ティモシー シャ ラメ 映画。 ショック! ティモシー・シャラメ、年上メキシコ人女優とプールでバックハグ現場を撮られる セレブのLOVE&ファッション

ティモシー・シャラメ

ティモシー シャ ラメ 映画

生い立ち [ ] アメリカ合衆国のにあるで生まれる。 父はフランス人でエディター、母は元のダンサーで不動産ブローカーのユダヤ系アメリカ人。 が解せる。 フランスとアメリカ合衆国の二重国籍。 姉ポーリーヌは女優で在住。 本人は自身の名前について、フランス風に「ティモテー」と発音すると述べている。 ヘルズ・キッチンで育つが、幼少の頃からフランスに滞在することが多かった(1年の内4ヶ月以上をフランスで過ごしたという )。 マンハッタンにある芸術系の高校 ()で学び 、卒業後、に入学。 それからに通う。 キャリア [ ] 幼少期から様々なコマーシャル出演を経て2008年に短編映画出演を果たし、翌2009年にはテレビドラマ『』やテレビ映画『Loving Leah』に出演した。 2012年に放映されたテレビドラマ『』のシーズン4に4話出演し、さらに同年放映のテレビドラマ『』のシーズン2では副大統領の息子のフィン・ウォルデン役を演じる。 2014年の映画『』にダニー・ヴァンス役で出演を果たし、同年にSF映画『』で の若い頃を演じる。 それから2015年の映画『』にシャーロットとサムの孫チャーリー役で出演している。 と共演を果たした監督の2017年の映画『』で演技を絶賛され第90回にノミネートされた。

次の

ティモシー・シャラメ主演『DUNE』、いまわかっていること総まとめ!新たなSF映画の重要なクロニクルとなるか?

ティモシー シャ ラメ 映画

7月3日より公開となるウディ・アレン監督作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の新場面写真10点が公開された。 本作は、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』のアレン監督が贈る、雨のニューヨークへのラブレターとなるロマンティック・コメディ。 ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスらが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女の姿を描く。 このたび公開されたのは、キャストたちとクラシックなニューヨーク気分を味わえる新場面写真10点。 本作は、アレン監督の十八番でもある、ニューヨークの数々の名所でロケが行われており、場面写真ではその一端が垣間見える。 まず始めに、アシュレー(エル・ファニング)とのお泊まり旅行にギャツビー(ティモシー・シャラメ)が選んだ、1930年開業の老舗ホテル、ピエール。 『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(1989年)の結婚式のシーンもここで撮影された。 続いて、劇中では「ウースターホテル」として登場する、バワリーホテルは、アシュレーが映画監督のローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にインタビューをする場所である。 本作の美術チームが別の通りに面してホテルを造り、撮影用のロビーを造り上げたという。 ギャツビーが映画撮影のエキストラに参加する場所、グリニッジ・ヴィレッジは、多くの文化人に愛されるエリアで映画撮影では人気のスポット。 アシュレーが人気俳優フランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)と偶然出会う、カウフマン・アストリア・スタジオは、1980年、ジョージ・カウフマンによって、荒廃状態にあったクイーンズ区アストリアの地域を芸術の中心として活性化させることを目的に創設。 ミュージカル映画『ヘアー』(1979年)や、ベン・スティラー監督・主演の『LIFE! 』(2013年)などのロケ地でもある。 チャンの家があるアッパー・イーストサイドは、ニューヨークの中でもハイクラスなセレブの街として知られ、高級ブティックやレストランなどが並ぶ。 アレン監督『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(1996年)やドラマ『ゴシップガール』の舞台としてもおなじみ。 通りを歩きながら、物思いに耽った姿で歩くギャツビーの様子が切り取られている。 世界中のセレブから愛される老舗ホテル、カーライルにあるベメルマンズ・バーでは、クラシックなカクテルやピアノの生演奏で古き良きニューヨークを楽しめ、ギャツビーお気に入りのバーとして登場。 アレン監督『ハンナとその姉妹』(1986年)をはじめ、監督自身も常連として訪れ、ここでクラリネットを演奏していることで有名だ。 ロバート・レッドフォード主演『華麗なるギャツビー』(1974年)、『追憶』(1973年)、『めぐり逢えたら』(1993年)など、数々の名作で知られるホテルプラザアテネは、アシュレーがギャツビーとの約束の場所を間違えてしまう場所として出てくる。 そして、マンハッタンにある公園でニューヨーカーのオアシスとしても親しまれているセントラル・パーク。 ギャツビーとアシュレーが滞在したピエールから一望でき、公園内にはアメリカ自然史博物館やセントラル・パーク動物園などがある。 これまで、『アニー・ホール』(1977年)、『ハンナとその姉妹』(1986年)、『ブロードウェイと銃弾』(1994年)など、アレン監督作ではおなじみのスポットだ。 同じくセントラル・パークの動物園にある、時計台のデラコート・クロックは、劇中で重要なシーンとして映し出される。 1ch/原題:A Rainy Day in New York/日本語字幕:古田由紀子 Photography by Jessica Miglio c 2019 Gravier Productions, Inc. c 2019 Gravier Productions, Inc.

次の

注目度No.1俳優ティモシー・シャラメ出演のおすすめ映画5選!

