グラブル 風 奥義 パ。 【グラブル】風古戦場の肉集め奥義編成で活躍するキャラ

【グラブル】「風ヘルムホルツ楽器パ」を使って分かった思わぬ盲点

グラブル 風 奥義 パ

キャラ育成の参考になればと思います。 クリスマスミュオン 奥義編成への適性が最高クラスのキャラ。 ロボミのような感じです 1アビの防御ダウンが超強力 1アビは• 片面防御15%ダウン• 風属性防御20%ダウン• 弱体耐性ダウン 効果で、 合計35%も防御を下げることが可能。 1つのアビリティとしては破格の効果量であり、驚くべきことにダメージまで付いています。 できるだけアビポチ数を削減しつつダメージを稼ぎたい奥義編成では極めて優秀です。 何もせずただ奥義を使っても風キャラ最強ですし、1アビは防御ダウンとしては最高のコストパフォーマンスなので、ミュオンが奥義編成のスタメンから抜けることはありません。 なお、最終上限解放していなくとも「全員の奥義ダメージ50%UP」効果はもっていますので、編成する価値は非常に高いです。 最終ニオ 最終十天衆の特徴として、奥義上限が一般的なキャラよりも高いのがまず強み。 以上の2点によって、何もせずただ奥義を使っても強いです。 2アビの全体火力バフは効果量がかなり高いため、火力を補いたい時には重宝します。 また、サポアビによって味方のアビリティの命中率がUP。 これにより 主人公のミゼラブルミストなどが外れなくなるので、安定周回に大きく貢献します。 ヴィーラ 奥義時に3アビ ダメアビ が自動発動 ヴィーラは奥義直後に、ダメージアビリティである3アビが自動発動するため、何もせず奥義を使っても一般的なキャラよりも多くのダメージを出すことができます。 2アビの防御ダウンが優秀 30%という非常に高い効果量の防御ダウンに加え、ダメージまで付いている2アビが奥義編成では極めて強力。 ジークフリート 少し前の調整によって、さらに強力になったキャラ。 1アビのダメージ付き風防御ダウンが破格 1アビは風属性防御25%ダウンと、優秀な効果量。 ダメージ付きで、1ターン目であれば2回発動するという性質で 計150万以上のダメージを出すことも可能。 3アビはカウンター効果。 ルリア 全属性で使えるルリア。 奥義ダメージが出やすい ルリアはSRキャラクターながら、他の 一般的なSSRキャラクターよりも奥義ダメージが出やすく、さらに上限も高いという性質を持っています。 この性質のおかげで、初心者から上級者までずっと奥義編成で活躍できます。 奥義に防御ダウン効果を持つ ルリアは奥義に「防御10%ダウン」を持ちます。 これによって、 防御をすでに下限まで下げていなければ ルリア以降のキャラがよりダメージを出しやすくなるという利点があります。 LBの振り方が重要 とにかく奥義ダメージ目的で振るのがおすすめ。 これによって、ミリンはSRながら奥義編成のスタメンに食い込むことができます。 性能を十分に生かすために、しっかりとLBを振っておきたいところです。 サビルバラ ミリンと同じく奥義ゲージの最大値が200%であり、2連続奥義が可能なキャラ。 奥義ダメージUPLBが2つあるおかげで、SRながら比較的奥義火力が高いです。 サビルバラは基本的にはメカニック編成での運用となります。 ユイシス 初心者にとって特に恩恵が大きいキャラ。 装備が整っていなくても、爆発的な奥義ダメージを出せる 1アビを使って天終の型へ移行した後に使える2アビ「一刀専心」が非常に強力。 自分の攻撃力と奥義ダメージ上限を劇的に高める効果で、 主人公の奥義ダメージが90万程度の装備状況でも、ユイシスは約320万と実に4倍近い奥義ダメージを出すことが可能。 装備が整っていない初心者ほど強力に感じられるキャラです。 逆に装備が整ってくると、アビポチ2つでのダメージとしては微妙に感じるようになってきます。 ユーリ ルリアよりも奥義ダメージが出やすい ユーリはSRながら、強力な奥義キャラであるルリアよりもさらに奥義ダメージが出やすいという、ある意味最強のSR奥義キャラです。 奥義は「帝国兵の数に応じてダメージUP」の性質を持ち、開幕奥義であれば最高の効果を受けられます。 さらに、 なんとLBに奥義ダメージUPが4つあります。 上限UPもあるため、一般的なSSRキャラよりもさらに高いダメージを余裕で出すことが可能となっています。 よって、装備が十分整っているなどダメージが上限に届く状況においては、ルリアの方が強いです。 ただし命中率が問題で、虚空剣で補助しても外れたのを確認しています。 よって、さらに命中率を補強するのでなければ、安定周回が重要な肉集め編成においては、アテにしない方が良いです。 ダメージ目的での使用はOK リミテッドモニカ 完全に上級者向けのキャラ。 奥義に追加ダメージ持ち 奥義に「紫電の閃き」というダメージアビリティのようなものが発生。 これにより、ただ奥義を使うだけで追加のダメージを得られます。 累積防御ダウン10%効果もあるため、モニカの後ろのキャラがよりダメージを出しやすくなる利点もあります。 奥義ダメージUPLBがない 大きな奥義ダメージを出す際に重要な「奥義ダメージUP」LBを、モニカは1つも持っていません。 また、アビリティにも特に奥義編成への適性が高いものはないため、 アビリティを駆使して総合的なダメージを稼ぎたい初~中級者にとっては、ほとんど強さを感じられないキャラとなっているので注意。 一方、「奥義上限UP」LBは1つあります。 つまり、 装備が十分に整っていてアビポチ数を削りたい上級者にとっては非常に有用なキャラです。 ラブライブ1年生チーム 黄龍の代用になれる 3アビ「味方全体の奥義ゲージ30%UP」によって、黄龍の代わりの役割を果たすことが可能。 この効果を持っているのは、賢者を除いては風キャラとしてはこの1年生チームだけなので、黄龍を持っていない場合にはこれだけでクリュサオル編成での編成理由になります。 guraburukouryakusinannjo.

