麻婆豆腐 冷蔵保存。 麻婆豆腐の冷凍保存 一工夫しないと味が台無しに!

麻婆豆腐はお弁当に入れて大丈夫?べちゃっとしないレシピと詰め方

麻婆豆腐 冷蔵保存

豆腐はその日のうちに使い切るのが原則 豆腐は加工食品ですが、だからと言って日持ちするわけではありません。 パックに入ったままでも長くて1週間、開封したものであれば持って2日です。 それ以上たつと色は黄ばみ、においもきつくなり、終いには粘り気が出てきます。 これでは食べる気も起きません。 基本的にはその日のうちに食べきります。 離乳食に使う場合でも残りは料理に使いましょう。 豆腐を長持ちさせるためには毎日湯通しすることですが、それでも3日は置かない方がいいでしょう。 消費期限が切れた豆腐を食べる時もとりあえず加熱が必要です、麻婆豆腐にするのも一つの手段と言えます。 麻婆豆腐の保存期間も1日以内がベスト 麻婆豆腐にすれば日持ちするのか?そんなわけはありません。 むしろ調理した方が日持ちしなくなってしまい、数時間でも劣化しています。 とにかく冷蔵保存を原則として1〜2日。 その間に水分が出てくる覚悟もしておきましょう。 冷凍という方法も考えられますが、豆腐を冷凍すると食感が様変わりしてしまいます。 それでも良ければ冷凍した方が日持ちします。 どのような形であれ使い切れなかった豆腐を食べる時は安全のために加熱をしましょう。 麻婆豆腐の場合も一緒です。 菌は見えなくても繁殖しています。 <スポンサーリンク>.

