熊本 北部 リトル シニア。 選手紹介

熊本北部リトルシニアの公式サイトです

熊本 北部 リトル シニア

新年明けましておめでとうございます。 2019年が幕を明け、1月5日に例年のごとくにて、厳かな雰囲気の中勝利祈願をして来ました。 キャプテンは、玉串を奉る作法を入念に予習し緊張気味でしたがしっかりと務め、皆んなで必勝祈願が出来ました。 その後は蒲生池グラウンドに移動し、いよいよ練習始め。 ウォーミングアップして、これまた恒例メニュー、グラウンドの傍にそびえ立つ不動岩までのランニング。 辿り着いた頂上では、この1年の目標達成を誓い、パワースポットとしても知られる不動岩のエネルギーを頂きました。 行きは上り 帰りは下りの、走っても走っても坂道の往復を皆んな無事に走破し、グラウンドでは監督 総監督 コーチ陣の指導の下 一生懸命 練習に取り組んだ北部ナイン。 お昼は母達の愛情たっぷりの豚汁、おにぎり、ぜんざいでパワーチャージ。 午後からのメニューも、苦しい表情を見せつつも頑張り、皆んな厳しい初日練習を乗り越えました! 2019年はどんなドラマがあるのか…この冬季次第でしょう。 頑張るよ、監督の三男坊の17期生! 18期生も春には弟達ができるでしょう、頼りにしてるよ! 三位一体、一致団結。 いつものグラウンド。 案内した時間に続々と集まる、久しぶりに見る3年生は髪も少し伸び、身長も高くなったように見え、グラウンドを去られてまだ3ヶ月くらいなのに 遠く大きく見える姿。 それでも日々練習に励んでいる在団生なのでお別れ試合でまさかあんなに大差で負けるとは、この時までは思いもしませんでした。 と言うのも、午前中に行われた 3年生vs在団生の試合は 11-0! 3年生の圧勝にさすがの一言。 16期生の皆さん、ご卒団おめでとうございます。 共に活動してきた16期生の卒団には、ひとしおの思い入れがあります。 1番身近な頼れる皆さんとの別れはやはり寂しい思いがありますが、今後、より厳しいステージで挑戦し続ける先輩達を 私達は応援しています。 熊本北部LSでの経験を胸に刻んで、新たなる道へ。 それぞれの夢を目標へ! がんばれ、16期生!! p. 対戦するのは大分西南LSさん。 前の週の勢いをそのままに、勝ちに行く気じゅうぶんだったのですが……気負いがあったのでしょうか。 完封負けこそ逃れましたが1-9の敗戦、今大会の結果としてはベスト8となりました。 遠い別府まで応援に駆けつけてくれた先輩達の前で、もっと力を発揮したかった。 あとひとつ。 その先にあったものを掴みたかった。 簡単には勝てない事、1点を取る難しさを改めて気づかされた試合でした。 けど、掴めなかったものの代わりに、それぞれに課題や目標が見つかったのではないでしょうか。 さぁ、切り替えて日々の練習に取り組んで行こう! 翌日は、大野方面に移動して練習試合。 いつもは縁の下の力持ちで頑張ってくれている一年生も、一年生大会を前に経験を積みました。 色んな意味で、収穫のある遠征だったと思います。 皆さまのご声援ありがとうございました。 熊本北部ナイン、これからの頑張りに乞うご期待です! khsbb メモリアル秋季大会。 熊本北部ナイン、本当に興奮させてくれます。 初戦は対長崎東LSさん。 ちょっと硬さがあったようにも見え、取られて 逆転し、追いつかれ 離されるもまた逆転し…のゲームで、最後までハラハラの展開。 ベンチも応援部隊も熱く盛り上がりました。 決戦の地まで駆けつけてくれた3年生の応援を胸に、下級生達は最後まで諦めませんでした。 本当にありがとう! 翌日の2回戦は、央LSさん。 前日よりは落ち着いてプレー出来ていたように見えました。 対戦頂いた両チームの皆様、ありがとうございました。 さぁ、また3回戦も頑張ろう! 目の前の事をひとつずつ。 khsbb 杯を約1週間後に控えた9月末に嫌なタイミングで発生した台風25号の九州接近により、開催が心配された今大会。 ちょうど初日に台風通過の影響で、残念ながら来熊出来なかったチームもありましたが、県内8チーム 県外7チームの参加で開催する事ができました。 天候ばかりはどうする事もできない中で、ご支援ご協力頂いた全ての方にまずは心より御礼申し上げます。 少し時間を早めて行った開会式。 強風の吹く中でも球場に響く地声で開会宣言した熊本北部LS保護者会会長や、庄野琳之介主将の力強い堂々たる選手宣誓は、優勝への意気込みを感じさせました! 名誉顧問による始球式の後、我が熊本北部の1回戦は福岡広川LSさん。 2回戦は熊本大津LSさん。 そして準決勝にコマを進めた熊本北部でしたが、熊本東LSさんに0-10の完敗を喫しました。 決は熊本東LSさんvs熊本北LSさんとなり、目が離せない展開の接戦で、1つ1つのプレーに私達本部も思わず声が出てしまう程でした。 熊本北LSさん優勝おめでとうございます。 大会結果は次の通りです。 優勝 熊本北LS 準優勝 熊本東LS 3位 長崎北LS、 熊本北部LS 今回ご参加頂いたチームの皆様、ありがとうございました。 また来年も、杯を宜しくお願い致します。 khsbb 3年生の最後の大会から早1カ月。 新チームとして初の大会、対戦頂くのは県央宮崎Bさん。 自分達の力でどれくらいやれるか、部員も保護者会も気合十分で臨みました。 序盤は自分達らしい野球でまずまずの滑り出しだったのですが、流れを持ってくる事が出来ないまま1対6の初戦敗退となりました。 しかし、それぞれに課題を見つけられたのではないかと思います。 対戦下さいました県央宮崎Bさん、ありがとうございました。 夜は、参加チームが集まっての焼肉会。 美味しいお肉を食べ、他のチームの選手達と交流し、普段はできない楽しい時間を過ごせました。 そしてトーナメントは敗退したもののただでは帰らず、残る2日間は球道スピリッツさん、ヤング西福岡メッツさん、広川LSさん、LSさんと! 3日間で計5試合を戦う事ができ、充実した遠征になりました。 対戦頂いた各チームの皆様並びに大会関係者の皆様、ありがとうございました。 17期生率いる北部ナイン、まだまだのチームですがこれからです!今後とも、応援の程宜しくお願い致します。 khsbb.

