くせ毛 描き方。 Boys With Curly Hair

髪の毛の塗り方

くせ毛 描き方

犬のイラストの書き方!簡単な方法を紹介~デフォルメ~ 犬はペットとして人気の動物ではあり、イラストにしても可愛らしさが失われることがありません。 また、シンプルな見た目でもあるため、ちょっとしたコツを掴むことができれば可愛い犬のイラストを描くことができます。 次に、可愛い犬のイラストの描き方を紹介します。 うまくイラストを描くことができない人や可愛い犬のイラストを描きたい人は参考にしてください。 自由な形にアレンジ 自由な形にアレンジする描き方はある程度絵心がなければできない場合が多いです。 自由な形とは犬の恰好や毛並みのことであり、さまざまな組み合わせにすることで可愛らしい犬のイラストに仕上げることができたり、かっこいいイラストに仕上げることも可能になります。 シンプルな毛並みの場合は曲線で輪郭を描けば問題なく、ふわふわの毛並みを再現したいのであれば細かい曲線を組み合わせることで再現することができます。 実際にいる犬を描いても可愛いですが、好みの犬を思い浮かべながら描くことも楽しいです。 動物のイラストを描く際に正面からのイラストを描く場合が多くなりやすいですが、斜めからのイラストや後ろ姿のイラストでも可愛らしさを強調するとともに、個性のあるイラストに仕上げることも可能になります。 自由な形にアレンジできるようになればさまざまなイラストを描くことが楽しくなります。 特徴的な部分を強く描写 飼っている犬をイラストとして描く場合や実際にいる犬種を描くのであれば特徴的な部分を強く描くようにしましょう。 例えば、ブルドックのように顔に特徴がある場合は、顔を強く描くことで体を簡素化してもブルドックであることを伝えることができます。 ブルドックは顔にたるみがあるため、実際よりもたるみを強く描くことをおすすめします。 また、特徴的な犬の中にダックスフントがいますが、短足であり、胴長でもあるため、可愛らしいです。 イラストとして描く場合は胴を極端に長くすることでダックスフントとして表現することができ、少しやりすぎた感じでも可愛らしく描くことができます。 細部を単純化 イラストをうまく描こうとすると細部まで細かく描こうとしてしまいやすいですが、絵心がない人は細部を単純化することをおすすめします。 細部を単純化する描き方を行うことで絵心がない人でも可愛らしい犬のイラストに仕上げることができます。 最も描くことが難しい部分が顔であり、細かく描こうとするとバランスが崩れてしまいやすいです。 顔の単純化させた描き方は、黒丸とY字を反対にするだけでも可愛らしく、犬の顔にすることができます。 あとは口をつけ足したり、舌を出すことでより可愛らしさを表現することができます。 毛並みまで描こうとしないこともポイントです。 様々なポーズを簡単に書く 犬のイラストを描く際にさまざまなポーズをかくことでバリエーション豊かなイラストに仕上げることができます。 しかし、さまざまなポーズをとった体勢は複雑になっている場合が多く、描く際に苦労してしまいます。 そこで上記でも紹介したように簡素化することで簡単に描くことが可能になります。 最もポピュラーな座った体勢の書き方は後ろ脚とお尻を丸く書くことがポイントであり、正面から描くよりも横からみたイラストの方が簡単です。 横からのイラストにすることで片方の前足と後ろ足を隠すことができ、より簡単になり、おすすめです。 体は横向きですが、顔は正面に向いているようにしましょう。 簡単なデッサンで書いてみる イラストを描く際に輪郭だけを重視するとどこが不細工に仕上がってしまいやすいです。 可愛らしい描き方をすれば平面でも可愛らしさを表現することができますが、立体感や躍動感を表現することができません。 立体感や躍動感を出したいのであれば簡単なデッサンを書くことをおすすめします。 デッサンと聞くと難しいと思われがちですが、基礎を学べば簡単に描くことができます。 まず、犬の大きさを楕円形にします。 次に頭の位置や胸や胴も丸く位置付けます。 そこから骨格を描き、肉付けをしていく要領で補っていくこと立体感のある犬に仕上げることができます。 犬のイラストの書き方!簡単な方法を紹介~描き分け~ いきなり細かくイラストを描こうとすると失敗してしまうリスクが高まってしまいます。 そのため、初めは簡単な描き方を身につけることをおすすめします。 