箱根 駅伝 コース 地図。 箱根駅伝2021のコース地図(往路復路)と通過時間1区~10区を紹介

箱根駅伝の面白味とコースの地図・ポイントはこれ!区間と合計の距離が2017年変更になった理由!

箱根 駅伝 コース 地図

年末年始は様々なイベントで盛り上がりますが、もはや新春の風物詩ともいえるイベントは、1月2日と3日かけて行われる箱根駅伝ではないでしょうか? 箱根駅伝といえばもちろん 5 区山登りは有名ですが、それ以外にも見所はたくさんあります。 そこでこの記事では 箱根駅伝 2020について• コースの詳細や距離などを区間別に紹介• 高低差について図で解説 これらについてまとめていきます。 ちなみに コース概要としては、 東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間を 往路5区間 107. 5Km 、 復路5区間 109. 6Km の 合計 10 区間 217. 1Km で競われます。 高低差は やはり5区が特徴的で、約19キロの間に800m程の高低差を駆け上げって行きます。 他にも6区の山下りや、後半に一気に坂を上がっていく8区も過酷な区間で知られています。 Contents• 箱根駅伝2020の往路のコース距離や高低差について それでは本題の 2020 年箱根駅伝のコースについてまとめていきたいと思います! まず1月2日に行われる往路のコースの概要ですが、 東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間の5区間 107. 5Km となっています。 1 区 21. 3 ㎞ ・全体を通してほぼフラット 1区は大手前の読売新聞本社前〜神奈川県の鶴見中継所までの21. 3kmです。 平坦な直線的なコースが長く続くことが特徴です。 勝負のポイントは 17 ㎞過ぎの六郷橋と言われています。 2 区 23. 1 ㎞ ・高低差約60mの坂を2度登る区間 花の 2 区と呼ばれる各校のエースが集う区間です。 距離が長いのも特徴ですが、中盤 13km からは「権太坂」という標高差約 50m のアップダウンがあることも注目ポイントです。 またラスト 3km には上り下りの繰り返しが待ち受け、体力、精神力、勝負勘、全てが求められる区間です。 3 区 21. 4 ㎞ ・前区間との高低差約-70m、下りが中心の区間 前半は約 9km の緩やかな下り坂が続く区間です。 街を抜けて 11km を過ぎ 134 号線に出ると正面に富士山、左側に相模湾が見えます。 海が近いので 年によっては強い向かい風が吹き、過酷な区間となります。 4 区 20. 9 ㎞ ・ 高低差約30mのアップダウン区間 平地区間では一番短い区間です。 細かいアップダウンが選手を苦しめます。 2017年の大会から距離が変更( 2. 4km 延長)になったこともポイントとなりそうですね。 5 区 20. 8 ㎞ ・前区間との高低差 約732m 5区は箱根名物の山登り区間です。 国道一号線最高点の標高約 874m までを一気に駆け上るまったく予想のつかないコースです。 また山登りだけが一人歩きして、終始登りだけの区間と思われがちですが、16. 2km の最高地点を過ぎると 19km 過ぎの箱根神社大鳥居まで今度は一転して下ります。 箱根駅伝2020の往路のコース距離や高低差について 1月3日に行われる復路は、芦ノ湖〜東京・大手町の読売新聞本社前までの5区間 109. 6Km で競われます。 6 区 20. 8 ㎞ ・次区間までの高低差 約-732m 6区は最初 4km を上ってから一気に下りになります。 カーブが急でスピードも速いため足への負担も大きく、下りで飛ばしすぎると残り 3km が苦しい難コースです。 冷え込んだ朝のスタートということでコンディション調整もカギです。 7 区 21. 3 ㎞ ・高低差約30mのアップダウン区間 9 キロ過ぎから小さなアップダウンが続く難しいコースです。 山おろしの風で冷え込み、さらに太陽が高くなるにつれて正面からの陽射しが強くなるため気温の変化が一番大きいのも特徴です。 6 区同様こちらもコンディションが大切なコースです。 8 区 21. 