雇用保険のなかでも、ケガや病気などで働けなくなった際の支えとなるのが「傷病手当」。 失業保険の受給者で傷病により15日以上の就労が難しい場合に支給されます。 ほかにも、受給資格や期間、手続き方法など、受給におけるさまざまなルールが存在。 本コラムでは、傷病手当の基本情報や受給資格、受給期限などを詳しく解説します。 傷病手当の概要を網羅的に知りたい方におすすめの内容です。 <関連記事>• 傷病手当の主な4つの受給資格 次に、傷病手当の一般的な受給要件をまとめました。 以下、自身の現状と照らし合わせてご参考にしてください。 失業保険の受給資格者である 傷病手当を受給するためには、まず前提として、失業保険における基本手当の受給要件を満たしている必要があります。 基本手当の受給要件は、離職日以前の2年間に雇用保険へ加入していた期間が12ヶ月以上あり、働く意志・能力があるにも関わらず失業などの状態にある場合です。 離職後、ハローワークにて求職の申し込みを行なっている 傷病手当を受けるには、離職後、ハローワーク(公共職業安定所)にて求職の申し込みを行っている必要があります。 求職者のサポートや失業手当の受給手続きなどを実施するハローワークは、全国各地に拠点があるので、求職の申し込みをする際は、お近くのハローワークを利用しましょう。 病気やケガにより15日以上の就労が困難である 傷病手当の3つめの受給条件は、先述のとおり、病気・ケガなどのため15日以上続けて求職活動ができない状態にあることが挙げられます。 病気やケガが発生したのは、求職の申し込みをした後である 最後の受給条件は、病気・ケガの発生がハローワークへ求職申し込みをしたあとであるということです。 14日以内の病気・ケガの場合は、基本手当が支給されます 基本的に、以上の4つの条件すべてを満たしている人が傷病手当を受給できます。 就労できない期間によって受給できる手当が変わる 上記で示したように、就労できない期間によって受給できる手当が変わります。 以下をご参考にしてください。 ・就労できない期間が15日未満の場合…失業保険を継続して受給可能 ・就労できない期間が15日以上30日未満の場合…傷病手当を受給可能 ・就労できない期間が30日以上の場合…傷病手当を受給、もしくは失業保険の受給期間を延長 自分がどの手当を受けられるかについては、事前にハローワークなどで確認しておきましょう。 参照元 ハローワーク <関連記事>• 傷病手当の受給期間 傷病手当が受給できる期間は、「基本手当の給付日数」から、すでに基本手当が支給されている日数を差し引いた日数になります。 基本手当の給付日数について 基本手当の給付日数は、条件によって異なります。 詳しくは下記を参考にしてください。 会社都合や病気など、やむを得ない離職の場合 会社都合は、リストラや解雇、会社の倒産などでやむを得ず退職した場合を指します。 参照元 ハローワークインターネットサービス 傷病手当の支給額は? 先述のように、傷病手当は失業保険の代わりに支払われるものであり、支給額は失業保険と変わりません。 離職後直前の半年間に毎月決まって支払われていた給与の合計を180で割って算出したものの、50~80%(60歳~64歳の場合は45~80%)が日額です。 ちなみに、日額には年齢ごとに上限額が定められています。 上限の金額は、以下を参考にしてください。 名称が違うだけで中身は一緒だと認識しておくと良いでしょう。 参照元 厚生労働省 <関連記事>• 傷病手当の受給手続き 失業保険の基本手当受給中にケガ・病気で求職活動が難しくなった方は、傷病手当へ移行する手続きをしましょう。 手続きは、失業保険の受給手続きをしたハローワークにて行います。 以下、傷病手当を申請する際の基本的な流れを説明します。 必要書類を準備する 手続きに必要なものは、「傷病手当支給申請書」と「雇用保険被保険者証」の2つです。 傷病手当支給申請書は、ハローワークでもらえます。 また、ハローワークのインターネットサービス上でダウンロードして入手することもできます。 医師の証明が必要 また、傷病手当支給申請書には病気・ケガについて医師の証明を受ける欄があるので注意が必要です。 傷病の内容、その病気・ケガによって就労が不可能だったと認められる期間などを記載してもらいます。 証明には時間がかかる恐れもあるので、なるべく早めにお願いしておきましょう。 申請書を提出する 傷病手当の申請は、ハローワークへ直接申請書を持っていくか、郵送でも行えます。 そのほか、ハローワークのWebサイトで作成し電子申請することも可能ですので、自分に合った方法で提出しましょう。 参照元 厚生労働省 注意!「傷病手当」と「傷病手当金」はちがう 「傷病手当」と「傷病手当金」は、名称が非常に似ていることから、混同して考えてしまう人も多いです。 しかし、この2つは別の制度なので、注意しましょう。 