長芋 レシピ 生。 長芋ジュースのレシピ。便秘解消に効果的、ガッテンで話題。

長芋を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

長芋 レシピ 生

そのまま食べるとサクサク、すりおろすとトロトロの食感が楽しい長芋。 中国が原産の芋で、日本では北海道と青森県で多く作られています。 長芋の旬は1年に2回。 11~1月に収穫されるみずみずしい秋堀りと、3~5月に収穫されるうま味が熟成された春堀りがあります。 長芋はムチンという粘りのもととなる成分を含んでおり、胃の粘膜を保護する力を持っています。 また、長芋は消化酵素を含んでいるため、食事に含まれるでんぷんの消化を助けるだけではなく、芋の一種でありながら、生で食べられるのです。 長芋はとろろのように生で食べられる他、焼く、揚げるといった加熱調理に向いています。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 いつもならジャガイモで作るコロッケですが、長芋で作るといつもはひと味違うコロッケになりますよ。 長芋の加熱は電子レンジを使って時短しましょう。 長芋以外の具は、ベーコンやにんじん、たまねぎなど、お好みのものを入れてください。 タネを形成した直後はやわらかいので、揚げるまで冷蔵庫で寝かせるのがポイントです。 衣をつけてカラッと揚げると、老若男女を問わず人気のコロッケが完成です。 長芋、納豆、オクラ。 3つのねばねば食材を天ぷら粉でまとめて揚げると、ふわっとした食感が楽しい一品に。 味付けに納豆のタレを使うと、簡単に味が決まりますよ。 焦げやすいので、揚げる時は火加減に注意しましょう。 お好みで、からしや七味唐辛子を添えると、大人好みの味わいが生まれます。 ごはんのおかずや、おつまみに、人気を集めているレシピです。 ネバネバに栄養がたっぷり詰まった長芋は、通称「ヤマノイモ」まとめられ、地方によって呼び方が異なり、自然薯、大和芋、長芋などを総まとめして「山芋」と呼ばれます。 長芋には、亜鉛・カリウム・鉄・ビタミンB群、ビタミンCが多く含まれ、むくみや貧血対策、美容など女性には嬉しい栄養がたっぷり含まれています。 独特のぬめりには胃腸機能の回復や粘膜を保護をする働きがあり、消化にいいため、体調の優れないときにも口当たりがよく取り入れやすいため、体力回復に期待できますね。 またダイエット中の方にも失いやすい栄養を補ってくれるので積極的に摂りたいです。 生のままでも加熱しても美味しく食べられる長芋を様々な料理にアレンジして積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、すりおろして「とろろ」として食べることが多いですが、様々な健康効果を持つ食材なんです。 消化を助ける酵素を持ち、ぬめり成分が胃の粘膜を保護し、胃もたれや胸焼けを防ぐので、胃腸が弱っている時にも最適です。 長芋はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く、食物繊維と同様に働き、便秘を改善したり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。 ディオスコリンAは、試験管内の実験で、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用がわかっています。 消化酵素やディオスコリンAは熱に弱く、生で摂取をおすすめしますが、レジスタントスターチは煮ても効果が得られるので、時には煮るレシピで違った長芋の食感、味を楽しんでみてはいかがでしょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、ヤマノイモ科に含まれる食品です。 栄養素はカリウムを多く含み、粘り気が有るのが特徴です。 この粘り気は、胃の粘膜を保護してくれる作用を持っていることが知られています。 長芋の主な産地は、北海道や青森県が挙げられます。 選ぶときのポイントは、皮に張りがあり艶がる物を選ぶようにして下さい。 既に切られた状態で販売されているものは、断面が白い物を選ぶようにしましょう。 長芋を触るとかゆくなる場合は、調理する前に酢水を手に付けることをおすすめします。 また長芋は時間が経つと変色するので、直ぐに調理しない場合は酢水につけてあく抜きして下さいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、中国が原産地で、日本国内では北海道と青森県で生産量の8割以上を占めています。 長芋の収穫時期は、春堀りと秋掘りの2回です。 秋掘りの長芋は水分が多く、皮が薄いため、ひげ根をあぶって処理すれば皮ごと食べられます。 春掘りの長芋は土の中でじっくりと熟成されるので、うま味が濃いのが特徴です。 また、長芋に含まれるね、ムチンと呼ばれるばねば成分は、私たちの体の粘膜を保護する働きを持っています。 そのため、胃腸を整えてくれるだけではなく、鼻の粘膜を保護してバリア機能を高めてくれる力を持っています。 そんな長芋を日々の献立に取り入れて、元気な毎日を過ごしましょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

長芋の人気スープレシピまとめ!食感がクセになるおすすめメニュー!

