ひき肉 解凍。 ひき肉の冷凍保存、方法や期限、解凍は?下味付やハンバーグ、パラパラにも冷凍可?

【時短】たった5分!冷凍肉を早く自然解凍する方法|得する人損する人

ひき肉 解凍

ひき肉(ミンチ)の冷凍保存方法・1つ目は、そのまま冷凍させることです。 忙しいとついついやりがちではありますが、パックのまま冷凍させるのはご法度です。 その他にも以下の点に注意することで、安心・安全にひき肉を冷凍保存させることができますよ! 注意すること• 新鮮なうちに冷凍させる• 手で直接お肉に触らない• 空気に触れないように密閉させ、小分けにして冷凍させる• 出来るだけ急速冷凍させる 買い物から帰ってきて、ひき肉が安かったからたくさん買ったけどついつい冷蔵庫に入れっぱなしにしておくことはありませんか?ひき肉はスライス肉やブロック肉とは違ってお店で一度加工されているお肉のため、鮮度が落ちやすいです。 なので買ってきたら、上記のことに注意しながらすぐに冷凍する癖を付けましょう。 慣れないうちは、面倒に思うことでしょう。 しかし、いくら賞味期限内だとしても冷蔵庫で保存するよりも正しく冷凍保存をすることがおすすめです。 買ってきたままの鮮度で、ひき肉本来の旨味をキープさせることができますよ。 そのまま冷凍させるのではなく、文字通り味付けをしてから冷凍させる保存方法です。 味付け冷凍することで時間のない平日や、短時間で調理したい時ににとても役立つんですよ!鶏ひき肉・豚ひき肉・合挽き肉と肉別に作り方をご紹介いたします。 鶏ひき肉の材料(和風つくね味)• 【鶏ひき肉】400g• 【卵】1個• 【長ねぎ】大さじ3:みじん切りにする• 【しょうが】小さじ1:すりおろしておく• 【豚ひき肉】250g• 【合挽き肉】400g• A【パン粉】1カップ【牛乳】100ml:混ぜ合わせて置く• 【卵】1個• 調味料【塩】小さじ1【こしょう】少々【好みのスパイスやハーブ】適宜 作り方(鶏ひき肉・豚ひき肉・合挽き肉共通)• それぞれの材料全てボウルに入れて、粘りが出るまで混ぜ合わせる• ジッパー付き保存袋に入れて、平らにする• なるべく空気を抜いて、ジッパーを閉める• 時間が掛かってしまうという理由で、ついつい自然解凍してしまう方も多いことでしょう。 しかしこの自然解凍ですが、雑菌が繁殖してしまい食中毒の原因となってしまうことをご存知でしょうか?大切なご家族のためにもひき肉に限らず、自然解凍は避けましょう。 翌日にひき肉を使うご飯にすると決まっているのであれば、時間は掛かりますが前日の夜から冷蔵庫に移動させておきます。 そうすることで雑菌も繁殖することなく、安全に解凍することができますよ!また自然解凍や電子レンジで解凍した時に起こりがちな赤い水分も殆ど出てこないので、旨味を逃さず調理できる解凍方法です。 おしゃれで本格的な料理を、家で作ることのできるレシピ本です。 調理法のコツも書いてあるので、料理好きな方にはたまらないおすすめのレシピ本ですよ。 また著者の笠原将弘さんは、予約の取れない和食店・賛否両論のマスターです。 テレビのお料理コーナーにも出演しているので、ご存知の方も多いことでしょう。 ちなみに定価は1,007円で、こちらも中古本としても売り出されていますよ。 ひき肉や鶏肉も安価ではありますが、豚肉も家計を助けてくれるお肉ではないでしょうか?特売日にたくさん購入した豚肉をただ冷凍しておくだけではなく、下味冷凍させておくと忙しい時にとても役立ちますよ!そんな豚肉の下味冷凍レシピについてまとめた記事がありますので、ぜひ合わせてご覧ください! RELATED ARTICLE ひき肉を正しく冷凍保存することで美味しさも逃さず調理できますよ! ひき肉の正しい冷凍保存方法や解凍方法、賞味期限、おすすめのひき肉(ミンチ)のレシピ本についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?そのまま冷凍させる場合でも注意が必要だったり、味付け冷凍することで便利なのは驚きだったことでしょう。 また冷凍する時に注意するだけではなく、解凍する際もやり方によってはご家族の健康さえも左右させることとなります。 そして鶏・豚・合挽き肉などお肉の種類によって賞味期限が違うことも、初めて知ったという方もいらっしゃることでしょう。 美味しさとご家族の健康を考えるのであれば賞味期限内に使いきりましょう! 最後におすすめのレシピ本もご紹介いたしましたが、ひき肉を正しく冷凍保存させることで美味しさが格段とアップすることでしょう。 最初は少し手間に感じる方もいらっしゃることでしょうが、ひき肉の旨味を逃さない冷凍方法・解凍方法を行った上で調理していただけでば嬉しいです。

