フレンチ ブルドッグ。 FRENCH BULLDOG LIFEとは

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ ブルドッグ

フレンチブルドッグとは? ピンと立ったこうもりのような大きな耳にまん丸の大きな瞳と鼻ペチャが魅力的で、尻尾が短く、他犬種とは違って尻尾で表情を読み取る事が出来ません。 その代わりに大きな耳や目、顔全体で表情を豊かに表現します。 その表情が何とも愛らしく、フレンチブルドッグの魅力に魅了される愛好家が増えています。 全体的に筋肉質のがっちりした体系で骨量が多く、引き締まった体格ですが、成犬になっても8~15kg程度、体高は30cm位です。 性格は活発で非常に利口で、勇敢で用心深く、好奇心旺盛、非常に愛嬌があり、人が大好きで人懐っこく明るい性格です。 短くやわらかな被毛は光沢があり、毛色は大きくブリンドル・フォーン・クリーム・パイドの4パターンに分けられます。 短毛犬種ですので特にトリミング(カット)の必要はありませんが、非常によく毛が抜けるので毎日のブラッシングや定期的なシャンプーは欠かせません。 鼻が短いせいか、フレンチブルドッグはブヒブヒ言います。 その為、一部の愛好家には「ブヒ」との愛称でも呼ばれています。 暑さや寒さに非常に弱いのでは室内飼いが原則でエアコンなどでの室温調整が必要な犬種です。

次の

フレンチブルドッグの特徴 カラー タイプ|フレンチブルドッグ情報サイト フレブルパーク

フレンチ ブルドッグ

フレンチブルドッグとは? ピンと立ったこうもりのような大きな耳にまん丸の大きな瞳と鼻ペチャが魅力的で、尻尾が短く、他犬種とは違って尻尾で表情を読み取る事が出来ません。 その代わりに大きな耳や目、顔全体で表情を豊かに表現します。 その表情が何とも愛らしく、フレンチブルドッグの魅力に魅了される愛好家が増えています。 全体的に筋肉質のがっちりした体系で骨量が多く、引き締まった体格ですが、成犬になっても8~15kg程度、体高は30cm位です。 性格は活発で非常に利口で、勇敢で用心深く、好奇心旺盛、非常に愛嬌があり、人が大好きで人懐っこく明るい性格です。 短くやわらかな被毛は光沢があり、毛色は大きくブリンドル・フォーン・クリーム・パイドの4パターンに分けられます。 短毛犬種ですので特にトリミング(カット)の必要はありませんが、非常によく毛が抜けるので毎日のブラッシングや定期的なシャンプーは欠かせません。 鼻が短いせいか、フレンチブルドッグはブヒブヒ言います。 その為、一部の愛好家には「ブヒ」との愛称でも呼ばれています。 暑さや寒さに非常に弱いのでは室内飼いが原則でエアコンなどでの室温調整が必要な犬種です。