ティモシー シャ ラメ 映画

A post shared by tchalamet on Oct 30, 2019 at 3:33pm PDT 長編映画のデビュー作品は、2014年。 ティモシー・シャラメは、端役としてキャリアをスタート。 初期作品として最も有名なのは、『インターステラー』でマシュー・マコノヒーなどと共演し、美少年んぷりが大きな話題となっていました。 キャリアのスタートは2008年ごろからで、中学生くらいの頃から俳優として活動を始め2012年頃にはTVドラマなどにも出演をしていました。 そして堅実に出演を続け、2017年の『君の名前で僕を呼んで』でブレイクを果たします。 演技面でも高い評価を受け、アカデミー賞を始め多くの映画賞にノミネートを果たすなど俳優として大きく飛躍するきっかけを掴んでいます。 そして、そのルックスからこれまでは青春映画などを中心に活躍をしてきたティモシー・シャラメですがここ数年では、演技の幅を広げるような様々な作品に出演し、今後の成長も含めて大きな活躍が期待されている若手俳優です。 そして注目を集めるのは、『デューン』にキャスティングされていること。 『デューン』は『ブレードランナー 2049』の監督ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンを撮るSF大作。 錚々たる面々となるオールスターキャストが集う超大作で、その中でどれだけの実力が発揮されるのか、最も期待されている作品でティモシー・シャラメの今後にも大きな期待がかかっています。 ティモシー・シャラメのおすすめ出演作 A post shared by tchalamet on Aug 21, 2019 at 9:00am PDT ティモシー・シャラメ出演作を紹介! 今回はあえて、『君の名前で僕を呼んで』は除外して選出。 ティモシー・シャラメといえばこの作品というイメージがあるので、それ以外の出演作を中心にセレクトしました。 日本ではビデオスルーとなって、Amazonプライムビデオなどで配信されている作品。 肝心のティモシーは端役なので、常時出演しているわけではありませんが出色の存在感を示して目を引く場面で登場するのが選出理由。 ティモシー・シャラメはアメフト部の一員で、アンセル・エルゴート演じるティムに中盤から終盤にかけての場面で殴られてしまうのです。 そんな如何はその場面だけですが、しっかりティモシー・シャラメと認識できるほどの出演になっていますので、要チェック! インターステラー 原題:Interstellar 監督:クリストファー・ノーラン 公開:2014年11月22日 時間:169分 クリストファー・ノーラン監督のSF映画で、難しい解釈を用いながらもキャッチーに仕立て上げた大ヒット作。 この映画には、主演のマシュー・マコノヒー演じる主人公ジョセフ・クーパーの家族の息子として登場するティモシー・シャラメ。 『インターステラー』は、この他にもアン・ハサウェイにジェシカ・チャスティンなど人気俳優から実力派まで集う名作SF映画に挙げられています。 そんな中ティモシー・シャラメは、ベン・アフレックの弟ケイシー・アフレック演じるトム・クーパーの少年期を演じています。 出番は冒頭にしかありませんが、父親のジョセフ・クーパーに代わって妹を守る存在として重要な役割を担っていました。 レディ・バード 原題:Lady Bird 監督:グレタ・カーウィグ 公開:2018年6月1日 時間:94分 女優のグレタ・カーウィグが監督する青春映画で、アメリカでも世界を股にかけて高評価を獲得している傑作。 今も昔もここまで評価の高い青春映画はないとされるほどに、時代を超えて愛されるだろう作品です。 そんな映画に出演するティモシー・シャラメは、シアーシャ・ローナン演じる主人公クリスティンの彼氏役で、思春期の少年を嫌味たっぷりに演じています。 物語は女子高生の微妙な心情を綺麗に感情剥き出しに描いた作品で、誘惑溢れる十代の日々を鮮明に演出し、高評価を獲得しているティモシー・シャラメ出演映画の中でも重要な位置にあるのが『レディ・バード』です。 ビューティフル・ボーイ 原題:Beautiful Boy 監督:フェリックス・ヴァン・フルーニンゲン 公開:2019年10月15日 時間:112分 日本では、劇場公開されずにAmazonプライムビデオで初公開されたスティーブ・カレルと親子役でW主演となる作品『ビューティフル・ボーイ』。 薬物依存に陥る青年を、ティモシー・シャラメがこれでもかという位ギラギラに、時に憂いを満ちた表情で父との絆をキラキラに演じた、魅力あるれる存在感を発揮しています。 この作品は、ティモシー・シャラメも特筆すべき存在ではあるものの、父親からの視点で薬物依存に陥る子供と接する様を描いており、誘惑溢れる今の現代を顕著に描いた感動の作品です。 キング 原題:The King 監督:デヴィッド・ミショッド 公開: 2019年10月25日 時間:133分 ブラッド・ピットが主催する映画制作会社である、プランBエンターテインメントからリリースされているこの映画は、配給はNetflixが行っている作品。 しかしながら、日本でもNetflix配信に先駆けて劇場公開されている珍しい作品でもあります。 アメリカならば、劇場公開の直後に配信に回る作品は、近年当たり前になりつつありますが日本など世界でも同様の展開で行うのは稀なケースです。 Netflixでは、2019年11月1日に配信がスタートした作品。 原作はあの有名なウィリアム・シェイクスピアで、『ヘンリー四世 第1部』、『ヘンリー四世 第2部』、『ヘンリー五世』の3作品を基に製作された、いわゆる時代劇となる歴史ドラマ映画。 ティモシー・シャラメは主人公のハルで、ヘンリー5世を熱演。 ヘンリー5世が王として成長していく様を描いたストーリーで、この他にもジョエル・エドガートン、ロバート・パティンソン、ベン・メンデルソーンなど渋めの実力派が集います。 あとがき.

次の