鉢植え 英語。 マンションで果実のなる木を鉢植えで育ててみよう~果樹の種類と育て方~

観葉植物の英語表記はfoliage plantが正しいの?

鉢植え 英語

鉢の号数とはどんな大きさ? よく鉢の大きさや、観葉植物などの大きさを号数で表してますよね。 「3号鉢」や 「8号鉢」というように。 ではその 「号」とはどんなサイズ規格なのか。 号とは口径(直径)を表す単位 この 「号」という単位は、丸いものつまり 口径(直径)を表す単位で、 植木鉢以外にも、ケーキや花火などにも使われています。 ですので、これを覚えておけば植木鉢以外にでも役に立ちますよ。 「1号=3cm」です。 つまり口径(直径)が15cmの植木鉢ということです。 最近は植木鉢のデザインや形も四角だったりさまざまで、号数ではなくcmで表しているものもあります。 植木鉢の高さは深鉢や浅鉢などさまざまですので、スタンダードなサイズの土の量となっています、目安として参考にして下さい。 大きすぎてもダメ、小さすぎてもダメです。 植物の根は鉢壁にぶつかると、そこで分岐して伸びていく性質があります。 ですので小さすぎると、直ぐに鉢壁にぶつかり分岐する根だらけになり 根詰まりを起こしてしまいます。 大きすぎると、土の量が増え、保水量も増えます。 すると保水された分を吸水するだけの根がないので 鉢内の過湿状態が続きます。 すると 根腐れを起こしてしまいます。 植え替えする時は、購入時の植木鉢のサイズを基準に 一周り大きいものを選びましょう。 植木鉢の種類 それぞれの特徴は? スポンサーリンク 植木鉢にも形や素材、さまざまな種類があります。 素材によって特徴もそれぞれありますので、用途によって選ぶとよりいいです。 【素焼きの鉢】ほとんどの植物に適する 粘土を焼いて作られています。 通気性や排水性が良いですが、 乾きやすいので水やりには注意しましょう。 普通の素焼き鉢:鉢の口径(直径)と高さがほぼ同じくらい。 ほとんどの植物に適しています。 駄温鉢:昔ながらの鉢で、粘土に砂を少し混ぜて高温で焼かれています。 縁の部分にうわ薬が塗られています。 安価で壊れにくいです。 テラコッタ:イタリア語で素焼きの意味です。 【プラスチック製の鉢】安くて軽い 安価で軽量、加工がしやすいので 色や形、デザインが豊富です。 保水性は抜群ですが、 通気性が悪いので過湿に注意 しましょう。 色やデザインは豊富ですが、やはり質感はプラスチック特有の人工素材感が否めませんので、ルックスに劣ります。 花屋や園芸店でそのまま売ってる鉢花や観葉植物は安物のプラスチック製の鉢が多いと思います。 植え替えるかおしゃれな鉢カバーなどに入れるとインテリアにもいいですよ。 【化粧鉢】装飾性が高くおしゃれ 鉢にうわ薬をかけて焼いたもので、あとからペイントされたものなど 装飾性が高いです。 うわ薬をかけているので、 通気性、排水性に劣ります。 【木製の鉢】ワイルドで素朴 通気性、排水性に優れていて、草花と溶け合い自然な風合い、 ワイルドで素朴なイメージを醸し出します。 木製なので水を吸収します。 すると 重くなり持ち運びが大変になります。 大型のものは実際に育てる場所で植えつけましょう。 通気性、排水性に優れ使い込むほどに味が出てきますが、 耐久性には劣ります。 【金属製の鉢】サボテンや多肉植物向き ブリキの植木鉢などがとても人気です。 アンティーク調なものや、 ジャンクガーデンなどに似合うデザインがあります。 アメリカンなイメージを作り出せます。 金属製の為、 水分に触れることが多いとサビて腐食してしまいます。 鉢カバーとして使うのがオススメ。 もしくは水やり回数が少ない サボテンや多肉植物に向いています。 【紙製の鉢】エコな鉢 古紙を利用した鉢です。 軽くて通気性に優れています。 耐久性が弱く、1~2年が目安です。 使用後はそのまま燃えるゴミとして捨てれる エコな容器です。 おまけにケーキのサイズもわかっちゃいます。 鉢の種類も特徴もさまざまです。 小さめのインテリアグリーンとして僕のオススメは、 自分で色を塗った素焼き鉢です。 この写真の素焼き鉢も僕が自分で塗りました。 素焼き鉢は安いし自分で簡単におしゃれな鉢が出来上がりますよ。 おすすめのペンキがあります、 「バターミルクペイント」で検索してみてください。 すごく格好いい色がそろっていますよ。 スポンサーリンク.

