だれ でも アソビ 大全。 だれでもアソビ大全とは (ダレデモアソビタイゼンとは) [単語記事]

だれでもアソビ大全

だれ でも アソビ 大全

だれでもアソビ大全 基本 集 対応機種 開発元 ェンダ 発売元 発売日 発売。 対応は。 には続編「」が発売されている。 全42種類のをお手軽に楽しめるようにした集。 から発売されたとあって、やが豊富に収録されている。 またや7ならべといったが多様なものについては、変更で対応できるようになっている。 ヤ通信での対人戦も可。 本作では、・・チャの3つのが収録されている。 ではとのでを覚えたり実を磨いたりすることができる。 では42種類すべてのを順番にしていき、チャではそのでは達成が困難なことに挑んでいく。 各をすることで、制限されていた機・などが解放される。 収録ゲーム一覧 全42種類。 ()は次回作でされた。 一部のはで一度遊ぶことで解放される。 では何回かに勝つことで、で使えるが増える。 のについて、基本的に高ければ高いほどが難解かあるいはの実が物を言うである。 をすると、一部の機(での機や一部の色など)が解放される。 名 (-順番) おてがる ぬき 1-1 7ならべ 1-3 しんけいすいじゃく 3-1 2-5 1-6 1-5 2-7 モー(隠し) 1-8 おとなの だいふごう 3-2 3-6 5-7 3-4 ラミー(隠し) 3-8 テイ 4-6 () 4-2 スペード 4-4 ゴニン() 5-3 クト 5-6 ナップ(隠し) 5-8 ならべ 4-1 しょうぎ 2-8 はしょうぎ 3-7 んしょうぎ 5-1 はなふだ 4-3 ぼくり() 1-4 2-3 5-5 4-5 4-7 (隠し) 4-9 すごろく() 2-1 3-5 ことばさがし 2-2 () 1-2 ソー(隠し)() 2-9 2-6 5-4 おはじき 5-2 おはじき() 4-8 おはじきじんとり 3-3 チャレンジ一覧 そのの中でも達成が困難なものに挑んでいく「」。 1つすると隠しが1つ使えるようになり、すべてすると「」が流せるようになる。 名 内容 01 を5回連続で成功させる。 02 しんけいすいじゃく 3分ですべてのをめくる。 03 終了時にが以上ある。 04 だいふごう 最下位(5位)からをとる。 05 ラミー ゴーラミーであがる。 06 ザムーンであがる。 07 ナップ ミゼールであがる。 08 スペード ニルであがる。 09 ゴニン クであがる。 10 勝ちを達成する。 11 7連続で飛び越える。 12 自分のを10以上残してする。 13 4つのをとる。 14 すべての自分のを相手の色にする。 15 んしょうぎ 自分ので相手のを倒す。 16 はしょうぎ 自分のを1枚も取られずにする。 ことばさがし 3回連続でする。 18 おはじき 1~9を打数以下で回る。 19 おはじき 10~18を打数以下で回る。 20 おはじき を出す。 おはじきじんとり パをすべて自分の色にする。 台の上にを20個以上乗せる。 台の上にを縦向きで10個以上積み上げる。 24 3回連続でを取る。 1ピン倒しを5回連続で成功させる。 26 10投で200点以上を取る。 27 10回中3回以上ブルズに当てる。 5以内にを噴き出させる。 29 はなふだ 五を出す。 はなふだ 12回戦終了時に点以上。 関連動画 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

