スマホ イヤホン おすすめ。 片耳イヤホンのおすすめ人気ランキング20選【通話も音楽も高音質で楽しめるのはどれ?】

【2020年最新】おすすめブルートゥースイヤホン(Bluetooth)売れ筋ランキング

スマホ イヤホン おすすめ

有線タイプのイヤホンのメリットは、 音質が安定しているという点です。 ゲームや動画編集など、音質にこだわる人は、有線タイプを好んで使っています。 高音質音楽であれば、無線より有線の方が安定して楽しめます。 しかし 有線のコードは絡まったり、内部の断線が起こることがあるため、取り扱いには注意が必要です。 また、iPhoneの7以降のモデルはイヤホンジャックが廃止されたため、有線のイヤホンを使う場合は変換ケーブルが必要と面倒な部分も。 Androidユーザーであれば問題ありませんが、iPhoneを使っている方は、コードの有無について考えておきましょう。 無線 Bluetooth タイプのイヤホンのメリット&デメリット 「ワイヤレスイヤホンが欲しいけど、音が悪いんじゃないかと心配。 」今流行りのワイヤレスイヤホンを購入するなら、なるべく音が良い商品を選びたいと思っている人も多いはず。 SONYの『完全ワイヤレスイヤホン WF-H800』は、音質向上技術「DSEE HX」を搭載したことで、高音質を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。 小型・軽量ながら臨場感のある ハイレゾ級の高音質を楽しめます。 またBluetooth信号をそれぞれ左右に伝送することで、接続安定性が大幅に向上し、さらに動画遅延も大幅に低減しているので、音楽や動画も途切れることなく再生可能です。 完全ワイヤレスイヤホンのコンパクトの良さを消さずに、ハイクオリティな音質が楽しめるので、音質にこだわりたい人に特におすすめですよ。 商品のステータス 「今話題のAirPods Proって実際どうなんだろう。 」Appleから販売されている今話題のワイレスイヤホンですが、実際どんな魅力があるのか気になりますよね。 Appleの『AirPods Pro』は、 アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、周囲の雑音をシャットアウトできます。 外部音取り込みモードを使うことで、イヤホンを装着しながら周囲の音が聞こえ、車の通りが多い道路など安全に気をつけたい時には非常に便利。 耐汗耐水性能も備えているので、スポーツやランニング時にも安心して使用できますよ。 Appleが満を持して送り出した『AirPods Pro』なら、シンプルかつ高品質な機能によって、毎日の音楽ライフが大変満足いくこと間違いなしです。 商品のステータス 「長時間再生したい。 防水機能もほしい。 音質も妥協したくない。 でもコスパも求めたい!」そんなわがままな願いを叶えてくれる完全ワイヤレスイヤホンがあったら最高だなと思いませんか。 