ポケモン 洗脳。 #ポケモン #ゲンさん涙目……? サトシと波導と

ポケモンGOはスパイ情報収集に加え洗脳実験にも使われている!?

ポケモン 洗脳

「サトシ…様、ですよね?あなた様を探しておりました」 この地方ー…イッシュ地方にはいない筈のリオルがサトシの前で跪いて言った。 当の本人、サトシは頭にハテナを浮かべるばかりで良くわかっていない様子。 何故こうなったのか、それは時をさかのぼること数分前。 サトシ達はジム戦をするためにへ向かっていた。 その途中、小さな青いポケモンが倒れているのを見かけ、サトシが介抱したのだ。 目を覚ましたリオルは暫くぼー…としていたが、目の前の人間がサトシだとわかり、慌てて跪いた。 ここで冒頭に戻る訳である。 「…え?俺を探してた?なんで?」 相変わらずサトシはわかっていない様子。 「…君はサトシを探して、ここまで来たのかい?」 イッシュでは見れないポケモンを前にデントは恐る恐る問い掛けた。 「そうです。 ずっと探していました。 サトシ様覚えていませんか?あなた様が前に出会ったアーロン様のルカリオを。 僕はあのルカリオの子孫なんです。 」 リオルはそこまで言うと、サトシの顔を覗き込む。 一方のサトシは少し考えたあと、あぁ! と手を叩いた。 「でも、リオルが俺に何の用?」 サトシはまた首を傾げた。 「ルカリオからいつか『時間の花畑』に来てほしいとの事を」 『時間の花』という単語を聞いて、アイリスが疑問を口にした。 「時間の花って、確か伝説上の花よね。 他者の過去や想いを見せるっていう。 ここら辺で咲いてるのなんて見たこともないし…。 第一、その花は開かない花だ…って…」 しかしリオルは首を振ると、真っ直ぐにアイリスとデントを見た。 「時間の花はあなた方のような普通の人には開いた所を見ることは出来ません。 今現在、その花を開くことが出来るのはサトシ様ただ一人なのですから。 」 きっぱりとリオルは言ってみせた。 どうして、とアイリスも続ける。 「その花は波動を扱える者、即ち『波導の勇者』でしか開かないからです。 」 その言葉と一緒に2人はサトシの方を向く。 「サトシ!! 『波導の勇者』ってどういうこと?」 「詳しく、教えてもらおうかな?」 2人にそう言われては断れる筈もなく。 サトシはあの日の出来事を話し出した。 サトシが『波導の勇者』と呼ばれるアーロンと同じ波動の持ち主であること。 サトシも波導が使えること。 ルカリオに伝えられなかった言葉があること。 最初から最後まで、きっちりと話すと2人は納得したように頷いた。 「なるほど…。 それでサトシは波導が使えるんだね」 「でもさ、どうして花畑に行かないといけないの?花を持ってくればいいだけじゃない」 それも駄目なんです、とリオルは首を左右に振った。 「時間の花は環境が変わると枯れてしまう。 それにその花畑があるのは遺跡の中。 波導の勇者がいないと開かない遺跡なんです。 」 「だったらその遺跡に案内してくれよ!! 俺もルカリオに伝えたいことがあるんだ。 」サトシの言葉にリオルは頷く。 「その遺跡はこの森の奥にあります。 」 リオルは後ろに広がる森を指差して言った。 「ちょっと。 まだ着かないの?」 「そうだね。 もう随分と歩いてるし…」 サトシ達が森へと入ってから、早20分。 未だに先が見えない森をただリオルの案内だけで着いていく。 20分も歩いているだけあって、もうそろそろ足も疲れてきた頃だろう。 「もう少しですから」 更に歩を進めると、一気に森が切り開いた場所があった。 その真ん中には先程リオルが言っていた遺跡らしき物も。 リオルは遺跡の入口へ走って行き、こっちです、とサトシを手招きした。 「ここに波導を流し込んでください」 リオルは遺跡の扉を指さして言った。 サトシは言われた通りに扉に手を添える。 『波導は我にあり』 その言葉と共にサトシの身体からは、青い光が溢れだした。 「これが…」 「…波導の力…」 2人はただただ目の前で起こっていることを呆然と見つめるだけ。 サトシの身体から溢れ出る青白い光が辺りを青く照らし、その光は扉へと吸い込まれていく。 その後すぐに扉は開いた。 ゆっくりと歩を進め、たどり着いた遺跡の最も奥の部屋。 そこには数えきれないくらいに一面に咲き誇る時間の花。 サトシは花の中へ歩き出し、その内の一つに優しく触れた。 ひらり、と開くその花はサトシにルカリオの想いを見せる。 『俺はサトシ、こっちが相棒のピカチュウ。 ルカリオ、よろしくな!! 』 最初に出てきた映像には、ルカリオと出会ったばかりの頃のもの。 最初は仲良くしてくれなかったルカリオも次第にサトシを認め始めて…。 『波導は我にあり』 サトシが初めて波導を使った場所。 そこでルカリオはアーロンの後を追って波導を使い切った。 最後に出てきた映像はルカリオの記憶ではなく想い。 今までの映像とは違い、サトシの目の前にはルカリオのホログラムがあった。 大量の時間の花が作り出しているのだろう。 「サトシ…、時間がないからこれだけ伝える。 ありがとう」 ルカリオの精一杯の感謝の言葉。 サトシの頬にルカリオの手が当たる。 『ありがとう』と伝えると、ルカリオの形をしたそれは沢山の光の粒になって空へと舞い上がった。 つー…っとサトシの頬に涙が伝う。 「ルカリオ…、俺こそありがとう。 それから…、ごめんな…」 感謝の言葉と謝罪の言葉。 色々と助けてくれたルカリオ、だけど自分のせいで死なせてしまった。 そんな想いが込められた言葉だった。 ルカリオのホログラムが消えたあと沢山の時間の花も共に散り、後には何もないただの遺跡になった。 だけどサトシだけはいつまでもその空を見上げていた。

