ご 周知 おき ください。 「ご承知おきください」の意味とは?社内や取引先で使える?言い換え・英語表現を徹底解説

「ご承知おきください」は目上の人にNG?正しい意味や使い方を解説

ご 周知 おき ください

「ご承知おきください」は敬語として社内や取引先に対して使える? いつも使っている言葉が社内や取引先など、 ビジネスシーンで使用可能なのか知っておくことは重要です。 「ご承知おきください」はどんなシチュエーションで誰に対して使用できる言葉なのかを見ていきましょう。 「ご承知おきください」は目上の人や取引先に対して使うと失礼な言葉! 「ご承知おきください」は 目上の人や社内の上司、取引先に対して使用することは不適切とされています。 そもそも「ご承知おきください」には「聞く」の謙譲語である「承る」が含まれています。 これにより、へりくだったニュアンスを含む言葉となるため違和感が生じるのです。 一方、ビジネスシーンでよく使われる「承知いたしました」にも「承る」が含まれています。 こちらは使う側が相手に対してへりくだった表現となっているため違和感を与えることなく使用できます。 「ご承知おきください」は「事前に知っておいてください」「前もって理解しておいてください」との意味ですが、上司や取引先に対して使うと「知っておいてほしい」「理解しておいてほしい」と、 上から目線で一方的に押し付けるニュアンスと受け取られ、失礼にあたる可能性があります。 「ご承知おきください」を使用する際は親しい間柄である場合に限定するなど、相手との関係性に十分注意しましょう。 ・本日、諸事情により休業いたします。 お含みおきくださいますようお願い申し上げます。 「お含みおきください」のみでも意味は伝わりますが、「お願い申し上げます」などの言葉をくわえるとより丁寧な表現となります。 「公にできない事柄なので察してください」とのニュアンスももっている言葉なので、相手の受け取り方が曖昧にならないよう、「お含みおきください」の前後に、どんな事情を理解してほしいのかはっきりと示すことも大切です。 ・日程が変更になる可能性がございます。 ご了承くださいませ。 ・新製品はご好評につき完売いたしました。 何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 「ご了承ください」は口頭でもビジネスメールでも使用できますが、このまま使うと、言われる側は命令されているようにも感じます。 目上の人や上司、取引先に対して使う場合は、「ご了承くださいますようお願いいたします」など丁寧に表現してお願いする必要があります。 「何卒お願いいたします」となることで、相手に対して通常よりも強いニュアンスでお願いできるフレーズに変わります。 「ご承知おきください」の「知っておいてほしい」「理解しておいてほしい」との意味に、お願いの気持ちがくわえられた表現です。 ・Due to various circumstances, we are closed today. We kindly ask for your understanding. ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。 ・Please understand that there is a possibility that the schedule will change. ご承知おきくださいませ。 ・Please understand that there is a limited number of new goods to be received. ご承知おきください。 「ご承知おきください」は言い換えて使おう! 「ご承知おきください」は表現に違和感があり、「ください」となっていることで、こちら側からの一方的な命令と受け取られる可能性があります。 これまで「ご承知おきください」が失礼な表現だと知らずに使用していた人は、目上の人や上司、取引先に対して使うことは避け、 「お含みおきください」などに言い換えて伝えましょう。 ビジネスの世界では発した一言によって築いてきた関係性が崩れ去ることもあります。 それを避けるためにもCHEWYで日本語を含むビジネスマナーを確認してください。

次の

[ご承知置きください]は見下しているか?