次の

豆腐の冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と5つのメニュー

麻婆豆腐 冷蔵保存

麻婆豆腐はお弁当に入れて大丈夫!【豆腐って入れてもいいの?】 豆腐は傷みやすいから、お弁当に入れられないという人がいますが、ちょっとだけ解釈が違います。 水分がしっかり抜けていれば、お弁当に入れられるのです。 確かに、水っぽい物というのは、お弁当に不向きです。 豆腐に限ったことではなく、水分の多い野菜なども不向きです。 しかし、ほうれん草の場合などは、水分をぎゅっと絞って胡麻和えにしてから、お弁当に入れますよね? それと同じことだと考えてくださいね。 麻婆豆腐のお弁当【おかずにする?丼にする?】 丼の方がおすすめです。 おかずとして入れることはできますが、想像できるように、固形ではないので、崩れやすいです。 おかずにして詰めるより、ご飯の上に乗せて麻婆豆腐丼にした方が、崩れにくいですよ。 私は、夫が弁当箱を斜めにしてもダメージが無いように、いつも丼にして入れています。 麻婆豆腐のお弁当が【べチャッとしない3つのコツ】 麻婆豆腐を丼でお弁当にする際、水っぽく、ベチャっとしないか気になりますよね。 3つのコツを守れば、お弁当に入れられますよ。 豆腐を煮込んで水分を出す 豆腐を煮込むのがポイントです。 麻婆豆腐の作り方は、にんにくや挽肉を炒めた後に、水を入れて、甜麺醤等で味付けして豆腐を煮ます。 最後に片栗粉でとろみをつけるのが基本です。 豆腐を煮るところで、 クツクツと数分煮込むのがポイント。 この時、沸騰したら弱火にして煮込みます。 ここで 煮込むことで、水分がしっかりと抜け、お弁当に入れやすくなります。 強めにとろみをつける クツクツ煮込んだ後は、片栗粉でとろみをつけます。 その際、 ちょっと強めにとろみをつけましょう。 レシピ通り作ったら、さらっと水っぽい麻婆豆腐だったということはよくあります。 水っぽいなと思ったら、水溶き片栗粉を少し追加してあげましょう。 冷たいまま乗せる 晩ご飯に作った麻婆豆腐は、冷蔵庫にしまって保存しますよね。 翌日の朝は、 冷たいままお弁当に入れましょう。 温めたくなるかもしれませんが、冷たいままでOKです。 片栗粉の性質で、温かいと水っぽくなり、冷たいと固まります。 ある程度固まっているままご飯の上に乗せることで、ベチャっとしません。 麻婆豆腐のお弁当【詰める順番】 麻婆豆腐のお弁当を作る時は、その他のおかずから詰めた方がいいです。 想像が出来るかもしれませんが、麻婆豆腐は固形じゃないので、詰めにくいんですよね。 詰める順番は、最後にしましょう。 カレー用のスプーンで詰めるのがおすすめです。 麻婆豆腐のお弁当は【冷たくても美味しく食べられる】 麻婆豆腐のお弁当は冷たくても美味しいんですよ。 これは、夫と私で実験した結果です。 夫はお弁当を温めないで食べるのが好きです。 何回も麻婆豆腐弁当を作ったことがあるのですが、「美味しかった?」と聞いてもいつも「美味しかったよ」というのです。 本当かな?と思っていたので、 ある日自分にもお弁当を作り、夫が食べる時間に合わせて食べてみました。 もちろん、温めないで食べますよ。 すると、案外美味しいのです。 あれ?と思いました。 こういうのって、冷めると食感がザラザラしたり、水っぽかったりするのですが。 食感も問題なく、全然水っぽくなく。 美味しかったのです。 ちなみに、お弁当を作ったのは4時半。 夫が食べるのは12時でした。 当たり前かもしれませんが、 春~夏の温かい時期は保冷剤必須にしてくださいね。 麻婆豆腐の【おすすめレシピ】 おすすめの、麻婆豆腐のレシピをまとめました。 花椒粉を使って、本格的な味になります。 作ったことありますが、家庭でもできるレシピになっており、とても美味しいです。 こちらを作ってからは、麻婆豆腐の時は、花椒粉を必ず入れるようになりました。 こちら、いつも参考にさせていただきますが、生のにんにくと生姜を使うので、香りが良く仕上がります。 簡単で美味しいです。 愛用中のパッキン付きお弁当 現在使っているお弁当箱は、 SKETERのアルミ弁当箱850ml。 SKETERと言えば、様々な種類のお弁当箱を販売していて有名です。 本当はステンレスのパッキン付き弁当箱を探していたんですが、主人のサイズだと7000円を超えることがわかり、断念しました。 雰囲気の似ているアルミ製で素敵な物を見つけたので決めました。 リンク この弁当箱の特徴は• 熱伝導が良く熱々のごはんもすぐに冷める• パッキン付き• バッグル型でしっかり2点ロック• 蓋に空洞があるのでおかずが飛び出ても蓋が閉まる• サイズが豊富。 600、850、1000ml。 ロゴがかっこいい• 色が4色選べる です。 私は熱々のご飯を弁当箱に入れ、すぐに冷蔵庫に入れるんですが、冷めるのもとても早くて助かっています。 「漏れるのだけは絶対嫌だ」と言う主人も気に入っているようだし、しばらくはこれを大事に使おうかなと思っています。 ちなみに、色は夫に好みを聞いて「ダークブルー」にしました。 色付きのアルミ弁当も珍しいですよね。 お弁当作りは賢く時短しよう お弁当の準備って結構大変ですよね。 疲れていても、時間がなくても、作りますし。 前準備も、買い物~作るまで結構時間が取られます。 晩ご飯にわざと麻婆豆腐を多めに作って、翌朝のお弁当にできたら楽だと気づきました。 私も楽だし、夫も麻婆豆腐弁当が好きなので、堂々とお弁当に入れるようになりました。 お弁当作りの時短にもなりますので、良いですよね。 ちょっとのコツで冷たいまま美味しく食べられるので、是非お試しくださいね!.

次の

麻婆豆腐の保存方法と保存期間!日持ちさせる方法とは?

