大人 の 土 ドラ 2020。 大人の土ドラ「犯罪症候群 Season2」 : のほほん便り

2020年2月1日(土)スタート CX大人の土ドラ「パパがも一度恋をした」出演決定

大人 の 土 ドラ 2020

東海テレビでは、新型コロナウイルス感染予防に最大限の配慮をするため、連続ドラマの撮影を休止している。 本作は、フジテレビ系『オトナの土ドラ』(東海テレビ制作)とWOWOW『連続ドラマW』という、ともに独自の世界観のある人間ドラマを目指すドラマ枠が、大人が楽しめるエンターテイメントドラマを目指して初めて共同製作した作品。 原作は、累計50万部を越える貫井徳郎の人気3部作「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」で、初のドラマ化。 シーズン1は、「失踪症候群」「誘拐症候群」を原作に、主演・玉山鉄二、『オトナの土ドラ』で共に2017年に放送。 シーズン2は、「殺人症候群」を原作に、主演・谷原章介、『連続ドラマW』で放送された。 鏑木護(谷原章介) 小百合は、鏑木の元後輩刑事だった、武藤隆(玉山鉄二)の妹でもあった。 事件後も、刑事として正義に生きる道を変わらず進もうとする鏑木だが、あまりにも身近な存在を亡くした武藤は自己の復讐心に耐え切れず、もはやただ正義でいることはできないと刑事をやめ、事件解決のためなら手段を選ばない非情の男・環敬吾(渡部篤郎)の元で特殊任務にあたるようになる。 鏑木は、復讐心と葛藤しながらも犯罪に立ち向かう姿こそが正義だと、武藤を時にいさめるのだが、その鏑木もまた、内に秘める復讐心に取りつかれた刑事として武藤以上に正義と苦悩していたのである。 物語は、鏑木護が警視庁から所轄に左遷されたところから始まる。 ある日、ビルの下で転落したと思われる少年の遺体が見つかり、鏑木も現場検証に立ち会う。 やがてこの件は事故死として処理されるのだが、警視庁の環敬吾(渡部篤郎)は不審に思っていた。 環は武藤隆(玉山鉄二)を呼び出しある資料を渡す。 それはこの1年で起きた「4人の死亡事故記録」だった。 そして、今回の転落死した少年にも同じく殺人歴が。 一連の出来事には何か裏があると感じた環は、武藤に捜査協力を要請。 武藤は秘密裏に捜査をし、少年犯罪被害者遺族の団体「少年犯罪を考える会」にたどりつく。 団体の代表を名乗る男は大切な人を未成年者に殺されており、その加害者は共に亡くなっていた。 さらなる疑念を抱く環と武藤。 所轄で捜査にあたる鏑木もまた、連続殺人事件のある答えにたどり着こうとしていた。 病に苦しむ息子を愛する、ある母親の悲壮な覚悟の物語に。 復讐を正義の原動力にしてはいけない、しかし、それでは救われない人がいるのではないか。 事件を知るほどに、復讐心に取りつかれた鏑木の苦悩が明らかになる。 <主な登場人物> 鏑木 護(42) / 谷原章介 警視庁捜査一課の刑事だったが、現在は所轄勤め。 表面上は飄々とした明るい男。 未成年者に恋人を殺された過去を持つ。 実はその恋人は元後輩刑事・武藤の妹であり、以来二人は刑事としても男としても、同じ過去を背負うものとして深い信頼と友情で結ばれている。 しかし、鏑木は、刑事の仕事に打ち込むことによってその過去を乗り越えようとしており、復讐心に苦しむ武藤を諌め、忘れろと説く。 「復讐なんかして何になる。 俺たちだからこそ止めてやらなきゃいけない犯罪があるんだ」と武藤を諌め続ける鏑木だが、実は鏑木自身もまた、武藤以上に、正義と復讐の葛藤という地獄にはまっていた。 <谷原章介 コメント> 今回、『オトナの土ドラ』枠で鏑木刑事が 3 年ぶりに地上波に登場します。 シーズン 2の見どころは、事の大小はありますが、どんな人にも選択を迫られる場面があります。 ご覧になった皆さんが武藤の、鏑木の身の上に起こった事が許せるのか、受け止められるのか、自分ならどうするのか。 もし、ご自身に起こったこととして見ていただけば、より深くこの世界に入れると思います。 この作品は誰もが持つ「心の闇」を丁寧に描いた、人間の生き方を考えさせられるものです。 今の世界は、日々内向きになっていき、自国のこと、自分のことしか考えない雰囲気に満ちていると思います。 やられたことをやり返すのか、どんなに辛くとも、それを受け止め、負の連鎖を終わらせるのか。 全ては自身の選択だと思います。 不当な扱いには声を上げるべきだと思います。 不毛なやりとりに付き合えば自分が疲弊していくだけ。 復讐の先に幸せはないと思います。 皆さんにとって大事なことは何ですか?許せないことは何ですか?あなたにとってかけがえのないものは、失って初めてわかるのかもしれません。 鏑木の絶望をみて、そんなことを考えていたただければなと思います。 折しもコロナ禍でエンターテインメントのあり方が見直されていて、僕ら役者は、お腹を満たしたり、道具を生み出したりすることはできませんが、皆さんの心に刺激を、潤いを、癒しを与えることができます。 人はパンのみで生きることはできません。 皆さんに喜んでいただけるよう、頑張っていきたいです。 もう出口は見えてきました、濃密な家族との時間を味わ い尽くしましょう! 武藤 隆 (37) / 玉山鉄二 正義感が強く熱い元刑事。 一年前、親代わりにかわいがっていた妹を殺害されてしまうが、犯人は未成年者だったため、相応の罰を受けることなく社会復帰できることに。 憎悪を燃やした武藤は、いっそ自らの手で殺そうと思いつめる。 結局、犯人は自殺してしまったが、武藤は自分の中に人をも殺しかねない『獣』がいたことに恐怖し、『獣』を封じ込めるために警察を辞め「復讐をしない」道を選ぼうとする。 しかし、一年後、警視庁人事課の環からとある未成年者犯罪の捜査を依頼され再び犯罪捜査に身を置くことに。 だがそれは、時には超法規的手段を使ってでも犯罪者を逮捕することが要求される警察の裏稼業であった。 環 敬吾(47) / 渡部篤郎 警視庁人事二課に所属、優秀だが私生活も前歴も不明な謎の男。 実は、刑事部長から極秘で特命を受け、警察が表立って動けない事件を退職した元警察官を使って超法規的手段で捜査している。 自責の念で警察を辞めた武藤にも救いの手を差し伸べるような表向きの顔とは別に、捜査のためなら手段を選ばぬ冷酷さを持つ怪物のような男。 部下の弱みや家族関係でさえも、利用できるものは徹底的に利用する。 国や社会を守り、結果的に多くの人間を守るためには、多少の犠牲が出ることを厭わない。 だが、その冷徹さはすべて正論でもある。 <『 犯罪症候群Season2』第1話あらすじ> ビルから転落したと思われる少年の遺体が見つかり、本庁から所轄に左遷された鏑木(谷原章介)も現場検証に立ち会う。 この件は事故死として処理されるが、警視庁の環(渡部篤郎)は不審に思っていた。 環は武藤(玉山鉄二)を呼び出しある資料を渡す。 それはこの1年で起きた「4人の死亡事故記録」だった。 そして、今回転落死した少年にも殺人歴があった。 フォトギャラリー.

