緑地 さいたま市。 2020年 三貫清水緑地へ行く前に!見どころをチェック

株式会社近代緑地(さいたま市中央区桜丘)|エキテン

緑地 さいたま市

法令に基づく各種制度や仕組みを活用することにより、悩みや不安を解消できることが多いにある。 制度や仕組みを知らないで、一人で悩んでいても悩みや不安は解決しません。 私は、暮らしに関する悩みや不安、心配事を持つ方の気持ちや立場を汲みながら、不安を解消すべく術をベースに、無料個別相談や勉強会講師などを行い不安等を解消しています。 ただし、実際はどの事案も不安100%解消には至っていないと考えています。 それは、制度や仕組みが既製品であり、自身の暮らしに関する悩みを100%解消できるようなオーダー発注ができないからであります。 別な言い方をすれば、人それぞれが持つ悩みや不安の内容は微妙に違うからであります。 自分に合った既製品を適用したり、または既製品を複数組み合わせることで、悩みや不安を80%の満足度で解消することとなるのであります。 あとの20%については、その後の生活環境や状況および当事者間の立場や考え方の変動によって左右され、それにより0%となるか、逆に不安が寄り増すかはその後の状況次第となります。 増えた場合は、改めて仕組みづくりが必要となります。 ある日、知人である洋服屋店主が言っていました。 「私は、数ある中の洋服をお客様のためにベストチョイスすることができる。 購入していただいた方が、100%の満足度で買っていただけたことが一番うれしい」と。 続いて、「ただ、そういう方は残念ながら多くはないと思っている」と。 暮らしに関する悩みや不安、心配事は、おいそれとは100%解消されないものであると思っています。 悩みや不安は生き物であり、増長したりする場合もあります。 だから大きくなる前に、手を打たなければならない。 手をこまねいていても前に進まない。 悩みや不安を解消する行動を起こして、一歩でも二歩でも前に進むことが望まれるのであります。 私がサラリーマン現役時代、赤字支店経営をしていた時には、必ず心に秘めていたことがあります。 それは、「新規営業開発、品質管理、コスト管理、業績確保 これらの改善目標項目の指標が、一歩・二歩下がっても行動をして三歩進め!」であります。 行動を起こせば必ず前に進めることを信念としていました。 社内外のルールを順守した経営改善は難しいものでありますが、一つ一つの制度や仕組みを組み合わせることにより一つ一つの目標を改善することができました。 今は、「相談してよかった」「たのんでよかった」と言っていただけることを喜びとし、一緒に前へ向けての行動者として活動している庶民型街のアドバイザーです。 時間の経過とともに解消しない暮らしに関する悩みや不安などは、早目に解消する必要があります。 制度や仕組みを組み合わせることにより、悩みや不安を解消できる骨組みづくりをサポートいたします。 ぜひ一度ご相談ください。 また電話またはSkype等によるオンライン面談での対応も可能です。 その際のご相談事項に関する書類や資料は、メールや郵送で対応させていただきます。 なお、ご相談時の電話料金は、弊所負担で対応しております。 行政書士は、暮らしに関する悩み事項における相談業務をはじめ、悩みや不安を解消すべく、下記書類の作成と書類提出手続の代理を行うことができます。 弊事務所では、相談業務はすべて無料とさせていただき、お悩みや不安を早く解消することを目的として行政書士へ依頼された場合のみの費用を報酬としていただくこととしております。 なお、依頼させるような強制的な誘導行為等は一切行いません。 ご安心してください。 また、事前に「見積書」にて金額をご提示いたしますので、ご納得の上でご依頼をしていただきたく考えております。 <ご参考までに> *行政書士法第10条 「行政書士は、誠実にその業務を行うとともに、行政書士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。 」 |希望ある幸せな生活のサポートについて.