麻婆豆腐 冷蔵保存

Q いつもお世話になっています。 鍋料理が便利なのですが、何日くらい痛まず食べられるのでしょうか。 一人暮らしで、何食にも分けて食べています。 一日目 夕食 鍋を肉、あさりなどでだしを取りながら、きのこ、玉ねぎ、にら、キムチなどで鍋を作る。 四人前くらい。 汁をなるべくすくわずに。 二日目 朝 残りの鍋を普通に火を通してたべる。 三日目 朝 水を足し袋ラーメンをいれてゆでる。 夜 お米をいれて、雑炊にする。 4皿は冷凍しておく。 こんな感じで、何食か分けているのです。 鍋からは直接食べていません。 麺類も具もほかの器にとって食べています。 ただ、うどんやラーメンはそのまま鍋でゆでてます。 家の中は寒いです。 夏にやるつもりはありません。 できれば面倒なので野菜の追加で、五日目、六日目と増やしていけたらいいのですが、 衛生面とかでこの料理はいいのでしょうか? A ベストアンサー 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です。 僕は調理師をしていて、賄いを自分の分だけ作ってます。 ほぼ同じようなことをしてます。 僕は冷凍すらめんどくさいので、食べ切るまで続けます。 出し汁や野菜、肉を足しながら、忙しい時は10日位。 ちなみに、常に室温で置いてます。 店の食材に匂いが移るといけないので。 調理場は暖房を使わないので、営業時間内は室温12、13度です。 火をしっかり加熱していれば、この室温でも1週間は大丈夫です。 僕は大鍋で作って、これには味付けはしません。 味のバリエーションが減るので。 水炊きの状態です。 疲れてめんどくさい時は、柚子ぽんや塩だれで水炊き風にします。 あとは、食べ切る分だけ小鍋に移し、そのつど味付けすればいろんな味が楽しめます。 無駄にしない限り経済的だと思います。 水や出し汁を足す時はある程度鍋の出しが減ってきてからの方が良いと思います。 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です... Q たびたびお世話になっています。 ありがとうございます。 最近、味噌汁を毎日飲むようにしているのですが、(一人暮らし) かなり大きい鍋に、かなりの量の味噌汁を作って それを毎日1-3回くらいずつ、飲もう(いただこう)という 感じで多めに作ってみたのです。 1日に何回か、火を通せば、それなりに日持ちするかな?と 考えて、たくさん作ったのですが、 『煮立てると風味が飛ぶ』というのは何かで見て知ってるのですが、 もう細かい風味などいいので、毎日作る手間を減らしたいのです。 ただ、やはり、朝など、長時間火を通さないままの状態で 鍋の中を見ると、 表面に浮いた具が、いやな臭い(生ゴミ臭)がして 心配になってしまいます。 その後、また全体に火を入れれば、 味そのものは全く問題無く、普通においしい味噌汁として 飲めるのですが、 とはいえなんか心配なので、質問させてください。 味噌汁というのは、どのくらい持つものなのでしょうか? ちなみに、具としては、木綿豆腐、ねぎ、大根、じゃがいもとにんじん少々と カットわかめ を入れてます。 よろしくお願いします たびたびお世話になっています。 ありがとうございます。 最近、味噌汁を毎日飲むようにしているのですが、(一人暮らし) かなり大きい鍋に、かなりの量の味噌汁を作って それを毎日1-3回くらいずつ、飲もう(いただこう)という 感じで多めに作ってみたのです。 1日に何回か、火を通せば、それなりに日持ちするかな?と 考えて、たくさん作ったのですが、 『煮立てると風味が飛ぶ』というのは何かで見て知ってるのですが、 もう細かい風味などいいので、毎日作る手間を減らしたいのです。 ただ、や... A ベストアンサー 多少煮立てて水分を飛ばして容量を減らしてから、タッパのような容器に移して、冷めてから「冷凍庫」にインです。 毎回食べる分だけ取り出します。 凝縮されて味が濃いので、再度火にかけた手鍋で、水を足しながら味を調整する必要があります。 あと、凍った状態で適量をスプーンでほじくるのは結構な手間なんで、羊羮を作る仕切りのついた容器、もしくは氷を作るマスが小さめなやつとかだと、大体ですが適量の見当がつきます。 保存日数は具にもよるかもしれません。 