大型トラック運転手求人。 トラック運転手(ドライバー)の給料・年収をいろんなデータから紹介

ドライバー・運転手のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

大型トラック運転手求人

気になる項目をクリック• 1.トラック運転手の平均年収は437万円 厚生労働省の2018年度「」によると、 トラック運転手の平均年収は436万8,400円です。 同データから算出すると、平均月給は33万4,600円となっております。 ただし、トラックの大きさや性別によっても年収に大きな差が出て来ます。 次から、詳しく見ていきましょう。 トラックのサイズによって年収は異なる トラック運転手の年収をトラックのサイズ別に見ていきましょう。 男女別平均年収 トラック運転手は男性社会と言われており、男女間で平均年収に大きな差が生じています。 【男女別平均年収】 性別 平均年収 平均月収 年間平均賞与 男性 439万5,950円 33万6,500円 35万7,950円 女性 344万2,900円 28万4,900円 24万100円 「参考:厚生労働省 2018年度『』より算出」 女性トラック運転手の平均年収は、男性より約100万円も 低いことが、分かります。 トラック運転手は、これまで男性が中心だったため、女性は収入や環境の面において低い立場にありました。 しかし近年、女性トラックドライバーを増やす取り組みが進んでいます。 国土交通省は、2014年に「」を発足し、女性ドライバーの立場改善に乗り出しました。 今後、上記の様な施策からも、女性トラック運転手の給与面の向上が大いに期待できると言えるでしょう。 年齢別平均年収 統計情報をもとに、トラック運転手の年代別の年収を推測しました。 【年代別平均年収】 年齢 推測年収 20代 398万5,000円 30代 440万2,500円 40代 461万7,500円 50代 442万7,500円 60代 368万円 「参考:厚生労働省 2018年度『』より算出」 50代で年収が減少している理由は、身体面の問題が大きいからと推測されます。 「積み下ろし作業」など力作業も多いトラック運転手は、50代以降だと体力的にきつく、引き受けられる業務範囲が限定的になると考えられるためです。 したがって、 トラック運転手として、ピークで稼ぐことが出来るのは、30~40代と判断できそうです。• 「歩合給制」のメリットとデメリット 歩合給制とは、「 個人の成績や売り上げに応じて給与が計算される給与体系」のことです。 歩合給制のメリットとデメリットは、以下の通りです。 【歩合給制のメリット・デメリット】 メリット• 売上や業績に応じて収入アップが見込める• 働いた分だけ給与に反映される デメリット• 給与が安定しない• 売上や業績が悪い場合、収入が減るリスクがある 歩合給制の企業に勤める場合は「固定給がいくらなのか」「固定給だけで生計が成り立つか」をしっかり確認しましょう。 「みなし残業制」の場合も多い みなし残業制とは、 月給に、あらかじめ決められた時間分の残業代を含んでおく制度のことです。 トラック業界は、みなし残業制を採用している企業も多いです。 【みなし残業制の例】 基本給20万円 + みなし残業代5万円(25時間分) = 月給25万円 上記の場合、月給には「25時間分の残業」を見込まれた残業代(=5万円)が含まれています。 そのため、残業時間が25時間以内であれば追加での残業代が発生しませんが、 25時間を超えた場合、超過分の残業代を請求することが出来ます。 みなし残業の設定時間は、雇用契約書などに記載されているので、必ず確認するようにしましょう。 4.高年収のトラック運転手を目指す方法 トラック運転手の年収は、400~700万円となっていますが、 1,000万円を目指すことも不可能ではありません。 この章では、年収1,000万円を目指すための3つの方法を紹介します。 【年収1,000万円以上を目指す方法】• では、さっそく詳細を確認していきましょう。 大型車両の取り扱いが多い会社に就職する 大型トラックや牽引ドライバーの給与は、比較的高い傾向にあります。 また、トラックドライバーを総括する現場監督を目指すと年収も高くなる傾向にあります。 独立を目指す 運送業許可を取得すれば、個人で運送業を開業できます。 収入から諸経費を差し引いた利益が「自分の収入」となるため、企業に所属するよりも効率良く稼ぐことができるでしょう。 ただし、開業には「自己所有のトラック」が必要です。 また、「営業努力が必要」であったり「収入が不安定」というデメリットもあることも念頭に置いておくことが必要となります。 アメリカでトラック運転手になる アメリカでは、 物流の増加に伴ってトラック運転手の需要が増加しています。 トラック運転手の確保のため、「600万円以上の高給」を提示する企業も多く、年収が高いドライバーも少なくありません。 道路事情は日本と違いますし、アメリカンサイズのトラックの操作技術を学ぶ必要はありますが、 日本で働くよりも高収入を目指せるでしょう。 ただし、言語や文化が違う異国で仕事をすることは簡単ではないため、生半可な気持ちで行動に移すことはおすすめ出来ません。 5.トラック運転手になるために必要な免許 トラック運転手を目指す場合、普通免許のみで求人に応募することが可能なケースもあります。 しかし、以下の免許を持っていることで「即戦力」と判断されやすくなるため、採用される確率が高くなります。 では、さっそく詳細を確認しましょう。 満20歳以上 必要な免許• 普通免許(もしくは準中型免許・大型特殊免許)• 運転経験2年以上 その他条件 視力・聴力・色彩識別・運動能力等 トラック運転手を目指すのであれば、まずは中型免許を取得しましょう。 なぜなら、 中型免許があることで、採用確率がグッとアップするからです。 ただし、中型免許は普通免許の取得から2年が経過していなければ、取得ができません。 普通免許がない場合、まず普通免許の取得を最優先に進めるようにしましょう。 普通免許でも「最大積載量2トン未満の小型トラック」であれば、運転することが可能です。 満21歳以上 必要な免許• 普通免許(もしくは中型免許・準中型免許・大型特殊免許)• 運転経験3年以上 その他条件 視力・聴力・色彩識別・運動能力等 普通免許を持っている人であれば、大型免許の取得は可能です。 大型免許を取得すれば、ほとんどのトラックを運転できますし、 大型免許取得が給与アップの条件になる場合もあります。 満18歳以上 必要な免許• 牽引車に関わる免許(大型車を牽引する場合は大型免許) その他条件 視力・聴力・色彩識別・運動能力等 牽引免許も大型免許同様に、収入アップにつながりやすい免許です。 ただし、 牽引車に関わる免許(中型・大型など)を取得していることが必須。 大型の貨物トレーラーを牽引する場合であれば、大型車の免許が必要です。 中型免許・大型免許を取得した後に、牽引免許の取得を目指すと良いでしょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/.