次の

2020年2月1日(土)スタート CX大人の土ドラ「パパがも一度恋をした」出演決定

大人 の 土 ドラ 2020

大人の土ドラ『絶対正義』、範子と矢沢先生のガチンコ対決は範子の完勝でしたが、あなたならどちらを選びますか? 私なら矢沢先生を支持します。 ガチ勝負直前に範子が先生の「弱み」を暴露しましたが、彼女自身のこれまでの言動を振り返ればあの程度のデメリットで矢沢先生を支持しない理由にはなりません。 なのに彼女たち4人は全員一致で範子を支持しました。 なぜでしょうか? すでにマインドコントロールされていて範子の言いなりになるしかないのでしょうか。。。 あなたはどう思われますか? 補足今週の第5話は和樹と麗香に対する範子の「法の裁き」にまつわる舞台裏を、第3話と第4話の関連シーンや学生時代のエピソードを挿入して第5話の核心部分とシンクロさせる、いわば今までの話を総括したような展開に加え、ついに範子のプライベートが明らかになるエポックなシーンの数々に最後まで目が離せませんでした。 しかも衝撃のラストにドラマが始まる前に予想したこちらの筋書きなど吹っ飛んでしまい、脳ミソ爆発状態になりました 笑。 脳ミソ爆発といえば範子の結婚生活。 代議士を目指す夫がいたのもビックリですが、麗香の不倫には鉄槌を振り下ろしたくせに自分の夫の不倫は見て見ぬ振りをするんかい! 片手落ちと思いきや不倫相手の挑発を軽くいなしてポツリとひと言…「夫は家族じゃないから」。 唖然茫然呆然です 笑。 ならば正義を求めるのは「家族」と認めた4人の友達だけか? じゃあなぜ「家族」でない矢沢先生を陥れたんだ? 彼も範子の正義によって人生を狂わされた被害者だよ。 そんな彼女もいつか正義を貫く限界とその矛盾に気づいて改心する時が来るでしょうか。 その前に麗香に突き落とされて瀕死の状態から脱け出すほうが先決ですが。。。 ありがとうございます。 よく、ドラマは筋書きがあって、ここでこんな流れにしないと次の話に移れない…とか、ここでこんな流れにしないと伏線回収できない…といった段取り至上主義的見解から違和感満載のシーンを肯定的に捉えようとする人がいますが、それは間違いです。 脚本家のオリジナルドラマの筋書きは本来、最初から順を追って構築されるのではなく、いわゆる逆算方式でラストから遡ってスタートに辿り着く倒叙スタイルが望ましいとされます。 つまり作者はあらかじめラストシーンを決め、このシーンに辿り着くまでのプロセスで様々なプロットや伏線を用意して物語を膨らませるのです。 『絶対正義』のガチンコ勝負とその結果も然りでしょうが、ここで大切なのは「視聴者に違和感を抱かせない自然な流れを優先すること」です。 問題のシーンは不自然さが先に立って視聴者の感情移入を妨げる結果になりました。 B級ドラマの典型で、悪い見本の1つです。