凍らせるマス目の大きさも考えて、大きな具材は入れられません。 では、まとめます。 ・凍らせるのは汁のみ。 味をある程度整え上記の手順で凍らせます。 ・具は3日分にとどめた量を加工して切っておく。 百均にあるような小さなタッパを数個用意し、それぞれの、例えば豆腐のサイコロ切り、水戻しワカメ、小間切りネギ、一口油揚げなどを冷蔵庫に保管する。 ・合体。 どうでしょう?参考になれば幸いです。 細かい注意点なんかはいっぱいありますが、味より手間って印象なんで、割愛します。 まず試して試行錯誤するのも楽しいと思います。 あ、味噌の臭いは強いので、凍らせる容器を裸にしたままだと、冷凍庫に臭いが伝播します。 二重にしてお試しください。 消費期限に関してですが、 具材にもよりますが、冷蔵庫による保存の状態で、真夏は30時間、真冬は80時間くらいで安全圏内だと思います。 多少煮立てて水分を飛ばして容量を減らしてから、タッパのような容器に移して、冷めてから「冷凍庫」にインです。 毎回食べる分だけ取り出します。 凝縮されて味が濃いので、再度火にかけた手鍋で、水を足しながら味を調整する必要があります。 あと、凍った状態で適量をスプーンでほじくるのは結構な手間なんで、羊羮を作る仕切りのついた容器、もしくは氷を作るマスが小さめなやつとかだと、大体ですが適量の見当がつきます。 保存日数は具にもよるかもしれません。 凍らせるマス目の大きさ... Q 豚汁など具入りの汁物の日持ち方法 こんにちは。 豚汁などの具入り汁物の日持ち方法についてお尋ねさせていただきます。 一人暮らしなのですが一人前だけ作る訳にもいかず、まとめて作って日持ちさせる事になるのですが、ある時に知人と料理話になって疑問が出てきました。 私は基本的に冷蔵庫に入れておき、食べる前に加熱して食べる、そして冷めたらまた冷蔵庫へ…を繰り返して日持ちさせています。 どちらが正しい方法なのでしょうか?(どっちでもOKと言えばそれまでですが) また今更ですが、具入りの汁物って何日ぐらい日持ちするのでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私も学生時代に、台所に西日が差すアパートに住んでいましたが、 朝作った豚汁が夕方になると膜が張って異臭を放っていて、 悲しい思いをしたことが2度ほどあります。 量が多くなればなるほど、冷めるのに時間がかかるため 菌が繁殖しやすい温度域で長時間おかれることになり、 傷みやすいのです。 一度煮立てても、基本的には同じです。 夏場に大量に作った豚汁やみそ汁を何もせず放置すると、 よほど涼しい家でもない限り半日もたないと思ってください。 一番いいのは、作りたてをすぐ小分けするか、 または鍋ごと流水にあてて冷やし、冷蔵庫保存することです。 具や塩分濃度にもよりますが、素早く冷ましたものなら 経験上、冷蔵庫で3日くらいは大丈夫だと思います。 あと注意しないといけないのは、 もやしとか味噌とか豆腐とか(人によっては牛乳とか)を入れたあと、 料理本には「煮立てすぎないように火を止める」と 書いてあると思います。 これは味の面では正解ですが、 すぐ食べ切ることを前提とした調理法であって、 食品衛生の観点からは完全に間違いです。 作り置きしたいなら、多少の味落ちは我慢して、 保存前にはちゃんと煮立てましょう。 私はその日食べる分を取り分けたあと、残りを煮立てていました。 あるいは、味噌やもやし等を入れない(未完成の) 豚汁を大量に作って冷まして冷蔵庫保存。 食べる時に食べる量だけ取り出し、 温めてから必要量の味噌やもやしを投入すると、 味落ちの心配は回避できます。 そこまでこだわるかどうかは、その人次第ですが… 私も学生時代に、台所に西日が差すアパートに住んでいましたが、 朝作った豚汁が夕方になると膜が張って異臭を放っていて、 悲しい思いをしたことが2度ほどあります。 量が多くなればなるほど、冷めるのに時間がかかるため 菌が繁殖しやすい温度域で長時間おかれることになり、 傷みやすいのです。 一度煮立てても、基本的には同じです。 夏場に大量に作った豚汁やみそ汁を何もせず放置すると、 よほど涼しい家でもない限り半日もたないと思ってください。 一番いいのは、作りたてをすぐ小分けするか、 または鍋...

次の