4 ㎞ ・ 前区間との高低差約70m、後半は上りが中心の区間 湘南新道に入ってからアップダウンを含む 9km にわたる上り坂があります。 気温も上がってきて冬場とはいえ体温変化とも戦わなくてはなりません。 9 区 23. 1 ㎞ ・ 高低差約50m、2度の登りあり 毎年繰り上げスタート回避の為、最後の力を振り絞る姿が見られる鶴見中継所は毎年様々なドラマが繰り広げられます。 優勝争いはもちろんのこと、シード権争いも勝負どころの区間です。 9 区は復路の中では最も長い区間です。 10 区 23. 0 ㎞ ・全体を通してほぼフラット 大歓声の声援を受けながら、中央通り、日本橋を抜け、仲間が待つフィニッシュへ向かいます。 10区では、毎年シード権をめぐる争いは年々激しさを増しており、そこも注目です。 各区間の高低差はどうなっている? それでは各区間の高低差はどうなっているのでしょうか?高低差について参考になる画像があったので参照ください! 1〜5区の高低差はどうなっているの? まず往路の1〜5区の高低差です。 5区ばかり取り上げられていますが、それ以外も注目すべきポイントはたくさんあります。 hakone-ekiden. html 5区は約19キロの間に800m程の高度を駆け上げって行きます。 もちろん波乱もありますし大変も見どころのあるコースですね! また5区ばかりクローズアップされがちですが、2区もアップダウンは激しくて厳しい区間ですし、4区の断続したアップダウンも選手にとっては難敵です。 復路の6区〜10区は? 続いて6〜10区です。 高低差の話となると往路の話が中心になりがちですが、復路も選手を悩ませるコースがたくさんあります。 hakone-ekiden. html 復路の 6 区もこの高低差を一気に下っていくわけですから、足への負担などは相当なものでしょう。 8区もバテてくる後半に一気に坂を上がっていくので、選手泣かせの区間ですね。 もちろんその他の区間も含めて、そんなコースを走りぬく選手たちは本当にすごいですし、それが箱根の醍醐味ですよね! 各ポイントの通過時間について さて、現地で観戦される方は各ポイントの通過時間も気になるところですよね! 通過時間についてもまとめてみましたので参考にしてみてください。 小田原中継所 風祭駅前 :9:00 頃• 国府津駅前: 9:27 頃• 大磯駅入口: 9:58 頃• 平塚中継所 高村不動産前 :10:05 頃 8 区 平塚中継所 〜戸塚中継所• 学生長距離界最大の駅伝とあって、その距離や高低差、規模感に驚かされます。 コース概要としては、 東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間を 往路5区間 107. 5Km 、 復路5区間 109. 6Km の 合計 10 区間 217. 1Km で競われます。 各区間の距離とおおよその通過時間はこちらです。 1区 21. 3㎞)8:00スタート• 2区 23. 1㎞ 鶴見中継所9:03頃• 3区 21. 4㎞ 戸塚中継所10:11頃• 4区 20. 9㎞ 平塚中継所11:17頃• 5区 20. 8㎞ 小田原中継所12:22頃• 往路ゴール:芦ノ湖:13:30頃• 6区 20. 8㎞ 8:00スタート• 7区 21. 3㎞ 小田原中継所9:00頃• 8区 21. 4㎞ 平塚中継所10:05頃• 9区 23. 1㎞ 戸塚中継所11:14頃• 10区 23. 0㎞ 鶴見中継所12:24頃• 復路ゴール:東京・大手町13:30頃 各コースの高低差についてはやはり5区が特徴的で、約19キロの間に800m程の高低差を駆け上げって行きます。 他にも6区は山下りでかなり過酷な区間ですし、8区もバテてくる後半に一気に坂を上がっていくので、選手泣かせの区間です。 他にも特徴や注目ポイントはありますが 私の注目は• 花の 2 区と呼ばれる各校のエースが集う 2 区。 最高高低差 800m 以上を駆け登る山登りの 5 区。 シード権争いや繰り上げスタートを回避するための最後の力を振り絞る選手の姿が見られる 9 区。 この 3 区間です。 どの区間もそれぞれの難所や特徴がありますから、そこに注目していくと更に面白くなるかもしれませんね!.

次の

箱根駅伝2018のコース地図と通過時間!各区間の距離や応援ポイントは?

