アビーム コンサルティング。 【アビームコンサルティング:3分対策】ESから最終面接まで各選考ステップの評価ポイントを解説!全選考で重視されることとは?【22卒向け】|就活サイト【ONE CAREER】

【企業分析】アビームコンサルティング(ABeam consulting)とはどんな会社なのか?

アビーム コンサルティング

他にも、「やりがいのある仕事ができそう」、「将来性がある」など就活生はアビームコンサルティングに対して、プラスのイメージを持っているようです。 では、アビームコンサルティングの会社について実態はどうなのでしょうか?この記事で詳しく見ていきたいと思います。 は、コンサルティングファームとなります。 コンサルティングとは英語で「Consulting」と書き、その意味は「顧問の~」でファームは「Firm」で会社を意味するのです。 つまり、色々な他企業へのアドバイスをしたり経営指針を提案し、その企業の問題解決を図るという仕事と言えるでしょう。 この企業は特にIT系企業におけるコンサルティングで活躍しています。 アビームコンサルティングの親会社の業績は芳しくない アビームコンサルティングはNECの完全子会社となっているため、経営状態はNECの有価証券報告書を参照してみる他ありません。 NECが2016年に公開した有価証券報告書における連結経営指標等を見てみると業績はやや低迷していることが分かります。 平成24年度の売上高が3,036,836(単位:百万円)なのに対し平成28年度では2,821,181となりました。 もちろんアビームコンサルティング単独の業績は不明ですが、NECの主要な連結子会社に挙げられているため、芳しくない業績と捉えられるでしょう。 アビームコンサルティングはマイナンバーに関する調査を公開した アビームコンサルティングの業務の1つに、リサーチがあります。 各企業の状態を知らなければ改善案を提出することもできないため、大事な仕事です。 そうしたリサーチ業務の一端として、公に「マイナンバー対応実態調査」の結果を公開しています。 マイナンバー管理における、安全管理措置や対応の実態について明らかにする調査結果を公表するのは、会社のリサーチ能力を示す活動と言えるでしょう。 「Room to Read」資金面のサポートや場所提供を行っている アビームコンサルティングは、グローバルなコンサルティングファームとして、アジア地域への教育支援を行っています。 NGO団体である「Room to Read」へ日本のスポンサー企業として資金面のサポートや場所提供などを行っています。 提供した資金の用途は具体的にはベトナム、インド、ネパールといった地域における図書館や小学校の建設費用として使われているようです。 研修や福利厚生が充実している働きやすい環境が評判 アビームコンサルティングでは研修が充実していて、さらにグローバルな案件も抱えているため、英語の学習についての支援を行う体制にあります。 また、福利厚生も十分なもので、既婚女性などには残業の短縮を勧めるなどして、社員の労働環境を良いものにしようとしているのです。 年功序列ではなく成果主義の要素が強いため、実力次第では若いうちから高給を得ることも可能となります。 挑戦し続ける姿勢や調査能力がある人を求めている アビームコンサルティングは、研修制度と福利厚生が充実していることから、社員が安心して活躍できるベースを保証している企業です。 こうした環境の上で、成果主義という実力を評価する制度を運営している企業となります。 そのため、アビームコンサルティングは会社のバックアップの下で日々挑戦し続ける社員を求めていると考えられるでしょう。 コンサルティング業務なので折衝力や調査能力、英語力から業界独特の知識といった数多くの能力が試されます。 就活生に人気の高い業界を知る 「」は、就活生に人気の高い 21業界の 200社以上の情報を一気に読むことができます。 知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、 アイデアが生まれてくる可能性があります。 無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!.

