ハングドマン グラブル。 【グラブル】 土有利古戦場に向けてザ・ハングドマンの最終上限解放 出来ればカイム加入まで行きたいところだが・・・

召喚石「ザ・ハングドマン (SSR)」の詳細・性能・評価

ハングドマン グラブル

以下、今回の収支。 ベスティエフルーツは蒼光の輝石でで交換可能、セフィラ玉髄も前回風有利古戦場の勲章があるので交換可能。 好きなキャラなら有無を言わずにとるだけですけどね• 私も一周してきましたが、赤エネミー1回のみでした。 しかも9-2でようやく出してくるという焦らし戦法。 ストレスマッハでしたね。 これで出なければ頭禿げるところでした。 それにしても直近3周で赤エネミー等が出たのが2回とか……。 赤エネミーとかの緩和もそうですが、 金箱の中身改善して欲しいですね。 結構な頻度で銀箱よりショボいのはどうにかして欲しい……。 ハーゼまでアストラ70、イデア15、セフィラストーン15、フラグメント3まで来ましたが、 ハングドマンまでは流石に手が回りませんwww 古戦場延期してくれてもええんやで。 明後日からまた古戦場 ですが、アーカルムポイント貰えるということは、 アーカルムポイントが古戦場にあるということで、 つまり来月の古戦場からはアーカルムポイントがドロップする……? ……ないですね!•