箱根 駅伝 コース 地図

箱根駅伝 コース 地図 2020 箱根駅伝のコース紹介の動画がこちらです。 3km 東京の大手町を出発し、皇居のお堀を右手に見ながら、しばらくは街中を走るコースになります。 お正月の都内は車も少なくて、空気が澄んでいますから、選手の皆さんも走りやすいと思います。 5キロ程走ると品川に入ります。 上空からの中継でレインボーブリッジを見せてくれるでしょう。 大井を超えた辺りで10キロ。 M-1の敗者復活戦でサンドウィッチマンが見事敗者復活したのが大井競馬場でした。 蒲田を通過するところで15キロ。 蒲田行進曲の舞台となった「松竹蒲田撮影所」がかつてあった場所です。 東京と神奈川の境となる多摩川を過ぎると、鶴見中継所になります。 2区 鶴見~戸塚の23. 1km 鶴見でタスキを渡し、第2走者の出番となります。 みなとみらいの観覧車やランドマークタワーなど、横浜ベイエリアをひたすら駆け抜けると、ベイエリアを離れ、コースはアップダウンが続きます。 平坦な道を走るよりも、坂道を走る方が断然辛いですよね。 2区の中間と最後に現れる坂。 選手の精神力が試される場面です。 3区 戸塚~平塚の21. 4km 横浜ベイエリアから海沿いに行くと、そこは三浦半島です。 横須賀、三浦、逗子など、海上自衛隊の基地や漁港の町がある半島です。 3区は三浦半島の根本を横切る形で藤沢に出て、相模湾を眺めながら再び海沿いを走ります。 上空からの中継で「江の島」が紹介されると思います。 茅ヶ崎で15キロ。 晴れていれば、海沿いのとても美しい景色を眺めることができるでしょう。 この辺りがいわゆる「湘南」になります。 平塚中継所で、次の走者にタスキが手渡されます。 4区 平塚~小田原の20. 9km 平塚からスタートし、大磯を通り、小田原まで、海沿いの道を走ります。 相模湾には大小さまざまな川が流れ込んでいます。 その川を渡る橋を通るのですが、そこで細かいアップダウンがあり、箱根から吹き降ろす冷たい風が相まって、選手の疲労が蓄積されていきます。 そしていよいよ小田原から箱根に入って行きます。 5区 小田原~箱根・芦ノ湖の20. 8km 小田急線。 新宿から小田原、箱根湯本までを結ぶ鉄道です。 小田急ロマンスカーであればあっという間に到着する距離ですが、特に最後の5区は選手にとってはとても厳しいコースです。 小田原中継所から先は、急な上り坂が続きます。 その高低差は約870メートル。 同じ20キロでも選手の負荷が、これまでのコースとは全然違います。 そして登りだけではなく、最後に下りの連続が来るというのも、選手にとっては辛いコースと言えるでしょう。 箱根駅伝のコース・箱根湯本から芦ノ湖まで 小田急ロマンスカーの先頭部分です。 一番前の車両の、一番前の席は予約でいっぱいです。 運転士は、車内からハシゴのようなもので2階に上がって運転するようです。 箱根湯本駅はこんな所です。 温泉街に川が流れていて、お土産屋さんやお食事ができるところが沢山ある、そんな感じです。 お土産を買うなら帰りに買うのがいいですね。 箱根登山鉄道に乗り替えます。 短くてカワイイ車両ですが、カーブや上り坂を運転するにはちょうどいいサイズなのでしょうね。 線路との摩擦がすごいので、車輪がすり減らないように、タンクにためた水を車輪にかけながら走るそうです。 へぇーっ。 観光地を巡る鉄道ですが、地元の人も利用する生活の足でもあります。 こんなすごい高い所も渡ります。 急な坂道が続くので、スイッチバックしながら登ります。 運転士の方は、先頭車両の一番前から、後ろの車両の一番後ろに移動し、今度は進行方向を逆にして上って行きます。 宮ノ下駅。 ここで標高448メートル。 箱根駅伝の5区の選手は高低差870メートルですから、まだ半分。 5区を走る選手は大変ですね。 梅雨の季節になると、箱根登山鉄道沿いにアジサイが咲くそうです。 一度見てみたいです。

次の

第3区

箱根 駅伝 コース 地図

