メンズ ピンパーマ。 【セルフパーマ】意外と簡単!自宅でできるピンパーマのやり方~メンズ編~

【永久保存版】メンズパーマでお悩みの方へ。ビフォーアフターまとめ

メンズ ピンパーマ

現在流行中の ピンパーマ おしゃれメンズたちの中では人気があるパーマの1つですね。 そんなおしゃれなピンパーマを 「自分もしてみたい! 」 というメンズは沢山います。 実際に私もピンパーマを試してみた経験があります。 でも、じゃぁ実際にピンパーマをやってみようと思っても、なかなか初めて挑戦する方にとっては 「そもそもピンパーマって何だ? 」 「どんな特徴があるの? 」 「ショートヘアでも出来るの? 」 など 様々な疑問が出てくると思います。 そこで今回のテーマは、そのような疑問を解決すべく ・ピンパーマ特集 と題して、ピンパーマについて詳しく紹介していきたいと思います! ピンパーマとショートヘアを組み合わせたおしゃれなメンズたち10人も合わせて紹介しますので、是非ご覧下さい! ピンパーマとは、ペーパーに適度の毛束をとって包み、ロッドは使わずにロッドよりも細い指やピンで髪を巻いて根元にピンで固定するパーマの事を指します。 言葉だけでは分かりづらいかと思いますので、実際には、以下のような感じです。 特徴 では、ピンパーマってどのような特徴があるのか見ていきましょう。 ロッドを使うパーマは、強いウェーブがかかってしまうので弱めに抑えたい方にはピンパーマがおススメです。 直毛や軟毛って本当に髪にボリュームが出せないし、ワックスをつけても直ぐに寝てしまいますよね…。 そんな悩みが解消されます! パーマってある程度の長さがないとかけれないと思われがちですが、ピンパーマはそんな常識を覆ます! 社会人になると、長髪とかパーマとかって規制されやすいですが、ピンパーマはナチュラルなくせ毛を演出できるので、社会人の方でもチャレンジできます! ピンパーマをとり入れる事で、朝の忙しい時間帯でもササっと髪のセットが出来てしまう! 通常のパーマよりも、髪に負担をかけてしまうデメリットがある事を理解しておきましょう。 ショートヘアの場合、何㎝からピンパーマがかけれる? 上の特徴の中でも、ピンパーマはショートヘアの髪でもかけられると伝えました。 では、実際に何㎝くらいの髪の長さがあればピンパーマがかけられるのでしょうか。 なので、自分は髪の長さがショートだからと言って、ピンパーマを諦めるのは早いですよ! 髪が傷まないように毎日の 髪のケア・トリートメントも、怠らないように気をつけましょう! 効果期間 それと実際にピンパーマをしてみたけど、どのくらいの期間その効果が保たれるのかも、知りたいところではないでしょうか。 しかしながら、残念な事に〇か月効果が保つ! とは言いきれません。 なぜかと言うと、ピンパーマの効果はその人その人の 髪質によって変わってしまうからです…。 髪質が太くて硬い人や、髪が傷んでいない人はピンパーマの効果が長くなりますが、逆の人は勿論効果が短くなってしまいます。 その為、〇か月効果が保つ! とは言いきれませんが、私自身がピンパーマを試した時に実際に効果があった期間は 約1か月半です! 私の当時施術した時の髪の条件は、細い軟毛で、髪が傷んでいなかったという条件での期間となります。 目安までに参考にして下さい。 ただ一つ言える事は、髪質はその人の特性なので仕方ない事ですが、髪を傷ませないようにケアするという事は、レディーだけではなくてメンズも重要な部分になってきますし、ピンパーマの効果期間にも影響が出てくるので、しっかりとケアしてあげましょう。 頼み方 では、実際にショートヘアの自分の髪にピンパーマを取り入れる場合の頼み方について紹介します。 当たり前ですが、いきなり美容室に行ってピンパーマをしたいですっと言っても 美容師さんの頭の中は、「???」になってしまいますね。 一番分かり易いのは、やっぱり自分がしてみたい 髪型のカタログをみせる事! それと、もう一つ重要なのが、 自分の髪質をきちんと美容師さんに伝える事! 自分の髪質を伝える事によって、美容師さん自身もどのように施術していけば長くピンパーマの効果を保たせる事が出来るのか考えてくれるようになりますよ。 では、実際にピンパーマとショートヘアを組み合わせた髪型ってどんなのがあるのか、おしゃれで男前なメンズたち10人を紹介していきたいと思います! 一気にいきますので、是非引き続きご覧下さい! サイドに隠れツーブロックを入れ髪全体をピンパーマで仕上げた、グレイ・アッシュ系のショートヘアになります。 ピンパーマをかけることで無造作な髪の演出ができるし、やっぱりおしゃれなヘアスタイルに仕上がります! こちらのモデルさんのように、ツーブロックってピンパーマだけに留まらず色々なパーマと組み合わせる事ができ、尚且つお洒落にキマります。 