次の

【グラブル】「ベスティエフルーツ」集めに効率の良いフリクエ【ザ・ハングドマン最終素材(カイム取得)】

ハングドマン グラブル

公式記事では「戦闘不能になった場合」という表現ですが、公式ヘルプでは吹き飛ばし効果などの効果でも適用されるとなっております。 チェンジ、タクティクスコマンドといったアビリティの入れ替えでは発動しないとも明記あり。 この辺、細かい条件についてはまだまだユーザー間での検証中だったりします。 カイム[ザ・ハングドマンの契約者]キャラクター性能&評価 年齢:10歳 身長:128cm 種族:ヒューマン 趣味:シミュレーション(趣味というより契約者としての唯一の目的) 好き:特にない 苦手:愚かな者(苦手というより嫌悪) グラブルでは貴重なショタ属性。 うん…見ての通り。 意味わがんにゃい・・・ となりそうなスペックしてますが、読み込んでみると思ったよりもシンプルな使い所が沢山思い浮かぶ。 というわけでひとつひとつ見ていこう。 2連発という特性は黒麒麟召喚効果のCT即復活とはまた違う使い方になりそう。 土パでツープラトンというイメージはなかったのですが、地味に土パも環境が変わりつつあるので、虚空斧を使うなど、今までにない新たな戦術が生まれる可能性はありそう。 ちなみにこれ、自身のアビにも適用が可能な模様。 サラーサとのグラゼロ2連発はもちろん、土パならジークさんのマニガンス等も模倣が可能。 引用元:グラブルwiki: ルナールと違い、土パ運用がそのまま出来るという点でボス戦でも面白い使い方はできそう。 「エンド・オブ・ジョーカー」はアーカルム召喚石「ザ・ハングドマン」の召喚効果の一つである「土属性キャラにランダムで強化効果」の強化効果を全て付与できる強力な効果です! ダメージ上限UPや弱体効果無効 1回 といった強力な強化効果を含む9つの効果を土属性の味方全体に付与する、 まるで強化の宝石箱のような効果です! 最後に軽く発作起こしちゃうの好き。 普段使いとしてはダイヤトリック、クラブトリックは便利そう。 ただし何を仕込んでおくかという部分で開幕、カイム奥義でブランクになった状態で判断する必要はある。 思った通りの運用が出来るかどうかはこりゃ使ってみないとわからんちん。 オメガ武器、虚空武器、バハといった「合致タイプ」の武器はそれだけで入れ得ですが、テスカトリポカみたいな召喚石の場合はどうなんでしょうかね。 ヒューマン2人並べたら都合よく解釈してくれるんだろうか。 どちらかというとティターン編成向きの効果…になりそうか。 ウリエルの召喚効果など組み合わせれば、装備に関わらずダメージ上限UPがえげつない形で効く可能性はありそう。 ただこれカイムくんが出てきた時点で台無しになっちゃうのが怖いところ。 土パはサラーサ、アイルなど、落とそうとすれば落としやすいキャラが多いので、ある程度狙って飛び出ささせる事は出来そう。 この辺は運用の想定に入れてもよさそうな気はする。 デビル同様属性石ではない点に注意。 召喚効果にクリアがあるのが実は地味に大きい。 取得、強化を進めることでバアルさんがエレメントになってくれる。 ロベリア(ザ・タワーの契約者)実装時点の性能評価 年齢:22歳 身長:181cm 種族:ヒューマン 趣味:『音』鑑賞 好き:『音』を聴くこと、雑談 苦手:黙っていること、何かを教えること 音を使った魔術に長けた青年「禍殃なる魔術師」ロベリア。 10賢者随一となりそうな問題児。 壊れた吉良吉影みたいな人。 基本的な運用としては毎ターン1アビ使いながら魔術刻印を貯めていく…という運用にはなりそう。 ただし、サポアビの魔術師の正位置発動で魔術刻印が10追加と、ガラッと運用を変える事も可能。 1アビ効果もアビダメ+確定TA+追撃効果と強力。 コストを重いと見るかは意見が分かれそうですが、4~5T毎にPT全体のCT3短縮は相当でっかいと思うの。 災禍の雷槌効果は全てのアビリティ発動時に、追加ダメージが発生する状態。 永続消去不可能の特性持ち。 最近流行りの自動発動型アビリティの頂点に立ちそうな効果。 クビラちゃんの運用でも軽く気配はありましたが、アビポチを押すだけの元を取れるか、という部分では大きく感覚をぶっ壊しそうな気配はある。 魔術刻印も1貯まる。 採用するなら前に出したい。 3アビの恩恵からしても、初期に登場を確定させるコンボを組む価値は全キャラの中でも一番ありそう。 オクトーさんが毎ターン奥義ゲージ振りまく度に追加ダメージが発生する姿を想像するだけでもちょっとおもしろい。 開幕アンデッドなのでキュアポでダウン。 セレスト相手に試してみましたが 回復アビ:HP満タンでも押せる キュアポ:対象キャラのHPが減ってないと押せない オルポ:誰か一人でもHPが減っていると押せる となっていました。 うーん元取れるかは微妙な手数に。 ただし取得条件は神バハバージンソウルBD第二巻特典orリンクスチケと取得難易度は滅茶苦茶高い。 3回目が最大ダメージ。 グリムの召喚効果のようなものと言いたいがこちらが元祖。 ただし他の多くのアーカルム石と異なり、5凸でも開幕召喚は不可能。 土はキャラパワーが高い事から、ハングドマンに人気が集中している感は強い。 面白い性能はしてるんですが、カイムくんも面白い性能してるんですよねぇ・・・ 古戦場スケジュール的には土パが一番熱いかもしれない 次回古戦場は4月風有利古戦場が開催、周期的には本来は土有利が来てもいい順番だった・・・という事で、次の次は流石に土有利でしょというのが大方の見解。 賢者取得に必要なアストラ200個は風古戦場に間に合わない人も多そうですが、土古戦場であれば間に合う人も出てくる可能性がある。 サボった自分が悪いだけ 俺も時間なくて数十枚溢れさせたからこういうのはイライラするけど、消化できなかったのが悪いんだからしょうがねえんだよ。 こうなるのはわかりきってた事だしな 所持上限なんかいくつあったって配布ペースがキャップになってるし、いくら溜め込んでもポイントのウィークリー上限もあるんだから関係ねえはずなのに一年も経ってようやく30枚にしたのが意味わかんねえ。 緩和するなら一年早くやっとけ、渋る理由が全く見つからん。

次の

カイム (SSR)の詳細・評価

ハングドマン グラブル

荒土の石片を入手方法や使い道から集め方について書いていきます。 〇〇の石片は基本的に「属性素材クエスト」の業火の試練や玉水の試練等から入手することになります。 他にもアルティメット・バハムートからも入手できます。 この石片関係の主な用途は無垢なる武器や天司武器、そしてアーカルム召喚石の制作に使用します。 そして今回、荒土の石片について書く理由は、 ・アーカルム召喚石「デス」 ・5凸するのに玉水の石片が足りなかったので、 を書いたついでに、横に表示されている荒土の石片についても書こうと思いました。 ということで、荒土の試練を周回して石片を集めています。 それでは詳細を書いていきます。 幽闇の試練はクリア時に玉水か荒土の石片がどちらか片方のみドロップするので、闇属性の素材集めのついでに集める感じ。 〇急ぎでなければメテオライト集めのついでに神撃、究極の竜で副産物として。 ・オメガウェポン(無垢なる竜の武器)作成やアルティメット・バハムート(HIGHLEVEL 挑戦権のメテオライトの副産物として。 ブラックチャームが無い状態だと通常攻撃が全体化するので、これで1・2戦目の敵を倒していきます。 サポーターをカグヤにして周回です。 ただし石片は玉水か荒土のどちらかがランダムにドロップする。 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】のイーウィヤを今度は火属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。...

次の