箱根駅伝2020 第96回 開催日と概要 毎年お正月の目玉行事にもなっている「箱根駅伝」。 正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」です。 第96回となる箱根駅伝2020は、2020年1月2日 木 ~3日 金 に開催されます。 箱根駅伝2020の往復路コースは以下の通りです。 ただし、往路スタートは読売新聞社本社の北側 KDDIビルがある方 となっていますが、復路のゴールは南側 大手町ビルヂングがある方 の道路になります。 また、箱根駅伝は2017年に大きな変更があり、一部距離が変わりました。 4区が長くなり、5区が短くなったのですが、この変更は2020年も引き継ぎます。 4区 18. 9km 5区 23. 8km 5区山登りの負担を減らすためですが、これにより 小田原中継所の場所が変わりました。 今までのメガネスーパー本社前から「 鈴廣かまぼこの里前」に変わっています。 箱根駅伝2020 第96回 の出場校 箱根駅伝2020で出場するのは全部で 20校+1チームです。 ・前年度 2019年 10位以内に入ったシード大学10校 ・2019年10月に行われた予選会を通過した10校 ・関東学生連合チーム 2019年の箱根駅伝は、記念大会のため出場校が2枠増えていましたが、今回は従来の20校となっています。 また、予選会は2019年10月26日に行われ、予選突破10校も決定しました。 出場校は以下のようになっています。 シード校 東海大学 青山学院大学 東洋大学 駒澤大学 帝京大学 法政大学 國學院大學 順天堂大学 拓殖大学 中央学院大学 予選突破校 東京国際大学 神奈川大学 日本体育大学 明治大学 創価大学 筑波大学 日本大学 国士館大学 早稲田大学 中央大学 関東学生連合チーム 関東学生連合チームは、予選会に出場し本大会への出場権を得られなかった大学の中から選抜されるチームです。 各大学からは優秀な選手が1人ずつ選出されます。 ただし、留学生や予選会に出場していない選手は除外となります。 関東学生連合チームはオープン参加という扱いになり、順位はつきません。 箱根駅伝2020 第96回 の注目選手 箱根駅伝2020のチームエントリーが、12月10日に行われました。 詳細はまだわかっていませんが、今回の箱根駅伝での注目選手をピックアップ! 個人的には、青山学院大学の1年生である岸本大紀さんに注目しています。 1年生ながら、既に出雲駅伝や全日本大学駅伝を経験しており、区間賞も獲得。 青学の原監督が熱心に勧誘した人材であり、その実力はお墨付きです。 箱根駅伝2020では、青山学院大学を優勝に導いていく期待のルーキーとして、2区を走ります! そんな岸本大紀さんのプライベートな情報は、別途以下でまとめました。 同じ青山学院大学の森田歩希さんなどに匹敵する強さを魅せてくれることを期待したいですね! 箱根駅伝2020 第96回 交通規制のある道路は? 東京から神奈川に渡ってコースが設定されている箱根駅伝。 交通規制がされている道路もありますので、車でお出かけの際にはご注意ください。 東京の交通規制 規制区間 規制時間 1月2日 国道1号、15号など 7:50~9:00 1月3日 国道1号、15号など 12:20~14:00 神奈川の交通規制 規制区間 規制時間 1月2日 【一般】国道15号・下り 六郷橋~青木通り 8:50~9:40頃まで 【一般】国道1号・下り 青木通り~保土ケ谷橋~平戸~不動坂~東俣野 9:10~10:40頃まで 【一般】県道戸塚茅ヶ崎・下り 東俣野~藤沢橋~浜須賀 10:00~11:00頃まで 【一般】国道134号・下り 浜須賀~高浜台~唐ヶ原~大磯駅入口 10:20~11:35頃まで 【一般】国道1号・下り 大磯駅入口~親木橋~早川口~宮ノ下~芦ノ湖駐車場入口 10:55~14:00頃まで 【有料】小田原厚木道路 箱根口インター 11:00~12:45頃まで 【有料】西湘バイパス 大磯東、大磯西、西湘二宮 橘、国府津、酒匂、小田原 早川及び箱根口インター 