もし興味がありましたら、こちらの記事も合わせてご覧下さい。 髪質が直毛だと髪を立てても直ぐ寝てしまう傾向にありますが、ピンパーマを組み合わせる事でセットした髪の持続時間が長くなり尚且つセットも楽ちんです。 こちらのメンズのようにのアップバングは男前なヘアスタイルです! もし興味がありましたら、こちらの記事も合わせてご覧下さい! ピンパーマをする事で、髪に束感をもたせやすく動きもつけやすいので、こちらのモデルさんのように、女性ウケがよいおしゃれでカッコ良いヘアスタイルに仕上げる事が出来ます! 朝の時間がない時でもササっとセットができる為、ビジネスマンの方にもおススメなスタイルです! 引用元:Beauty navi こちらのメンズは、かなり短いショートヘアですが、ピンパーマをトップ周りにかけて立ち上げやすいようにしています! 更に、アウトライン周りはグラデーションがかかった刈り上げスタイルになっていて、おしゃれなヘアスタイルです。 こちらのモデルさんのように、ツーブロックとベリーショートの組み合わせは、メンズに大人気! もし興味がありましたら、こちらの記事も合わせてご覧下さい。 髪がショートでスッキリかつお凸を出している事もあり、清潔感があってカッコ良いヘアスタイルに仕上がります! この画像では伝わりませんが、サイドで髪の長さに変化をつけているおしゃれなヘアスタイルに仕上がっています。 詳しく知りたい方は、引用元でご確認下さい。 ワンポイント髭をプラスするだけで更にワイルド感が際立つメンズに変身します! こちらのモデルさんのように、パーマをプラスするとおしゃれでワイルドな男にみられる傾向もあります。 もしワイルドな髪型にも興味がありましたら、こちらの記事も合わせてご覧下さい。 どの角度から見ても、おしゃれでカッコ良いヘアスタイルです! マッシュヘアって若い世代のメンズにとても人気がある髪型なんですが、もし興味がありましたら、こちらの記事も合わせてご覧下さい。 おすすめな髪の特徴 髪量 少ない 普通 多い 髪質 柔らかい 普通 硬い 太さ 細い 普通 太い クセの強さ なし 少し 強い おすすめな顔型 丸顔 卵型 四角 逆三角 ホームベース 以上、10種類の髪型を紹介してきましたが、如何でしたでしょうか? もし、自分がしてみたい髪型が見つかれば、お近くの美容室を ホットペッパービューティーで探してみるといいですよ~! 行きつけの美容室がある方も、もしかしたら通っている美容室が加盟しているかもしれません。 なんて言ったって、 国内最大級のヘアサロン予約サイトですからね! このホットペッパービューティーを利用する利点としては、• 通常料金より安くカットなどが受けられるクーポンが利用できる。 24時間自分の好きなタイミングでネット予約ができる。 (電話予約の場合はポイント不可)• 私は担当してくれている美容師の方に、この情報を聞いて実際に使わせて頂いてますが、クーポンも使えてポイントも貯まって、懐の寂しい私にとってはメリットが沢山あってありがたいサービスです。 24時間ネット予約が出来るのも魅力的ですね。 「髪切りたいなぁ」って思った時に、美容室の閉まっている時間だと電話が繋がらないですからね。 夜予約しておけば、翌日にはその美容室から連絡のメールが来るので予約も電話並みにサクッと簡単にできます。 更におススメしたいのが、ホットペッパービューティには、様々なヘアモデルさんの画像が掲載されているところ! 簡単に今回紹介した内容をまとめると、 〇 ピンパーマとは、ペーパーに適度の毛束をとって包み、ロッドは使わずにロッドよりも細い指やピンで髪を巻いて根元にピンで固定するパーマの事を指します。 〇効果期間は、髪質によって変わってしまうので、一概に「〇か月もつ! 」とは言い切れません。 私の髪質で言うと、約1ヶ月半もちました。 〇頼み方は、髪型のカタログを見せる事と、自分の髪質をきちんと美容師さんに伝える事です! 以上、今回紹介した内容について少しでもピンパーマが気になっているメンズの方たちに参考にして頂ければ嬉しいです。 関連する記事• 2018. 昔も今も大人気でよく耳にする髪型ですよね。 そのおしゃれ坊主に今[…]• 2018. 17 今市隆二さんと言えば、3JSBのメインボーカルでもありオシャレに敏感なイケメン男子! 服装もそうですが髪型も非常にこだわりをもっている方で、私も参考に[…]• 2018. 01 40代男性と言えば、色々な経験を経て仕事をバリバリやられている世代ですよね! 巷では親父とも言われているかもしれませんが、そこら辺の若者には負けない魅[…].