長芋 レシピ 生

すりおろして「とろろ」にする料理が代表の長いもは、世界でも珍しい生のまま食べることのできる芋です。 消化酵素である「ジアスターゼ」を含み、デンプンの一部が分解されるため生で食べても胃に負担がかかりません。 長いもは水分が多いので、とろろ以外にサラダや和え物に入れてサクサクの食感を楽しむのもおすすめです。 皮を剥くと酸化して変色してしまうので、酢水に10分程度さらしてアク抜きしてください。 加熱すると食感が変わり、旨味もプラスされます。 輪切りにしてそのままソテーしたり、炒め煮してもおすすめですよ。 長いもそのものは味に大きな特徴はなく淡白なので、お好みの味付けをしてくださいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 とろろ入りの明太子ソースをかけた和風オムライスのレシピです。 玉ねぎをバターで炒めたらご飯を加え、醤油と塩コショウで味を整え皿に盛り卵をのせます。 すりおろした長いもは明太子、と麺つゆと合わせてソースを作り、オムライスの上にかけたらネギや海苔、千切りにした叔母などを飾って完成です。 中のご飯はお好みできのこを加えてもおすすめです。 とろろとオクラのネバネバ丼です。 スルスルと食べられて、シンプルな味付けは朝食にもおすすめです。 はじめに、オクラは水洗いしたらレンジで軽く加熱し、小口切りにします。 長いもはすりおろして丼に盛った皿の上にかけ、オクラをのせたら麺つゆをかけて出来上がりです。 お好みで卵、キムチ、納豆、鰹節、しらすなどトッピングしてもおすすめですよ。

次の

長芋を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

長芋 レシピ 生

そのまま食べるとサクサク、すりおろすとトロトロの食感が楽しい長芋。 中国が原産の芋で、日本では北海道と青森県で多く作られています。 長芋の旬は1年に2回。 11~1月に収穫されるみずみずしい秋堀りと、3~5月に収穫されるうま味が熟成された春堀りがあります。 長芋はムチンという粘りのもととなる成分を含んでおり、胃の粘膜を保護する力を持っています。 また、長芋は消化酵素を含んでいるため、食事に含まれるでんぷんの消化を助けるだけではなく、芋の一種でありながら、生で食べられるのです。 長芋はとろろのように生で食べられる他、焼く、揚げるといった加熱調理に向いています。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 いつもならジャガイモで作るコロッケですが、長芋で作るといつもはひと味違うコロッケになりますよ。 長芋の加熱は電子レンジを使って時短しましょう。 長芋以外の具は、ベーコンやにんじん、たまねぎなど、お好みのものを入れてください。 タネを形成した直後はやわらかいので、揚げるまで冷蔵庫で寝かせるのがポイントです。 衣をつけてカラッと揚げると、老若男女を問わず人気のコロッケが完成です。 長芋、納豆、オクラ。 3つのねばねば食材を天ぷら粉でまとめて揚げると、ふわっとした食感が楽しい一品に。 味付けに納豆のタレを使うと、簡単に味が決まりますよ。 焦げやすいので、揚げる時は火加減に注意しましょう。 お好みで、からしや七味唐辛子を添えると、大人好みの味わいが生まれます。 ごはんのおかずや、おつまみに、人気を集めているレシピです。 ネバネバに栄養がたっぷり詰まった長芋は、通称「ヤマノイモ」まとめられ、地方によって呼び方が異なり、自然薯、大和芋、長芋などを総まとめして「山芋」と呼ばれます。 長芋には、亜鉛・カリウム・鉄・ビタミンB群、ビタミンCが多く含まれ、むくみや貧血対策、美容など女性には嬉しい栄養がたっぷり含まれています。 独特のぬめりには胃腸機能の回復や粘膜を保護をする働きがあり、消化にいいため、体調の優れないときにも口当たりがよく取り入れやすいため、体力回復に期待できますね。 またダイエット中の方にも失いやすい栄養を補ってくれるので積極的に摂りたいです。 生のままでも加熱しても美味しく食べられる長芋を様々な料理にアレンジして積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、すりおろして「とろろ」として食べることが多いですが、様々な健康効果を持つ食材なんです。 消化を助ける酵素を持ち、ぬめり成分が胃の粘膜を保護し、胃もたれや胸焼けを防ぐので、胃腸が弱っている時にも最適です。 長芋はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く、食物繊維と同様に働き、便秘を改善したり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。 ディオスコリンAは、試験管内の実験で、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用がわかっています。 消化酵素やディオスコリンAは熱に弱く、生で摂取をおすすめしますが、レジスタントスターチは煮ても効果が得られるので、時には煮るレシピで違った長芋の食感、味を楽しんでみてはいかがでしょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、ヤマノイモ科に含まれる食品です。 栄養素はカリウムを多く含み、粘り気が有るのが特徴です。 この粘り気は、胃の粘膜を保護してくれる作用を持っていることが知られています。 長芋の主な産地は、北海道や青森県が挙げられます。 選ぶときのポイントは、皮に張りがあり艶がる物を選ぶようにして下さい。 既に切られた状態で販売されているものは、断面が白い物を選ぶようにしましょう。 長芋を触るとかゆくなる場合は、調理する前に酢水を手に付けることをおすすめします。 また長芋は時間が経つと変色するので、直ぐに調理しない場合は酢水につけてあく抜きして下さいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 長芋は、中国が原産地で、日本国内では北海道と青森県で生産量の8割以上を占めています。 長芋の収穫時期は、春堀りと秋掘りの2回です。 秋掘りの長芋は水分が多く、皮が薄いため、ひげ根をあぶって処理すれば皮ごと食べられます。 春掘りの長芋は土の中でじっくりと熟成されるので、うま味が濃いのが特徴です。 また、長芋に含まれるね、ムチンと呼ばれるばねば成分は、私たちの体の粘膜を保護する働きを持っています。 そのため、胃腸を整えてくれるだけではなく、鼻の粘膜を保護してバリア機能を高めてくれる力を持っています。 そんな長芋を日々の献立に取り入れて、元気な毎日を過ごしましょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の