10:45~12:45頃まで 1月3日 【一般】国道1号・上り 芦ノ湖駐車場入口~宮ノ下~早川口~親木橋~大磯駅入口 7:40~10:20頃まで 【一般】国道134号・上り 大磯駅入口~唐ヶ原~高浜台~浜須賀 9:40~10:50頃まで 【一般】県道戸塚茅ヶ崎・上り 浜須賀~藤沢橋~東俣野 10:00~11:25頃まで 【一般】国道1号・上り 東俣野~不動坂~平戸~保土ケ谷橋~青木通り 10:30~12:50頃まで 【一般】国道15号・上り 青木通り~六郷橋 11:30~12:50頃まで 【有料】小田原厚木道路 箱根口インター 8:40~9:25頃まで 【有料】西湘バイパス 箱根口、早川、小田原、酒匂 国府津、橘、西湘二宮 大磯西及び大磯東インター 8:40~10:30頃まで 【有料】新湘南バイパス 茅ヶ崎海岸 9:50~10:50頃まで 箱根駅伝2020の往路コースと交通規制・通過予定時間 1区~5区 箱根駅伝2020の往路コース 1区~5区:107. 5km です。 地図は以下からグーグルマップで見られます。 各区間のポイント・見どころも併せて紹介します。 1区 大手町~鶴見中継所 :21. 4km 箱根駅伝のスタートとなる1区 21. 4km。 比較的平坦な区間ですが、新八ツ山橋の上り坂、六郷橋の下り坂があります。 優勝を狙っているチームは、六郷橋からスパートをかけることが多いようです。 各校のスピードランナーや準エース級ランナーが多く走る1区。 1km 箱根駅伝の「花の2区」と呼ばれる2区 23. 1km。 各校のエース級ランナーが揃う、平地区間では最長区間となっています。 2区はそこから流れを掴むための大事な区間なのです。 長い上り坂の「権太坂」があり、エース選手にとっても難所となっています。 5区に続き長い区間となるため、「ごぼう抜き」「ブレーキ」が起こることもあります。 平坦な道を終えて権田坂を越え、その後急勾配が続く残り3Kmの「戸塚の壁」をどう攻略してくるかが見どころです。 史上初となる1:05:57という素晴らしい成績!! 最後の箱根駅伝でやってくれました!! 7位で3区へタスキを繋ぎました。 また、1位で通過した青山学院大学の岸本大紀さん。 7位から1位まで追い上げ、見事3区へタスキを繋げました! さらに、花の2区で1年生初となる1時間7分台も記録しています。 3区 戸塚中継所~平塚中継所 :21. 4km かつてはつなぎの区間でしたが、今や各校の実力者が多く走る3区 21. 4km。 遊行寺坂を下っていき、湘南海岸の平坦な道に出るまでのペース配分が重要なカギとなります。 また天候によっては海風が強く、走りに影響を及ぼすこともある区間です。 2区に続き有力選手が多くなる3区では、ごぼう抜きもあり得ます。 2区のペースを引き継げるか、2区でつまずいてしまった場合は巻き返せるかが見どころとなります。 なんと人生初駅伝ながら、59:25という区間新記録を達成! 1位で4区へとタスキを繋ぎました。 さらに、帝京大学の遠藤大地選手は1:01:23で区間新記録。 駒澤大学の田澤廉選手は、1年生ながら1:01:25で区間新記録を達成しています。 3区の区間新記録が3名も出てしまうという、2020年の箱根駅伝はまじでアツい!! 4区 平塚中継所~小田原中継所 :20. 9km 今まで区間の中で唯一20Kmを切る区間となる4区でしたが、2017年にもとの距離に戻りました。 5kmから20. 9kmへと長くなります。 2006年に距離が短くなってからは、中距離出身選手やチームの1年生が走ることも多くなっていました。 しかし、距離がもとに戻ったことで、選手選びが鍵を握りそうです。 4区には橋が10橋あり、平塚中継所~国府津駅の間にはアップダウンがこまめにあります。 しかしながら区間の中では走りやすいコースと言われる4区。 4区では3区から引き継いだペースを維持できるかが見どころになると思います。 次の5区は山上りなので、どうつなげるかもポイントになりますね。 