おう ぼう ける 君。 採用ホームページが無料で簡単に作れる!ジョブオプLiteの開設方法

はたらいく|求人掲載申込はリクルート求人広告代理店|yell

おう ぼう ける 君

ソラ君さんからの回答 何が言いたいのか? よくわからないのですが。 それが普通だし当たり前と思いますけど。 ドキュメントには、普通「著作権」があるんですよ。 つまり、著作権を所有する場合、逆にそこは変更できなくするんです。 ここの契約では納品すてクライアントに受領されると著作権も譲渡する契約ですが。 もともとの所有者が貴方だと提示しているのでしょう。 著作権を所有できる契約の場合、それこそそれが証明になるものです。 クライアントとどういう契約でどういう納品方法で請け負ったのか知りませんが。 著作権情報が不要ならテキストファイルをメールで送付して送ればいいだけ。 テキストファイルにはそういうのはないでしょう。 オフィスソフトやワープロなどのドキュメントにはプロパティがあり、著作権情報を当然持ってます。 それが普通です。 著作権を証明するための最低の個人情報すら公開できないなら、こういう仕事は考えた方がいいと思います。 著作権や肖像権などドキュメント製作で知っていないといけない権利や法律を理解して仕事をされたほうがいいですよ。 納品して受領されれば著作権も移動しますが、受理されなければ著作権は貴方から移動しません。 それを証明できるのはそのプロパティですよ。 よく考えましょう 相談者コメント 丁寧なご回答ありがとうございます。 質問の仕方がうまくなかったようですが、質問の主旨は、「添付ファイル」の空欄に入るのがファイル名ではなく、プロパティ情報ということが正しいのかどうかということです。 一般的にメールなどにファイルを添付した場合は、添付場所にファイル自体とファイル名が表示されていますが、プロパティ情報は表示されません。 クラウドワークスの「添付ファイル」欄に「参照」から該当ファイルを選択して「開く」ボタンを押すとプロパティ情報がそのまま表示されることに違和感を感じている次第です。 著作権や契約については理解していますので、クライアントに渡ったファイルの個人情報云々を言うつもりは毛頭ありません。 そこで、改めて質問します。 クラウドワークス初心者の疑問です。 ご教示いただければ幸いです。 同じ説明になりますが、納品方法に関してはクライアントと話合って決める事だと思います。 クライアントと「メッセージフォーム」を利用して利用方法の指示に従って納品すると言う事なら それに同意しているわけですから、そういう方法かもしれませんね。 納得ができないなら、クライアントと相談して別の納品方法に変更してもらえば宜しいでしょう。 プロパティを消す・消さないは貴方の自由ですがクライアントの納品依頼方法と処理を変えて プロパティ情報を消してクライアントと揉めてもそれも貴方の自己責任で対応することになります。 そういうは依頼元と顧客折衝で確認する事だと思います Sakodaさんからの回答 こんばんは。 クラウドワークスメッセージ機能、WindowsPCでのファイル添付で Word、Excel、PowerPointを送信することがありますが、ファイルを選択した後はファイル名以外に表示されたことはありません。 スマホからとか、OSの違いでそうなるのでしょうか? 詳細が書かれていないので何とも確認のしようがありません。 Lechatdormant様の場合はプロバディ情報が表示されている状態で相手方にきちんと送信できるのかがご心配であれば、送信してから相手方に送信確認メッセージを送られてはいかがでしょうか。 送られてきたファイルが閲覧できないようでしたら、その旨返事が来ると思います。 相談者コメント K. SAKODA 様 お返事ありがとうございます。 私は、これまでWindowsPCでWordや画像jpegファイルを添付する操作をしたところ、「ファイル名」ではなく「プロパティ情報」が表示されました。 そのため、そのままクライアントに送っても、クライアントからファイル未添付として非承認にされるかもしれないと思って悩んでいたのです。 お返事のとおり、そのまま送ってみてクライアントの対応を見るというのがよさそうですね。 こちらからメッセージにファイルが添付されているか(閲覧できるか)どうかを確認する文言を事前に入れておくのもいいかもしれません。 ファイル名が表示される方法がないかとこの相談をしたのですが、一度そのまま送ってみます。 Hiro2016さんからの回答 こんにちは。 始めの方の質問では、個人情報が漏れるから困っておられるのかと思ったら、依頼者が受け取ってないというかもしれないというのが困るということなので、これは、メッセージで受け取られたか確認をすればいいだけじゃないですか? また、ファイルをフォルダーに入れて、ジップ+パスワードすることもできるでしょう。 相談者コメント Hiro2016さん ご回答ありがとうございます。 ファイルのセーブの仕方の設定については調べてみます。 これまで様々なメールソフトに添付して問題がなく、現在も問題がないので、クラウドワークスでのファイル添付上の問題かもしれません。 私も、「プロパティ情報」が表示されるのは普通じゃないと思い、その気持ちを強調するために「個人情報」という言葉を使いましたが、著作権や契約について十分理解したうえでクラウドワークスを利用しているので、自分が納得した上での開示については別段問題だとも思っていません。 他の方からも回答をいただいてますが、先方に対して連絡や確認をするというのは、先方にも手間をかけることでもあり、次善の策と考えています。 やはり、クラウドワークスのシステム上での適正な手段によって仕事ができることが望ましいと思います。 もちろん、必要に応じて「ジップ」も含め、次善の策も試しながらやっていこうと思います。 丁寧なご回答、本当にありがとうございました。