次の

緑化計画届出制度

緑地 さいたま市

1 公1事業 【その1】 公園文化の創造と展開のために、施設の活性化を目的とした市民協働型を基調とした都市公園等の運営・管理を行うことにより利用の促進及び公園機能の増進を図る事業• 市民協働型公園づくりの基盤となる公園等の管理運営及び整備事業 公園等施設の安全・快適性を担保するとともに、利用における公平性及び平等性を可視化するため、関係法令を遵守し、業務プロセスの透明性を確保した管理運営及び整備事業を実施。 市民協働型公園づくりを目的とした教室・講座・イベント等主催事業 施設特性を活かした《子育て支援型》、《健康増進型》、《生涯学習型》、《協働型》、《安全啓発型》、その他《施設利用促進・有効活用》を図るための教室・講座・イベントを開催。 また、多彩な講座・イベント事業を提供していくため、「公園文化創造寄金」への寄附を広く募る。 地域とのパートナーシップによる市民協働活動事業 2 公1事業 【その2】 公園文化の創造と展開を目的とした都市公園等の広報強化及び公園文化の調査・研究事業• ホームページの運営 ホームページにて最新情報、利用スケジュールやイベント情報等を提供。 広報紙の発刊 公園の魅力及び事業情報等を掲載する広報紙を作成し、情報を発信。 モニタリング調査等の実施 サービスの向上に反映させるため、アンケート調査を実施。 3 公2事業 緑の基金の造成・管理・運用による都市緑化助成や普及・啓発事業を通じた緑化推進を目的とする事業• 生け垣助成制度や保存樹木の指定制度による都市緑化事業• 環境保全及び緑の育成のためのリサイクル事業 公園・緑地から発生する剪定枝で堆肥(リサイクル堆肥)を生産。 公園・緑地に還元するリサイクル方式により、環境保全及び緑の育成を図る。 都市緑化普及啓発のためのイベント・行事への参加等 さまざまなイベント・行事にて花の種・リサイクル堆肥・生け垣助成制度リーフレットを配布し、緑化の啓発を図る。 緑化推進のための教室・講座、イベントの開催事業 4 収益事業• バッテリーカーの貸出• 自動販売機の設置• 売店及び移動販売車の設置・運営• 物品販売・物品レンタル 5 その他の事業• 本協会の目的を達成するために必要な事業を行う。 年月日 内 容 備 考 S56. 20 協会設立起案 2. 28 協会設立準備会開催(役員就任承諾) 3. 20 浦和市役所内に協会事務所使用許可 7階公園緑地課内(行政財産) 3. 30 埼玉県へ設立申請 4. 3 財団法人浦和市公園緑地協会設立 理事長選任及び理事・監事任命 埼玉県知事の認可 4. 17 設立登記完了 5. 6 第1回理事会開催 ときわ会館 5. 14 浦和市より出資金の交付 出資額30,000千円 S59. 1 「緑の基金」設置 9. 2 街頭募金実施 浦和駅・北浦和駅・南浦和駅 S60. 1 「緑の基金」募金箱作成 各支所に設置(公益事業) S61. 1 さぎ山記念公園記念館受託 S63. 29 サイクルモノレール営業開始(大崎公園) 荒川総合運動公園準備業務受託 浦和市より移管(自主事業) H1. 1 荒川総合運動公園受託 5. 3 バッテリーカー営業開始(大崎公園) 自主事業 6. 25 浦和総合運動場に本部事務所移転 H2. 1 原山市民プール受託 沼影市民プール受託 浦和北(老人)公園楷楓亭受託 調公園ふるさと亭受託 6. 17 見沼みどりの馬車運行開始 (大崎ふるさと歩道) 自主事業及び緑の啓発・宣伝 10. 1 沼影公園アイススケート場受託 H3. 1 緑の街なみづくり助成要綱施行 身近な緑を守る保存樹木の指定要綱施行 緑の基金事業 (「緑の基金」利息により助成及び奨励金の交付) H4. 1 駒場運動公園受託 浦和総合運動場受託 H4. 29 第1回グリーンアドベンチャー開催(さぎ山記念公園) 公益事業(緑の啓発・宣伝) H6. 1 さぎ山記念公園・見沼自然公園・千貫樋水郷公園・円正寺第1公園・見沼氷川公園・松芝公園受託 大原競技場受託 体育協会より受託 H7. 1 見沼自然公園内枝葉リサイクル施設受託 H12. 