足 が 熱く て 眠れ ない。 足が熱くて眠れない!夜間に熱くなる原因と対処法はコレ!

足の裏が熱くて眠れない!快眠の為の原因と対処法を解説

足 が 熱く て 眠れ ない

熱帯夜が続き、睡眠不足の人も多いかもしれません。 筆者も今年からクーラーを付けて寝るようになりましたが、やはり朝起きた時につま先や足首などが冷たくなっているのが気になります。 とは言え、「足が火照って寝れない!」という人もいるでしょう。 でもこの火照り、実は内臓型冷え症が原因だって知っていましたか? つまり、寝る前も起きた時も身体は冷え冷え状態。 YOGAエクササイズディレクターの筆者が、 寝る前や起床時に冷えを解消するぶらぶらストレッチをご紹介します。 そこでこの2つの違いと対策を見てみましょう。 内臓型冷え症 ・症状:夏に起こりやすく、手足の先が火照りやすい。 おなかが冷えると、下痢や便秘になりやすい。 免疫力が低下するため、風邪を引きやすい。 疲れが抜けない。 顔色も悪い。 痩せにくい。 ・原因:クーラーや冷たいものを摂ることにより、腸など内臓が冷えています。 また、交感神経の働きが弱いために、手足の血管を収縮力が弱く、血液を身体の中心である内臓に集められず足に血液がたまり、熱を帯びて火照ってしまいます。 ・対策:身体の内側から温めましょう。 熱を発するタンパク質を摂る、湯船に浸かる、温かいお茶を飲む、ストレッチなどで血液循環を促すのがオススメです。 末端冷え性 症状:冬に自覚しやすく、手足の先が冷たくなりやすい。 原因:筋力低下による血行不良や、ストレスや浅い呼吸による自律神経の乱れなどから、熱や栄養を持った血液が末端に流れないため、手足が冷え老廃物が溜まりやすいです。 対策:極端なダイエットは御法度です。 身体を冷やさないことはもちろんですが、熱を発する筋肉をつけるダンベルエクササイズやストレッチ、腹式呼吸などがオススメです。 これだけでも十分ですが、もっとお腹の動きを良くして冷えを解消したいと思う人は、こちらの動きをプラスすれば完璧です! 是非、ベッドの中での習慣にしてみて下さい。 1 床に寝転がり、両手、両足を天井方向に伸ばします。 2 そのまま、両足・両手を小刻みにゆすります。 1分ほどを目安に動作して下さい。 いかがでしたか? 寝る前であれば、老廃物を流し、筋肉のこわばりを和らげ、良質の睡眠を手に入れてください。 起きた時であれば、寝起きをよくし、朝からむくみしらずのスッキリボディを手に入れてくださいね。 (株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世 ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。 著書に「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。 ) 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ 【参考】 ・野村奈央著 2003 『女性のからだの整体法』 七つ森書館.

次の

足が熱くて眠れない!夜間に熱くなる原因と対処法はコレ!

足 が 熱く て 眠れ ない

夜に足が熱いので眠れないっていう経験ないですか? 私もよく足が熱くなり中々、寝付けない時が 多々あります。 夏場だけではなく、冬場もよく似た症状が出ることがありました。 足が熱いのは何かの病気の暗示か!?原因など 足が熱くなるのは病気へのサインか?と思い 原因を色々と調べてみると ・ 冷え症 ・ 血行障害 ・ むずむず脚症候群 ・ 更年期障害 ・ 自律神経失調症 という病気になる原因が潜んでいました。 よく言われる原因の1つは 血行障害が起き その血行障害が原因で足が熱くなり冷え症などの病気に関係してくるみたいです。 他にも更年期障害が原因という場合もあり女性に多いと 思われがちですが男性も40歳後半から足の熱い症状が出てくる人が多いとされます。 ストレスなども原因でホルモンバランスが乱れている暗示ともされています。 ホルモンバランスが乱れてくると足が熱くなる事の他にも 情緒不安定、うつ病といった精神的な病気にも変化してくるので 注意がひつようです。 足の熱さの原因が様々と分かってきましたが 「むずむず脚症候群」という症状名を始めて聞いたので調べてみると こちらも神経や血行障害などが原因で起こる病気とされ 体内の鉄分不足で脳が機能障害を起こし足などに ほてり、痛みなどの症状が出ると言われています。 ・ 入浴中に足をマッサージ ・ 足浴 ・ カプサイシンを含んだ食事で体を温める その他にも足のツボを刺激して血行を良くする方法も良いとされます。 湧泉(ゆうせん)と足心(そくしん)と言うツボを 押すと血行を良くし疲労回復にも繋がり 足の熱さが楽になると思うのでオススメです。 ツボは3秒ほど押してください。 足浴やツボなどの対策をしても症状が変わらない場合は 病気に繋がることも考えられるのでお近くの病院などに 相談してみるのも対策と言えます。 早めに治して、スッキリとした朝を迎えてくださいね!.