次の

メンズパーマの3つの種類と特徴を徹底解説!ビジネスでもオシャレにイメチェン!|パーマ

メンズ ピンパーマ

スポンサーリンク 1.巻き方によって様々なアレンジが可能。 ショートヘアでもOK 髪の根元から巻いたり、毛先だけ巻いたり、髪を立たせたり、寝かせたりと、巻き方によって手軽に様々なアレンジができるのが特徴です。 また、ショートヘアや短髪でもかけられるパーマで、細いピンを使用すれば2〜3cmというベリーショートでもかけることができます。 ピンパーマは髪に部分的な動きを出すのに最適で、主にショートの男性の無造作ヘアや、ミディアム〜ロングヘアの毛先に動きを出したい時などに利用されます。 ピンパーマ自体に巻き方の種類が多いのでスタイルによって使い分けます。 ピンパーマの毛束に更にひねりを加えた、更にロッドに巻く、針金に巻く、針金パーマの毛束をほぐしたり編みこむことでやに発展させることができます。 2.ピンパーマのやり方・手順 おおまかなやり方・施術手順を示します。 整髪(カットやシャンプー)• ピンや指で髪を巻いて固定• 髪にパーマ液1剤(還元剤)を塗布• 10分前後放置(加温することも)• ピンパーマのかかり具合をチェック• 1剤を洗い流す• 髪にパーマ液2剤(酸化剤)塗布• 2剤を洗い流しロッドを取り外す• ピンを使って髪を固定する工程がとても難しく手間がかかります。 やってできないことはありませんが、イメージどおりの仕上がりにするのは至難の技でしょう。 市販の安いパーマ剤は美容室のものより質が劣ります。 パーマのかかり具合や持ちが良くないことも覚えておきましょう。 スポンサーリンク 3.ピンパーマの特徴 まとめ 【髪の質感、仕上がりのイメージ】 軽めの緩いウェーブやカールがかかります。 仕上がりは無造作感のあるくせ毛風になり、自然な感じを演出したい方におすすめです。 【向いている髪質、髪の長さ】 ピンが巻ける長さがあれば良いので、短めの髪、ショートヘアでもかけられます。 一般のパーマと同じ施術工程なので髪の痛み等もいっしょです。 痛みの酷い髪にはかけられません(かけても髪がブチブチと切れてしまいます)。 基本的にどんな髪質でもかけられますが、極端に硬い髪やクセの強い髪では思うような仕上がりにならないことも。 【髪の痛み・ダメージ】 一般のパーマと同様にそれなりに髪は痛みます。 痛みの酷い髪にかけるのはおすすめできませんし、美容院でも断られるケースが多いです。 毎日のお手入れやトリートメントは欠かさないようにしましょう。 【パーマの持ち】 一般のパーマと同じです。 髪のくせの強さや美容師の技術、使用する薬剤の種類などでまちまちです。 くせの強い髪なら1ヶ月持たないこともありますし、しっかりパーマがあたって毎日適切なケアを行なっていれば3ヶ月前後は持ちます。 【施術時間と料金】 ピンパーマをかけるのにかかる時間は概ね1. 5〜2時間程度です。 値段は普通のパーマと同じか2〜3千円高いケースが多く、相場は5千円〜1万円位です。 髪の長さによって違うサロンもあります。 【その他、注意点など】 美容室やサロンを選ぶ時は、値段よりもお店の評判や美容師の技術を重視しましょう。 安いから良くないとは限りません。 パーマの経験豊富な知人や口コミからの情報を参考にしましょう。 関連項目•