Ankerの『Soundcore Life P2』は、イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間、充電ケースを合わせて使うと、最大40時間の音楽再生が可能。 またIPX7の防水性能により、運動時の汗や雨などをしっかりと防ぐことができます。 さらにはグラフェン採用ドライバーの高精度な振動により、正確でクリアなサウンドを実現。 これだけの機能を備えて 価格はなんと5,000円以下と高コスパです。 豊富な機能を備えたワイヤレスイヤホンを安く手に入れたいあなたにとって、Ankerの『Soundcore Life P2』はきっと最高の音楽ライフパートナーになるでしょう。 商品のステータス シャンパンゴールドカラーがとてもかっこいいソニー SONY のBluetoothイヤホンです。 専用アプリで外部音のモード切替やサウンド効果のカスタマイズができます。 スマホの加速度センサーを利用し、ユーザーの動作に合わせてノイズキャンセリングや外部音の取り込みモードを自動切替し、操作の手間がかかりません。 イヤホン搭載のボタンで各種操作や制御をしたり、着信を受けて終話することも可能です。 イヤホンのボタン操作とマイクで話しかければ、iPhoneのSiriやGoogleアプリのようなスマホの音声アシスタント機能と連携もできます。 充電は専用ケースにて2回分行え、取り出せば自動的に電源ONになり使うのも簡単です。 商品のステータス BOSE ボーズ 初のケーブルレスのワイヤレスイヤホン「完全ワイヤレスイヤホン」ということで注目度の高い製品です。 音量にあわせてイコライザーが最適な音質に最適化し、音量に関わらずクリアで迫力あるサウンドが楽しめます。 イヤホンは軽量で、快適な装着感と外れにくさにこだわり、円錐形のノズルと独自形状のウィングで耳にやさしく安定してフィットします。 スポーツ仕様の設計で、屋外やアウトドアでの利用に便利な防滴機能も備わっているほか、万一イヤホンを紛失しても専用アプリで落とした場所を探すことも可能です。 付属ケースは充電機能も兼務し、2回分の充電や15分の急速充電機能も備わっています。 米国メーカーらしく、イヤホンの大きさ自体は若干大き目です。 商品のステータス 3000円を切る格安なワイヤレスイヤホンになります。 対応コーディックはBluetooth標準のSBCで、かつ防滴仕様なのでトレーニングやアウトドア用にちょっとワイヤレスイヤホンを試してみたいという方におすすめです。 左右一体タイプでハンズフリー通話にも対応し、バッテリー内蔵で電池の持続時間も4. 5時間とそこそこ持ちます。 オーディオメーカーのJVCらしく、高磁力のネオジウムドライバーユニットを搭載し、音質の高さも確保しています。 3ボタン式のリモコンつきで、スマホを取り出さなくても簡単な操作が可能です。 商品ステータス.