次の

おうぼうける君 管理者用ログイン

おう ぼう ける 君

ソラ君さんからの回答 何が言いたいのか? よくわからないのですが。 それが普通だし当たり前と思いますけど。 ドキュメントには、普通「著作権」があるんですよ。 つまり、著作権を所有する場合、逆にそこは変更できなくするんです。 ここの契約では納品すてクライアントに受領されると著作権も譲渡する契約ですが。 もともとの所有者が貴方だと提示しているのでしょう。 著作権を所有できる契約の場合、それこそそれが証明になるものです。 クライアントとどういう契約でどういう納品方法で請け負ったのか知りませんが。 著作権情報が不要ならテキストファイルをメールで送付して送ればいいだけ。 テキストファイルにはそういうのはないでしょう。 オフィスソフトやワープロなどのドキュメントにはプロパティがあり、著作権情報を当然持ってます。 それが普通です。 著作権を証明するための最低の個人情報すら公開できないなら、こういう仕事は考えた方がいいと思います。 著作権や肖像権などドキュメント製作で知っていないといけない権利や法律を理解して仕事をされたほうがいいですよ。 納品して受領されれば著作権も移動しますが、受理されなければ著作権は貴方から移動しません。 それを証明できるのはそのプロパティですよ。 よく考えましょう 相談者コメント 丁寧なご回答ありがとうございます。 質問の仕方がうまくなかったようですが、質問の主旨は、「添付ファイル」の空欄に入るのがファイル名ではなく、プロパティ情報ということが正しいのかどうかということです。 一般的にメールなどにファイルを添付した場合は、添付場所にファイル自体とファイル名が表示されていますが、プロパティ情報は表示されません。 クラウドワークスの「添付ファイル」欄に「参照」から該当ファイルを選択して「開く」ボタンを押すとプロパティ情報がそのまま表示されることに違和感を感じている次第です。 著作権や契約については理解していますので、クライアントに渡ったファイルの個人情報云々を言うつもりは毛頭ありません。 そこで、改めて質問します。 クラウドワークス初心者の疑問です。 ご教示いただければ幸いです。 同じ説明になりますが、納品方法に関してはクライアントと話合って決める事だと思います。 クライアントと「メッセージフォーム」を利用して利用方法の指示に従って納品すると言う事なら それに同意しているわけですから、そういう方法かもしれませんね。 納得ができないなら、クライアントと相談して別の納品方法に変更してもらえば宜しいでしょう。 プロパティを消す・消さないは貴方の自由ですがクライアントの納品依頼方法と処理を変えて プロパティ情報を消してクライアントと揉めてもそれも貴方の自己責任で対応することになります。 そういうは依頼元と顧客折衝で確認する事だと思います Sakodaさんからの回答 こんばんは。 クラウドワークスメッセージ機能、WindowsPCでのファイル添付で Word、Excel、PowerPointを送信することがありますが、ファイルを選択した後はファイル名以外に表示されたことはありません。 スマホからとか、OSの違いでそうなるのでしょうか? 詳細が書かれていないので何とも確認のしようがありません。 Lechatdormant様の場合はプロバディ情報が表示されている状態で相手方にきちんと送信できるのかがご心配であれば、送信してから相手方に送信確認メッセージを送られてはいかがでしょうか。 送られてきたファイルが閲覧できないようでしたら、その旨返事が来ると思います。 相談者コメント K. SAKODA 様 お返事ありがとうございます。 私は、これまでWindowsPCでWordや画像jpegファイルを添付する操作をしたところ、「ファイル名」ではなく「プロパティ情報」が表示されました。 そのため、そのままクライアントに送っても、クライアントからファイル未添付として非承認にされるかもしれないと思って悩んでいたのです。 お返事のとおり、そのまま送ってみてクライアントの対応を見るというのがよさそうですね。 こちらからメッセージにファイルが添付されているか(閲覧できるか)どうかを確認する文言を事前に入れておくのもいいかもしれません。 ファイル名が表示される方法がないかとこの相談をしたのですが、一度そのまま送ってみます。 Hiro2016さんからの回答 こんにちは。 始めの方の質問では、個人情報が漏れるから困っておられるのかと思ったら、依頼者が受け取ってないというかもしれないというのが困るということなので、これは、メッセージで受け取られたか確認をすればいいだけじゃないですか? また、ファイルをフォルダーに入れて、ジップ+パスワードすることもできるでしょう。 相談者コメント Hiro2016さん ご回答ありがとうございます。 ファイルのセーブの仕方の設定については調べてみます。 これまで様々なメールソフトに添付して問題がなく、現在も問題がないので、クラウドワークスでのファイル添付上の問題かもしれません。 私も、「プロパティ情報」が表示されるのは普通じゃないと思い、その気持ちを強調するために「個人情報」という言葉を使いましたが、著作権や契約について十分理解したうえでクラウドワークスを利用しているので、自分が納得した上での開示については別段問題だとも思っていません。 他の方からも回答をいただいてますが、先方に対して連絡や確認をするというのは、先方にも手間をかけることでもあり、次善の策と考えています。 やはり、クラウドワークスのシステム上での適正な手段によって仕事ができることが望ましいと思います。 もちろん、必要に応じて「ジップ」も含め、次善の策も試しながらやっていこうと思います。 丁寧なご回答、本当にありがとうございました。

