アクサダイレクト 見積もり。 自動車保険のアクサダイレクト|ネット割最大20,000円!

見積もり前にチェック!アクサダイレクト自動車保険の補償内容は? | 保険比較ガイド

アクサダイレクト 見積もり

特徴[PR] アクサがあるさ!という安心• あなたに必要な補償を必要な分だけ。 だから保険料も必要な分だけ。 事故やトラブルには全国10,300ヵ所(2018年12月末日現在)のサービス拠点からお客さまをサポート• インターネット割引額は年間保険料やお支払い方法などにより異なります。 詳細はアクサダイレクトのホームページをご確認ください。 その他所定の条件は、アクサダイレクトのホームページをご確認ください。 アクサがあるさ!という安心• あなたに必要な補償を必要な分だけ。 だから保険料も必要な分だけ。 アクサダイレクトならあなたの条件に合わせてお見積りができます。 あなたに必要な補償を必要な分だけカスタマイズできるから、グッドプライスな保険料をご提案いたします。 インターネット割引の適用条件は、保険始期日により異なり、割引額は年間保険料などにより異なります。 詳細はアクサダイレクトのホームページをご確認ください。 詳細はアクサダイレクトのホームページをご確認ください。 事故やトラブルには全国10,300ヵ所(2018年12月末日現在)のサービス拠点からお客さまをサポート• バッテリー上がりやレッカーサービスなど、さまざまな事故や故障などのトラブルをサポート。 何度ご利用いただいても次年度の等級・保険料に影響はありません。 詳細はアクサダイレクトのホームページをご確認ください。 事故時の示談交渉はもちろん、必要に応じてお客さまに直接お会いしてお客さまをサポート。 アクサダイレクトの指定修理工場、「AXAパイロットガレージ」なら、お車の修理期間中は無料で代車をご提供。 その他所定の条件は、アクサダイレクトのホームページをご確認ください。 事故時宿泊・運搬サービス 無料(宿泊費用または帰宅費用のいずれか一方) (宿泊費用サービス) 宿泊費:搭乗者全員分の宿泊費を1泊まで(原則ビジネスホテルクラス) (帰宅費用サービス) レンタカー:乗り捨て料金を含み24時間まで または、その他交通費:搭乗者全員分(グリーン車など合理的でない経路や方法は対象外) ガス欠補給サービス 燃料補給作業は無料 ・ご契約1年目はガソリン代有料 ・2年目以降は10Lまでガソリン代無料(ただし無料サービスは保険期間中1回限り).

次の

アクサダイレクト自動車保険シミュレーション結果|自動車ランニングコスト

アクサダイレクト 見積もり

1、納得のアクサダイレクトが安い理由とは? アクサダイレクトは外資系の超大手保険会社保険会社。 実は驚くなかれ国内で自動車保険で最高の「AA-」の評価を受けてます。 早い話が、財務状態がとてもよくて支払い能力は十分という評価になります。 それにしてもかなり安い保険料になるのですが、その理由は人件費の徹底的削減にあります。 なんとびっくりなロードサービス拠点 ロードサービス拠点は全国にかなりの数はあるのですが、事故処理・事故対応拠点はなんと横浜と東京の二箇所のみと徹底して人件費削減に取り組んでいます。 2、ちょっとびっくり。 アクサダイレクトのゴールド免許割引率。 なんと ゴールド免許割引がありません。 大抵どこの保険会社にもゴールド免許割引はあるものなんですが、アクサダイレクトにはゴールド免許割引がないんですねえ。 ゴールド免許といってもペーパードライバーでも適用されますし、おそらく外資系ならではの発想だと思います。 3、その分保険料がお得になる走行距離割引。 ゴールド免許割引がないのに対し、走行距離割引はなかなか良い割引き率となります。 走行距離が少ない人には得におすすめの保険です。 ゴールド免許はペーパードライバーでもなれるわけですし。 、そもそも距離数が少ない人のほうがゴールドよりも事故を起こす可能性がひくいんじゃないか?という判断なんでしょうね。 ちなみにアクサダイレクト 予想最大走行距離ってなに? 保険をかける車が保険期間の一年間で走るであろう距離のこと。 ・5,000km未満 ・5,000km以上10,000km未満 ・10,000km以上 の三つの区分があります。 もちろん走行距離は少ないほうが割引率は多めになります。 年間5000キロ以下しか走らない方はイチオシですよ! 4、アクサダイレクトの人身傷害補償特約 この人身傷害補償特約ってなんでしょう? 過失割合に関係なく、怪我や死亡といったことに対して、設定した保険金額限度に受け取れる補償です。 要は事故の解決までまたずとも治療費や入院費を受け取ることができるという内容です。 病院などの治療費・事故による精神的損害・後遺障が残った時の介護料など• 歩行中や自転車に乗っている時の事故でも補償 ちなみに内容は選べます。 無制限・3,000万円~1億円となってます。 おすすめはもちろん無制限がいいでしょう。 他の車になんか乗らないよ?保険料安くしたいよ?って方は「搭乗中のみ補償」がいいでしょう。 より補償をしっかりしたいという方は人身傷害補償特約の他に、搭乗者傷害保険もつけると良いでしょう。 5、アクサダイレクトの事故対応。 結構いいようです。 事故対応顧客満足度が94. 9%を記録っていうなかなかの記録を打ち立ててます。 事故対応拠点が東京・横浜の2拠点しかないのですが、この2拠点に精鋭が集まっているのかもしれませんね。 6、アクサダイレクト 2年目は高いの? こういった話も結構聞くのですが、おそらく新規契約の場合の割引きが取れたから高くなったと感じるんじゃないですかね。 初年度のみに適用される割引きがなかなかの値引き額なのでその辺は注意です。