次の

スポーツ用ワイヤレスイヤホンおすすめ25選 |ランキングで紹介【ランニングなどに】

スマホ イヤホン おすすめ

イヤホン用語の基礎知識 ドンシャリとは? 低音の「ドン」と高音の「シャリ」という擬音語を組み合わせたのが「ドンシャリ」です。 その名の通り、低音と高音を際立たせたサウンドのことを示します。 この特徴があるイヤホンは中音域をカバーするボーカルの声よりも、ミュージックサウンド重視の傾向になるので、特にロックやハウス、テクノ、ヒップホップなどの低音が得意。 なかでも電子楽器を多用する音楽に向いています。 かまぼことは? 「かまぼこ」とは中域が強く、低音と高音を抑えたサウンドのこと。 周波数特性グラフが、かまぼこを切断したような形に見えることが由来です。 この特徴があるイヤホンは、ワイド音域レンジをカバーする性能よりも、ボーカルサウンドの再現性を優先しているタイプ。 極端な低音や高音をカバーしないので、サウンドの聴き疲れが少ないのが魅力です。 ギターやバイオリンなどの楽器も聴きやすい傾向にあります。 フラットとは? 「フラット」はその名の通り、すべての音域がまんべんなく出ていることを表しています。 音源をありのまま伝える傾向にあるため、生演奏に近いライブ感を再現できるのが特徴です。 なお、「ドンシャリ」や「かまぼこ」が特徴のイヤホンと比べると音が平坦で、サウンドにエッジやエフェクトを求めているユーザーには物足りなさを感じることがあります。 フラット=万能という意味ではないので、その点は注意しておきましょう。 イヤホンの種類 音漏れが少ない「カナル型」 By: カナル型は耳栓のようなイヤーピースを差し込むタイプのイヤホン。 密閉性の高さやコンパクトさが特徴で、最近のイヤホン市場の主流となっています。 その形状と密閉性から、低音が強めの製品が多く、細かい音を聴き取りやすいのもポイントです。 一方、高音の抜けに物足りなさを感じるモノもあります。 音のこもり具合や閉塞感に違和感をある方はインナーイヤー型がおすすめです。 カナル型イヤホンについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。 高音質を求めるなら「有線タイプ」 昔からあるイヤホンの接続方式が、3. 5mm径ステレオミニ接続による有線タイプです。 最近人気のBluetoothワイヤレスタイプと異なり、コードの煩わしさがデメリット。 しかし、Bluetoothのように伝送時に音のデータを圧縮しないので、高音質なモデルが多いのが魅力です。 また、有線タイプでもマイク付きリモコン機能を搭載していればスマホでの通話にも対応。 なかには、イヤホン本体とコード部が着脱可能なモデルもラインナップされています。 ワイヤレスが魅力の「Bluetoothタイプ」 By: コードの煩わしさを感じにくいのが魅力の「Bluetoothタイプ」。 スマホやPCなど幅広い機器に普及しており、データ転送をスムーズにできるのが特徴です。 Bluetoothイヤホンで音質を左右するのは、「コーデック」という音声伝送規格。 最も一般的な「SBC」はやや音の遅延があり、音質は標準的です。 そのSBCよりもワンランク上なのが、iPhoneで採用している高音質・低遅延の「AAC」やAndroid端末で採用されている「aptX」。 なお、「aptX」には上位規格の「aptX HD」もあります。 さらに、最近はハイレゾ音源に対応するコーデック「LDAC」も徐々に普及。 ハイエンドクラスのイヤホンに採用されています。 なお、「aptX HD」「LDAC」を使う場合は、送信側のコーデックが対応しているかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。 Bluetoothタイプのさまざまな装着方式 Bluetooth対応のイヤホンは、イヤホンの左右間はコードがあるタイプと、そのコードすらも取り去った左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンがあります。 コードがあるタイプは、イヤホンが外れても紛失する心配がないほか、長時間の装着時でもストレスが少ないのが特徴。 なかでも、レシーバー部を首にかけるネックバンド型が人気です。 一方、完全ワイヤレスイヤホンはコードの煩わしさがないのが最大の魅力。 圧倒的な開放感で音楽を楽しめます。 しかし、形状の都合からバッテリー持続時間が短めなことや、落としやすく紛失しやすい点には注意しておきましょう。 イヤホンの選び方 ドライバーユニットをチェック By: イヤホンの音を発する部分の形式は大きく2つに分かれます。 最もスタンダードなのがダイナミック型。 低コストでもワイドレンジに対応でき、低音再生能力も高いなどがメリットです。 もうひとつはBA(バランスド・アーマチュア)型。 