次の

桜庭ななみ:「オトナの土ドラ」で主演 英人気ドラマをリメーク 13歳から13年間行方不明の女性役

大人 の 土 ドラ 2020

妻の多恵子(本上まなみ)を事故で失った吾郎(小澤征悦)の元に3年ぶりに戻ってきたのはおっさんの姿をした多恵子(塚地武雅)でした。 これは…生き返ったんですかね??笑 突然現れて私は多恵子だと主張するおっさんに戸惑いながらもいつしか受け入れていく吾郎。 どうしても信じられない娘のトモ(福本莉子)。 周りの人たちも巻き込んで毎回楽しい騒動が起こります。 おっさんがおっさんに、恋ってできるのかな。。。 う~ん。 面白さだけじゃなくてホロリとする場面も まぁ、好き嫌いは出ちゃうかなぁと思うんですけどね。 このドラマの空気になじめないと『んなわけ!』で終わっちゃうかもしれないです。 私はすごく楽しく見てる。 もともと塚地さんが好きで…小澤さんも『もみ消して冬』から大好きなんですよね。 最初はギャップの面白さだけを求めて見ていたんだけど、いつしかこのバカバカしい設定の中で普通にボロボロ泣いて見ている自分。 笑 なんでだろう。 たしかにバカバカしいながら大真面目に作りこんであるし、楽しいけど悲しくもあるのよ。 泣きながらみたあと『…いやいや、ないけどね。 』って自分で突っ込んだりしています。 笑 登場人物たち、わりと極端なとこあるけどみんな可愛らしい。 もし自分がこんなふうになったらどうだろう 今、自分が死んでおっさんとして戻ったらどうなるだろう…とふと考える。 ん?おばさんもおっさんもあんま変わんなくね?とか思ったりする。 もともと夫とはおっさん同士みたいな感じになってるもん。 自分でもヤバいくらい変わったなと自覚しているから、数十年さかのぼったらえらいことになりそう。。。 時間って罪よね。 って自己管理が悪いだけか…。 あ、夫がすごいインパクトのおばさんになって帰ってきたらどうだろう。 本当に本上さんが演じてるときじゃなくて、塚地さんが多恵子になり切ってるときにそう見えてくるのが面白くて。 面白いだけじゃなくて切なくなってくる。 すごい上手だな~と思って。 深夜ドラマらしく下ネタ出てきたりするけど、うちは家族全員下ネタまったく大丈夫な家庭なので気まずくなったりなんてことは、ない。 小さいお子さんいたりしたらちょっとね。 (見ないか深夜枠は) 今回(第3話)はおっさん姿の多恵子が実家に行って両親に認めてもらう、という話だったんだけど当然大モメに揉めて大変なことになりました。 でも、結婚前の気持ちの行き違いとか伝えたかった気持ちをおっさん姿で懸命に訴える多恵子に泣けた。 理屈じゃなくて心で娘に反応するお母さんにも泣けた。 頑固なお父さんも、必死に多恵子を守ろうとする吾郎さんも良かった~。 娘のトモちゃんは、若いころの前田敦子さんに見えてしまう私。 カワイイな~。 Q10のときくらいのあっちゃんにちょっと雰囲気似てないですか? さいごに 次回以降も楽しみです。 最後はハッピーエンドだといいな~。 全何話なんだろ。 どんな姿でも全力で自分を信じて守ってくれるダンナさんってマジでうらやましい。 現実は厳しいからさ…些細な行き違いが時間と共にどんどん大きくなって膨らんでいく。 だからこそこんなふうに信じあえる夫婦って家族っていいな~と思ってしまうのかもしれないですね。 わ、書いててさみし。

次の