「世界のアソビ大全51」店舗特典&商品情報まとめ

だれ でも アソビ 大全

おはっく~!KENT です! 今回は2005年11月に発売されたDS「 だれでもアソビ大全」のレビューをしていきます。 本作は定番ゲームを収録したテーブルゲーム集ですが、 お買い得感が凄い! これを4,000円程度で販売したら任天堂以外のゲームメーカーにとっては溜まったもんじゃないですよw アナタはニンテンドーDSソフト売り場でテーブルゲームを詰め合わせたようなゲームを見かけたことはないでしょうか? ほら!トランプとか将棋とか! でも、その手のゲームって収録タイトルが大抵は10種類未満だったじゃないですか? ところが本作の場合、40種類ものテーブルゲームを収録しているんです! それでいて価格は4,000円未満なので、1ゲーム100円未満じゃないですか!? 収録ゲームに偏りがあったり、1つ1つの出来はそこまで良くなかったりと気になる点はありますが、コストパフォーマンスの高さに関してはDSソフトの中でもトップクラスに感じます。 通信機能も充実しているので、本体を持っていたら買って損はありません。 ここからはそんなDS「だれでもアソビ大全」について詳しく書いていきます。 良いところ 圧倒的なコストパフォーマンスの高さ 冒頭でも触れたように本作には40種類以上の定番ゲームが収録されています! 収録タイトルはトランプからボードゲーム、アクションゲームまで多種多様! 定番のテーブルゲームだけではなく「」に出てきそうなミニゲームも収録されています。 凄いのが、細かいルール設定が出来ること。 4,000円以下のゲームに40種類のテーブルゲームが収録されていると聞いたらフリーゲームレベルに感じるじゃないですか? 「とりあえず楽しめるけど、細かい部分の作りは雑!」みたいな。 本作の場合、ルールを細かく設定出来るので、ゲームによっては全く異なる楽しみ方が出来る場合があります。 明らかに100円以上のクオリティなので、よく2005年に発売出来たもんだと思いますよ。 2005年と言えばDSが発売されてから1年も経っておらず、「とりあえずDSでゲームを出しました」感が強いゲームが多数発売されました。 例えば定番のテーブルゲームを4種類ほど収録して発売するとか。 そんな中で40種類ものテーブルゲームを収録して発売するとは任天堂、恐るべしw 1人用のやり込み要素も満載 「テーブルゲームはみんなで遊ぶことを前提にして作られているから、1人でやったら物足りないよね?」 そんな声が聞こえてきそうですが、本作の場合、1人用のやり込みモードも収録されています。 代表的なのが「スタンプラリー」。 本モードでは順番にテーブルゲームをクリアしていくモードで、CPUと対戦していきます。 単調ではありますが、ゲームらしいクリアの概念が存在するので、1人でガッツリ楽しみたい者としては嬉しいモードです。 でも、これだけ多くのテーブルゲームが収録されていると苦手な物が出てきそうですよね? ぼくの場合、「ナポレオン」とか「花札」は苦手ですもんw そんな人に配慮してか本モードでは3回プレイしたら強制的に先へ進める優しい仕様となっています。 この辺りは万人をターゲットにした「Touch! Generations タッチ! ・ジェネレーションズ 」シリーズらしい配慮に感じました。 もちろん、各テーブルゲームをクリアすることで手に入るご褒美も用意されていますよ。 それ以外に注目なのが「チャレンジ」。 本モードはPSのトロフィーやXboxの実績みたいに難しいお題にチャレンジしていくモードで、やり込み好きには溜まりません。 ルールの解説文が充実 テーブルゲームの中にはルールがよく分からない物が存在しないでしょうか? そんな時に便利なのがルールの解説文。 いずれも大量のテキストで丁寧に教えてくれるので勉強になりました。 この40年間、電子ゲームが台頭しましたが、会社の接待などで「麻雀」や「ビリヤード」などのテーブルゲームを行うことがあるじゃないですか? それだけにテーブルゲームのルールを学べるのは嬉しいです。 