次の

リトルシニアとは

熊本 北部 リトル シニア

新年明けましておめでとうございます。 2019年が幕を明け、1月5日に例年のごとくにて、厳かな雰囲気の中勝利祈願をして来ました。 キャプテンは、玉串を奉る作法を入念に予習し緊張気味でしたがしっかりと務め、皆んなで必勝祈願が出来ました。 その後は蒲生池グラウンドに移動し、いよいよ練習始め。 ウォーミングアップして、これまた恒例メニュー、グラウンドの傍にそびえ立つ不動岩までのランニング。 辿り着いた頂上では、この1年の目標達成を誓い、パワースポットとしても知られる不動岩のエネルギーを頂きました。 行きは上り 帰りは下りの、走っても走っても坂道の往復を皆んな無事に走破し、グラウンドでは監督 総監督 コーチ陣の指導の下 一生懸命 練習に取り組んだ北部ナイン。 お昼は母達の愛情たっぷりの豚汁、おにぎり、ぜんざいでパワーチャージ。 午後からのメニューも、苦しい表情を見せつつも頑張り、皆んな厳しい初日練習を乗り越えました! 2019年はどんなドラマがあるのか…この冬季次第でしょう。 頑張るよ、監督の三男坊の17期生! 18期生も春には弟達ができるでしょう、頼りにしてるよ! 三位一体、一致団結。 いつものグラウンド。 案内した時間に続々と集まる、久しぶりに見る3年生は髪も少し伸び、身長も高くなったように見え、グラウンドを去られてまだ3ヶ月くらいなのに 遠く大きく見える姿。 それでも日々練習に励んでいる在団生なのでお別れ試合でまさかあんなに大差で負けるとは、この時までは思いもしませんでした。 と言うのも、午前中に行われた 3年生vs在団生の試合は 11-0! 3年生の圧勝にさすがの一言。 16期生の皆さん、ご卒団おめでとうございます。 共に活動してきた16期生の卒団には、ひとしおの思い入れがあります。 1番身近な頼れる皆さんとの別れはやはり寂しい思いがありますが、今後、より厳しいステージで挑戦し続ける先輩達を 私達は応援しています。 熊本北部LSでの経験を胸に刻んで、新たなる道へ。 それぞれの夢を目標へ! がんばれ、16期生!! p. 対戦するのは大分西南LSさん。 前の週の勢いをそのままに、勝ちに行く気じゅうぶんだったのですが……気負いがあったのでしょうか。 完封負けこそ逃れましたが1-9の敗戦、今大会の結果としてはベスト8となりました。 遠い別府まで応援に駆けつけてくれた先輩達の前で、もっと力を発揮したかった。 あとひとつ。 その先にあったものを掴みたかった。 簡単には勝てない事、1点を取る難しさを改めて気づかされた試合でした。 けど、掴めなかったものの代わりに、それぞれに課題や目標が見つかったのではないでしょうか。 さぁ、切り替えて日々の練習に取り組んで行こう! 翌日は、大野方面に移動して練習試合。 いつもは縁の下の力持ちで頑張ってくれている一年生も、一年生大会を前に経験を積みました。 色んな意味で、収穫のある遠征だったと思います。 皆さまのご声援ありがとうございました。 熊本北部ナイン、これからの頑張りに乞うご期待です! khsbb メモリアル秋季大会。 熊本北部ナイン、本当に興奮させてくれます。 初戦は対長崎東LSさん。 ちょっと硬さがあったようにも見え、取られて 逆転し、追いつかれ 離されるもまた逆転し…のゲームで、最後までハラハラの展開。 ベンチも応援部隊も熱く盛り上がりました。 決戦の地まで駆けつけてくれた3年生の応援を胸に、下級生達は最後まで諦めませんでした。 本当にありがとう! 翌日の2回戦は、央LSさん。 前日よりは落ち着いてプレー出来ていたように見えました。 対戦頂いた両チームの皆様、ありがとうございました。 さぁ、また3回戦も頑張ろう! 目の前の事をひとつずつ。 