次の

アビームコンサルティングにおける最近の取り組みと評判

アビーム コンサルティング

「コンサルティング会社は独立性が重要だ。 資本関係のうえではNECグループの1社だが、独立は維持する」。 こう話すのはアビームコンサルティングの鴨居達哉社長だ。 前任の岩澤俊典氏の後を受け、2020年4月にアビームコンサルティングの社長に就任した。 同社の社長交代は11年ぶりとなる。 アビームコンサルティングは現在、システム導入に限らず経営戦略の立案や業務改革の支援などのサービスを提供する。 中でも欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)導入をはじめとした基幹系システムの導入支援や、アジア地域のサービス提供に強みを持つ。 2019年3月期の売上高は858億円で、社員6000人のうち2000人が海外で働いている。 [画像のクリックで拡大表示] 同社は2004年にNECと資本提携し、NECのグループ企業の1社となった。 鴨居社長自身も日本IBMや、人材コンサルティング会社のマーサージャパン社長などを経て2019年10月にNEC入社し、NECのシニアコーポレートエグゼクティブからアビームコンサルティングの社長に転じた。 鴨居新社長が重視するのが冒頭の通り、NECから独立した存在であることだ。 「当社のコンサルタントが課題解決のためにNECの製品を売るのは、独立の反対。 顧客が必要とする製品やサービスを提供するためにも、優秀な人材を獲得するためにも、独立性はコンサルティング会社の基盤である」。 鴨居社長はこう強調する。 ただしNECグループの「中核の1社であるのは間違いない」と鴨居社長は話す。 「NECが持っていて当社が持っていないサービスや製品、技術などを双方に生かすフェーズで連携していく」という。 基幹系構築に必要なのは業務プロセスの深い知識 アビームコンサルティングの業績は好調だ。 ここ数年、右肩上がりで人員も業績も伸ばしている。 一方でデジタルトランスフォーメーション(DX)への注目の高まりとともに、コンサルティングサービスの競争環境は厳しくなりつつある。 国内のITベンダーがコンサルティングサービスに進出したり、これまで戦略系を得意としてきた外資系コンサルティング会社がシステム導入に注力したりしているからだ。 この記事は有料会員限定です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

アビームコンサルティングへの転職難易度は高い!転職成功の秘訣を徹底解説

アビーム コンサルティング

今回は、アビームコンサルティング• 「パートナー」や「採用担当者」への【独自取材】• 「実際に転職した方」の【生の声】• 「公式サイト」からの情報 をまじえて、アビームコンサルティングの働き方とワークライフバランス、残業時間の実情についてご紹介します。 【目次】• 全社平均残業時間は現在27h/月弱• 45h/月超の残業は年6回まで• どんなに長くても80h/月以上の残業は禁止 また、「45h/月の残業を当月超過しそうなメンバーリストを上長が確認し、 上記に該当するメンバーは労働時間をコントロールするようにしている」との回答をいただきました。 「前職では考えられなかったプロジェクトの最中でもスポットで休暇を取得したり自分自身で働き方をコントロールできる環境」との声をいただきました。 同様に、他社のファームから転職された方からは「前職に比べて残業時間に対する管理体制がしっかりしており、また早く帰ることに対して周りからの批判的な視線もない」といった声をお聞きしました。 事業会社から同社戦略部門に入社された方は「プロジェクトに入っている時でも、遅くとも20時には退社。 今は18時に退社できるほどワークライフバランスが整っている」と入社前の「コンサル=激務」というイメージが変わったという声もあります。 部署やプロジェクトによっては「毎日22時~23時ぐらいに帰宅している」という声、また人材不足によりマネージャー層では「依然マネージャークラス中心に人出不足なようで、各所うまく回っていない」といった声もある一方で、「残業時間もちゃんとチャージさせていただきました」と残業代についてもしっかり払う仕組みづくりやカルチャーがあるようです。 また、アビーム関西支社では「残業をする」というカルチャーそのものがないようで、「大阪オフィスは残業をする文化があまりないので、定時で帰る人が大半を占めるので驚いている」という声もあります。 3%」という回答 弊社の企業担当が採用担当にお聞きしたところ、ワークスタイル変革、ダイバーシティ推進のKPIも年々、確実に向上しているとのことです。 有給取得率:76. 女性管理職比率:11. また、外資系ファームから入社された20代後半のコンサルタント 女性 曰く、「フレックス制度が導入されているため、勤務時間と勤務地について自由度があります」「育児や介護と仕事を両立できる環境がある」とのことです。 また、30代半ばの男性数名から「1年ほど育休を取得していました」との声もあります。 男性でも長期に渡り育休を取れる環境があり、またその後復職し活躍されているとのことで、復帰後も活躍できる環境が実際にあるようです。 全社員が利用可能なFree Location制度の利用により、アビームオフィスやクライアント先だけでなく、自宅やシェアオフィスでの勤務、モバイル活用を可能とすることで、生産性の向上を図っています。 フレックスタイム制により、予め定められた1ヶ月間の総労働時間の範囲内で社員各自が各労働日の労働時間を自主的に決定して働くことで、ワークライフバランスの向上と生産性の向上の実現を目指しています。 育児短時間制度 小6まで ・介護短時間制度 上限無し• 不妊治療のための休暇• マタニティ休暇• 育児、子育て支援休暇• 出産祝金• アビームの働き方改革は、個々の意思でその働き方を選択できる環境となることを目指しているため、 全社員同時期での取得を目標とするのではなく、社員それぞれの業務やプライベートの都合に合わせた取得が可能となるような風土改革を継続しています。 キャリアでお悩みの方は、ぜひ一度アクシスコンサルティングにご相談ください。

次の