最初で最後の箱根駅伝、1:00:30で走り抜け、区間新記録達成! 2019年の区間新記録よりも24秒更新し、1位で5区へタスキを繋ぎました。 また、この時点で東洋大学は14位まで落ちてしまっています・・・。 どうしてしまったのでしょう・・・心配ですね・・・。 5区 小田原中継所~箱根・芦ノ湖 :20. 8km 2017年よりやや短くなり、5区 20. 8km は区間最長でなくなりました。 本区間の選手の負担を減らすためですね。 しかし、過酷な「山上り」区間であることは変わりませません。 標高差864mを上る過酷なコースのため、山上りに特化した選手が走ることが多くなります。 ポイントとなるのは小田原中継所を出発して「箱根湯本駅」からの上り坂。 箱根湯本駅以前のコースは比較的平坦のため、本格的な上り坂が始まってからどう走るかが重要になります。 また、重要なのが山上りだけでなく残り4Kmあたりからの「山下り」です。 上る時とは違う筋肉を使うため、どう乗り切るかもカギになってきます。 箱根駅伝往路の区間の中でも最も重要な区間とされ、5区を制した大学は往路優勝確率がかなり上がります。 2006年から2016年までは5区の区間賞をとった大学が往路優勝も果たしていました。 選手個人の能力、走り、そして大逆転劇など見どころは満載です。 5区を走った飯田貴之選手、1:10:40で区間新記録を出しています。 さらに、2位でゴールした國學院大學が5:22:50で往路新記録。 浦野雄平選手は1:10:45で区間新記録。 3位でゴールした東京国際大学が5:24:33で往路新記録&最高順位達成。 4位でゴールした東海大学 5:24:38 往路新記録を達成しています。 東洋大学の宮下隼人選手は、1:10:25の区間新記録を達成し、11位でゴールしました。 6km です コースの地図は以下のリンクで見られます。 6区 箱根・芦ノ湖~小田原中継所 :20. 8km 5区とは反対に「山下り」の区間となる6区 20. 8km。 朝出発で寒い上に下り坂。 時速25Kmほどの速度でカーブをこまめに回らなくてはならず、膝に負担がかかります。 最初の4Kmの上り坂を越えたら下りの勝負開始です! ここでの膝の負担もそうですが、本当に手強いのは残り3Kmから。 下りが終わり平坦な道に戻ると、まるで上り坂のように苦しく感じるのだそうです・・・。 見どころはやはり下りから平坦な道になってからの約3Km! ペース配分、スタミナ、脚力が試される区間ですね。 ちなみに、復路の小田原中継所は往路とは少し離れたところになります。 復路の中継所は「風祭駅前」です。 最初で最後の箱根駅伝を無事走り抜けました! 3位で通過した東海大学の主将、館澤亨次選手は57:17で区間新記録を達成! 驚愕の速さですね・・・! 東洋大学の今西駿介選手は、57:34で区間新記録を達成! 9位でスタートしましたが、7位まで追い上げ7区へタスキを繋ぎました。 7区 小田原中継所~平塚中継所 :21. 3km 10区間中最も走りやすい区間と言われる7区 21. 3km。 実力の高くない選手が起用されることもありますが、優勝候補大学はここで力のある選手を投入してきます。 序盤の山から吹き下ろす風、海沿いになると海風も選手の走りに影響します。 さらに9時頃から7区の選手が走り出し、平塚へ近づくにつれて気温も上昇していきます 晴れの場合 体感温度に差がある区間をどうコントロールして走るかが、見どころになりますね。 選手同士だけでなく、自然との戦いでもある区間です。 2位と2:01の差をつけて、8区へタスキを繋ぎました。 2位の東海大学の松崎咲人選手は、1:03:03の1年生歴代最高記録を達成! 明治大学の阿部弘輝選手は、1:01:40で区間新記録を達成! 4位で8区へタスキを繋ぎました。 8区 平塚中継所~戸塚中継所 :21. 4km シード争い、優勝争いが見えてくるのがこの8区 21. 4km からです。 前半の藤沢までを走り終え、残り6Kmから始まる「遊行寺坂」攻略のため、力のあるランナーを投入してくる大学が多いです。 