次の

見積もり前にチェック!アクサダイレクト自動車保険の補償内容は? | 保険比較ガイド

アクサダイレクト 見積もり

岡田将生さんのCMでもおなじみのアクサダイレクト。 代理店型の自動車保険からダイレクト型自動車保険に乗り換える場合、事故対応や顧客対応の評判がどうなのか気になるのではないでしょうか。 この記事では• アクサダイレクトの口コミや評判について• アクサダイレクトの特徴3つ• アクサダイレクトとソニー損保の比較• 自動車保険のダイレクト型と代理店型の違いは? についてご紹介します。 この記事ではアクサダイレクトの評判や口コミについて詳しくご紹介しているので、アクサダイレクトの自動車保険への加入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。 今すぐアクサダイレクトの見積もりをしたい方は、以下のボタンからどうぞ!いまなら契約すると全員にプレゼントがもらえます。 まずはアクサダイレクトの 口コミ・ 評判についてご紹介します。 こちらの口コミ・評判はアクサダイレクトのサービスを利用したことのある方を対象に、インターネットでアンケートを実施したものを掲載しています。 アンケートの対象期間は2019年7月11日から2019年7月21日になります。 アクサダイレクトの口コミや評判には、 事故対応・ 顧客対応に対してそれほど悪いものが無く、評判としては良い方なのではないでしょうか。 通販型自動車保険は保険料が安いですが、 保険料が安い割には事故対応や顧客対応がしっかりしていると思います。 保険金の不払いなど、「最悪」「使えない」と言われるような評判は無いようです。 事故対応や顧客対応、ロードサービスに対する評価自体は高く、評判もいいようです。 評判や口コミも気になると思いますが、自動車保険を選ぶときは、評判だけでなく補償内容もしっかり確認するようにしましょう。 アクサダイレクトは無料でロードサービスが付帯します。 「 AXAプレミアムロードサービス」と呼ばれています。 AXAプレミアムロードサービスの拠点は、全国に 10,300か所もあり、素早い対応が期待できそうです。 さらに、AXAプレミアムロードサービスの事故対応は、 24時間365日で、いつでも事故対応をしてくれます。 AXAプレミアムロードサービスの内容は、• ロードサイドサービス(バッテリー交換・ガス欠時燃料補給・スぺアタイヤ交換作業など)• レッカーサービス• 修理後車両搬送・引取り費用サービス• 宿泊・帰宅費用サービス• ペット宿泊費用サービス など様々なサービスがあり、基本無料で受けることができるとてもお得なサービスになります。 さらにアクサダイレクトの自動車保険を継続し、2年目以降になると玄関鍵開けサービスなども受けることができるようになります。 アクサダイレクトのロードサービスは対応が早いと評判もいいようです。 特に、 宿泊・帰宅費用やペットの宿泊費用を負担してくれるサービスは、行っていない保険会社もあるので、自動車の任意保険を選ぶ際の一つのポイントになるのではないでしょうか。 ちなみにロードサービスを利用しても、 翌年の等級には影響がないので、安心して利用してください。 AXAパイロットガレージはアクサダイレクトの特徴的なサービスの一つになります。 名前を聞いただけではどのようなサービスなのか、ちょっとよく分からない方もいるのではないでしょうか。 AXAパイロットガレージというのは、アクサダイレクトの 指定修理工場になります。 アクサダイレクトが独自に設定した厳しい基準をクリアした修理工場で、優良修理工場になります。 事故などで車の修理が必要になった場合、アクサダイレクトではまずこのAXAパイロットガレージの紹介を行います。 もちろん、自分で選んだ修理工場に持ち込むこともできますが、AXAパイロットガレージを利用することで、独自の サービスや 特典を受けることができます。 AXAパイロットガレージを利用する際のサービスや特典としては、• 無料引取り• 無料代車• クリーニング無料• 無料納車• 修理費の割引• ワンオーナー永久保証 などが挙げられます。 