おか の した 語源。 「たんと食べなさい!」の「たんと」の語源

「おかもち」の語源由来〜おかもちの語源とは?語源由来辞典

おか の した 語源

「お勝手(おかって)」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「勝手にしやがれ」というセリフがあります。 沢田研二の曲で・・すみませんそっちじゃないです。 私の脳裏に浮かんでくるのは、セックス・ピストルズのアルバム「勝手にしやがれ」の方。 、 四曲入っているのですが、 01. ホリデイズ・イン・ザ・サン 02. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン 03. アナーキー・イン・ザ・UK 04. プリティ・ヴェイカント とどれをとっても素晴らしい四曲。 訳はこちら。 1970年代後半のロンドン・パンク・ムーヴメントを代表するバンドで、世界のポップ・ミュージックで初めて、自国の王室や政府や大手企業を名指しで攻撃したことが有名な代表的なパンクバンド。 由来メモを見ていただければ御理解いただけますように、私の精神的支柱であります。 だから私はあまりにも乱れた世の中の現状をひっくり返したいと妄想したときに心の中で「勝手にしやがれ」と叫ぶのでした。 勝手とは・・・ 1、他人のことはかまわないで、自分だけに都合がよいように振る舞うこと。 2、何かするときの物事のぐあいのよしあし。 都合や便利のよいこと。 これが一般的な解釈ですね。 なにをしても成果は上がらず、さじを投げたときに我々は「勝手」となるのです。 そんな無法地帯 アナーキー な考え方であるはずの「勝手」がもう一つ不思議な意味を持つことに気づきました。 それが今日取り上げる「お勝手」つまり台所です。 1、台所。 4、弓の弦を引くほうの手。 左手より力が勝ちやすいからいう。 引き手。 どうやらその一つの意味である「台所」の「お勝手も」の由来もそのほかの意味に関係しているようで、例えば4番め。 弓道では、右手を勝手、左手を押し手と呼ぶのだそうです。 押し手は弓をしっかりと支えるため自由が利きませんが、勝手 右手 はその名のとおり自由に使えます。 続いて2番。 「勝手」という言葉の持つ「生計」とか「家計」、「暮らしむき」という意味から。 それらを任された女性の居場所になぞらえて、「お勝手」と。 台所の出入り口も「お勝手口」と言われてきましたね。 正式の客が出入りする玄関に対して、酒屋、洗濯屋などの「御用聞き」が出入りする入り口であったからと言われます。 女性が勝手にできる空間というよりは、「家計」、「暮らし向き」に直結する出入り口であるからこそ「お勝手(口)」と呼ばれるようになったという説。 こうみると「お」がついてるのがイヂらしいですが・・ また他にも、「お勝手」は食べ物をあらわす「糧(かて)」からきているという説もあるとか。 ん、これも捨てがたいですね。 言われてみれば「台所」は女性の空間。 男性は入ることをあまり許されませんでした。 しかし現代は家事も男女間で分担する時代。 失われつつあるこの表現もいづれは消えてなくなるかもしれませんね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

「お勝手(おかって)」 の由来と語源

おか の した 語源

ご飯やパンなど主食に付け合わせる副食物をあらわす「おかず」。 「今日のおかずは何?」というように、最近では老若男女問わず使われている言葉ですが、もともとは、宮中の女房(主人の身辺に直接かかわる雑務を果たす身分の高い女性使用人)の間で使われていた「女房言葉」のひとつです。 漢字では「御数」と書き、主食の周りを囲むように「数を取り揃えるもの」という意味から出来た言葉だという説が有力です。 確かに、食事がご飯+副食一品もしくは二品だと、いくらおいしくても飽きてしまいますし、例え量が足りていたとしても何か物足りなさが残りますよね。 おそらく、女房たちは、館の主人を飽きさせないために品数を揃えるべく色々と工夫していたのでしょう。 で、これ、現代にも通じる話ですよね。 やはり三品以上はないと作り手として格好がつかないという方は多く、だからクックパッドなどのレシピサイトが大盛況なのかなあと思った次第です。 ということで、「おかず」の語源として適切だとされているのは、2「主食を囲むために皿の数を取り揃える必要があることから」でした。 ちなみに、由来は不明ですが、「おかず」には「御菜」という表記もあります。 汁物一品と副食三品から構成される食事を表す「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」や、日常的に使われる「お惣菜」という言葉からすると、「御数」よりこちらの表記の方がなじみやすい気がしますね。

