見っけ 歌詞。 スピッツ「見っけ」感想

スピッツ ニューアルバム 『見っけ』 2019年10月9日発売!

見っけ 歌詞

「見っけ」のジャケットに出演している女性は… そしてスピッツの アルバムジャケットと言えば、毎回ステキな女性が登場しますが、 「見っけ」の女性は誰なのか、調べましたよ~。 その答えは、 「生越千晴さん」でした!ご本人がツイートで教えてくださっています。 【お知らせ】 スピッツさんの10月9日発売、ニューアルバム『見っけ』のジャケットのカバーモデルさせていただきました!泣 だいすきな、私にとって神様みたいなスピッツさんのジャケットに。。 感動です。。 「見っけ」のSPOT映像(CM) 動画 最初は俳優・ 音尾琢真さんと 犬のスピッツ4匹が出演している、YouTube動画へのリンクです。 音尾さんは、スピッツ「優しいあの子」が主題歌のNHKのドラマ「なつぞら」にも出演していましたね。 音尾さんは大のスピッツファンとのことですので、とても嬉しかったのではと思います。 音尾さんがSPOT映像に出演した際の 喜びのコメントを、からご覧いただけますよ。 「MV動画」バージョンの SPOT映像です 次は 「ありがとさん」と「優しいあの子」のMV動画のバージョンの、SPOT映像への動画リンクです。 最後の「見~っけ!」が良い感じですね。 アルバム「見っけ」これから聴き込んでいきま~す! 「見っけ」が流れるNTT東日本さんのCM動画 最後は「見っけ」が聴ける CM動画へのリンクです。 「見っけ」は聴いていると気持ちが明るくなり、スポーツとの相性が抜群ですね。 それと僕は学生のときバドミントンをやっていたので、桃田賢斗選手がたくさん出てきてくれるのが嬉しいです。 ではでは、さいごまで読んでいただきまして、ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

見っけ(スピッツ) / コード譜 / ギター

見っけ 歌詞

音源収録内容• 見っけ• 優しいあの子• ありがとさん• ラジオデイズ• 花と虫• ブービー• YM71D• はぐれ狼• まがった僕のしっぽ• 初夏の日• ヤマブキ• ・ありがとさん -Music Video-• ・優しいあの子 -Music Video-• ・見っけ -Music Video-• ・オフショットムービー in FRANCE スピッツ 最新シングル『優しいあの子』 好評発売中.

次の

スピッツ『見っけ』アルバムレビュー――次なる“見っけ”に出会えたとき

見っけ 歌詞

いやぁ、ついに発売になりましたね。 待望のニューアルバム…通算16枚目のオリジナルアルバム『見っけ』です!へへへ! 幸いなことに、僕はアルバムを、いわゆるすることができまして、その日から丁寧に聴き込んでいるところです。 やっぱり大好きなアーティストの新しいアルバムというのは、いつになっても特別嬉しいですね。 わざわざ仰々しい名前をつけておりますが、要するに、の楽曲全曲を、個人的な解釈なども踏まえつつ、紹介するというものです。 そういうわけで、アルバム『見っけ』発売を機に、新曲がたくさん発表されましたので、全曲研究ナーにて、少しずつ紹介していきたいと思います。 一応、毎週末に1曲くらいのペースを考えていますが、リアルで割と忙しいので、とりあえずの目標にしておきます。 自信があんまりないので、とりあえず期とさせてください、すんません。 逆に、たくさん書ける時期とかがあったりすると思いますので、まとめて書いたりします。 ということで、今日はその決意表明として、この記事を書きました…と言って締めようかと思ったのですが、せっかくなのでほんの少しだけでも、アルバム『見っけ』を聴きはじめた、まさに今の感想を語っておきます。 これは良い意味で思っているんですけど、1曲1曲のストーリー性が強くて、しかもそのストーリーが1曲ごとで完結していく感じが、まさに短編小説集みたいだなって思ったんです。 また、前々作『小さな生き物』にしても、収録曲の内容自体にはそんなにつながりは感じなかったけど、やっぱりバックグラウンドにという大きな出来事があったので、全曲をどうしても同じように関連付けて、聴いていたんです。 そこへきて、新作『見っけ』は、そういう縛りから解放された感じがするんですよね。 もっと自由に、もっとロックに、もっと色んなジャンルで、ただただ1曲ずつの音楽を詰め込んであるという感じでしょうか。 しかも、その1曲1曲のストーリー性をとても強く感じるんです。 結構、物語調の曲が多いと感じませんか?例えば、【花と虫】とか【はぐれ狼】とか【まがった僕のしっぽ】とか。 すごい具体的に物語を語ってるなって思ったんです。 昔々あるところに…みたいな、まるでおとぎ話・昔話でも聴かせてくれているみたいに感じました。 例えば、【ラジオデイズ】。 サビとか、初めて聴くのに懐かしい感じがしたんですけど、途中でラジオのチューニングをしているようなノイズが入ったかと思うと、Cメロでは歌詞を語っているような、個人的にはみたいだなって思ったりしました。 極めつけは、一番衝撃的だった【まがった僕のしっぽ】ですよ。 これは本当にがまた新しい扉を開けたって感じですよね。 まるで、吟遊詩人が遠い昔話を聴かせてくれているような、異国風の曲調で(何故か僕は、の吟遊詩人が歌っているところをイメージしていました)、もうそれだけで新しいと感じるんですけどね。 そこから、Cメロで突然曲調は一変…まるでハードロックのように曲は激しくなり、勢いを増していくのです。 そして、その曲調がしばらく続いた後、また突然、何事も無かったかのように、元の曲調に戻るんです。 そこで僕が思い出したのは、の【Smile】という曲でした。 30年以上も長く活動をしているのに、はまだまだ新しい扉をバンバン開けていくんだなって、やっぱりすごいなぁって思ったんです。 そういう新しいことをしたときって、あからさま過ぎると、何ていうか従来のそのバンドの音楽性と適合せずに、違和感を感じてしまうことってあると思うんです。 でも、は違うんですよ。 新しいことを取り入れつつ、でもやっぱりだなって思わせてくれるのがすごいところだなって、つくづく思うんですよね。 全然、短い記事にならなったですね苦笑。 あ、現時点で好きな曲は、【ラジオデイズ】、【まがった僕のしっぽ】、【ヤマブキ】あたりですかね。 【ヤマブキ】なんかは、最近は朝に欠かさず聴いています、なんか元気が出てくるんですよね。 まぁ、また個々の曲の紹介は、少しずつやっていきたいと思いますので、良かったらまた読みに来てください。 やばい、音尾さんのCMが面白すぎる笑 itukamitaniji.

次の