実はぼくも本作をプレイするまではルールが分からないテーブルゲームがあったんですが、解説文を読んだおかげで少しは覚えることが出来ました。 地味に有難い機能の数々 そして本作最大の魅力がマルチプレイ! マルチプレイではDSカード1枚で最大8人対戦が出来ます。 つまり、8台のDSと8人の人間が居たらDSカード1枚だけで8人対戦が出来てしまうんです! しかもお絵かきチャット機能が付いているので、テーブルゲームの待ち時間中はそちらでお遊びすることだって出来ます。 順番待ちの時、お絵かきチャット画面を開いたらウンコなどの落書きが描かれいたことがあったので、そちらに気を取られて自分の番が回ってきたことに気が付かないことがありましたw お絵かきチャットはそれだけの中毒性があります。 通信機能でそれ以外に注目なのが、友達に収録タイトルのデータを1種類だけ送信出来ることです。 もし、友達に本作を勧めたい場合、おすそ分けしましょう! 注意 電源を切ったらデータは消えてしまいます。 すごろくゲームが最高過ぎる! 本作は様々なテーブルゲームが収録していますが、中でも面白いのがスゴロクです。 一見するとただのスゴロクに見えますが、 実はめちゃくちゃ白熱するゲームだったりします。 白熱する最大の要因が、至る所に設置された「?」マスの存在。 このマスに止まるとランダムで様々なイベントが発生するんですが、中には超エグイものがあったりするんです! 例えば誰かをスタート地点まで吹き飛ばしたり、位置を入れ替えたり。 対象となる相手はカードを選んで決めることになるので、決める時は会場全体が緊迫した状態になるので盛り上がりますよ~。 5人以上でプレイしているとこの「?」マスにしょっちゅう止まるため、試合終了までに誰かが何度もスタート地点に飛ばされたり場所を入れ替えられたりしますw そんな状況に遭遇すると短時間のうちに一喜一憂するのでめちゃくちゃ盛り上がるんですよ。 本作が発売されてから10年以上が経ちますが、未だに現役で、ゲーム仲間と外で遊ぶとなった時の選択肢として用意しています。 それだけ楽しいし、何よりもスゴロクなので誰でも楽しめますから。 スポンサーリンク 個人的に合わない&気になったところ どのゲームも無難な出来 収録されているゲームの多さを見て分かる通り、 1つ1つの出来はそこまで高くはありません。 タッチペンを使った操作性の良さを除くと、今で言う携帯アプリと大して変わらないレベルかも。 せめてグラフィックをもう少し強化してほしかった。 収録ゲームの偏り 全体的にトランプ系のゲームが偏っている印象です。 そのためか色んなゲームが収録されていて豪華なハズなのにどこか地味なイメージが作品から漂っています。 コンピューターの思考ルーチン コンピューターの思考ルーチンが少しおかしい部分があります。 例え最強レベルのコンピューターと「ナポレオン」「挟み将棋」などの頭を使うゲームで対戦しても「?」と思ってしまう行動をコンピューターがしてしまうことがありました。 上級者にとってこれは減点材料かも。 だれでもアソビ大全のレビューまとめ 無難な出来のテーブルゲーム詰め合わせパッケージ。 スマホの無料ゲームで有り触れた今となってはあまり価値を感じられないかもしれませんが、 スゴロクだけは今でもおすすめ出来ます! DSカード1枚で最大8人対戦が出来るため、大人数での集まりでは大活躍し、今までに何十回もみんなと楽しみましたもん。 本作はマイベストポータブルパーティゲームとして挙げたいと思います。 コストパフォーマンスに惹かれて発売日に買いましたが、まさか10年以上も活躍してくれるとは思いませんでした。 超お買得なマイベストポータブルパーティゲーム! こんな人に特におススメ。 ・お得なゲームが欲しい人。 ・誰でも楽しめる対戦ゲームを求めている人。 ・テーブルゲームのルールを覚えたい人。 こんな人にはおススメ出来ない。 ・1人で楽しみたい人。