以下、双方の違いと傷病手当金の概要をまとめました。 「傷病手当」と「傷病手当金」のちがい 傷病手当は「雇用保険」から給付される手当 先述のとおり、傷病手当は雇用保険から給付される手当で、失業後に病気・ケガで働けなくなった方に受給資格があります。 傷病手当金は「健康保険組合」から給付される手当 一方傷病手当金は、「健康保険組合」から給付される手当で、健康保険の被保険者がケガ・病気などで働けなくなった場合、最低限度の生活を送るための給付です。 こちらは「傷病手当」とは異なり、在職中に、業務外の病気・ケガで働けなくなった方にのみ受給資格があります。 傷病手当金の支給について 傷病手当金の支給条件は、以下のとおりです。 ・業務外の理由による病気・ケガにより休業中 ・仕事に就くことが困難 ・連続する3日間(待期3日間)を含み、4日以上仕事に就けなかった ・休業した期間に給与の支払いがない 傷病手当金の支給は、基本的に上記4つの条件すべてを満たした場合に行われます。 ただし、傷病手当金の制度については加入している健康保険組合によって異なる場合があるので、よく確認してみましょう。 傷病手当と傷病手当金を同時に受けることはできない 「傷病手当金」の休業補償給付を受けている期間、「傷病手当」の給付はできません。 失業給付の期間以上は給付されない傷病手当と違い、傷病手当金は一般的に就労不能の状態が続いていれば受けることができます。 参照元 こんなときどうする?傷病手当に関するお悩みQ&A 傷病手当を受給する状況は、人それぞれ違うでしょう。 ここでは、想定される傷病手当に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。 傷病手当と失業手当は同時に受けられますか? 傷病手当と失業手当を同時に受けることはできません。 求職活動ができない期間によってどちらが給付されるのか決まるので、詳しくはこのコラムの「」をご覧ください。 傷病手当金と出産手当金の両方が受給できる場合はどうなりますか? 両方受給できる期間は、「出産手当金」のみ支給されるのが一般的です。 ただし、傷病手当金と出産手当金は支給日額が異なる可能性があります。 出産手当金の額が傷病手当金に比べて少ない場合は、傷病手当金を請求することにより、出産手当金との差額が支給される可能性が高いでしょう。 傷病手当金の受給中に、雇用保険の受給を開始したいです。 そもそも雇用保険の受給期間は、退職後1年までが基本です。 傷病や、出産・育児などが理由ですぐに働けない場合、受給期間延長の手続きができます。 逆に受給期間の延長をしないと、退職後1年で雇用保険を受給する権利はなくなってしまいます。 もし退職後1年経ってしまっている場合、延長手続きをしていなければ雇用保険の受給は難しいと考えられるでしょう。 病気により休職中です。 現状、職業復帰できるか退職しなくてはいけないか分からない状況にあります。 この場合、傷病手当をもらうことはできますか? 傷病手当は、原則休職中に受給することはできません。 退職後、雇用保険の受給手続きをしたあとに、病気・ケガなどで基本手当が受給できなくなった際の代わりが傷病手当となります。 そのため、退職していない状態で受給することは難しいでしょう。 ただし、健康保険の「傷病手当金」であれば、基本的に就労不能の状態が続いていれば受けることができるので、今回のケースで受給できる可能性があります。 その場合、加入している保険組合などで「傷病手当金申請書」を入手し、医師や会社に必要欄の記入をお願いし、正しく記載されたものを提出しましょう。 傷病手当金の詳しい手続き方法は、加入している健康組合にお問い合わせください。 参照元 <関連記事>• 療養を終えて再就職…新しい職場を見つけるときには 以上、雇用保険の1つ、「傷病手当」の手続き方法や受給資格などについて網羅的にご紹介しました。 傷病手当を受給することで、体調を万全に整えて就職活動に取り組むことができるでしょう。 また、利用中のハローワークだけでなく「転職エージェント」の活用も、円滑な転職活動に役立ちます。 ハタラクティブでは、経験豊富なプロのアドバイザーがマンツーマンで丁寧にサポートを行い、内定までのゴールを一緒に目指します。 入念なカウンセリングを通し、あなたの強みや適性に合った職種・業種をご紹介。 そのほか、ハタラクティブでは取材訪問をふまえた優良企業を取り扱っています。 企業の内情や雰囲気もお伝えできるので、職場の雰囲気や環境、人間関係を重視したい人にも安心です。 さらに、応募書類の添削や自己分析の指南など、基礎的な就活サポートも充実しています。 サービスは全て無料なので、求職活動に不安がある方は、ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

次の