補聴器の技術を転用したタイプで、ダイナミック型では再現が難しい繊細なサウンドにも対応できるのが特徴です。 製品によっては周波数範囲が狭いこともあり、低音が弱くなりがちなので注意しておきましょう。 なお、上記2つのメリットを合わせたハイブリッド型もあります。 低音がよく響くダイナミック型と中音から高音のクオリティが高いBA型を兼ね備えているため、広音域をカバーできるのが特徴。 ただし、高価なモデルが多く、製品ラインナップも限られているので購入する際には注意が必要です。 防水機能をチェック By: 従来のCDを超える高音質を楽しめる「ハイレゾ音源」。 対応する機種は再生周波数帯域が40kHz以上であることが条件となります。 日本オーディオ協会認定のハイレゾマークが目印となるので、音質を重視したい方はぜひチェックしてみてください。 航空機内のような場所でも快適に音楽を聴けます。 なお、ノイズキャンセリングの効果はバッテリーで駆動しており、充電が切れると使えなくなるためその点は留意しておきましょう。 操作性を重視するなら「マイク・リモコン付き」が便利 By: 最近ラインナップが増加しているのがマイクとリモコン機能を搭載したイヤホン。 スマホの普及によりハンズフリー通話と音楽操作ができるので便利です。 特に、ノイズキャンセリング機能がマイク部に10mm搭載されているモデルであれば、人混みのなかでも通話相手にしっかりと声を届けられます。 カスタマイズするならリケーブル対応機 By: リケーブル対応とは、イヤホン本体とケーブル接合部の着脱が可能な製品のこと。 業界標準規格である「MMCX端子」のイヤホンなら、通常の3. 5mm径ステレオミニ接続に加えて、2. 5mm径と4. 4mm径バランス接続、さらにはBluetoothワイヤレス接続にもケーブルの付け替えで対応できます。 高級イヤホンの特徴といえる部分なので、音質やカスタマイズ性にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。 高音質イヤホンのおすすめランキング|5000円以下 第1位 ファイナル final E2000 FI-E2DA どの音域もバランスのとれたサウンドで再生できる完全ワイヤレスイヤホン。 中音域が豊かで聴き疲れしにくく、長時間の使用にもおすすめです。 最長で約5時間使用でき、付属の充電ケースを使えば合計25時間の再生が可能。 AACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質で再生できます。 また、複数サイズのイヤーチップが付属しているので遮音性も良好。 IPX5の防水仕様のタフな製品なので、汗や雨も気にせず使えます。 さらに、人間工学に基づいた設計でフィット感に優れ、運動の際などにもおすすめです。 ハウジング部分にはマイクを内蔵しており、テレワークなどでのハンズフリー通話の際にも便利。 簡単に操作ができ、利便性にも優れています。 通話品質に優れたイヤホンです。 主にビデオ会議やテレワークなどで使う方におすすめ。 ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、風の強い場所や街中でもクリアな音声を届けられます。 Bluetooth5. 0を採用しているため、接続も安定。 AACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも音ズレを抑えて使用可能です。 動画鑑賞や音声通話も快適にできます。 また、専用アプリを使えば、イコライザーで好みのサウンドに設定可能。 音楽再生や音声通話など、使用シーンに合わせて適したサウンドで再生できます。 IP55の防水防塵仕様でタフに使えるので、主に屋外で使う方にもおすすめ。 5時間再生可能なロングバッテリーを搭載しており、長時間使えます。 付属のケースを使えば、合計28時間の再生が可能です。 優れたノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。 飛行機や電車内で音楽に浸りたい方におすすめ。 外音取り込みモードもあり、必要な音だけ聞き取れます。 DSEE HXを搭載しているので、ハイレゾではない音源もハイレゾ相当へアップスケーリング可能。 LDACコーデックにも対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で再生できます。 さらに、付属のケーブルを使えば有線接続でのハイレゾ再生も可能。 充電ケーブルや航空機用プラグアダプターも収納できるキャリングケースが付属し、有線ケーブルの持ち運びも簡単です。 また、イヤホン単体で最大10時間再生できるため、長距離移動中にも便利。 10分の充電で80分再生できるクイック充電にも対応しています。