1 荒川彩湖公園受託 三室臨時グラウンド・大間木グラウンド・さくら草公園ソフトボール場受託 抽選受付(無料) H13. 31 市内街路樹補植 「緑の基金」取崩し 4. 1 市内公園樹木補植 三浦運動公園受託 同上 5. 1 財団法人さいたま市公園緑地協会に名称変更 市の運動公園及び一般公園受託 市内319公園(旧浦和263公園・旧大宮15公園・旧与野41公園) 生け垣助成要綱改正施行 樹木の保存に関する要綱改正施行 別所沼公園が県より市へ移譲され受託 浦和市・大宮市・与野市3市合併により『さいたま市』発足 さいたま市発足に伴い公園施設の名称変更 6. 8 見沼自然公園枝葉リサイクル施設改修 「緑の基金」取崩し H14. 1 財 さいたま市公立施設管理公社の一部及び 財 さいたま市ふるさと振興機構の一部と再編 外郭団体の再編 H15. 6 見沼みどりの馬車運行休止 4. 1 東西南北4管理事務所設置 市の運動公園及び一般公園受託 市内724公園 『さいたま市』が全国13番目の政令指定都市となる(9区) 5. 1 八王子スポーツ施設管理規程施行 スポーツ企画課より補助金交付 10. 6 別所沼公園内に本部事務所移転 H16. 1 大原サッカー場管理規程施行 秋葉の森総合公園受託 荒川総合運動公園通り受託 スポーツ企画課より補助金交付 H17. 1 財 岩槻市施設管理公社の一部を統合 岩槻区内95の運動公園及び一般公園受託 【主な公園】:岩槻文化公園・川通公園・岩槻城址公園・岩槻諏訪公園(北部管理事務所所管) 岩槻市と合併(10区) H18. 1 市都市局より指定管理者の指定を受ける(街区公園等非公募施設3年、その他公募施設4年) 【一部管理施設変更】:浦和総合運動場・浦和北公園・三浦運動公園・荒川総合運動公園・沼影公園・堀崎公園の管理が他の指定管理者へ、また大原サッカー場は他の団体管理へ移行 市が指定管理者制度本格的導入 利用料金制度導入 12. 23 JIS Q 14001:2004認証を取得 ISO14001:2004規格の要求事項に従い環境マネジメントシステムを確立 H19. 14 市がネーミングライツを初導入 大宮公園サッカー場を『NACK5スタジアム大宮』と命名 10. 19 大宮公園サッカー場『NACK5スタジアム大宮』のJ1規格に準じた全面改修工事が完了 11. 1 指定管理者として合併記念見沼公園を受託 H20. 20 寄附行為変更認可(事務所をさいたま市南区別所4丁目12番10号に置く) H21. 1 市都市局より指定管理者(街区公園等非公募施設5年)の継続指定を受ける 12. 23 JIS Q 14001:2004認証を継続取得 H22. 1 市都市局より指定管理者(公募施設4年)の継続指定を受ける H23. 1 公益法人制度改革に伴い、埼玉県より認定を受け、公益財団法人へ移行 H23. 23埼玉県より認定 H24. 1 市経済局より大宮花の丘農林公苑の指定管理者(5年)の指定を受ける 特定寄附金「公園文化創造寄金」を創設 駒場運動公園陸上競技場の改修工事が完了しリニューアルオープン 6. 1 市が駒場運動公園競技場及び補助競技場にネーミングライツを導入 『浦和駒場スタジアム』(競技場)、『レッズハートフルフィールド駒場』(補助競技場)と命名 H24. 1 駒場運動公園競技場「浦和駒場スタジアム」全面リニューアルオープン H26. 1 特定寄附金「日本一の桜回廊づくり寄附金」を創設(H28. 31寄附金受入終了) H26. 1 市都市局より指定管理者(公募施設5年)の指定を受ける 【主な受託施設等】:大和田公園・堀崎公園・三橋総合公園・岩槻文化公園・駒場運動公園・下落合プール等有料施設及び大崎公園他無料公園 約900施設 9. 1 下落合プール耐震工事のため一時閉場 H27. 1 耐震工事完了により下落合プールの利用再開 H29. 1 市経済局より大宮花の丘農林公苑の指定管理者(5年)の指定を受ける H31. 1 市都市局より指定管理者(公募施設5年)の指定を受ける 【主な受託施設等】:大和田公園・堀崎公園・三橋総合公園・岩槻文化公園・駒場運動公園・下落合プール等有料施設及び大崎公園他無料公園 約980施設.