次の

パイナップルの育て方|プランター栽培・鉢植えでの栽培方法のポイントやコツ

鉢植え 英語

時間帯を大まかに表現する代表的4区分 英語における、1日の大まかな時間帯の区分は、 morning 、 afternoon 、 evening 、 night の4区分で扱えます。 この4語が把握できていれば、日常会話で時間帯の表現に困る場面はそうそうないでしょう。 morning 、afternoon 、evening 、night の4語は、おおむね日本語の朝・昼過ぎ・夕方・夜に対応すると言えます。 ただし、それぞれ念頭に置かれる時間の範囲はまでピッタリ対応するとも言い切れません。 morning (朝) morning は、通例としては、 《日の出から正午を迎える辺りまでの時間帯》を指す語として用いられています。 つまり日本語の「朝」とぴったり対応する語として使えます。 厳密には深夜0時~昼12時 morning の辞書的定義は、たとえば OxfordDictionaries では、「midnight と noon の間」という風に記述されています。 The period of time between midnight and noon, especially from sunrise to noon. つまり、辞書的には 深夜0時から昼12時までの12時間が丸ごと morning に該当し得ます。 morning は「朝」というより「午前」と捉えた方が厳密な意味に近いのかもしれません。 afternoon (午後) afternoon は 、通例としては、 《正午から日没を迎える辺りまでの時間帯》を指す語として用いられています。 日本語のいわゆる「午後」に対応する語といえます。 英語辞書の定義は「正午または昼飯時から evening まで」。 evening は、日没時(おおむね午後6時)以降を指す時間帯です。 The period of time at the end of the day, usually from about 6 p. to bedtime. evning は主観を含む語 evening は特に「何時から何時まで」と規定できる語ではありません。 個人によって evening が含む時間の幅に違いが生じることもあります。 早寝の習慣がある人は、evening は夜9~10時頃までという認識かもしれません。 他方、夜更かしする人は深夜0時を過ぎて日付が変わってもまだ evening という認識になり得ます。 night(日没~日の出) night は、通例としては、おおむね午後9時以降~翌午前4時くらいまでの時間帯を指す語です。 日本語の「深夜」のニュアンスが近そうです。 辞書的にな定義としては、日が沈んでから日が昇るまでの時間を指す言い方です。 つまり太陽が不在で闇に包まれている時間帯を丸ごと含みます。 更に細かくニュアンス豊かに時間帯を特定する言い方 朝方の時間帯を表現できる語 夜明け:dawn 日が昇り始める前に、次第に空が明らんでいく時間帯を dawn といいます。 twilight とも言います。 日本語では、「夜明け」や「薄明」と訳せるでしょう。 また、夜が明ける頃を表す「あけぼの」と言うこともできます。 日の出:sunrise 「日の出」は英語で sunrise と表現できます。 おおよその時間帯は午前6時前後。 ちなみに、日の光が最初に見える瞬間は daybreak と言います。 口語表現では、 sunup とも言います。 こちらは主にアメリカで用いられているようです。 早朝:early morning 日の出から午前8時頃までを early morning と言います。 日本語の「早朝」に当たる時間帯です。 お昼前後の時間帯を表現できる語 昼前:late morning 午前11時から正午までは late morning と言います。 