AXAパイロットガレージのサービスを受けるには、事前にアクサダイレクトへの連絡が必要になりますが、 車両保険に入っていなくてもサービスを受けることができます。 AXAパイロットガレージの修理工場は、全国に963か所もあるそうです。 さらにAXAパイロットガレージでは、 ガラス交換業者紹介サービスも行っています。 ガラスの交換を自宅や指定した場所で行ってくれるサービスになるようで、忙しい方にはぴったりのサービスになります。 ダイレクト型の自動車保険は、 基本補償と自由に選べる 追加補償があり、一人一人が自由に組み合わせられるようになっていることがほとんどです。 アクサダイレクトの自動車保険では、 基本補償と えらべる基本補償、そして 追加補償に分かれています。 基本補償は• 対人賠償保険• 対物賠償保険• 自損事故保険• 無保険車傷害保険 の4つになります。 えらべる基本補償は• 人身傷害補償特約• 搭乗者傷害保険• 車両保険 の3つになります。 さらに選べる追加補償として、• 対物全損時修理差額費用補償特約• 弁護士費用等補償特約• アクサ安心プラス• 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約• ファミリーバイク特約 の5つになります。 自動車保険には特約として 個人賠償責任特 約というものがあることが多いのですが、アクサダイレクトでは アクサ安心プラスの中の一部になっており、単独で付帯することはできません。 ソニー損保も基本補償にオプション補償をつけて行くタイプの自動車保険になります。 ソニー損保の基本補償としては、• 対人賠償保険• 対物賠償保険• 人身傷害• 無保険車傷害 になるようです。 さらに、オプション補償として、• 搭乗者傷害• 車両保険• 弁護士特約• 個人賠償特約• おりても特約• ファミリーバイク特約 などがあります。 ソニー損保では 基本補償の中でもさらに補償タイプを選ぶことができるため、プラン作成の 自由度はソニー損保の方が高くなります。 また、アクサダイレクトとソニー損保は両方ともロードサービスが無料で付いてきます。 ロードサービスの内容自体は両者とも似ており、拠点数がアクサダイレクトは 10,300か所、ソニー損保が 9,700か所と、アクサダイレクトの方が多くなります。 サービスの大きな違いとしては、ソニー損保は セコム事故現場駆けつけサービスがあるということになります。 事故を起こして不安な気持ちになる方がほとんどだと思いますが、セコムが駆けつけてくれ、いろいろとサポートをしてくれるので安心です。 いかがでしたでしょうか?ここではアクサダイレクトの自動車保険に対する口コミや評判についてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• アクサダイレクトの自動車保険の事故対応・顧客対応の評判は基本的に良い• アクサダイレクトの特徴は、AXAプレミアムロードサービス・AXAパイロットガレージ・ダイレクト型のみ• アクサダイレクトとソニー損保の保険料は、ソニー損保の方が安い• アクサダイレクトとソニー損保のサービスの違いは、ソニー損保は事故現場にセコムを呼ぶことができる• ダイレクト型と代理店型の自動車保険のメリット・デメリットについて になります。 アクサダイレクトはCMも多く流れ、ダイレクト型の自動車保険の中でかなり有名な保険になります。 気になっている場合、一度他のダイレクト自動車保険も一緒に見積もりが行える、一括見積サービスを利用してみてもいいかもしれません。 ダイレクト型の自動車保険を選ぶ際は口コミや評判が気になるかと思います。 しかし、口コミや評判だけでなく、しっかりと自分自身で補償内容などを確かめてから加入するようにしましょう。 ほけんROOMでは他にも自動車に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の