khsbb 杯を約1週間後に控えた9月末に嫌なタイミングで発生した台風25号の九州接近により、開催が心配された今大会。 ちょうど初日に台風通過の影響で、残念ながら来熊出来なかったチームもありましたが、県内8チーム 県外7チームの参加で開催する事ができました。 天候ばかりはどうする事もできない中で、ご支援ご協力頂いた全ての方にまずは心より御礼申し上げます。 少し時間を早めて行った開会式。 強風の吹く中でも球場に響く地声で開会宣言した熊本北部LS保護者会会長や、庄野琳之介主将の力強い堂々たる選手宣誓は、優勝への意気込みを感じさせました! 名誉顧問による始球式の後、我が熊本北部の1回戦は福岡広川LSさん。 2回戦は熊本大津LSさん。 そして準決勝にコマを進めた熊本北部でしたが、熊本東LSさんに0-10の完敗を喫しました。 決は熊本東LSさんvs熊本北LSさんとなり、目が離せない展開の接戦で、1つ1つのプレーに私達本部も思わず声が出てしまう程でした。 熊本北LSさん優勝おめでとうございます。 大会結果は次の通りです。 優勝 熊本北LS 準優勝 熊本東LS 3位 長崎北LS、 熊本北部LS 今回ご参加頂いたチームの皆様、ありがとうございました。 また来年も、杯を宜しくお願い致します。 khsbb 3年生の最後の大会から早1カ月。 新チームとして初の大会、対戦頂くのは県央宮崎Bさん。 自分達の力でどれくらいやれるか、部員も保護者会も気合十分で臨みました。 序盤は自分達らしい野球でまずまずの滑り出しだったのですが、流れを持ってくる事が出来ないまま1対6の初戦敗退となりました。 しかし、それぞれに課題を見つけられたのではないかと思います。 対戦下さいました県央宮崎Bさん、ありがとうございました。 夜は、参加チームが集まっての焼肉会。 美味しいお肉を食べ、他のチームの選手達と交流し、普段はできない楽しい時間を過ごせました。 そしてトーナメントは敗退したもののただでは帰らず、残る2日間は球道スピリッツさん、ヤング西福岡メッツさん、広川LSさん、LSさんと! 3日間で計5試合を戦う事ができ、充実した遠征になりました。 対戦頂いた各チームの皆様並びに大会関係者の皆様、ありがとうございました。 17期生率いる北部ナイン、まだまだのチームですがこれからです!今後とも、応援の程宜しくお願い致します。 khsbb.

次の

プロフィール

熊本 北部 リトル シニア

長崎海星リトルシニア のホームページ 野球チーム(長崎県長崎市) 【創部】 中学野球部は、2003年に立ち上がった。 2001年に高校野球部の監督を勇退された井口一彦前監督が中心となり、井口監督を慕う人々の協力のもと、海星中学野球部が創部された。 当時は、まだ軟式野球部で長崎市中体連に加盟しており、専用グラウンドがなかったため、ダイヤランドのグラウンドを借りるなどして練習し、中総体に出場していた。 創部間もないチームだけに部員数も少なく、野球経験のない選手もいた。 そのため、相手が右打者の時はライトへ、左打者の時はレフトへと、その都度タイムをかけ、その選手を打者ごとに動かすこともあったというエピソードも残っている。 その執念が実り、好成績を挙げた。 【硬式野球部へ】 2004年秋、高校野球部専用の三和グラウンドが完成するとともに、それまで高校野球部が使用していた大山グラウンドが中学野球部のホームグラウンドとなった。 これを機に、リトルシニア九州連盟に加盟し、長崎海星リトルシニアとして硬式ボールを扱うチームが誕生した。 中学校を母体とする硬式野球部は非常に珍しく、九州では長崎海星・佐世保北・神村学園の3チームしかなかった。 決勝では,一転して投手戦に。 痺れる試合を制した。

次の