次の

ピンパーマの髪型画像紹介!巻き方やセット法、かかる時間は?

メンズ ピンパーマ

札幌市中央区の美容室、「美髪屋」です。 今回はメンズのパーマについてピックアップしたお話をさせていただきます。 直毛が悩みでスタイリングがしにくい悩みや、短くしても長くしてもツンツンで大人っぽさやセクシーさが出ないとお悩みの直毛メンズのためのレスキューブログです。 メンズのパーマは一般的に持ちが悪いとか強くかかりすぎてしまったなどでなかなか良い思い出がない方や、職場や学校などでパーマがNGだと思い込んでいる方も未だ多いのが現状です。 しかしメンズのパーマの本当の目的は見た目を変えることはもちろんですが、何よりもスタイリングが楽になる土台になるということが一番のメリットです。 そのパーマの魅力を知らない方が多すぎることは本当にもったいない気がしてなりません。 是非今回はそんなメンズのパーマの魅力に迫っていきます。 メンズのパーマはピンパーマで決まり! まずパーマの巻き方ですが、ロッドと言われる棒状の道具で巻き込んで形を作る方法と、ピンで巻いていく方法など様々です。 巻き方によって完成の形が変わってきたり、パーマのもちが変わってきます。 どの巻き方もヘアデザインを作る上で必要になってくることですが、なぜピンパーマをピンポイントで推していくのか。 そして僕がメンズのパーマをかける場合は9割のお客様がピンパーマで巻き、次回かけるときもまたお客様がピンパーマでかけようと思っていただけるか。 その秘密を特別に公開していきます。 読み進めるうちにもうピンパーマ以外考えられない!と思うかもしれません。 しかしロッドのパーマを全く否定するつもりもありません、女性のパーマでは基本的にロッドを使用していきますので。 しかし女性と男性の長さの違いや、スタイリングの仕方の違い、さらにカットの周期の差など、あまりにも違いすぎるスタイルを作るのに同じ技術で対応できるわけがないというのが僕の持論です。 特にメンズのヘアスタイルは女性に比べても短く、骨格がダイレクトに仕上がりに影響を及ぼしやすいので細かく補正をしやすいピンパーマを選択しています。 なぜロッドで巻かないのか ロッドパーマとピンパーマの仕上がりの違いから僕はショート、特にメンズパーマではピンで形を作ることが多いですが、この二つの仕上がりについて触れていこうと思います。 例えばロッドでパーマを巻いた場合、髪の毛の状態はというとロッドに髪の毛が巻きついている状態になります。 この状態でかかるパーマは均一な形状で、かつしっかりと掛かります、しっかりとしたリッジ(カール感)を出そうとしたり、ミディアムからロングにかけての長さがある髪の毛であれば作業効率や仕上がりのウェーブ感を出していきたいのでロッドを使用してのパーマをかけることが多いです。 特に髪の毛が細かったりパーマのかかりが悪い場合の髪の毛の場合はピーンと張った状態(テンションをかける)で巻いていくことが必要なため、ロッドを使います。 しかしショートの時に僕がほとんど使わないのには理由があります。 それは頭の丸みに対してロッドの形状はまっすぐだからです。 頭の丸みに沿わない状態でカールが形成されてしまうので仕上がった状態が骨格を無視してしまいます。 そしてロッド一本に対して巻いた髪の毛の形状をパーツごとで考えても頭皮に近い真ん中は根元から近いところからカールが形成されるのに対し、中心から離れていくごとに根元のパーマのスタート位置はどんどん広がっていきます。 