黄ばみ セスキ。 セスキ炭酸ソーダと酸素系漂白剤を使ってワイシャツの黄ばみ落とし

マットレスの黄ばみの取り方!原因を知れば対策もラクチン!

黄ばみ セスキ

セスキ炭酸ソーダって何?トイレ掃除に使えるの? そもそもセスキ炭酸ソーダって一体なんなのかというと、自然界に存在するアルカリ性の物質です。 同じアルカリ性の重曹と、似たような用途で使うことができます。 実はセスキ炭酸ソーダは、万能なイメージの重曹よりも、使いやすく、汚れが落ちやすいのでとても便利なのです。 どういったところが使いやすいのかというと、まず重曹よりも水に溶けやすいというところです。 なかなか溶けないよりも、すぐ溶けたほうが楽ですよね。 さらに汚れが落ちやすいのに、成分は強くないので、お肌にも優しく安心して使うことができます。 実際にセスキ炭酸ソーダを使って汚れを落としている動画ありますので、参考までにご覧ください。 動画はトイレの壁紙を掃除している様子です。 セスキ炭酸ソーダが効果的なトイレの汚れとは? セスキ炭酸ソーダをトイレ掃除に使う場合どんな汚れに効果的なのかというと、セスキ炭酸ソーダはアルカリ性なので、酸性の汚れに効果的です。 セスキ炭酸ソーダの得意な汚れは油汚れや血液汚れで、ホコリやカビ、手垢に効果的です。 トイレでは便器の黒ずみや、床や壁の汚れ、換気扇のホコリ、スイッチの手垢などがよく落ちます。 しかし苦手な汚れがあります。 尿石や臭いの原因のアンモニアはアルカリ性なので、同じアルカリ性のセスキ炭酸ソーダではなかなか落ちにくいです。 ですが普段のお掃除で尿石がつかないようにすることはできます。 いつもはセスキ炭酸ソーダを使って、尿石などの頑固な汚れにはクエン酸や酸性の洗剤を使うようにするといいですね。 セスキ炭酸ソーダはどこで買えるの? どこで購入できるのかというと、インターネット通販やドラッグストア、ホームセンターなどで購入できます。 大きめの100円ショップでも取り扱っているので、どこでも簡単に購入することができます。 商品名がセスキ炭酸ソーダではなく、アルカリウォッシュとなっていることもあるので、見つからない場合は店員さんに確認してみるといいですね。 セスキ炭酸ソーダでトイレの壁・床を掃除するコツ 壁は壁紙でデコボコしているので、メガネ拭き用の布を使うとより簡単にキレイにすることができます。 何度も洗って使うのが嫌な人は、使い捨ての紙のメガネ拭きでも代用できるので、そちらが便利です。 ちょっとこすったくらいでは落ちない汚れには、スプレーしたあと少しキッチンペーパーをかけたまま放置してから拭くと、よく落ちます。 トイレットペーパーをかけて放置すると、ボロボロになってしまうので、便器の外ならキッチンペーパーや雑巾がおすすめです。 それからあまり長時間放置すると、カビの原因になることや、染みができてしまうことがあるので、長くても20分位にしておくことがポイントです。