次の

『グラブル』風属性ミリン最終上限解放性能反応まとめ 奥義ワンパン編成では然程変化はなさそうだが奥義も回しやすくなり今までとは違った使い方も

グラブル 風 奥義 パ

グラブル グランブルファンタジー 十天衆 最終解放 最終 ヒヒイロカネ 2019年、今現在の十天衆の最終優先度を教えてください。 好きなキャラを選べは良いのは承知しております。 初最終で1人しか最終できないので。 宜しくお願い致します。 シエテとどちらを先に取るか議論の答えとしては『どっちも』としか本当に言えない。 便利さならシエテ。 風をそこそこ使うならニオからぐらいの認識。 ついでに言うと自分も風オメガ杖を持ってますが、風杖パ自体オメガ剣の下位互換みたいな動きにしかならないです。 メイン武器の差が顕著に出てしまう。 肉集めとクリュ剣豪には必須。 最終前でも恩恵はでかい。 短期戦でも長期戦でも土の中でも最強の火力。 武器キャラ編成関係なくほぼ入る。 オメガ刀編成ができるなら最優先でいい。 今で言う高難度には軒並み効かない。 つよばはとアスタロトぐらいでしか活躍してるところはもうほぼ見ないです。 どちらかと言うとマグナ編成での奥義の確定クリティカルが真骨頂。 光マグナなら火マグナのアニラ並みに火力が変わる。 戦果は2〜4回に分けて開けて、その間にのんびり素材集めが一番節約もできて楽。

次の

【グラブル】体力3万越えを目指したアグニス編成の紹介【アルバハHL / HLソロ用】

グラブル 風 奥義 パ

基本的にはこのままでもそれほど問題はありませんが若干方陣過剰な編成になっている印象です。 背水が効く場面が少ないとお考えのようですが、HPは常に85%以上保てると考えてOKでしょうか。 バリアもありますので行けそうなラインではですが、仮にHPが85%を切ると背水も効いてくるのでバランス的にはティア銃:ティア琴が3:3になっているほうがそのHP帯での火力が高くなり、HPが減った場合の平均ダメージも高くなる傾向があります。 このあたりは検証もしていますのでほぼ間違いありません。 ただし、85%以上を常に保てるようであればティア銃を一つ抜いてゼノ武器もしくはアストラル武器に変更したほうが火力は上がります。 特に通常上限も付けていますのでその効果も生かしやすくなります。 また、理想で考えるなら85%以上維持であれば残りのティア銃はティア拳に変更したほうが強いですね(そこまでやる必要性はほぼないですが) 超短期戦であればオールド・ナラクーバラを装備するとさらに火力が上昇します。 現状の難易度ならばHPの維持は比較的容易で、アンチラもお持ちですので無理なくHPも維持できるかと思いますが、実際に戦闘して大体どのくらいのHP割合になるのかの確認は取っておいた方がいいかなと思います。 攻刃をもたないラストストームハープを使用している関係上渾身の維持の有無がかなり顕著に火力に現れます。 イクサバなどの攻刃を含む神石系の武器の渾身維持とは根本的に考え方が違いますのでそのあたりは注意したほうがいいです。

次の