これでは一本単位で見た時に真ん中と両端のパーマのかかる位置がずれてしまいます。 これがミディアムやロングの場合は正直あまり影響しないんですが前髪など短い長さの髪の毛を巻く時にはこの頭の丸みとロッドのまっすぐ具合の誤差がもろに出てしまいます。 施術直後から根元のかかる位置が変わり、次のカットのタイミングで毛先を切り落としたときにパーマの残り具合にも影響してきて結果的にパーマがまるでなくなっていしまったような状態になってしまいます。 例えば、ミディアムのスタイルのパーマを考えた時、左右が1センチ長さが違っても見た目はほとんど変わりません。 しかしショートカットともなると1センチの誤差も目立つようになってきます。 この部分の問題も僕がピンパーマをオススメしているポイントになります。 ピンで巻くことによってお客様一人一人の頭の丸みを考慮して対応できるスタイルが作れるのが魅力です。 スタイリングが楽になる秘密 ピンパーマでパーマをかけるメリットが、スタイリングがとにかく楽になることです。 1センチ程の範囲の中でそれぞれのカールを独立させてパーマをかけ、スタイリングをしたときと同じような形を作っていくことができるので、パーマをかけたあともスタイリング剤をつけるだけで簡単にスタイリングをすることが出来ます。 更には、骨格の補正もしつつパーマを形成出来ますので頭の形が悪いとお感じている方や、絶壁などで後頭部やつむじが潰れやすい方もロッドよりもピンパーマの方がピンポイントでの補正が可能性になっています。 特にメンズはスタイリングの仕方が難しく、ワックスなどを付けても上手くいかないという理由からセットをしない方も多いので、スタイリングが楽になる事はかなりのメリットです! 伸びても扱いやすいピンパーマ ピンパーマの特徴として、伸びてきてからの扱いやすさが挙げられます。 ロッドのパーマは毛先にパーマが残りやすく中間や根元のパーマが取れやすいという特徴があるのに対し、ピンパーマは根元から毛先までが均一なカール形成していきます。 ここがポイントです。 どういう事かというと、ロッドで巻いたパーマは伸びてきてカットをしようとすると一番パーマが残っているところをカットしなくてはなりません。 そうするとカットしてしまうとパーマが一気になくなってしまうという状態になってしまいます。 それに比べてピンパーマの場合は毛先を切り落としても中間から毛先にかけてのパーマが少しだけ残っているので毛先カットしてもニュアンスのパーマが残ってくれるのでスタイリングがまだまだ楽な状態が維持できます。 ピンパーマであれば、一ヶ月から一ヶ月半程度経ってカットを一回して、次のカットのタイミング、前回のパーマから三ヶ月程度でかけ直せばまたスタイリングしやすい状態をキープすることが出来ます。 このサイクルの良さも僕がメンズにピンパーマを勧める理由になっています。 お客様の骨格に似合わせやすい 髪の毛を1センチ程度の毛束で巻いていくピンパーマの最大の特徴は、頭の形を考慮して仕上がりの形をコントロールすることができる、つまり骨格補正が簡単にできてしまうところです。 人間の頭は左右非対称です。 そしてきれいな球体ではなく誰もがいびつな形をしています。 更にはつむじ毛流れが人それぞれありその組み合わせによって無限に形変わっています。 ハチが張っていてボリュームが出やすいとか、後頭部やトップが潰れやすいとか、色々な不具合が起こるのもこの毛流れと骨格の組み合わせが原因となっています。 