次の

スイッチ『世界のアソビ大全51』発売、4種遊べる無料版も配信。遊べ

だれ でも アソビ 大全

概要 [ ] で定番のの他、、オリジナルのバラエティゲームなど、合わせて40種類以上のゲームを収録したゲーム。 を利用して複数人で遊ぶ場合はひとつのソフトで最大8人まで楽しむことができる。 カードゲームに関しては、「」などの初心者向けから、「」などのややマイナーなゲームまで取り揃えており、ある意味、やや製造会社としても名を馳せるらしいソフトである。 収録ゲームの一部を変更しに対応したバージョンが海外で 『42 ALL-TIME CLASSICS』(・版)、 『CLUBHOUSE GAMES』(版)として発売された。 後に日本でも として発売された。 〇は一人プレイ専用。 おてがるトランプ [ ]• ( Old Maid)• ( Sevens)• ( Memory, concentration)• ( Doubt)• ( Spit)• ( Last card)• ( Last card Plus)• ( Pig) おとなのトランプ [ ]• ( President)• ( Five card draw)• ( Black jack)• ( Solitaire, Patience)〇• ( Seven Bridge)• ( Rummy) トリックテイキング [ ]• ( Hearts)• ( Spades)• ( Contract Bridge)• ( Nap) 和風ゲーム [ ]• ( Connect Five)• ( Shogi)• ( Hasami Shogi)• ( Field Tactics)• ( Koi-Koi)- 競技方法は「」• ( Reversi)• ( Backgammon)• ( Chinese Checkers)• ( Chess)• ( Checkers)• バランスゲーム( Balance)- シーソー型の不安定な台上に1人1個ずつブロックを載せていく。 すでに載っているものを含めてブロックが台から落ちてしまったプレイヤーは脱落となり、最後に残ったプレイヤーの勝ち。 ( Word Balloon)- 81種類の文字から1人1字ずつ照合していき正解の言葉を探し当てる。 違う文字は全プレーヤーに公開される。 プレイヤーは正解を見つけた順に順位がつく。 20回外れたプレーヤーは脱落。 マークは真横に並んだものに限り一度に複数消してもよい。 ソーダゲーム( Soda Shake)- ソーダの入ったビンを1人ずつ振っていき、ソーダが吹き出てしまったプレイヤーの負け。 他プレイヤーの載せる錘は計量時まで確認できず、また錘は各個一度限りしか使えない。 アクションゲーム [ ]• ( Bowling)• ( Darts)• ( Billiards)• ( Takeover) モード [ ] 1人プレイの場合は3つのモードが用意されている。 フリープレイ [ ] 好きなゲームを選択して遊ぶモード。 メンバーやルールの設定変更も可能。 各ゲームの勝利数およびクリア回数に応じて、デザインのレパートリーが増える。 スタンプラリー [ ] 全42ゲームを順番にプレイし、スタンプを3つ集めて次のゲームに進み、完走を目指すモード。 フリープレイの隠しゲームを手に入れるためには、このモードで登場した該当のゲームを一度プレイし、クリアする必要がある。 レベル ゲーム 1-1 ばばぬき 1-2 ソーダゲーム 1-3 7ならべ 1-4 ぼうずめくり 1-5 ページワン 1-6 スピード 1-7 ラストワン 1-8 スローモー(隠しゲーム) 2-1 すごろく 2-2 ことばさがし 2-3 リバーシ 2-4 ブラックジャック 2-5 ダウト 2-6 ボウリング 2-7 アメリカンページワン 2-8 しょうぎ 2-9 シーソーゲーム(隠しゲーム) 3-1 しんけいすいじゃく 3-2 だいふごう 3-3 おはじきじんとり 3-4 セブンブリッジ 3-5 バランスゲーム 3-6 ポーカー 3-7 はさみしょうぎ 3-8 ラミー(隠しゲーム) 4-1 ごもくならべ 4-2 ナポレオン 4-3 はなふだ 4-4 スペード 4-5 チャイニーズチェッカー 4-6 ハーツ 4-7 チェス 4-8 おはじきゴルフ 4-9 チェッカー(隠しゲーム) 5-1 ぐんじんしょうぎ 5-2 おはじきビリヤード 5-3 ゴニンカン 5-4 ダーツ 5-5 バックギャモン 5-6 コントラクトブリッジ 5-7 クロンダイク 5-8 ナップ(隠しゲーム) スタンプの押される数は 3人以上で対戦するゲーム 2対2を除く 1位:3個 2位:2個 3位以下:1個 2人or2対2で対戦するゲーム 勝ち:3個 負け:1個 1人用ゲーム クリア:3個 失敗:0個 チャレンジ [ ] 難問を解くモード。 