簡単な描き方に慣れてから立体感のある描き方や躍動感のある描き方に挑戦するほうが画力が効率よく高まります。 次に、犬のイラストの簡単な描き方を紹介します。 どのようなすれば簡単に犬のイラストを描くことができるのか知りたい人は参考にしてください。 鼻の形はまん丸でも問題ありませんが、逆三角や横長の丸などアレンジすることができます。 口はY字の逆が最も簡単であり、口に見せることもできるため、おすすめです。 丸みを帯びさせるようにすることで可愛らしさを強調することも可能です。 口の周りに髭や描いても問題ありませんが、なくても犬であることは伝わり、可愛らしく仕上げれます。 凝った目や鼻よりもシンプルの方が可愛いイラストになります。 毛並みを表現する際に輪郭全てに毛並みを描いてしまう場合もありますが、不細工さが目立ってしまい、可愛らしさが失われてしまう原因になっています。 そのため、毛並みを表現する場合は輪郭全てではなく、顔だけや耳やしっぽ、お腹だけに特定することをおすすめします。 毛の長さの違いや直毛やくせ毛などさまざまな描き方があり、それぞれの毛並みを描けれるようになりましょう。 普通の耳であれば三角に描けば耳であることを伝えることができ、たれ耳の場合は輪郭に沿うように描くことで耳が垂れていることを表現することが可能です。 耳がふわふわした毛並みであれば、ふわふわしたように描いたり、輪郭で描くのではなく、ウェーブした曲線だけでも問題ありません。 耳の形とともに大きさも微調整することが好ましく、より特定の犬種であることを表現できます。 犬のイラストの書き方!色々な犬を簡単に書く方法 犬種がわからないイラストでも可愛らしく描くことも可能ですが、特定の犬種を描くことでより犬らしさを表現することができます。 しかし、それだけ描くことが難しくなってしまいます。 次に、犬種別の簡単な描き方を紹介します。 さまざまな犬のイラストを簡単に書きたい人や自身が飼っている犬を描きたいと考えている人は参考にしてください。 柴犬 柴犬は日本国内だけではなく、海外でも人気が高まっている犬種です。 柴犬の書き方は横向きに描くことで簡単になります。 まず顔から描きますが、鼻を少し出るように描くことで鼻であることを表現することができ、特徴的な耳はピンと描くようにしましょう。 この際耳を二つかく方法もありますが、難しい場合は一つだけでも問題ありません。 次に、前足を頭の下から緩いカーブをつけながら書き、胴体は前足よりも強い曲線で描くようにします。 あとはくるっとしたしっぽと後ろ足の輪郭だけを加えれば完成です。 しかし、このままでは柴犬とわからないこともあるため、顔や手足の先端を残して茶色に色づけることで柴犬にすることができます。 セント・バーナード セント・バーナードは耳と口角が垂れている犬種であり、特徴を掴むように描くようにしましょう。 犬を描く際に顔の輪郭から描こうとする場合もありますが、垂れた口角が描きにくくなってしまいます。 そのため、頭の上の輪郭と耳から描くようにしましょう。 耳の輪郭をつなげるようにした顎を描きますが、少したるみがあるように描きましょう。 顔に線を加えることでより口角のたるみを再現することができ、毛並みの色でもある茶色で描くことでより分かりやすくすることができます。 あと胴体をふさふさの毛並みに再現することが大切ですが、お腹側だけをふわふわに描くようにすることでバランスが崩れてしまうことがなくおすすめです。 パグ パグの描き方はまず鼻と口を描きます。 鼻は黒丸で描き、そこから垂れた口角を左右に描きます。 口角を曲線でつなげることで口を描くことができます。 次に、顔の輪郭を描きますが、口角が垂れていることを表現するために口角と口は輪郭の外になるようにします。 また、まん丸ではなく、四角に丸みを帯びた輪郭がおすすめです。 目をつけ、それぞれの目を曲線でつなぎ、眉間を二つの短い線で表現します。 垂れた耳を左右に描き、前足と胴体を簡単に描きます。 後ろ脚は少し離れているように描くことが大切であり、前足の横に後ろ足をつけ足すだけで問題ありません。 あとはしっぽと髭を足せば完成です。 まとめ イラストは絵心がない人では難しく、犬とは思えない仕上がりになってしまうこともあります。 しかし、簡単に描くことができるコツさえ掴めば可愛い犬のイラストに仕上げることができます。 まずは簡単に描くことが大切であり、いきなり細部まで再現しないようにしましょう。 簡単な描き方で可愛らしい犬のイラストを描いてみてはいかがでしょうか。