次の

ドライバー・運転手のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

大型トラック運転手求人

この記事の目次• 年齢が気になっているけれどトラックドライバーになりたい方はドライバーワークスへ! トラックドライバーの平均年齢は高めです。 国土交通省自動車局が公表しているデータによりますと大型トラック運転手が46. 2歳、中小型トラック運転手が44. 9歳と高い年齢です。 また年齢制限はなく、人材不足のの影響もあるので、未経験者からでもトラックドライバーになることができます! ドライバーワークスではあなたに合う会社を紹介することができます。 トラックドライバーに転職を考えてる方はぜひ自分に合う案件を探してみてください。 未経験者でもトラック運転手に!豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります! トラック運転手の年齢層の特徴 トラック運転手の年齢層の特徴としては、20歳から30歳といった若い年齢の人たちが集まらない関係から 40歳から50歳といった年齢の中高年男性の比率が高く、中には60歳という年齢を超えたトラック運転手もいるのが現状です。 上昇しているトラック運転手の年齢 物流業界でのトラック運転手不足は深刻で、40歳から50歳といった年齢の中高年と定年後再雇用として働く60歳を過ぎた年齢のトラック運転手が中心となり、ますますトラック運転手の年齢が高くなっています。 若い年齢の人を集めるためには、トラック運転手の長時間労働などの改善やトラック運転手に魅力が感じられるような年収アップなどのアピールをするなど、若い年齢層の方がトラック運転手として働きやすい環境作りが必要です。 トラック運転手の人手不足の対策 トラック運転手の人手不足を補うには若い年齢のトラック運転手としての人材の確保をするために、トラック運転手の 運転に加えて荷物の積み降ろしなどの仕事への負担の低減・長時間の労働の見直し・賃金アップなどの若い年齢の人がトラック運転手に興味を示すような対策が重要です。 また国土交通省自動車局が推進している、現在女性でトラック運転手として活躍しているドライバーの家事・育児と仕事での体験談などの情報発信のためのサイトの立ち上げをことを推進する促進プロジェクトがあります。 トラック運転手の収入は ここでは、トラック運転手の人手不足の対策としての賃金アップに関するトラック運転手の収入について説明します。 トラック運転手には短距離トラック運転手・中距離トラック運転手・長距離トラック運転手に分かれます。 トラック運転手の求人サイトによれば、普通免許で運転できる短距離トラック運転手の収入は月収20万円~35万円とされています。 中型免許と普通免許の二つが必要な中距離トラック運転手の収入は月収27万円~月収40万円の収入を得ることができると記載されています。 長距離トラック運転手の場合は また 大型免許と普通免許の二つが必要な長距離トラック運転手の場合は、1日に働く時間が長いため、他のトラック運転手もかなり多い月収40万円~月収70万円の収入を得ることができます。 一般的なサラリーマンが転職するなら、社会生活にも慣れて知識の吸収も早い28歳説と社会人としてより長くキャリアを積んでいる35歳説などがあります。 では、トラック運転手への転職に適した年齢はいくつでしょうか。 トラック運転手になるには、運転するトラックにより、普通免許以外の免許が必要になることがあります。 特に大型のトラック運転手になるには大型免許が必要で、その大型免許の取得を考えると、できるだけ若い年齢での転職が理想です。 人手不足の運送業界では、60歳以下で自動車の運転ができる人であれば採用しているのが現状です。 また、運送会社の運転手不足の中で、中型トラック運転手と大型トラック運転手の高齢化が進んでいますので、若い年齢の育成のために20代の若い人を採用することが多いです。 年齢が気になっているけれどトラックドライバーになりたい方はドライバーワークスへ! トラックドライバーの平均年齢は高めです。 国土交通省自動車局が公表しているデータによりますと大型トラック運転手が46. 2歳、中小型トラック運転手が44. 9歳と高い年齢です。 また年齢制限はなく、人材不足のの影響もあるので、未経験者からでもトラックドライバーになることができます! ドライバーワークスではあなたに合う会社を紹介することができます。 トラックドライバーに転職を考えてる方はぜひ自分に合う案件を探してみてください。 未経験者でもトラック運転手に!豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