次の

「おかって」の意味と使い方・語源や由来・方言なのか

おか の した 語源

おかのしたの意味とは?由来も おかのしたの意味:わかりました 「おかのした」とは、「分かりました」という意味の言葉です。 頼みごとを受ける際に、返答として使われます。 または、上司からこんな指示を受けたらどうする?といった話題提供の際、やり取りを簡単に表現するために使われることが多いでしょう。 ネットスラングの一つであり、もともとは2ちゃんねるなどのネット掲示板において主にスレッドタイトルとして使われていました。 現在ではインターネットの普及やSNSの流行に伴い、若者層が気軽に使用しているのを見かけるようになってきています。 とは言え、ただ見かけるからという理由だけで安易に使おうとするのは危険です。 意味だけでなく、言葉の由来や正しい使い方まできちんと理解して、間違いを減らしましょう!TPOをわきまえて使うことができれば、ネット上のコミュニケーションはより豊かになるはずです。 おかのしたの語源・由来:大人向けビデオコンテンツ 「おかのした」という言葉の由来は、男性同士が絡む大人向けビデオコンテンツの中にあります。 単純に並べただけでは全く関連性のないように見える2つの言葉ですが、誕生のエピソードはいたってシンプルです。 ある男性同士による大人向けビデオコンテンツにおいて、男優のひとりが口に物を含んだ状態で「分かりました」と言ったときに、「おかのした」と聞こえたことがその由来とされています。 つまり、「分かりました」がその語源です。 想像してみると確かに、そんな風に聞こえそうですね! ネット掲示板では、こうしたビデオコンテンツが一定の人気を得ており、そこからネット特有の特殊な言葉がさまざま生まれています。 一見すると面白く見える言葉ですが、使用する際には元ネタにも注意してみてください。 おかのしたの表記:ひらがな 「おかのした」はひらがなで表記することが適切です。 一見すると「丘の下」のようにも見えますが、「分かりました」の発音が崩れただけの言葉なので、漢字を当てはめることはありません。 「丘の下」とすると意味が伝わらなくなってしまうため、誤変換をすることのないように気をつけましょう! おかのしたの使い方・例文は? おかのしたの使い方:頼まれごとへの承諾 「おかのした」とは、何か頼まれごとをした場合の返答として用いるのが一般的な使い方です。 より厳密に言えば、単に頼まれごとへの承諾として使うより、指示を受けた場合や命令を下された場合の返事として使うことが想定されています。 意味の通り、「分かりました」と言う場面において使うものと覚えましょう。 「おかのした」の元には「分かりました」が存在するため、「おかのした」には敬語的なニュアンスも含まれています。 つまり、上の立場から受ける指示に対し、承諾の意思を示す役割があると言えるでしょう。 ただし、決して上品とは言えない世界から生まれた言葉であり、ネット上で使われる言葉である以上、純粋な敬意を表すとは言えません。 第三者に笑い話として提供する場合に、やり取りの再現として使うのが最も安全でしょう。 おかのしたの例文 「おかのした」の意味と使い方を押さえたところで、具体的な例文を確認してみましょう。 頼みごとを受ける際の返事として使うのが一般的であり、より詳細に言えば、命令形の言葉に対する返答として「おかのした」とするパターンが多いです。 ネット掲示板においては、上記のような頼みごとに対してどのような物で応えるかという大喜利的な形で楽しまれています。 おかのしたの注意点! 「わかりました」という意味の簡単な言葉ですが、ネット発祥である以上、使う場面には気を遣う必要があります!日常生活に密接な環境では、なるべく使わないようにしましょう。 たとえばTwitterのリアルアカウントなど、現実世界の人間関係がそのまま反映されている場合には好ましくありません。 ディープな世界観を共有できる仲間内や、ホームグラウンドであるネット掲示板において使うのが最も適しています。 インターネットが普及したとは言え、日常生活と変わらないSNSと掲示板では世界が全く違います。 元ネタはもちろん言葉自体知らない人も多いので、軽はずみに使うことは避けましょう。 承諾の用法を持つ言葉として「おかのした」の類語と考えられますが、敬語らしい表現はありません。 インターネットがパソコンユーザーでのみ楽しまれていた当時、キーボード打ちで変換を省いた形をそのまま使うことが多く、「おk」も省略語として活用されていました。 「おk」の発祥は2ちゃんねるのモテない男性板で、「日本語でおk」という形で生まれました。 日本語でおkとは、訳のわからない発言や意味の通らない文章に対し、「正しい日本語でお願いします」といった意味で使われる言葉です。 これには嘲笑の意味が込められています。 「おk」と同じく承諾の用法を持ち、「おかのした」の類語と捉えることができますが、敬語としての表現は含みません。 了解を省略した形であり、スピード感を要するネット掲示板やネットゲーム上のやりとりにおいてよく使われていました。 現在では更に省略し、「り」と表現されることも多いです。 SNS上のやりとりにおいて若者層がよく使用しており、ネット掲示板で使われる言葉というだけでは説明できなくなってきています。 「りょ」とは逆に長い言葉で表しています。 ネット掲示板で生まれた言葉とは違い、利便性よりも見た目や語感の面白さが現代の若者にウケているようです。 「了解道中膝栗毛」は、漫画家のずんだコロッケ氏によって作り出され、Twitter上で瞬く間に広まりました。 これを略して「ひざくり~」や「ひざ。 」のようにも使われています。 元ネタは、江戸時代後期の絵師である十返舎一九の書いた「東海道中膝栗毛」です。 「東海」と「了解」の語感の近さから生まれたと考えられます。 ちなみに「東海道中膝栗毛」とは、庶民の生活や風俗を会話を中心とした文章で綴った本です。 「おかのした」と「おかのうえ」 「おかのうえ」とは「おかのした」をもじっただけの言葉であり、厳密にはネットスラングではありません。 「おかのした」というネット用語の面白さを考察する層による、下があるなら上もあるのではないかという発想から生まれた言葉です。 「おかのした」の代わりに使われることはほとんどなく、その意味を理解している人間がユーザーネームなどに「おかのうえ」を使用するパターンが見られます。 おかのしたの意味や使い方を知ろう! いかがでしたか?この記事では、「おかのした」という言葉について、その意味や使い方をご紹介しました。 「おかのした」とは、相手からの頼みごとを承諾する意味の言葉です。 「わかりました」が元にある言葉であるため、敬語としてのニュアンスも含んでいると言えるでしょう。 元ネタが特殊な世界であるだけに、不用意に使うことは避けるべきですが、正しい場所で元ネタを知る相手であれば場を盛り上げるためのポイントとなるでしょう!ネット用語はTPOをわきまえて使うことさえできれば、ユーモアを演出する最高のスパイスとなります。 適切な表現で、素敵なインターネットライフを送りましょう! 「おかのした」だけでなく、ネット掲示板発祥の独特な表現は他にもさまざま存在します。 その中でも汎用性が高く、よく使われているものを以下にご紹介します。 正しい意味と使い方を踏まえて、よりユーモアに磨きをかけていきましょう!.

次の