次の

便利!ひき肉の冷凍保存術|プロのレシピ付き| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

ひき肉 解凍

もくじ• 【ポイント】アルミは熱伝導率が高い 一般家庭にある鍋でいうと「アルミ」「鉄」「ステンレス」があり、その中でアルミが一番熱を伝えやすい。 今回の解凍方法は、熱伝導を利用するので、アルミの鍋が一番、早く解凍できますが、なければ他の鍋で代用しても大丈夫です。 わたしは、アルミ鍋がないので、ステンレスの鍋とホーローのバットで代用しました。 冷凍肉を早く自然解凍する方法 お鍋の中に、鍋底から3cm程度の水を入れる お鍋の中に、鍋底から3cm程度の水を入れます。 【ポイント】お湯ではなく、水を使う 水よりもお湯を使った方が、早く解凍できそうな気がしますが、肉に火が通ってしまう恐れもあるので常温の水がベスト。 もうひとつのお鍋をひっくり返し、その上に冷凍肉、水を入れた鍋を置く もうひとつのお鍋をひっくり返し(わたしの場合はバット)、その上にラップに包んだ冷凍肉を置く。 その上に、水を入れた鍋を置くだけ。 【ポイント】冷凍する時に、平らになるようにしておくと、より早く解凍できる 鍋が接地する面積がとても大切。 接地する面積が大きいほど、熱が伝わりやすく早く解凍できるので、冷凍する時に、平らになるよう意識しておくといい。 本当に早く解凍できました 鶏モモ肉600gが1時間で解凍できました。 番組では、 200gくらいのお肉を使っていたので5分で解凍できていましたが、さすがに、鶏モモ肉600gは5分では無理でした。 完全に中まで、ムラなく解凍できています。 肉の厚さや大きさ、気温などで解凍時間も変わるので、様子を見ながら行うのが良いと思います。 普段なら半日くらいかかるので、かなりの時短になった。 他にも、 アルミの鍋がなかったり、お肉の厚みがあったり、肉と鍋の接地面が平らでなかったりと、条件が悪かったわりに早く解凍できたと思う。 なぜ、鍋を重ねるだけで解凍できたのか 参考: なぜ、鍋を重ねるだけで解凍できたのでしょう。 学研科学創造研究所所長、湯本博文先生によると、冷凍肉が早く解凍できた仕組みは、熱伝導の性質をうまく利用したため。 熱伝導とは、温度の高い部分から低い部分へ熱が移動する性質のこと。 最近では、熱伝導を利用したアイスクリーム用のスプーンが人気ですよね。 これは、人間の体温がスプーンに伝わり、その熱が温度の低いアイスへ移動するので、カチカチに冷えたアイスがすくいやすくなります。 今回の冷凍肉の場合は、冷凍肉よりも温度が高いお鍋の水や外気の熱がアルミのお鍋に伝わり、その熱が冷凍肉に移動したことで、早く解凍できたそう。