次の

セスキで洗濯したら黄ばみはとれる?Yシャツの襟汚れを実際に落としてみた!|さらの日々是好日

黄ばみ セスキ

シーツが使っているうちに黄ばんできて、どうしたら取れるのかと悩んだ事はありませんか? いろいろ試したけど、取れずに捨てた方は絶対に読んでください! 今日は、シーツの黄ばみが嘘のようにきれいになる方法を紹介します。 シーツの黄ばみの原因は? シーツがこまめに洗っても黄ばんできてはいませんか? 普通の洗剤では落としきれないこの黄ばみ! 一体何が原因なのでしょうか?黄ばみの原因を突き止めてみます。 コップ一杯も寝汗をかいたらシーツくらいの薄い布なら全部布団の方へと移ってしまいます。 そして、寝汗はその日は色がないのでわかりにくいですが、寝汗をそのままにして何日か経つと、空気に触れて黄色くなってしまうのです。 シーツだけを洗い続けても、薄いシーツから下の敷布団にまで移ってしまいます。 なんだか、とっても怖いですね。 それは、知らず知らずにやってしまっている人も多いかもしれませんが、 消臭スプレーをシーツに振りかけることです。 消臭スプレーはその場は匂いが取れるかもしれませんが、根本的に原因を取り除くのには使えません。 消臭スプレーを使い続けることで、黄ばみがさらに増しています。 落ちない頑固なシーツの黄ばみを綺麗にする方法 なんとしても、落としたい頑固な黄ばみ!落とす方法はないのでしょうか? 実はあるのです!嘘のようにきれいに落とす方法を紹介します。 皮脂汚れに強い重曹やセスキが黄ばみを落とす! 重曹は炭酸水素ナトリウムと言う成分でできていて、弱アルカリ性になります。 油は賛成なので中和して汚れが落ちるのです! セスキには、炭酸ナトリウムと重曹が混ざったものになります。 こちらも、弱アルカリ性で酸性である油を中和する働きがあります。 そして、この二つは分子が細かく、お湯に溶かすと二酸化炭素が発生するため、細かい泡でさらに落としてくれます。 重曹やセスキで洗うときのコツはつけ置き! 重曹やセスキはバケツなどにぬるま湯に溶かしておきましょう。 その中に、シーツを完全につけこんで、6時間ほど放置しておきます。 その後重曹の水のまま洗濯機に入れて普通に洗剤を入れて洗いましょう。 普段から、対策をしていれば黄ばんでしまって手が付けられない!とはなりませんね! では、どうやって黄ばみを防止するのでしょうか?黄ばみ防止法を紹介します。 敷布団に湿気が残らないようにする 布団に、汗や湿気が溜まらないようにしましょう。 天気が良い日に干すことで湿気が完全になくなり、ふわふわにもなるのでおすすめです。 スノコを下に敷くと、すのこの下から寝ている間も湿気が逃げてくれるので、湿気がこもる事がなくなります。 起きたら掛布団をすぐに敷布団から退けて密閉状態を作らないようにし空気中に水分を飛ばしましょう。 そうすることで、黄ばむことを防ぐことができます。 こまめに洗う 酷い汚れになる前に、こまめに重曹やセスキなどを使って洗いましょう。 汚れは溜ってしまうとなかなか落ちません。 うちは、子どもが多いので寝汗も凄いと思います。 シーツは二日に一度は取り替えて洗うように心がけています。 私のようなズボラ主婦さんへ 私もできるだけこまめに洗うよう心がけてはいるものの、面倒だな〜と思うこともしばしば。 そんなズボラ主婦さんは詰め放題の布団クリーニングに頼んでみるという方法もありますよ。

次の

セスキ炭酸ソーダで壁紙を掃除!汚れやヤニを簡単に落とす方法は?