次の

さいたま市の雑木林|埼玉県の自然スポット

緑地 さいたま市

対象となる行為• 都市計画法第4条12項に定める開発行為のうち同法第29条に規定する許可が必要な 開発行為• さいたま市中高層建築物の建築及び大規模開発行為等に係る紛争の防止及び調整に関する条例の適用を受ける 中高層建築物の建築• 敷地面積500平方メートル以上の敷地で行う建築基準法第6条1項若しくは第6条2第1項に規定する 確認の申請又は同法第18条第2項に規定する 計画の通知を必要とする建築物の建築 対象とならない行為• 工場立地法第6条第1項の規定に定められた届出を行った建築物の建築• 都市緑地法第34条第1項に規定する緑化地域内における開発行為又は建築物の建築• 自己の住居の用に供する建築物(中高層建築物を除く)の建築• 一戸建て住宅に供する宅地(住宅付宅地を含む)を供給する目的の開発行為• そのほか、市長が特に認める開発行為又は建築物の建築 緑化の量的基準 一敷地面積に対する緑化面積の割合は、用途地域により異なります。 下表に定める割合以上の緑化を敷地内に行ってください。 5の算式により得られた数値 又は100分の5のいずれか大きい数値 都市計画法に規定する第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、準工業地域、工業地域、工業専用地域又は市街化調整区域の場合 緑化の量的基準 開発事業者等の行為の種別 敷地面積 敷地面積に対する緑化面積の割合 中高層建築物の建築 面積による区分なし 100分の20 上記以外の建築物の建築 500平方メートル以上 3,000平方メートル未満 100分の10 上記以外の建築物の建築 3,000平方メートル以上 100分の20 緑化面積の算定方法 地上部において既存の樹木又は樹木を 保全する区画、地上部おいて 新たに植栽する区画の緑化面積は、緑化指導基準第3条第2項により設けることとなった緑地の面積(以下、「基準面積」という。 )の 2分の1以上とします。 基準面積には、下表の緑化方法を用いた緑地も緑化面積として算定することができますが、各緑化方法には、算入面積に制限があります。 緑化推進協議等の提出図書 緑化推進協議を行う時(各3部)• 緑化推進協議書• 緑化推進協議の内容一覧表• 案内図• 緑化計画平面図• 緑化計画立・断面図• 緑化計画求積図• 代理人の方は委任状(1部) (補足)開発指導課を経由しない場合は各2部となります。 (補足)緑化推進協議書の作成前に事前相談を行ってください。 (補足)協議は建築確認の申請前に行ってください。 緑化に関する内容を変更する時(各3部)• 緑化推進変更協議書• 緑化推進変更協議の内容一覧表• (変更後の)緑化計画平面図• (変更後の)緑化計画立・断面図• (変更後の)緑化計画求積図 (補足)開発指導課を経由しない場合は各2部となります。 緑化に関する工事を完了した時(各2部)• 緑化推進工事完了報告書• 緑化推進工事完了の内容一覧表• 案内図• 緑化計画平面図• 緑化計画立・断面図• 緑化計画求積図 詳しくは、ダウンロードファイルをご覧ください。 協議の窓口 協議の窓口は区によって異なります。 西区・北区・大宮区・見沼区・岩槻区の窓口は、北部都市・公園管理事務所 管理課 所在地:さいたま市大宮区吉敷町1-124-1(大宮区役所6階) 電話番号:048-646-3179 中央区・桜区・浦和区・南区・緑区の窓口は、南部都市・公園管理事務所 管理課 所在地:さいたま市中央区下落合5-7-10(中央区役所本館3階) 電話番号:048-840-6179 (補足)平成21年7月17日より新しい様式に変わりました。 関連ダウンロードファイル.

次の