春 は あけぼの 続き。 春はあけぼののオリジナルをかんがえなければならないのですが、どう作

春はあけぼの。皆さんにとっては?

春 は あけぼの 続き

吉海 直人 日本語日本文学科 教授 みなさん、『枕草子』には伝統的な日本の四季折々の自然美や風物が鏤 ちりば められていると思っていませんか。 実はそれこそが誤解というか大きな間違いなのです。 だってそうでしょう、春の風物としては「梅・鶯・桜・霞」などをあげるのが一般的ではないですか。 『枕草子』にはそれが不在なのです。 逆に清少納言が提起している「あけぼの」など、春を代表する景物ではありませんし、まして美意識にもあてはまりません。 それにもかかわらず、みなさんはそれを平安朝貴族の美意識として受けとっている恐れがあります。 それが高校で学んだ成果だとしたら、それこそ学校教育の弊害ということになりかねません。 そこで考えていただきたいのは、仮に「あけぼの」が春の景物として当時認められていたとしたら、清少納言はごく当たり前のことを提示していることになります。 それでは宮廷で評価・称讃されるはずはありません。 となると『枕草子』は、決して当時の伝統的な美意識を集成したもの(美意識辞典)ではないということがわかるはずです。 当時の美意識としては認められていなかったからこそ、周囲の人々の注目を浴びたのではないでしょうか。 あらためて初段の構成を見てみましょう。 各段は「春はあけぼの・夏は夜・秋は夕暮れ・冬はつとめて」とあって、一日の中で推移する特定の時間帯が切り取られ、それが四季の運行と組み合わせられていることに気付きます。 これも奇妙な組み合わせですよね。 そもそも「あけぼの」という言葉自体、上代(『万葉集』など)に用例がありません。 平安時代になっても、初期の『竹取物語』・『伊勢物語』・『古今集』などには見られず、『蜻蛉 かげろう 日記』に至ってようやく1例だけ登場しています。 肝心の『枕草子』にしても、印象としてはたくさん使われていそうに思われますが、実は冒頭の1例しかないのです。 ここから当時としては非常にマイナーな言葉だったことがわかります。 類義語の「あさぼらけ」なら、既に『古今集』・『後撰集』といった勅撰集の和歌に用例が認められます。 それに対して「あけぼの」は歌語としての古い用例がなく、初めて勅撰集に登場するのは、『枕草子』よりずっと後の『後拾遺集』でした。 そしてそれが流行するのは、もっと下った『新古今集』まで待たなければなりません。 その「あけぼの」と対になっているのが「夕暮れ」です。 やはりみなさんはこの「秋の夕暮れ」も、平安朝の美意識として確立していたと誤解していませんか。 しかし「秋の夕暮れ」は『古今集』には詠まれていません。 「あけぼの」と同様、勅撰集の初出は『後拾遺集』でした。 『新古今集』に至って用例数が18例にも激増し、しかも「三夕 せき の歌」が浮上することで、いかにも伝統的な美意識だったように幻想(誤解)しているだけなのです。 秋の伝統的な景物としては紅葉・菊であり、そして月でした。 この「あけぼの」という特殊な言葉にもっともすばやく反応したのが、『源氏物語』でした。 用例数はなんと14例も認められます。 しかもそのうちの3例は「春のあけぼの」ですから、紫式部が『枕草子』を意識していることは間違いないようです。 中でも光源氏の長男である夕霧が、野分(暴風)のどさくさに紛れて義理の母にあたる紫の上を垣間見る場面は圧巻です。 夕霧が紫の上の美しさを「春の曙の霞の間より、おもしろき樺 かば 桜の咲き乱れたるを見る心地す」(野分巻)と述べているところです。 ただしこの文章はきわめて比喩的であり、具体的な紫の上の美しさがほとんど伝わってこない恨みがあります。 あえて「樺桜」という特殊な桜を持ち出したことの狙いもピンと来ません。 いずれにしても、清少納言が当時の伝統的な美意識とは異なる捉 とら え方を提示したからこそ、周囲の人々の驚きに満ちた称讃を勝ち得たに違いありません。 それを誰よりも高く評価し、自らの執筆に応用したのが紫式部だと思います。 むしろ『源氏物語』の流行によって、「あけぼの」が次第に美意識に昇華していったといえるかもしれません。 さあみなさん、「春はあけぼの」章段をもう一度読み直してみませんか。 もはや従来の見方では済まされません。 素直に納得するのではなく、積極的に疑問を抱いて下さい。 そこから古典を読む面白さが始まるはずです。