また、正午やお昼ご飯の直前であることから、 before noon(正午前)や before lunch(昼前)などと言ったりもします。 正午:noon 正午ぴったり、つまり午後12時は noon と言います。 1日の真ん中という意味で、 midday とも呼ばれます。 昼下がり:early afternoon afternoon の中でも、午後1時から3時頃までを early afternoon と呼びます。 日本語では「昼下がり」と訳せるでしょう。 ちなみに、午後4時から5時頃までは late afternoon と呼びます。 夕暮れ時を表現できる語 夕方:early evening 日本語では「夕方」と訳される evening ですが、本来は「夕方から夜」を指しており、日本語の「夕方」よりも長い時間帯を表していると言えます。 日本語の「夕方」に当たる時間帯(だいたい午後5時から7時頃まで)は、 early evening と呼びます。 日没前:eventide 「日没前」は、英語で eventide です。 夕日が沈む直前、太陽がまだ山の尾根に残っている状態を表します。 古めかしい言い方では、 crepuscular という言葉もあります。 日没:sunset 「日没」や「日の入り」は、 sunset または sundown と言います。 地平線から太陽が消えた状態です。 だいたい午後6時頃を指します。 夕暮れ・日暮れ:nightfall 日没直後は、 nightfall または even fall と呼びます。 日本語では「夕暮れ」や「日暮れ」に該当するでしょう。 「夕暮れ」や「日暮れ」の前は、 before dark と言います。 小さい子どもの門限は、だいたい before dark です。 黄昏時:twilight twilight は、sunset(日没)と dusk(夜の手前)の間のわずかな時間帯を表します。 日没後、まだうっすらと夕方の赤い光が残っている状態をイメージしてください。 日本語では「黄昏時」と訳せるでしょう。 禍ツ時:gloaming gloaming は、日没後、完全に暗くなるちょっと前の状態を表します。 twilight のまだ明るい状態から徐々に夜へと変わっていく時間帯を指します。 日本語では、暗くなって事故が起こりやすい時間帯を表す「禍時」や「逢魔時」と訳せるでしょう。 日没後:dusk dusk は、夜が来て完全に暗くなる前の状態を表します。 日没直後を表す nightfall や、日没後まだ明るい状態を表す twilight、日没後完全に暗くなる少し手前の gloaming なども全て含みます。 深夜の時間帯を表現できる語 午前0時:midnight 午前0時ぴったりは、 midnight と呼びます。 日本語では「正子」と訳されます。 「正子」はあまり聞きなれない言葉ですが、日本語で午前0時を表す単語です。 midnight の訳語として「真夜中」を使うときもありますが、「真夜中」は午前0時ぴったりだけを表す言葉ではないので、「正子」と言ったほうが正確です。 また、午後0時は witching hour と呼ばれたりもします。 18世紀頃、午前0時には、魔女が現れて魔法を使るという言い伝えが由来だそうです。 真夜中・深夜:late night 夜が更けた頃を表す「真夜中」や「深夜」は、 late night と言います。 また、夜が更けて静まり返った頃は、 dead of night とも言います。 直訳すると「死の夜」です。 なんだか禍々しいですね。 日本語では、午前2時から2時半頃を指している「丑三つ時」とも訳せるでしょう。 「丑三つ時」とは、ひっそりと静まり返った真夜中を指します。 誰も外を出歩かない時間帯を指していることから、「草木も眠る丑三つ時」なんて言い方もされます。