前半は海風の影響をどうクリアするかがカギ。 そして後半の上り坂「遊行寺坂」を上るだけのスタミナもポイントになります。 晴れた場合、後ろからの直射日光も体力を削る要因に・・・・。 8区は当日のエントリー変更が多い区間です。 また、東海大学の小松陽平選手は、1:04:24で区間賞を獲得しています。 2019年に22年ぶりの新記録を出した小松選手は、2020年も頑張ってくれました! 5位でタスキリレーをした東京国際大学は、歴代最高順位。 2020年の箱根駅伝はドラマがたくさんですね・・・! 9区 戸塚中継所~鶴見中継所 :23. 1km 花の2区の復路となる9区 23. 1km。 2区と同じく各校のエース級選手が走る、復路最長区間です。 戸塚中継所からの3Kmは下り坂。 また、序盤はアップダウンが続くコースです。 ここでペース配分をして力を温存するか、勝負をしかけてハイペースで行くのか・・・。 後半7Km以降には「権太坂」もあります。 勝負に出るタイミングが見どころの区間です! 9区ではたすきがつなげられず、無念の繰り上げスタートとなる大学もいくつか出てきます。 反対に大逆転をする大学もあるなど、ドラマが起こる区間なのです。 神林勇太選手は、1:08:13と区間新記録には12秒ほど届かずでしたが、とても頑張っていました! 東海大学は、青山学院大学と3:42の差がでたものの、2位で10区へタスキを繋ぎました。 黄金世代と言われた4年生のタスキリレー、このまま2位をキープできるか?! 日体大・日大・筑波大の3校が惜しくも繰り上げスタート。 日本体育大学は目の前まで来ており、かなり惜しかったです・・・。 繰り上げスタートが目の前で切られるのはね。 — ハルタ 727236 もうぐそこだったのに、目の前で繰り上げスタートになるのは本当につらいし悔しいですね・・・。 それでも走りきったすべての選手の皆様、本当にお疲れさまです! とても素敵でした!! 10区 鶴見中継所~大手町 :23. 0km いよいよラストスパートとなる最終区間、10区 23. 0km。 たすきをゴールに届けるのは各校準エース級の力のある選手です。 ここでいかに実力のある選手を出せるか、選手層の厚さもポイントになります。 序盤、六郷橋から新八ツ山橋周辺のアップダウンを越えたら、残りはほぼ平坦なコース。 しかしながら、たまに吹くビル風や観客からのプレッシャーなどが選手に影響を与えます。 この区間でブレーキがかかりシード権を逃してしまう大学も・・・。 往路、復路、総合すべて新記録を出した青山学院大学、本当に強かったです! さらに、3:02差で 2位ゴールをした東海大学。 10:48:25とこちらも大会新記録を出し、 復路優勝を獲得しました! 東海大学は区間新記録まで9秒ほど届かずでした。 2019年に続き、本当によく頑張ってくれました!! 4位でゴールした帝京大学の吉野貴大選手は、1:08:43で区間新記録! 10区で2名も区間新記録が出るのはすごいことです!! 9位でゴールした創価大学、初めてのシード権を獲得! さらに、嶋津雄大選手が1:08:40の区間新記録を達成&区間賞を獲得しました! 東洋大学は10位と少々苦しみましたが、シード権を獲得! 2021年の箱根駅伝でさらなる強さを魅せてくれるでしょう! そして、箱根駅伝に出場した選手の皆様、支えていたチームメイトの皆様、本当にお疲れさまでした! まとめ 以上、箱根駅伝2020のコース紹介、交通規制や通過予定時間まとめでした。 1区から10区、書いてみるとどこも見逃せない区間ばかりでした。 順位を予想しながら応援していくと楽しいですよ。 駅伝は日本独自のスポーツであり、これによりマラソンランナーが育たなくなっているとかいろいろ言われています。 しかし、それでも箱根駅伝はお正月の風物詩です。 毎回熱戦が繰り広げられ、選手たちから勇気をもらって今年も1年頑張るぞ!となります。 テレビ観戦もよいのですが、現地観戦も熱くなると思いますので、ぜひ一緒に応援しましょう!!.

次の