次の

ジョブオプLite(ジョブオプライト)無料で簡単!リクルートの採用ホームページ作成&応募管理ツール

おう ぼう ける 君

はたらいく• はたらいくの特徴 地元に根付いた中堅・中小企業様にベストマッチの求人媒体! はたらいくは地元志向の求職者に支持されているため、地元に根付いた企業様に特に向いています。 また、中堅・中小企業様にマッチした仕組みを強みとしており、ご掲載・お申込をいただく企業様の約7割が従業員数50名以下という実績があります。 従業員 50名以下の企業が約 7割• 地元、中堅・中小企業志望の求職者が多数! はたらいくが 選ばれる理由• Point. 1 「攻め」の採用活動を実現する『らいくサービス』 無料で求職者にアプローチでき、貴社の求人原稿を発見してもらえる! 無料・無制限で求職者にアプローチできる、はたらいくならではの機能です。 ターゲットとなる属性・タイプの求職者に「らいく」を送信することで、原稿を見てもらう機会を増やし、応募のきっかけを作りだせます。 はたらいくなら、通常応募に加えて「らいく経由応募」を生み出せます。 会員の人となりがわかる「らいくレジュメ」を検索・閲覧 無料 らいく経由で応募から採用に至る確率は、通常応募の4. (2014年2月はたらいく実績) らいくを送ることで、採用確率の高い人材との出会いを生み出すことができます。 らいくの送受信は、原稿掲載期間中にのみご利用いただけます。 Point. 2 企業規模・認知度にとらわれない商品設計 中堅・中小企業様の採用成功をサポートする機能が多数! はたらいくには、中堅中小企業の求人原稿が求職者に発見されやすい仕組みがあります。 条件絞込み時にはランダムに表示されるため、企業規模・認知度・予算にとらわれず求人が発見されやすくなります。 中堅中小企業の採用成功を応援する、はたらいくならではの商品設計です。 3 多様な経験職種、転職コア層の登録が多い求人サイト 会員の経験職種が幅広く、様々な職種で転職コアターゲットにアプローチ可能! 営業・販売飲食・建築土木・警備保守・物流運輸などの採用に有効なはたらいく。 多様な職種で採用成功を実現しています。 「今週の求人特集」 求職者の興味を引く求人特集で、御社原稿の発見性をUPします。 職種・エリアなどさまざまな検索手段 それぞれの求職者によって異なる、転職活動において大切にしている視点を検索軸として提示します。 「仕事観検索」 はたらいくオリジナル 職種や業種にこだわらず働き方の志向を基準に仕事を探すことができます。 通常の検索では探せない企業と出会うことができる、はたらいくならではの機能です。 「せきらら求人」 はたらいくオリジナル 採用ミスマッチを防ぐためにユーザーに事前に知っておいてほしい正直な情報を届ける企画のバナーです。 覚悟を持って面接にのぞむので、採用率が高まります。 「TOPテキストバナー」 御社原稿の一番のアピールポイントをテキストバナーにして、求職者にアピールします。 求職者はワンクリックで御社原稿に遷移します。 「UIターンバナー」 全エリアのTOP画面にバナーを設置。 全国の求職者に訴求できるので、採用の可能性を全国に広げることができます。 「検討中の求人リスト」 求職者が気になる求人を見つけたら「検討中の求人」リストに追加することができます。 再度見たい時にすぐ開くことができます。 「最近見た求人情報」 求職者が気になって開いた求人の詳細ページを記憶し、再度見たい時にすぐ開ける状態にします。 【検索結果一覧画面】 一覧画面では再検索パネルにて職種や勤務地の詳細検索が可能です。 【詳細画面】 求人詳細が表示されます。 企画によって原稿サイズや情報量が異なり、初回表示の場合は上位企画の方が上に表示されます。 はたらいくは都道府県別・エリアごとの掲載料金となっていて、広範囲で効率的な募集が可能な「ブロック版」と地域密着度が高い「都道府県版」に分かれています。 採用ニーズをお聞かせいただければ、貴社にぴったりの企画をご提案いたします。 は、にお気軽にご相談ください。

次の