次の

アジサイ(紫陽花)の育て方。コツとお手入れ、植え替えなどを一挙公開します

鉢植え 英語

植木鉢とは? 植木鉢とは、植物を育てるための容器の総称です。 植木鉢には見て楽しむ「観賞用」と野菜などの収穫を目的とした「栽培用」の2種類があります。 最近では、栽培用でもデザイン性を備えた種類が出てきており、観賞用と使い分けることが少なくなりました。 植木鉢のサイズは?「1号」って何cm? 植木鉢の大きさは1号、2号・・・のように「号」という単位でサイズを表します。 号数は植木鉢の上部一番広いところの長さ(口径)で決まり、1号は約3cmです。 素焼き鉢のように厚みのある植木鉢は、厚みも含んで表記されています。 プランターのように長方形の鉢の場合も、角鉢と同じように寸法が記載されており、号数の計算は外幅を計測します。 外幅が30cmのプランターなら、10号プランターとなります。 植木鉢は1号あたりどれだけの土が必要になるの? 植木鉢は号数によって中に入る土の量も変わってきます。 土の量はリットル(L)によって表記されるのが一般的です。 植木鉢の種類によって高さも異なるので、目安の量よりも少し多めに土を準備しておくのがおすすめです。 以下の表に、鉢の号数ごとに土の量の目安をまとめました。 号数 鉢の直径(cm) 土の量(L 3号鉢 9 0. 3 4号鉢 12 0. 6 5号鉢 15 1. 3 6号鉢 18 2. 2 7号鉢 21 3. 5 8号鉢 24 5. 2 9号鉢 27 7. 8 プランター 65 12~13 植木鉢は深さで種類が変わるの?呼び名は? 植木鉢は深さによって呼び名が変わり大きく3つに分けられます。 浅い順に浅鉢(別名、平鉢)、スタンダード鉢、深鉢と呼びます。 同じ号数であっても、深さが違うことから、使う土の量や向いている植物が種類によって違うので注意してください。 また、用途によっては、天井などからつって楽しむハンガー(吊り鉢)、壁にたてかけるウォールポケット、スイレンなどの水生植物を植え付ける睡蓮鉢など特殊なものもあります。 浅鉢(平鉢/皿鉢) 浅鉢とは、鉢の深さが口径よりも小さい植木鉢のことです。 別名皿鉢と呼ばれ、寄せ植えや根を浅くはる植物の栽培に向いています。 スタンダード鉢 鉢の高さが、口径の70~80%ほどの植木鉢を「スタンダード鉢」といいます。 ほとんどの草花に対応し、単に「植木鉢」というと本種を指すのが一般的です。 深鉢 深鉢とは鉢の高さが口径以上の植木鉢のことです。 太い根を地面に垂直に伸ばす直根性の植物や、背の高い観葉植物の植え付けに向いています。 材質による植木鉢の種類5選! ここまでは植木鉢の深さで3つの種類に分けられることを紹介しました。 しかし、実は植木鉢の「材質」によっても植木鉢はいくつかの種類に分けられます。 園芸でよく使われるのは、プラスチック鉢か、素焼き鉢と呼ばれる種類です。 今回はそれらを含めた5種類の植木鉢をご紹介します。 素焼き鉢(テラコッタ鉢) 素焼き鉢は、別名「テラコッタ鉢」とも呼ばれる、土を高温で焼いて作られた陶器の鉢のことです。 土と土の間に細かな穴が空いているため通気性や排水性に優れ、熱が伝わりにくいため夏場でも鉢の中が高温になりにくいのが特徴です。 少し高価で壊れやすいこと重量があるという欠点もありますが、植物が育ちやすい環境を作ってくれるので初心者の方に向いています。 関連記事 2. プラスチック鉢(プラ鉢) プラスチックで作られた鉢のことです。 安価で軽く割れにくいことが特徴で、形やカラーバリエーションも豊富。 植物の大きさやインテリアに合わせやすいため、誰もが使いやすい植木鉢です。 ただし、通気性が低く熱が伝わりやすいので、鉢の中が高温になりやすい夏や、土が乾きにくい冬の管理には注意が必要です。 化粧鉢(塗り鉢) 化粧鉢は、薬を鉢に塗ってから焼いた鉢のことです。 塗り鉢とも呼ばれ、デザイン性に優れているためインテリアとしても活躍してくれます。 熱を通しにくい反面、通気性が悪く、繊細な草花の栽培には向きません。 観葉植物など生命力の強い植物がおすすめです。 木製の鉢 木製の鉢は、和のデザインによく似合い自然を演出できる植木鉢です。 室内におくとおしゃれなインテリアに早変わり。 水はけや通気性がよいので、植物にとって生長しやすい素材です。 ただ、素材が木なので腐りやすく壊れやすい一面もあります。 他にも植木鉢があるのであれば、鉢カバーとして使えば、デザイン面もコスト的にも優れた使い方ができますよ。

次の