1問クリアする毎に隠しマークが1つ解放される。 全ての問題をクリアすると音楽を「ポップ」調に変更できる。 番号 ゲーム クリア条件 1 ダウト 誰かがあがる前にダウトを5回以上連続で成功させる。 2 しんけいすいじゃく 3分で全てのカードをめくる。 3 ブラックジャック 10ラウンド終了時点でチップを500以上。 4 だいふごう 最下位から1位になる。 5 ラミー ゴーイングラミーであがる。 6 ハーツ シュートザムーンであがる。 7 ナップ ミゼールであがる。 8 スペード ニルであがる。 9 ゴニンカン スコンクであがる。 10 バックギャモン バックギャモン勝ち。 11 チャイニーズチェッカー 7コマ連続で飛び越える。 12 チェッカー 自分の駒を10個以上残して相手の駒を全滅させる。 相手の駒を動かせなくするのは駄目。 13 リバーシ 4つの角を取る。 14 全ての駒を相手の色にする。 15 ぐんじんしょうぎ スパイで相手の大将を倒す。 16 はさみしょうぎ 自分の駒を1枚も取られずに勝利する。 17 ことばさがし 20個の風船で3問以上連続クリア。 18 おはじきゴルフ 1ホールから9ホールを打数30以下で回る。 19 10ホールから18ホールを打数35以下で回る。 20 ホールインワンを出す。 21 おはじきじんとり 全てのパネルを自分の色に変える。 22 バランスゲーム 台の上に箱を20個以上乗せる。 23 箱を縦向きに10個以上積み上げる。 24 ボウリング 3回以上連続ストライク。 25 5回以上連続1ピン倒し。 26 ダーツ 200点以上。 27 10投中3回ブルズアイに当てる。 28 ソーダゲーム 5秒以内にソーダを噴き出す。 29 はなふだ 五光を出す。 30 12ラウンド終了時点で150点以上。 ・版は 『42 ALL-TIME CLASSICS』、版は 『CLUBHOUSE GAMES』のタイトルで発売された。 日本では『 Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全』のタイトルでに発売された。 全世界のプレイヤーと通信対戦が可能。 現在はニンテンドーWi-Fiコネクションのサービスは終了している。 日本・北米ではだが収録ゲームのうちとがに通じることやが一部の国でに指定されている関係でヨーロッパの審査機関・では12歳以上対象、の審査機関・ではPG(Parental Guidance、8歳以上かつ保護者の指導が必要)とされている。 新規収録ゲーム [ ]• ( Texas Hold'em)• ( Grid Attack)• ()( Ludo)• ( Dominoes)• ( Mahjong Solitaire)• ( Escape) 削除されたゲーム [ ]• おはじきゴルフ• すごろく• ぼうずめくり• シーソーゲーム• ラストワン• ナポレオン• ゴニンカン Wi-Fi対応ゲーム [ ]• おはじきビリヤード• おはじきじんとり• バランスゲーム• ソーダゲーム• () ちょっとアソビ大全 [ ] ちょっとアソビ大全 おてがるトランプ ちょっとアソビ大全 じっくりトランプ ちょっとアソビ大全 おなじみテーブル ジャンル 集 対応機種 () 発売元 人数 1人(ワイヤレス通信時 : 2 - 8人) メディア (本体内蔵メモリに保存) 発売日 (おてがる) (おなじみ) (じっくり) 対象年齢 : A その他 使用ブロック数: 30ブロック(おてがる)・31ブロック(じっくり)・35ブロック(おなじみ) 『だれでもアソビ大全』の一部のゲームを抽出した。 価格は各500。 ワイヤレス通信で8人までのDS、DS Lite、DSiでの対戦プレイが可能だが、『だれでもアソビ大全』および『Wi-Fi対応』との通信やWi-Fiによる対戦は出来ない。 『 ちょっとアソビ大全 おてがるトランプ』には「 おてがるトランプ」のうち5つのトランプゲーム(ばばぬき、スピード、7ならべ、神経衰弱、ダウト)を収録。 『 ちょっとアソビ大全 じっくりトランプ』には「 おとなのトランプ」のうち5つのトランプゲーム(ブラックジャック、ページワン、アメリカンページワン、だいふごう、ポーカー)を収録。 『 ちょっとアソビ大全 おなじみテーブル』には「 テーブルゲーム」のうち5つのテーブルゲーム(リバーシ、将棋、はさみ将棋、五目並べ、花札)を収録。 全てのテーブルゲームは2人まで対戦可能で、3人以上でプレイしない人の場合は観戦になる。 関連項目 [ ]• 元、元。 「協会」名誉名人。 彼のとりなしにより、の収録が決まったといわれている。 - 開発元• 外部リンク [ ]•

次の