ピンパーマはこの骨格や毛流れにピンポイントで巻いていくので、ボリューム出やすいところは根元のボリュームが出にくいように巻いたり潰れてしまいやすいところは毛流れに逆らって巻いて起き上がらせたりと、骨格の補正をブロックごとに考えることが出来ます。 これはロッドパーマでは出来ない補正のしかたになるので、特に頭の形が仕上がりのシルエットにダイレクトに影響しやすい短いスタイルにこそ特化したパーマだと思います。 頭の形が人それぞれだからこそ、骨格補正という意味合いでもピンパーマはオススメと言えると思います。 コラム:メンズにオススメのスタイリング剤はこれだ! たくさんあるスタイリング剤、正直何を使っていいかなんてわからないという方に朗報です。 美容師の僕が様々な商品を使い倒した結果、最終的にこれだけあれば大体の髪型にできるというところまできてしまったスタイリング剤をご紹介します。 基本的にワックス2種類、ムース、ヘアオイル、この4つでメンズの髪型は作れます。 実際にどう使うかなどのアドバイスもしていますので参考にしてみてください。 ウェーボ デザインキューブ ホールドワックス 王道のワックス。 これ一個で7割程度の髪型が作れてしまう万能なスタイリング剤です。 とりあえず一個は持っていたい商品です。 キャップ式なので容器もいらないという方はこちらがオススメ。 無造作なヘアスタイルや、やりすぎてない感を出したい場合はコレ。 セット力が強いので髪の毛が細いと悩んでいる方にも使いやすいワックスです。 キャップ式なので容器もいらないという方はこちらがオススメ。 もはや万能。 とにかくつけるだけです。 僕自身も使っていますが、髪の毛の収まりが最高によくなります。 まず単品で使う場合は、ワックスであればショートスタイルに、ムースはパーマスタイルに、オイルはボリュームが出たりするのを抑えたりというように使い分けていきます。 しかし、混ぜて使ってはいけないとうことは全くないので僕は混ぜて使います。 例えばそこまでセット力が必要ではないスタイルの場合は、緑か灰色のワックスにムースを混ぜたりオイルを混ぜることでセット力のコントロールができます。 オイルやムースの役割は、強すぎてしまうメンズ用のワックスのパワーをコントロールするために必要になってきます。 たった4つあれば、そのスタイルによってスタイリング剤を使い分ける ことができるんです。 混ぜ合わせる割合によってパワーや質感が変わりますが、半々で混ぜると一気にセット力が落ちますのでワックス2:オイルやムース1の割合でまずは試してみるといいかもしれません。 今まで混ぜて使ったことがないという方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか? まとめ いかがでしょうか? ピンパーマ愛を余すところなくお伝えしてみましたが、僕はロッドパーマも好きです。 しかし、ショートカットにはショートカットの、ロングにはロングに合ったパーマの巻き方があると思います。 デザイン性、再現性、そして持ちを考えた時に僕はピンパーマやロッドパーマ使い分けているだけです。 美容師の手間ではなく、お客様がやりやすい髪型作る事が美容師として大切なのではとか考えてメンズパーマに取り組んでいます。 今までパーマでいい経験がない方や、生まれて初めてパーマをかけようと思っているメンズは是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか! 本当にオススメです。 ピンパーマ。

次の