ドライバー・運転手のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

大型トラック運転手求人

Contents• トラック運転手の平均年齢 国土交通省によりますと、トラック運転手の平均年齢は 大型貨物自動車運転手で47. 5歳、 中・小型貨物自動車運転手で45. また厚生労働省が調査、発表している平成29年度の賃金構造基本統計調査の概況による産業別の調査結果によりますと、 運輸・郵便業に従事する男性の平均年齢は47. 2歳、女性41. 6歳とこちらも高くなっています。 つまり、 全体で見たときに40歳前後が平均年齢の業界のため、40・50代は転職者の中で特に珍しい世代というわけではありません。 参考: 参考: トラック運転手に定年はあるの? 一般的に大手と呼ばれるような運送会社は定年を設けている所が多いですが、 定年退職後も嘱託や契約ドライバー、倉庫内の仕分け作業員として働き続ける人が多いです。 もちろん適性検査や健康上の問題はクリアしなければなりませんが、 経験豊富なベテランドライバーは会社側から見ても頼れる存在なのです。 また、個人経営の運送会社であれば定年自体が決まっていない所もあり、出来る仕事は制限されることもありますが自分で希望する年齢まで働いている方も数多くいらっしゃいます。 60歳を過ぎても活躍している人もいる 著者の身近にいる、還暦を過ぎても現役でハンドルを握っておられる方を1人ご紹介したいと思います。 この方は、50歳の時にトラック運転手に転職したのですが前職は事務職だったそうです。 そのため、最初は近場の集配で半年ほど経験を積みその後、中・長距離ドライバーとして乗務するようになりました。 61歳になった現在でもドライバーとして近・中距離を中心に集配業務を行っています。 なぜトラックドライバーの求人が増えているのか? トラック運転手の求人が増えている原因の1つに、 全体的な配送する物の量が増加していることがあげられます。 インターネットの普及によりネット通販で買い物をする人が増えて、取り扱う荷物の増加に伴いドライバーの需要が増加しているのです。 また、運転手自体の数も足りておらず 団塊の世代が退職したことと、平成19年に運転免許の改定が行われ中型自動車運転免許が新たに設けられたことにより、 トラック運転手になるハードルが少しあがってしまった若い世代の運転手離れが進んでしまい求人の増加につながっています。 自分に合うトラック運転手の求人を見つけるためには 転職を考え、自分に合った求人を探す際には トラックドライバー求人を多く扱っている求人サイトを利用することをお勧めします。 求人サイトでは、車種や勤務地、給料などの条件を指定して検索することが出来るので自分に合った求人が見つかりやすいです。 この記事の最後に掲載しているトラックドライバー専門の求人サイトの中から、年齢不問の求人と中高年歓迎の求人を1つずつご紹介します。 未経験者OK・年齢不問の求人例 勤務地 大阪 雇用形態 正社員 職種 大型ドライバー 仕事内容 ルート配送 就労時間 12時間 残業あり 給与 10tドライバー・月収35万円…月給30以上+手当 休日 週休制or週休二日制 土日や連休の取得も可 必要資格 大型一種・大型特殊一種 【年齢不問】 中高年・50代・60代・シニアの方も歓迎している求人例 勤務地 神奈川県 雇用形態 正社員 職種 大型トラック配送ドライバー 仕事内容 長距離配送 就労時間 配送コースにより異なるため、面接かお電話時に応相談 給与 45万~65万以上 休日 日・祝日・お盆・年末年始 必要資格 大型一種自動車免許・ブランクがあってもOK・40,50,60代の方も歓迎 どちらも実際に求人サイトで募集が出ていた求人ですが、免許さえ持っていれば年齢不問、中高年歓迎の求人が多く出ています。 トラック運転手に特化した求人サイトを利用することで、自分の希望する求人が見つかるはずです。 下記に記載しているサイトでは、希望の条件を選ぶとオススメの求人を見ることが出来ます。 ぜひ、自分の希望する条件の求人を探してみてください。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の