次の

足の裏が熱くて眠れない!原因と私が行って効果のあった対処法をご紹介

足 が 熱く て 眠れ ない

身体の機能を調整するのは自律神経といわれるもので、交感神経、副交感神経という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。 主な活動時間帯である昼間には交感神経が優位となり、休息や睡眠の時間帯である夜間は副交感神経が優位となります。 夜間、副交感神経が優位となると全身の血管が拡張します。 そして、血流が良くなることで手足が温まり、手足から身体の熱を放出して深部体温を低下させることで寝つきが良くなるのです。 疲れや生活習慣の乱れ、血行不良等により、自律神経に乱れが生じるとこの体温調節がうまくいかず、足の裏に熱がこもってしまうことがあります。 この場合、単純に足裏を冷やせば寝つきが良くなる、というものではありません。 入浴やふくらはぎのマッサージ、足のストレッチによって足の血流を改善させ、深部の体温低下を促しましょう。 特に入浴は効果的で、体の深部を温め血流を良くすることで、就寝時の体温低下を促し、スムーズに寝付くことができます。 暑い夏場は、入浴を避けてシャワーのみという人も多いかもしれませんが、足裏が熱くて眠れない場合には、ぜひ入浴とマッサージを実践してください。 前述したように、副交感神経が優位となる夜間には、熱を放出するために手足が熱くなります。 夜だけが特に熱く感じる場合、「バーニングフィート症候群」である可能性が考えられます。 これは、夜間に悪化するという特徴があり、血行不良が主な原因と考えられているようです。 これば、前述のように入浴やマッサージ、ストレッチによって改善される可能性があります。 しかし、どの対処法もやりすぎてしまうと疲れがたまり、十分な効果が得られない可能性がありますので、実施にあたってはやりすぎに注意してください。 足の裏が熱い、と感じるだけでなく、炎症を起こしたときのような発熱がある場合には、マッサージやストレッチを行うのではなく、炎症を抑えるために冷やすようにしましょう。 疲れがたまっていたり、足裏に過度な負荷がかかるスポーツを行っている場合には、炎症を起こしている可能性があります。 夜間であること、血行不良であること、炎症を起こしていることで、特に夜間に熱がこもっているように感じることもありますので、日々の生活習慣等を思い返して、原因を考えてみてはいかがでしょうか。 足の裏が熱いだけでなく痛みがある場合には、早いうちに医療機関を受診することをお勧めします。 熱と痛みがあるのであれば、足裏が炎症を起こしている可能性があるためです。 軽度の炎症であれば、痛みも軽度となる場合が多いですが、足底筋膜炎や足底線維種等、糖尿病等によっても、足裏の発熱と痛みが生じる場合があります。 この場合、ストレッチやマッサージによる改善効果はあまり見込めない可能性が高く、痛みの軽減のためには、程度にもよりますが対症療法として投薬等が必要になる可能性もあります。 痛みがない場合には、歩行や生活に支障はでないかと思いますが、痛みを伴う場合には、歩行が困難になりますし、悪化してしまうと生活にも支障がでてしまいます。 医療機関を受診するためには、また適切な治療を受けるためには、どこがどのように、どんなときに痛いのかを説明することが大切です。 熱く感じるのは夜だけかもしれませんが、痛みは夜間だけなのか、昼間も痛みが続くのか等、状況を整理してから受診するようにしましょう。 参考ですが、足の痛みは、整形外科で診てもらうことができます。

次の