黄ばみ セスキ

枕やカバーにできる茶色いシミの原因 黄ばみはなぜ起こる? まず枕カバーの黄ばみの 原因を知らないことには どう対処すればいいのかがわかりません。 当初「黄色くなると言えば 汗じみかな?」と予想していました。 その原因について調べた結果、 やはり 汗じみが原因のようですが、 どうやら他にヨダレや涙も 黄ばみの原因になっているみたいです。 枕カバーには寝ている間に 「汗」「つば」「涙」が付着します。 時間が経つにつれ、 それらがだんだんと酸化していきます。 その結果黄ばんでしまい、 臭いにおいが強くなります。 この黄ばみとにおいの元を取り除くには、 タンパク質汚れを分解、 除去しなければなりません。 ちなみに同じく皮脂汚れが つきやすいシャツなども 着た後、しばらく放置すると 枕カバーと同様に黄ばみます。 これも原因は同じことですが、 シャツはなかなか黄ばみません。 この差から、枕カバーも 頻繁に洗えば黄ばみにくいと考えました。 洗う頻度としては 毎日がベストではありますが、 一人暮らしなどで 毎日洗濯しないようであれば、 他の衣類を洗濯する時に 一緒に洗うというのが理想的です。 ただ意識していないと なかなかそうはいきません。 枕カバーを一緒に洗う 習慣がなければ忘れることが多いでしょう。 また枕カバーを外して、 洗って、また付け直すというのは、 単純に面倒くさく感じてしまいます。 一つ一つの動作自体は 難しいものではないのですが、 普段やっていないことを やろうとすると意外と大変です。 少なくとも私は面倒に感じてしまい、 放置しがちでした。 しかし違うやり方を試した結果、 頻繁に洗えるようになりました。 枕にシミを作らない簡単な方法!洗濯頻度を激減させよう そのやり方というのが 枕カバーの外側にタオルを巻く方法です。 ものすごく単純なことですが、 タオルを枕に巻いておけば、 顔に直接枕カバーが触れないので、 汗などが付着しにくいのです。 そして起床後、そのタオルを持って洗面所に行き 洗顔後、顔をふくのに使います。 シャワーを浴びるのであれば、 体をふくのにも使えますね。 おそらく洗面所に洗濯機があるはずなので、 使用後に洗濯機に入れ、 他の衣類と一緒に洗濯してください。 面倒に感じるとなかなか続かないので、 少しでも簡単にできるよう タオルを使うようになりました。 ちなみに、枕カバーもちゃんとつけています。 タオルを巻いていても、 汗やつばが浸透してしまうので、 少しでも枕自体には付着しないよう付けています。 スポンサーリンク この方法で枕カバーの黄ばみや 臭いにおいは防げますが、 それでも完全に遮断できている わけではありません。 そのため、枕カバーも 定期的に洗濯しています。 大体ベッドシーツを洗う時に まとめて洗っています。 頻度としては1、2週間に1回程度です。 休みの日は掃除モードになるので、 掃除洗濯をまとめてやるようにしています。 なお洗濯方法は つけ洗いがおすすめです。 その理由は次の章で説明します。 セスキは枕カバーの黄ばみに有効?オキシクリーンやハイターよりおススメなのは… 枕カバーの黄ばみや 臭いにおいを取り除くには、 洗濯機のみで洗うよりも つけ洗いをしてから、 洗濯機で洗うことをおすすめします。 頻繁に洗うのであれば そこまでする必要はありません。 洗濯機で洗うだけで十分です。 しかし、 洗うまでに時間が経ってしまうと、 汚れが繊維の奥にまで浸透してしまい、 洗剤がそこまで行き届かないのです。 そうすると洗っても洗っても 汚れが落ちないという 状態になってしまいます。 ここまでくると通常の洗い方では 黄ばみが取れません。 そこで、洗剤を繊維の奥にまで浸透させるため、 つけ洗いをするのです。 この時に使う洗剤として おすすめなのが「 セスキ」です。 正式には「 セスキ炭酸ソーダ」 または「 セスキ炭酸ナトリウム」という名前です。 楽天で購入 アルカリ性の洗剤で、 重曹と同じく手肌や衣類の ダメージになりにくいことが特徴です。 つけ洗いに重曹とセスキの両方を試した結果、 セスキの方が枕カバーの 黄ばみを落とせました。 使い方としては 浴槽に枕カバーとベッドシーツを入れ、 全体がちょうどひたるくらいに ぬるま湯を入れます。 温度はシャワーで40度程度にしています。 洗濯物を入れる時には もっとぬるくなっています。 そこにセスキを入れ、軽く混ぜます。 分量について、現在は 目分量で入れていますが、 最初の頃はパッケージに書かれている 容量を守っていました。 その場合最初にお湯も計量し、 そこにセスキを入れ、浴槽に投入し 枕カバーなどがひたるまでこれを繰り返します。 つけおきの時間は 大体2、3時間にしています。 つけ終わったら洗濯機で洗います。 つけ洗い後の浴槽は軽くゆすぐ程度です。 セスキは手肌に優しいからこそ、 できることですね。 まとめ 枕カバーが黄ばみ、臭くなる原因は 汗やヨダレなどによる タンパク質汚れです。 この汚れは放置すると 繊維の奥に浸透してしまいます。 頻繁に洗っていれば 洗濯機だけで十分ですが、 もし洗っても黄ばみが 取れなくなってしまったら、 セスキを溶かしたぬるま湯に つけ洗いをしてから、 洗濯機を使用してみてください。 オキシクリーンやワイドハイターよりも 黄ばみや茶色いシミを 落とすことができます。

次の