次の

ポケモンGOはスパイ情報収集に加え洗脳実験にも使われている!?

ポケモン 洗脳

上の画像は7月24日放送のニュース番組を筆者が撮影。 政治家とか政府関係者が公務中にポケモンGOに興じているのか。 ならばそれも問題だが、そもそも国家重要施設にポケモンが出るって・・・ 先週末から、ポケモンGOが話題です! すでにネットでは様々な憶測が流れていますが、このゲームはCIAが背後おり、ユーザーは彼らのために、図らずもせっせと建物内の映像情報を送り続けるスパイになっていると見てよいでしょう。 そもそもグーグルアースもCIAが軍事目的で作ったといわれており、ストリートビューはその補完データです。 今回は今まで確認出来なかった施設や建物の室内情報を収集し手中にしようということでしょう。 考えたくはありませんが、こうしたデータが世界中のテロや犯罪に使われる日も、遠くはないと考えます。 すでにプーチンはポケモンGOの国内利用を禁止しています。 参考: 冒頭のニュース映像のとおり、首相官邸の入り口や国会にも複数のポケモンがすでに発見されてます。 単なる娯楽ゲームであれば、国家の重要施設の中までゲームの舞台にしなくても良いのでは、と普通の感覚なら思います。 でもこれが、テロや犯罪を目的とした施設内の事前データ収集だと考えれば、符号します。 またこれに加え、きな臭い噂もあり、以下、それについて述べているから引用します。 2013年に死去した任天堂創業者、山内溥氏の保有株式は4人の遺族に相続されて 彼ら親族は、莫大な相続税を支払うため保有株式を売却せざるを得なくなり、 任天堂がいったん受け皿となり、引き取った。 その結果、山内家は筆頭株主でなくなった。 そして、2015年7月11日、任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍で亡くなった。 55歳だった。 今や、任天堂を実質支配するのは、 CIA系列の金融機関 である。 山内溥氏と岩田聡社長の一連の死には、ある疑念が渦巻いている。 そして、今年のポケモンGOの世界的普及へとつながって来る訳である。 スマホをスイッチオフにしていても、盗聴されほうだい。 位置情報もまる分かりと・・・ スマホ所有者が知らない間にスパイと化してしまうのだ。 これが、最低限、知っておかなければならない重要事項です。 しかし、話はそれで終わらない。 ポケモンGOで遊び始めると、結構長時間に渡って、そのチャンネルに アクセスすることになる。 これが、極めて意味のある最重要ポイントである。 皆さんが誰でも知っている日本のある公的組織は、 平成16年から対象者の考えや視覚映像の脳内信号を傍受する装置 (思考盗聴装置)の運用が始まったと記録されています。 しかし、これよりもはるかに簡単に出来るのが、対象者の脳に影響を 与えることの出来る 洗脳周波数を送る特殊な装置の存在があります。 長時間に渡って、そのチャンネルにアクセスさせる事が可能になると、 その対象者に 様々な影響を与える事が出来るようになる訳であります。 余談になりますが、来月8月12日は、JAL123便墜落の命日ですが、 トロンOS関係者が17人も同じ機に乗り合わせる事は有り得ない。 何かあった時には、全てを失う事になるからです。 これは、会社・企業の鉄則です。 しかし、実際には現実に起こってしまった。 これが無ければ、今のマイクロソフト社は無かったとも云われています。 ところで、このJAL123便には、もう一人、ある特種な人物が搭乗していました。 大阪大学で大脳生理学を研究していた、塚原仲晃教授です。 彼は、マインドコントロール、つまり洗脳についての専門家であり、 厚生省管轄の国家プロジェクトに関与していたと云われています。 この両者は、実際に搭乗していたのか、亡き者にされて、貨物室に安置されて いたのかは、今となっては知る由もありませんが、 闇の連中にとって不都合な人物という意味では、様々な憶測を呼んでいます。 搭乗員名簿なんて、簡単に改竄出来るような連中が相手な訳ですから。 話はJAL123便の謎にまで遡っていますが、ポケモンGOをはじめとするスマホゲームから洗脳周波数が発せられているという可能性は、出資がCIAであれば、なおさら否定はできないでしょう。 また人の意識を洗脳することについてはすでに実用化に段階にあることが分かっています。 以下、上記引用もとからの抜粋です。 米軍が、電磁波パルスを人体に照射して、音声を送信する技術を開発しており、 この技術を使って国民を洗脳している驚くべき実態を紹介している。 荒唐無稽と思われる精神工学に関する主張が、米軍の情報公開で裏付けられている。 米軍の研究機関の研究レベルの先進性が浮き彫りになっている。 健康科学の観点から人体に作用する微弱エネルギーの周波数コードの多くが 特定されているといいます。 ここで人体に影響を与える周波数コードは人体が神経伝達に使っている 低レベルのエネルギーであることがポイントといえます。 この微弱エネルギーが作用する周波数と反応を把握しておけば 目的の反応にコードをあわせ、狙った生体内反応や要素のみに 劇的な効果を与えることができるのです。 これらの生体物理学が医学で実用化されれば、薬学に基づいた健康管理の 化学モデルに破壊的イノベーションを起こすといえるでしょう。 しかし、この技術を人間を思ったように制御するために使用する研究も 進んでいることが、本書では述べられています。 軍(アメリカ?旧ソ連?)は1950年代から研究を始め、 当初は化学薬品や幻覚誘発剤を使用していたのですが、1970年代前半には、 「人間の行動は、微弱エネルギーを調整して使用すれば変化させることができる」 ことが明らかになりました。 そして現在、技術レベルは「感情、思考、記憶を外部装置から操作できる」 ところまできているそうです。 インターネットを始めとする情報媒体やその中で人々が活用するSNSなどのアプリケーションは、体制側から与えられたツールです。 その大前提に立って考えれば、話題の無料アプリやゲーム等には、なんらかのカラクリが隠されていると考えるのが妥当でしょう。 by ken•

