栄光の男 歌詞。 栄光の男/サザンオールスターズの歌詞

栄光の男 サザンオールスターズ 歌詞情報

栄光の男 歌詞

『栄光の男』が生まれた桑田さんのエピソード 先ずは、実際の歌詞を見てみましょう。 ハンカチを振り振り あの人が引退(さ)るのを 立ち食いそば屋の テレビが映してた シラけた人生で 生まれて初めて 割箸を持つ手が震えてた 「永遠に不滅」と 彼は叫んだけど 信じたモノはみんな メッキが剥がれてく I will never cry. この世に何を求めて生きている 叶わない夢など 追いかけるほど野暮じゃない 悲しくて泣いたら 幸せが逃げて去っちまう ひとり寂しい夜 涙こらえてネンネしな この歌詞は、サザンのボーカル・ 桑田佳祐さんが自分の学生時代を振り返って書いたものだそうです。 大学にはいればモテるだろうと期待して青山学院大学に入学しましたが、まったくモテずに「しらけた人生だった」と語っています。 そんなモヤモヤとした気持ちを持ったまま、ふと入った立ち食いそば屋のテレビで、超大物野球選手の引退が報道されていました。 桑田さんはショックで動揺を隠しきれません。 さてその選手とは、いったい誰だったのでしょうか。 その選手とは 長嶋茂雄選手でした。 「今の自分はまるでしらけた人生を送っているが、長嶋選手のように偉大な人間になりたい」という気持ちが桑田さんにあったと思います。 それゆえに、引退報道のショックも大きかったのですね。 あれほど栄光を極めた男でも、いつかは引退をして去らねばならない。 そんな虚しさや寂しさが入り混じったような心境を、暗い曲調で表現しているのでしょう。 メッキが剥がれていく?歌詞にみる「信じたもの」の本質 長嶋茂雄は引退セレモニーで「我が巨人軍は永久に不滅です」と言って引退しました。 しかし桑田さんは、「 永遠に不滅なものってあるの?」と訴えかけています。 あなたはこれまで経験した中で「とても嬉しかった。 幸せだ」と思ったものは何があったでしょうか。 志望校に合格したとき、意中の人と付き合えたとき、青春時代に打ち込んだ部活動の大会で優勝したとき、自分の仕事が認められて昇進したとき、などでしょうか。 手にしたいと思っていたものが手に入ったとき、叶えたいと思っていた夢がかなったときは本当に嬉しいですよね。 しかし 残念なことに、これらの喜びは一時的な喜びであり、長くは続きません。 たとえば、10年前に大学に合格したことを、今も同じように喜べる人がいるでしょうか? 猛勉強の末にやっとの思いで合格し、感動の涙を流した人であっても、10年前の出来事なら喜べないですよね。 大学合格だけでなく、 好きな人と付き合えた喜びも、部活動の大会で優勝した感激も、昇進が決まったときの歓喜も、時間の経過とともに色あせて、やがては記憶へと変化します。 それどころか 今が苦しい状態なら、華やかだった記憶は現在を惨めにするものにさえなってしまいます。 信じたものはみんな メッキが剥がれてく と桑田さんが言っているように、みんな外見の美しさに騙されて「これさえ信じていればずっと喜べる」と思っていますが、 やがては誤魔化しのメッキが剥げて、露呈した本性と対峙せねばならないときがやって来るのですね。 「この世に何を求めて生きている?」に対する仏教の答え I will never cry. この世に何を求めて生きている? 「 やがてはメッキが剥がれて色あせてしまう喜びばかりの中、この世に何を求めて生きていけばよいのだろうか?」と桑田さんは問いかけていると思います。 メッキが剥がれることのない、本当に求めるべきものがわからねば、最後は喜びも色あせて苦しむことになってしまいます。 本当に求めるべきものは何か。 そのヒントを教えられているのが仏教です。 仏教には 色あせることのない「永遠に不滅」の喜びのあること が教えられています。 そんな喜びのあることを教えられたのが、有名な仏教の言葉「 天上天下 唯我独尊」に続く「 三界皆苦 吾当安此」という言葉です。 この言葉を詳しく解説した記事もありますので、ぜひ目を通してみてください。