次の

スポーツ用ワイヤレスイヤホンおすすめ25選 |ランキングで紹介【ランニングなどに】

スマホ イヤホン おすすめ

最近では、スマホを音楽プレイヤー代わりに使うことが当たり前になりました。 音楽をより身近に楽しむための環境が増え、日常に少し楽しみが増えたという方もいるはず。 そんな音楽ライフをどこでも楽しむために欠かせないのがイヤホン。 高価だけど最高のモノを持っている方もいれば、まだお手頃価格のシンプルなモノしか持っていないという方もいますよね。 そこで今回は、スマホでの音楽鑑賞が別次元ものへと変化する高価なイヤホンをご紹介。 ハイレゾ対応のイヤホンなら、話題の超高音質も音源本来のサウンドでバッチリ楽しめます。 便利なマイク付きリモコンが付いているのは、もちろん、ワイヤレスでも視聴可能。 Androidにも対応した、スマホユーザーにおすすめのイヤホンが勢ぞろいしています。 商品価格 ¥ 2,999 リーズナブルな、おすすすめのハイレゾ対応イヤホンです。 高音質が楽しめる、ハイレゾ音源。 そのポテンシャルを生かすには、イヤホンもハイレゾ対応 40kHz再生可能 であることが必要です。 コストや技術がかかるため、5000円程度するのが普通。 それが、本機は実売3000円程度です。 しかも、安心の国内メーカー。 価格上昇の要因となる、スマホ用マイク付きリモコンまで装備します。 ハイレゾ対応としては、圧倒的なコスパです。 高剛性真鍮を採用した、ハウジングも高品位。 重低音を漏れなく再現できるよう配慮した、イヤーピースもおすすめポイントです。 ハイレゾ入門用イヤホンとして、真っ先におすすめします。 商品価格 ¥ 5,300 スマホとの親和性では、ナンバーワンと言える、おすすめイヤホンです。 大手携帯キャリアのソフトバンク自らが開発。 力を入れたのは、マイク付きリモコン部の相性問題です。 しかし、実際には個別機種によって、一部リモコン操作が効かないといった相性問題が起こりえます。 詳細に対応状況が発表されず、使えなかったら、あきらめることに。 本機は、スマホのメーカー、機種ごとに詳細に動作検証情報が公開されています。 他にも、金属ハウジングに上質なユニットを採用した、ハイレゾ対応の高音質も見逃せません。 頻繁にスマホを買い替える方にも、おすすめです。 スマホ用のイヤホンを選ぶポイント 通話、リモコン操作への対応 By: 従来型の単機能イヤホンをスマホで使うと、不便なことがあります。 聴いている時、ボリューム操作や停止をしようとすると、いちいちスマホ本体を操作しなければなりません。 また、鑑賞中に電話がかかってきたら、スマホを口元に持ってきて、会話する必要があります。 これを解消するのがマイクとリモコンを装備したイヤホンです。 手元で各種操作ができる上、ハンズフリー通話が可能に。 対応する機種も、極めて多数です。 有線の場合、Androidに対応するかがポイント。 Androidスマホを使っている方は、よく調べることをおすすめしますよ。 Bluetoothワイヤレス接続イヤホンは、マイクとリモコンが付いていれば、両方とも対応します。 Androidをお使いの方も、調べなくても安心ですよ。 有線か無線か By: Bluetoothワイヤレス接続に対応するイヤホンが増えています。 ほとんどのものは、マイクとリモコンを備えるので、スマホとの親和性もばっちりです。 価格も下落し、1000円台から買えるほど。 弱点は、送受信時の音声圧縮に伴う音質劣化。 さらに、通信の途切れの可能性、バッテリー時間に縛られるなどの弱点もあります。 一方、有線イヤホンは、コードの煩わしさが弱点です。 不意に引っ張ると、断線する可能性もあります。 ケーブル着脱タイプなら、断線の心配はありません。 音質だけで選ぶなら、基本的に有線イヤホンがおすすめです。 ただ、Bluetoothも進歩しています。 ハイレゾ高音質を伝送可能な、新コーデック・LDAC・aptX HDなら、有線とも肩を並べますよ。 ただし、送受信ともに対応する必要があります。 しかも、現状ではそれが少ないのが課題。 スマホに合ったイヤホン By: イヤホン、特に有線タイプは、10万円を超えるほど高額なものもあります。 スマホでも高価なイヤホンを使えば、高音質かというと、簡単にそうとは言えません。 有線イヤホンは、駆動するアンプ機器によって、音質が左右されます。 普通は気にするほどではありません。 しかし、高級イヤホンでは、わざわざ良質なアンプを用意して聴くのが前提のものもあります。 というのも、得てして高級イヤホンは複雑な機構を持ちます。 さらに、音質追求の犠牲として、音量が取れにくいものが多いんです。 それらをスマホで鳴らすと、音量が小さいということも。 また、駆動力不足から、本来の高音質を発揮できないこともあります。 これを避けるには、高価格なイヤホンを選ぶよりも、常識的な内容のイヤホンを選ぶことがおすすめです。 高級機に多い、多数 4つ以上 のBAドライバーを使ったものは、おすすめしません。 ハイブリッド型でも、4ドライバー以上は避けましょう。 価格的には、数万円程度までなら、問題ありません。 スマホでも、十分高音質を保つよう配慮している、国内外の大手メーカーから選ぶことをおすすめします。

次の