次の

【みんなが作ってる】 解凍 ひき肉のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ひき肉 解凍

ミートソースにハンバーグ、オムレツや餃子、そしてつくねなど、ひき肉やミンチと聞いて思い浮かぶ料理って数多くありますよね。 ただ、ハンバーグだったら合いびき肉が良かったり、ミートソースなら牛ひき肉が良かったりと一括りに「ひき肉」と言ってもそれぞれのお料理に合うひき肉って違いますよね。 豚のひき肉でも最近では、油の多い餃子用なんていうのも売っていたりします。 どれでも一緒のように思いがちですが、それぞれ向いているお料理が異なるように、冷凍できる期間も違ったりしてなかなか奥が深いひき肉。 今回はそんな ひき肉の冷凍保存方法、冷凍期限や下味を付けたものは冷凍できるのか、またおすすめのレシピを合わせてご紹介します。 スポンサーリンク 目次• ひき肉は冷凍できる? 少しあると何かと重宝するひき肉ですが、冷凍することは可能なのでしょうか。 ひき肉はお肉を細かく挽いたものですので、そのまま 冷蔵しているとどんどん水分が抜けて美味しさも失われていきます。 また、消費期限も購入日から 2,3日と短く、日持ちもしません。 買ったその日に調理をするのであれば問題ありませんが、実は数日置くなら 冷凍保存が断然おすすめなんです。 ひき肉が冷凍でもストックできるなんて助かりますよね。 もしくは、そのままフリーザーバッグにお肉を入れて平らに伸ばし、一回分ずつ菜箸などで筋を入れておくと、後でぱきっと割って簡単に取り出すことができるので使いやすいです。 パラパラにして保存するには、フリーザーバックに入れて冷凍し、30分~1時間したら、一度だしてバックを振りパラパラにしたら、また冷凍庫に入れて、これをあと2回ほど繰り返します。 また、冷凍をする時に金属製のトレーやバットなどを敷いておくと、 急速に冷凍することができ、お肉の美味しさが保たれるので、こちらもおすすめです。 なお、この冷凍する際には 手で直接お肉を触らないように注意しましょう。 触ったところからどんどん雑菌が繁殖してしまいます。 また、冷凍するのであれば、買ってきたらできるだけ すぐに冷凍してしまいましょう。 消費期限切れの場合は、 ひき肉も足が早いので臭いを確認して少しでも異臭がしたら、体を壊してもいけないので処分しましょう。 とはいえ絶対にできないわけではありませんので、そこはご判断におまかせします。 ということで、下味をつけてから 冷凍ももちろん可能です。 冷凍をしている間にも味付けが染み込み、使う際にもすぐに調理することができて、とっても便利です。 ここで簡単な 下味付きのひき肉レシピをご紹介します。 保存期間は 約1ヶ月可能です。 使う時には、袋から使う分だけ取り出し、包丁で一口サイズまたは食べやすい大きさに切り分け、フライパンでしっかり焼きます。 塊としてだけでなく、ばらしてミートソースとしても使うこともできますよ。 他にも、 ハンバーグのタネを冷凍することも可能ですが、冷凍する場合は、捏ねる時に 素手ではなくビニール手袋を着用し、お肉に 直接触らないよう注意しましょう。 冷凍方法は、ハンバーグの形に成形をしてひとつずつラップでくるみ、フリーザーバッグに入れて冷凍します。 ハンバーグは 焼く前ももちろん冷凍できますが、 焼いてから冷凍をしても食べたい時にすぐ使えるのでおすすめです。 加熱前のもので 冷凍約2週間、加熱後で 冷凍1ヶ月保存できます。 時々、ハンバーグは多めに作っておいて冷凍しておくのですが、その日に時間がない時などは、冷凍庫から出して焼くだけなのでとても助かっています。 しかも味も染みておいしいのでおすすめです。 また、 肉団子や鳥つくねも同じように作り置きして冷凍保存が可能です。 ブリも冷凍がおすすめです!冷凍したブリでおいしい照り焼きも!ブリの冷凍保存はこちらをご覧ください。 それぞれの賞味期限は、次の通りです。 ただ、おいしく食べるためにはこの期間が理想ですが、1ヶ月や2ヶ月、3ヶ月と冷凍して忘れた場合、食べられないことはありませんが中身は必ず確認しましょう。 また、半年や1年など冷凍したことを忘れて放置しておくと冷凍焼けを起こし色も茶色に変化していたりするので、状態やにおいがおかしい時は処分しましょう。 解凍方法は、常温に放置するのではなく 、肉質を傷めずに解凍できるので 冷蔵解凍が適しています。 その他、電子レンジも使えますが、解凍の際に加熱しすぎないよう 短時間ずつ様子を見ながら解凍しましょう。 解凍したひき肉は、こちらも長持ちしませんので、できるだけ早めに遅くとも2日以内に使い切りましょう。 使う前には、異臭がしないか一度しっかりと確認をして判断してくださいね。 意外ですが、タコも冷凍がとっても便利です。 タコの冷凍方法はこちらを参考にしてみてください。 少しあるとお弁当やおにぎりの具材にも使えてとっても便利な作り置きのおかずにもなりますね。 甘辛く炒めて水分を飛ばしたそぼろは、 冷蔵だと3~5日程、 冷凍したら1ヶ月保存が可能です。 鶏そぼろだけでなく、豚肉でも牛肉でも作れます。 こうすることで、そぼろ同士がくっついてしまわず パラパラに冷凍され、使いやすくなります。 作ったそぼろは、そのままはもちろん、オムレツに入れたりコロッケに使ったりと万能です。 わが家では作り置きをして、こちらも献立に困ったときに重宝しています。 何にでも変身してくれるので大活躍しています。 ここでは、ひき肉を使ったおすすめレシピをご紹介します。 先ほどのおすすめの食べ方にあったそぼろの作り方もご紹介しますので、ぜひ試してみてください。 豚ひき肉そぼろ 下茹でをして油を落とし、炒める際にもオイルを使用しませんので油っぽくなく冷めても美味しいそぼろです。 あっという間にできてしまいますよ!日持ちもするのでひき肉を大量に購入したら作っておくといいですね。 小松菜ひき肉丼 子供が苦手な小松菜もひき肉と一緒に甘辛く炒めてご飯に乗せれば、もりもり食べてくれるかもしれません。 まとめ 今回は、ひき肉の冷凍方法や解凍法、保存期間などについてご紹介しましたが、お肉の種類ごとに冷凍できる期間が異なるのは意外ですね。 私も以前は全部同じだと思って1ヶ月も2ヶ月も保存したりしていました。 使うときのことを考えて冷凍をすることで、解凍にものすごく時間を取られたり、余分な水分がたくさん出てしまったりといった失敗も少なくすみます。 ひき肉はお手頃で使いこなせばとことん使いやすい食材ですので、これをきっかけにどんどん冷凍保存も活用してみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の