次の

サザンオールスターズ 栄光の男 歌詞&動画視聴

栄光の男 歌詞

2013年 この曲は2008年、サザン活動30周年の際 「I AM YOUR SINGER」を発表して「無期限活動休止」に入った彼らの、5年ぶりの活動再開として発表された「ピースとハイライト」の3曲目のトラックである。 ちなみにこの表題曲「ピースとハイライト」のイントロ、5年間、活動再開を今か今かと心待ちにしていた全国の、いや、世界のサザンファン達には涙が出るほど心が熱くなるファンファーレに聴こえたであろう。 小生がこの世に生を受ける遥か昔、 1974年10月 長嶋茂雄が巨人を引退した。 サザンが「勝手にシンドバット」でデビューする4年前である。 その際に長嶋茂雄氏は 「我が巨人軍は永久に不滅です」 と述べた。 桑田佳祐氏は青山学院大学に在学中、青山にある喫茶店でこの引退セレモニーを観ていたらしく、人目を憚らず号泣したことはサザンファンの間では有名な話であろう。 もちろん桑田氏が感銘を受けたのは18. 19歳の頃である。 歌詞を聴くと、あの頃感動した経験をもとに、歳をとった桑田氏があの頃を回想した上での曲であることがわかる。 一度聴いたら忘れられないギターイントロ。 そこからのハーモニカ。 爽やかな曲始まりから桑田氏の唯一無二の歌声。 この曲、小生的にはベースがとても印象に残る曲だと考えている。 本来なら裏方であるベース音が安定して活躍する姿は、サザンのキャリアが只者ではないことの象徴のひとつと感じるのは小生だけではないはず。 歌詞としては 『「永遠に不滅」と、彼は叫んだけど、信じたモノは皆、メッキが剥がれていく』 これを歌うのが若いアーティストであったら全く響かないものなのであろう。 小学生の時に大好きだったモノ、数年前に流行っていたモノ、ふと振り返ってみたら 「あれ?こんなもんだったっけ?」 なんて経験は、誰にでもあるものであろう。 こんな表現含め、 すいも甘いも経験した大人が 『叶わない夢など追いかける程野暮じゃない。 』 『哀しくて泣いたら、幸せが逃げてしまう。 1人寂しい夜、涙堪えてねんねしな』 『生まれて変わっても、栄光の男にゃなれない』 『この世は、弱い者には冷たいね。 終わり無き旅路よ、明日天気にしておくれ』 などの、 どちらかと言えばネガティブな言葉で歌われているこの曲、 小生は、何故だか希望しか感じないのである。 歌詞的には全体を通して 一切、「がんばろうぜ!」 なんて言ってないのにも関わらず何故そう感じるのか。 じっくりと何回も聴いてみて出した、小生なりの答えは 「サザンだから。 」 であった。 桑田佳祐氏が歌うから、この曲を前向きに感じられるのである。 サザンオールスターズじゃなきゃ歌えない曲とはまさにこれである。 2018年で40周年を迎え、未だに衰えることのないモンスターバンド。 生きているうちにこんな曲に出会えたこと、そして、この曲を聴いて前向きになれる人生に感謝したい。

次の

”栄光の男” by サザンオールスターズ

栄光の男 歌詞

Hear me now oh thou bleak and unbearable world 歌詞の意味: 私を今聞くああなた寒々 として耐えられない世界 Thou art base and debauched as can be 歌詞の意味: 汝はベースと堕落することができます。 And a knight with his banners all bravely unfurled 歌詞の意味: 彼のバナーはすべて勇敢に掲げ持つ騎士 Now hurls down his gauntlet to thee! 歌詞の意味: 今、あなたに彼の挑戦を投げつける! I am I, Don Quixote, the Lord of La Mancha 歌詞の意味: 私は私、ドン・キホーテ、ラ ・ マンチャの主 Destroyer of Evil am I, 歌詞の意味: 悪の駆逐艦が私します。 I will march to the sound of the trumpets of glory 歌詞の意味: 私は栄光のトランペットの音への 3 月します。 Forever to conquer or die 歌詞の意味: 永遠に征服するか死ぬか Hear me heathens and wizards and serpents of sin 歌詞の意味: 異教徒とウィザードと罪の蛇は私を聞く All your dastardly doings are past 歌詞の意味: 過去のすべてのあなたの卑劣な所業が For a holy endeavor is now to begin 歌詞の意味: 神聖な努力のため、今すぐ開始するには And virtue shall triumph at last! 歌詞の意味: そして美徳が最後に勝利しなければならない! I am I, Don Quixote, the Lord of La Mancha 歌詞の意味: 私は私、ドン・キホーテ、ラ ・ マンチャの主 A Name all the world soon will know 歌詞の意味: すべての世界をすぐに名前を知っています。 And the wild winds of fortune will carry me onward 歌詞の意味: 以降、私を行いますの幸運の野生の風 Oh whither so ever they blow 歌詞の意味: ああそうどこへ吹く Whither so ever they blow 歌詞の意味: どこへ、今までを吹きます。 Onward to Glory I go! 歌詞の意味: 行く私の栄光に以降! このページは、歌手 私は、ドンキホーテ ラ ・ マンチャの男 によって作成された それは時間 15 です。 のアルバムに収集された リンダ ・ エダー の歌詞を提供するように設計されています。 次のテキスト バージョンの 私は、ドンキホーテ ラ ・ マンチャの男 を読むことができます。 同じアルバム内の他の曲に興味がある場合は、[ 私は、ドンキホーテ ラ ・ マンチャの男] をクリックしてください。 同じ歌手のアルバムの包括的なリストを検索するには、[リンダ ・ エダー] をクリックしてください。 あなたはそのような歌詞を愛する場合は、あなたのお気に入りにこのページを追加することができます。 便宜上、 私は、ドンキホーテ ラ ・ マンチャの男の画像版をダウンロードして印刷したり、メール、Twitter、Instagram、Pinterest、Google、Reddit、VKなどを介して友達と共有することもできます。 このページの最後には、アラビア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、ギリシャ語、フィンランド語、フランス語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、タイ語など、他の42の言語で 私は、ドンキホーテ ラ ・ マンチャの男の歌詞が表示されます。 一方、PDF版の歌詞が必要な場合、または 私は、ドンキホーテ ラ ・ マンチャの男のMP3を無料でダウンロードしたい場合は、私たちに書いてください。 一方、このアルバムに収録されていない他の曲をご存知の方は、お気軽にお問い合わせください。 データベースの次回の更新時に含めます。

次の