次の

春はあけぼののオリジナルをかんがえなければならないのですが、どう作

春 は あけぼの 続き

【原文】 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は夜。 月のころは さらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。 雨など降るも をかし。 秋は夕暮れ。 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いと つきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて わろし。 【現代語訳】 春は明け方がいい。 だんだんと白くなってゆく山際の方の曽良が、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがいい。 夏は夜がいい。 月が輝いている時間帯は言うまでもなく、闇(月が登っていない)のときでも、蛍が多く飛んでいるのがいい。 また、たくさん飛び交ってはいなくても、蛍が一匹二匹とほのかに光って飛んでいるのも趣がある。 雨が降っているときも趣がある。 秋は夕暮れがいい。 夕日が落ちてきて山の端が近く感じるようになってきたころに、烏が巣に帰ろうと、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子にさえ心がひかれる。 ましてや雁などが列をつくって飛んでいる様子が小さく見えるのはとても趣があってよい。 日が沈んでしまってから聞こえてくる風の音や虫の音なども、言うまでもなくよい。 冬は早朝がいい。 雪が降っているときは言うまでもない。 霜がおりて白くなっているのも、またとても寒い時に、火を急いで起こそうと炭をもってくるのも冬の朝に大変似つかわしい。 しかし、昼になってだんだんと暖かくなったときに、火桶の火も白い灰になってしまっているのは似つかわしくない。

次の

春はあけぼののオリジナルをかんがえなければならないのですが、どう作

春 は あけぼの 続き

「春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 」 (春は明け方がいい。 だんだんと白くなっていく山の稜線が、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている景色が、趣き深くていいのだ。 ) 春の夜明けの空は、夕暮れの真っ赤な空と違って、夜空の青と朝の日差しが混じりあい、まさに「紫がかった雲」を見ることができる時間帯です。 冬の朝は暗く、早起きはつらいですが、春になり、夜が明けるのが早くなってくると、早起きが苦痛でなくなってきます。 平安の時代、清少納言は夜が明けるころに起き出し、空を眺め、「やっぱり春は夜明けがいいのよね~…」などと、思っていたのでしょうか。 それとも、エッセイを書いていて、つい筆がのってしまい、気づいたら夜明けの時間で、ふと空を眺めたら紫の雲が美しかった…と、思ったのでしょうか。 「夏は夜」。 電気のない真っ暗な闇を照らす月明かり。 「夏は夜。 月のころはさらなり、闇もなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 」 (夏は夜がいい。 月が輝いている満月のころは言うまでもなく、月が出ていない新月のときでも、ほたるが飛びかっている光景がいい。 また、ほたるが1匹2匹と、ほのかに光って飛んでいくのも趣きがある。 雨など降るのも趣きがある。 ) 電気の明かりがない平安時代の夜は、どんなにか暗かったことでしょう。 そんな夏の夜、月明かりに照らされた光景は、さぞや幻想的だったことでしょう。 闇夜にザーッと雨が降る夜は、目に見える光景だけでなく、雨の音や、こもる湿度なども楽しんでいたのでしょうか。 「秋は夕暮れ」。 真っ赤な空に渡り鳥。 日が落ちてから聞こえる虫の声も 「秋は夕暮れ。 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、からすの寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入りはてて、風の音、虫のねなど、はたいふべきにあらず。 」 (秋は夕暮れがよい。 夕日がさして、山の端に近くなっているところに、からすがねぐらに帰ろうとして、3羽4羽、2羽3羽と急いで飛んでいく様子さえも、しみじみとした趣きがある。 ましてや、雁などが列をつくって連なっているのがとても小さく見えるのは、たいへん趣き深い。 日がすっかり沈んでしまってから聞こえてくる、風の音や虫の声などもまた、あらためて言うまでもないことである。 ) 夕焼けといえば、今も昔もやはり秋です。 ビルも電波塔も、車のライトも、家々の明かりもない昔は、真っ赤な空と暗い山や畑の対比が、さぞや美しかったことでしょう。 家路を急ぐ鳥たちを眺めつつ、人間も夜の支度を始めます。 そして、日が暮れてすっかり暗くなると、秋の夜長は、目に見えるものから、耳で聞こえるものを楽しむことができます。 夏の夜はほとんど風がありませんでしたが、秋になると、風が葉を揺する音や、虫の声が聞こえてきます。 そして、それがまた趣き深いのですね。 「冬はつとめて」。 キーンと冷えた冬の早朝。 でも、炭火の灰が白くなると、興ざめ…。 「冬はつとめて。 雪の降りたるは、言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、また、さらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もて渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 」 (冬は早朝がいい。 雪が降っている朝は言うまでもない。 霜がおりて白くなっている朝も、また、そうでなくても、とても寒い朝に火などを急いで起こして、炭を持って運びまわるのも、冬の朝にたいへん似つかわしい。 しかし、昼になって、寒さがゆるんでくると、火おけの火も白い灰になってしまって、よくない。 ) 冬の早朝は風もなく、空気がキリリとして、背筋がピンと伸びるような気がします。 朝起きて雪が積もっていると、昨日までの景色が一変して、外は真っ白な世界です。 彼女は、春、夏、秋と「いいね」を述べていましたが、冬の最後になってはじめて、「炭が白い灰になってしまうのはダメ~!! わろし~!! 」とバッサリ言ってのけるのもまた、清少納言らしさなのかもしれません。 そろそろ梅や桜の便りが届き、春を感じる季節です。 春が遅い北海道でも、少しずつですが雪どけがはじまりました。 毎日を忙しく過ごしていると、四季の移ろいをしみじみ感じる余裕がありません。 しかし、せっかく四季がある日本にいるのですから、清少納言のように、春夏秋冬を肌で感じながら、一日一日を過ごしていきたいものです。

次の