ご 周知 おき ください

「ご承知おきください」は実は敬語ではありません!しかし調べてみたところ「ご承知おきください」を、気にせず使われている会社も多いようです。 「承知しました」「合点承知!」「承知で~す」など「承知」という言葉自体が日常で良く使われているためと思われます。 「承 うけたまわ る」という言葉は「受ける」の謙譲語です。 確かに敬語といえますが、あくまでも自分側の動作を指す敬語です。 相手に「承 うけたまわ ってください」と押し付ける意味の「ご承知おきください」だと、上司や立場が上の方、大切なお取引様には大変失礼な言い方になってしまいます。 敬語に詳しいであろう年配者には使わないのが良さそうです。 立腹されるかも知れません。 ですが、国会での質疑や各種の会議で「ご承知の通り」という言葉を耳にしませんか?いろんな場面に使われることで、言葉の持つ特性も徐々に変わっていきます。 「承 うけたまわ る」が謙譲語でも「承知」はただの名詞の雰囲気です。 「ご承知おきください」の「おき」の意味 出張やバカンスで飛行機を利用することはありませんか?「シートベルトをお締めおきください」のアナウンスを聞いたことがあるはずです。 昔々は飛行機もなく、シートベルトも存在しておりませんでした。 そのため「お締めおき」の言葉はごく新しい使い方です。 前述の通り、「気をつけてくださいね」という相手への敬いです。 「~おく」という言葉は直接的な言い方を避けることで、相手に柔らかな印象を与え、優しい気持ちを伝えます。 「敬語」とはその言葉通り「相手を敬い、大切に思う気持ちを伝える」意味がありますね。 「ご承知おきください」の一言に向き合い、筆者はいろんなことを考えさせられました。 まちがいなく正しい敬語ですので、「ご承知おきください」と使いたくなる場面ではぜひ「お含みおきください」と言い換えて欲しいものです。 洗練された品のあるおすすめの敬語です。 知らなかった「ご承知おきください」の言い回し 「ご承知のとおり」「ご承知いただければ」「ご承知してくださった」など、「承知」の言葉はもはや謙譲語でなくなってきています。 反対に電話では「差し支えなければ、ご用件を承 うけたまわ ります」の言葉もまだまだ使われています。 「承 うけたまわ る」の意味を考えると「ご承知おきください」はおかしな敬語です。 しかし、「承知」の定着具合を考えると日常会話に悩むだけでなく、辞典によっても「敬語なのかどうなのか」の迷いが感じられます。 「承知」は「承 うけたまわ って知ること」と謙譲語と解釈されています。 現在は過渡期とでもいうような、グレーゾーンかも知れません。 むしろ「ご承知」は尊敬語として使い慣れてしまった気がします。 もともとの意味合いを重要とするか、社内ルールのような慣例として納得するか個々の判断になるかと思います。 「敬語ではないよ」と注意される心配がある場合は「ご承知おきください」は使わない!このマイルールに決めた方がいいかも知れませんね。

次の

ご承知おきくださいの意味|知っておいてくださいの言い換え・例文13選!