次の

【初心者向け】髪の毛の描き方【種類別】

くせ毛 描き方

この講座について 今回はイラストレーターjimmyさんによる「キャラクターの個性を演出する!髪の描き方講座」です! キャラクターを特徴づける髪のバリエーションと、実際の描き方について解説しています! 2. ショート 最初に、ショートの髪型について紹介していきます。 キャラクターのイメージをかえたり、スポーツが好きなキャラクターを考える時の参考にしてみてくださいね! 内まき 内まきは、ショートカットの中でも女の子らしさを演出しやすい髪型です。 髪の毛を描く際にびっしりと描いていくのではなく、 おくれ毛などを描いてふわふわと軽そうなイメージにすると、 かわいらしい印象になります。 内まきは幼い女の子にもオススメの髪型です。 ぱっつんは髪をあまりギザギザと刻みすぎず、かつ均等になりすぎないよう気を付けながら、 ランダムにギザギザを入れていくと自然な髪型になります。 ポイントとしては、最初に一枚の紙をイメージし、その上から髪の毛を描いて、徐々に髪の毛にしていくと表現しやすいと思います。 以下のイラストを参考に適度にギザギザをいれてみてください。 ボーイッシュな髪型はクセの強い髪型ですが、常につむじと全体のバランスを意識しながら描くと、ぼざぼさし過ぎないので気を付けて描いていきましょう。 ボーイッシュはスポーツをやっていたり、活発なキャラクターによく似合う髪型ですね。 また、 髪のはね方でキャラクターに特徴を持たせることもできます。 例えば、獣耳のようなクセをつけてもキャラクター性を出すことができます。 ミディアム 次にミディアムの髪型を紹介していきます。 ストレート、ウェーブ、応用についても触れていきます。 以下のイラストで赤矢印で示した箇所です。 外側にハネる場合もありますので、キャラクターによって描き分けるといいと思います。 ウェーブは 最初にペラペラの紙をイメージして、以下のイラストのように徐々に立体感をもたせていくと描きやすいと思います。 また、何本も同じ動きだけで描くと不自然になってしまうので、ウェーブでもおくれ髪などを入れると自然な髪型になってきます。 シンプルな髪型であっても、前髪を斜め分けにしたり、上げたり、前髪の長さを変えるなどさまざまな工夫ができます。 以下のイラストの右下のように、髪の結び方によってもキャラクターの印象が変わります。 また、ピンやリボン、カチューシャなどアクセサリーを付け加えると一気に華やかな印象になります。 ロング 最後にツインテール、ポニーテールなどロングの髪型について紹介していきます。 ロングは髪が長い分、さまざまな髪型をつくれますので、ポイントを絞って解説していきます。 しばった髪の毛は結び目(以下の赤い矢印)に集まるので、そこも意識しましょう。 ツインテールの中でも、ボリュームの違いや高さの違いで印象が変わってくるので、自分好みを探っていくのも良いかもしれません。 また、 横を向いた時に生え際をしっかり描くことでリアリティを出すことができます。 女性らしさを演出したい時などにもオススメです。 ロングの場合も基本はミディアムと同じですが、見た目が重い印象にならないようにボリュームを抑えてあげると丁度良くなります。 後ろから見た ロングヘアーは、段がついていると毛先に向かうほど細くなっていき、ぱっつんだと一定の長さになります。 ウェーブはミディアムとほぼ同じ描き方ですが、ミディアムより大きく波打つ特徴があります。 波打つ数やどの高さから波打たせるかを考えて描き分けていきましょう。

次の

【イラスト講座】髪の描き方 #2

くせ毛 描き方

わかりやすい髪の毛の描き方 まずは全体のシルエットの把握をしましょう。 前回も書きましたが、 長いのか短いのか、くせっ毛なのか直毛なのか…など、 イメージを固めておくことはとても重要です。 下記のように、髪が長いと イラストの構図にも影響してきます。 また、 曲線で描くということも重要です。 まっすぐな髪と言うのは自然ではありません。 長い髪は 緩やかなS字を描くようにすると自然で流れのある髪が描けます 疎と密のバランスをとる 髪を描いていると似た線を何本も引くことになると思うのですが、この 幅や密度なども重要です 同じ間隔にならないように 疎と密をかき分けていきましょう。 ポイント1:サイドに細かい毛を足す 大きい束を描いたら サイドに細かい毛を描きましょう。 絵の動きが出て、密度をあげられます。 ポイント2:髪の毛の表面にパースをきかせる 頭に沿うように髪の束を描いて行くときに、 表面のパースを意識しましょう。 簡単に言うと 面がこちらを向いてるほど幅が広くなります。 パースについてはを参照してください ポイント3:毛先は細かく分ける 太めの髪の束を描いた場合は、 毛先を散らすと自然に見えます。 みつ編みも重なりの一つです。 編み込みの表現は髪の毛だけではなく、いろいろなものの描き方に応用がききます バリエーションを増やす 髪の毛を描くときは、ある程度かける髪の毛の バリエーションを増やしておくと描きやすいです。 常日頃から、いろいろな人やイラスト髪型を観察してみましょう。 ここではパーツにわけていくつかのパターンを描いていきます。 大きく分けて前髪、もみあげ、後ろ髪に分けて描いてみました。 組み合わせるとこれだけで 125通り! の髪型がかけるようになります。 おわりに 髪の描き方についてでした。 二次元的な髪の毛は現実に存在しないので難しいですよね。 個性が出るところでもありますので、自分なりの描き方をまとめてみるのもいいかもしれません。 ではまた、次の講座でお会いしましょう。

次の