次の

元気いっぱいな姿に癒やされる……。「ポケモン」より「フウロ&スワンナ」と「カミツレ&エモンガ」のフィギュアを見てきた!

ポケモン 洗脳

コトブキヤは11月30日、メガハウスが主催する展示イベント「メガホビEXPO 2019 Autumn」にて、展示ブースを出展している。 「メガホビEXPO 2019 Autumn」では、11社のフィギュアメーカーが一堂に会し、フィギュアなどのホビー商材の展示やステージイベントが開催された。 今回、実際に当イベントへと足を運び、まだ発売前となる試作品や新商品をたっぷりと見てきた。 どれも素晴らしいフィギュアばかりではあったが、本稿では、その中でも特に惹かれた「フィギュア フウロ&スワンナ」と「フィギュア カミツレ&エモンガ」をピックアップ。 会場で聞けた担当者の話とともに、これらフィギュアの見どころと魅力を紹介していく。 フィギュアでは、両キャラクターの相棒ポケモンである「スワンナ」と「エモンガ」もセットで立体化されている。 展示されていたのはフィギュアの試作品で、未彩色のもの。 しかし、すでに立体感と躍動感にあふれており、元気いっぱいなフウロと、クールなカミツレの雰囲気がとても良かった。 「フウロ&スワンナ」は、元となるイラストより等身が少し縮んでいるような印象だが、担当者によれば、一面しか見えないイラストと違い、全角度から見えるフィギュアならではのアクセントを入れているとのこと。 ズボンなどの細かい部分までイラストでは再現できないような造形にしているという。 元となったイラスト また、キャラクターだけでなく、ポケモンにもめちゃくちゃ気合いを入れているとのことで、非常に可愛らしい造形になっている。 明るいフウロとは対象に、キリッとした目つきで艶やかさを醸し出すスワンナと、クールに決めるカミツレとは対象に、ぽわっとした表情で愛くるしいエモンガがお互いのキャラクターの良さを引き出しており、見ていて飽きない。 ポケモンはデザインがシンプルだからこそ、目の大きさや位置などが少し変わるだけで表情が大きく変わってしまう。 可愛らしい表情かつ雰囲気を崩さないよう立体化するために、細かい調整が行なわれたのだろう。 個人的には、フウロのパッチリとした大きな目と、大きく口を開けた明るい表情に惹かれた。 表情だけでなく、なびく髪に片手を上げたポーズでフウロの明るさが引き立っており、キャラクター性をとても感じられる。 これから彩色されるのがとても楽しみだ。 ちなみに、コトブキヤは、これまで「レッド」や「グリーン」などの初期の「ポケットモンスター」に登場したキャラクターもフィギュア化している。 昔と今ではイラストの雰囲気が変わっているが、昔に寄せすぎても今に合わず、今に寄せすぎても昔に合わなくなってしまうので、どの世代の人にもイメージが合うようにリファインしているという。 なお、「フィギュア フウロ&スワンナ」は12月に予約開始予定。 「フィギュア カミツレ&エモンガ」に関しては、すでに受注受付が終了している。

次の