ご 周知 おき ください

Topics• 「周知」の意味 「周知」の読み方は「しゅうち」です。 「周知」には「世間一般に広く知れ渡っていること。 また、広く知らせること。 」という意味があります。 漢字の通り、「周り」に「知られている。 知らせる。 」ということです。 また、他の辞書では「あまねく知ること。 知れわたっていること。 」ともあります。 あまねくとは「もれなくすみずみまで。 」という意味であることから、「 周知」という言葉には単に知ったり知らせたりするだけでなく、その内容を正確に理解する、理解させる意味も含まれています。 「周知する」と「周知させる」はビジネスでどちらが正しいのか 「周知する」という表現は間違いである、といった意見もありますが、辞書には「周知」は名詞であり動詞として使う場合は「~スル」とあります。 つまり、「周知する」は誤りではありません。 「周知する」と「周知させる」の違いは立場です。 「周知する」とは自分が情報を知る側の時に使う表現であり、「周知させる」とは自分が周囲に情報を知らせる時に使います。 「周知する」と「周知させる」はどちらも正しい表現であり、自分の立場によって使い分けるようにしましょう。 【スポンサードリンク】 「周知」を使った言葉 「周知」はビジネスでもよく使われる言葉です。 「周知徹底」や「周知の事実」など他の言葉と合わせたり、「ご周知ください」などと単体で使われることもあります。 「周知」自体は名詞ですが「~ください」など敬語表現と合わせることで、目上の人や顧客先にも使うことができます。 ここでは、「周知」を使った言葉をいくつかご紹介します。 周知徹底 「周知徹底」とは「しゅうちてってい」と読みます。 意味は「広くすみずみまで、きちっと知れわたらせること。 」とあります。 もともと「周知」にはもれなく理解するという意味合いが含まれていますが、それをさらに強調させるのが「周知徹底」です。 「周知徹底」の例文をいくつかご紹介いたします。 会議で取り決めた事項については各チーム全員に周知徹底させるよう、お願い致します。 作業工程が変更になったことを従業員全員に周知徹底する必要がある。 周知の事実 「周知の事実」とは「しゅうちのじじつ」と読み、「一般的に広く知られている情報」を意味しています。 「周知の通り」という表現もありますが、「周知の事実」とほぼ同じ意味と使い方です。 「周知の事実」という表現を使う時、注意すべき点があります。 それは「周知の事実」の対象となる情報が一般的に理解されない事実の場合は「周知の事実」と言わないようにすることです。 むしろ、相手が理解していないことに対して「周知の事実」と言うと相手に不愉快な思いをさせる可能性があります。 「周知の事実」という表現を加えなくても意味が通ることが多いので、 誤解を招かないためにも、目上の人や顧客先に対しては「周知の事実」は使わないほうが無難です。 ではここで、「周知の事実」の例文をいくつかご紹介します。 本案件が延期となったのは周知の事実かと存じますが、次回の会議では延期となった原因について探りたいと思います。 来月をもって部長が退職されることは周囲の事実である。 「周知」の類義語 「周知」の類義語はご存じでしょうか。 例えば「拡散」という言葉も「広がり、伝えること」という意味合いがあり「周知」の類義語とも言えますが、主にSNSで使われる言葉でありビジネスシーンで用いることはありません。 類義語を知っておけば言い換え表現として活用できるので、ビジネス文書を作成する時などにとても役立ちます。 ここではビジネスでも使える「周知」の類義語についてご紹介します。 伝達 「伝達」の意味は、「命令・連絡事項などを伝えること。 つぎつぎに伝え届けること。 」とあります。 ほとんど「周知」と同じ意味合いですが、「伝達」は伝える行為そのものに対する言葉ですが、「周知」は伝えることに加えて、伝える情報をきちっと把握させる意味も含んでいます。 連絡 連絡は、「情報などを知らせること。 」とあります。 ほぼ「周知」と同じ意味合いになりますが、「連絡」の方が簡単な情報に対して使うことが多いです。 また、「連絡」という言葉を使う時は、知らせる相手が必ず関係者である必要があります。 全く関係のない人に伝える時に「連絡」とは言いません。 「周知」の例文 では、具体的に「周知」の例文をいくつかご紹介していきます。 今期の目標売上金額について、部員全員に周知させる。 先ほどメールでご連絡した件について、皆様への周知の程よろしくお願い致します。 営業時間が変更となります。 各担当者にご周知ください。 チーム内での周知不足が原因で、インシデントが発生した。 「周知」の英語表現 「周知する」は、「disseminate 」、「inform」や「familiarize」を使って表現します。 ガイドライン変更の件について、部署のメンバーへ周知願います。• Please make sure that the change of guideline are disseminated in your department. Please keep your department members informed about the change of guideline. Please make sure to familiarize your department members with the change of guideline. まとめ 「周知」の意味は周りが知っていること、または周りに知らせることです。 また、自分が情報を受け取る側の場合は「周知する」、情報を伝える側の場合は「周知させる」と言い、どちらも正しい表現であることも説明してきました。 その他にも本文では類語表現や英語表現についてもご紹介していますので、様々なシーンで「周知」という言葉を正しく使えるようにしておきましょう。

次の