次の

フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

フレンチ ブルドッグ

月年齢 体重推移 3ヶ月頃 3kg前後 5ヶ月頃 5kg前後 7ヶ月頃 7~8kg前後 8ヶ月頃 8~9kg前後 12か月頃 10kg前後 フレンチブルドッグは成犬で体長30cm、体高28~33cm、体重10kg前後に成長します。 成犬に個体差があり、体重が13kgくらいまで成長する場合もあります。 サイズの分類は、成犬で10kgをボーダーラインとして、小型犬・中型犬に分けることが多いのですが、フレンチブルドッグの体重はちょうどその境界線に当たります。 このため、分類も小型とするところと中型とするところがあり、明確にどちらかとは言い切れません。 ドッグラン、サロン、保険会社などが独自にどちらに該当するか判断しているようです。 フォーン• クリーム• ブリンドル• パイド フレンチブルドッグの毛色は大きく分けると4種類あります。 「フォーン」は、茶系ベースの被毛で顔部分が黒くなります。 「クリーム」は、白系の単色被毛で人気があり、「ブリンドル」は黒い被毛に差し色が部分的に入っています。 「パイド」は白い体に斑点が入っているタイプで、斑の出方によって個性が現れます。 更に「タイガー・ブリンドル」、「ハニーパイド」、「フォーンパイド」などもあります。 フレンチブルドッグの毛色は、遺伝子疾患を持っている可能性があるかどうかの見分けの基準にもなります。 「ブリンドル」系の親の場合、遺伝子疾患を持つ子はあまり生まれないとされ、「パイド」同士を掛け合わせた場には、遺伝子疾患を持つ子や色素の薄い子が生まれるケースが多いとされています。 毛質は短く柔らかで光沢があります。 15万円~30万円位 フレンチブルドッグの販売価格は、 15万円~30万円くらいが相場です。 特にフレンチブルドッグは個体の色や斑が様々で、色によって価格差が出ることが多いようです。 人気色の「クリーム」や斑の出方に個性が現れる「パイド」は、30万円を超えることもあり、ほかの色も、安くても10万円以下ということはあまりなさそうです。 フレンチブルドッグの値段が高めなのには、出産が大きく関係しています。 フレンチブルドッグの出産は帝王切開になることがほとんどです。 その時間とコストが子犬の販売価格に反映され高値になるのです。 しかし、高価格ということは帝王切開によって安全に出産された子犬という目安にもなります。 格安すぎる子犬の場合は、出産方法を確認する方が良いでしょう。 フレンチブルドッグの里親になるには フレンチブルドッグを飼いたい場合、里親募集情報をチェックしてみるのも良いでしょう。 主に成犬となりますが、フレンチブルドッグを譲りますという情報や、保護犬がいる団体があるかもしれません。 里親制度は、応募できる人のエリアが施設の近隣在住者に限定されている場合があります。 まずはご自身の自治体の里親募集を確認するか、地元の保健所に問い合わせてみることをおすすめします。 それから近隣の動物保護センター、動物愛護団などにも範囲を広げ問い合わせてみると良いでしょう。 里親募集されている犬ということは、一度は人間の都合で飼育を放棄された犬ということです。 里親を希望する場合は、それらの犬の過去を理解し、最後まで一緒に生活するという覚悟を持って申し出なければなりません。 しつけ フレンチブルドッグは、個人と密接な関係を好む「ワン・パーソン・ドッグ」と言われますので、しつけは主人となる人が1人で行う方が良い犬種です。 まずは一緒に遊び、コミュニケーションを密に取ってください。 主人からの愛情と絆を感じると、それに応えようと教えられたことを次々と習得していきます。 またフレンチブルドッグには、噛み癖をやめさせる必要があります。 牛と闘い、噛みつくように育種されたブルドッグの特性を引き継いでいるので、あごの力も発達しています。 噛まないようにしつける一方で、噛んでも良い丈夫なおもちゃを与えたり、ロープの引っ張りっこをしたりして本能を刺激してあげると欲求が満たされ、普段は落ち着きを持ってくれます。 お手入れ フレンチブルドッグは短毛ですが、抜け毛が多い犬種です。 また、皮膚が弱いので、被毛状態が不衛生だとすぐに皮膚トラブルが起きてしまいます。 このため、毎日ブラッシングをして毛を整え、血流を良くしてあげることが大切です。 フレンチブルドッグには独特の臭い体臭があります。 これは皮脂の分泌量が多いことと、体や顔にしわが多く、その部分に汚れがたまりやすいという原因が挙げられます。 日頃からシャンプーをこまめに行い、しわの間も丁寧に拭き取ってあげましょう。 短頭種の犬は歯の隙間や口腔が狭く、歯磨きがしにくい犬種です。 歯垢や歯石もほかの犬より溜まりやすく口臭にもつながります。 普段から歯磨きガムや、歯石取りができるおもちゃで遊ばせる、歯磨きをするといった工夫も必要です。 フレンチブルドッグの歴史 フレンチブルドッグの祖先はイギリスの小型のブルドッグです。 1800年頃にイギリスのレース職人とともにフランスに渡り、パグ犬やテリア系の犬と交配され誕生したのがフレンチブルドッグと言われています。 当時から「フレブル」の愛称で親しまれていましたが、フランスに渡った当初はネズミ捕りや闘犬用の犬として育種されていました。 やがて外見の可愛らしさや愛嬌に注目が集まり、ペットとして飼われるようになったそうです。 その後フレンチブルドッグはアメリカに渡り繁殖が盛んになりました。 当時のフレンチブルドッグは、アメリカではバットイヤー(立ち耳)スタイルが、ヨーロッパではローズイヤー(たれ耳)スタイルに人気があったそうです。 どちらがフレンチブルドッグとしてのスタンダードか?という論争は長く続きましたが、1898年に開催されたフレンチブルドッグのドッグショーで、立ち耳のフレンチブルドッグの方に人気が集中したことから、フレンチブルドッグのスタンダードはバッドイヤー(立ち耳)タイプと決定付けられたそうです。 日本にフレンチブルドッグが渡ってきたのは1900年の大正時代です。 鳴き声がブヒブヒと聞こえることから「ブヒ」という愛称で呼ばれ、現在まで多くの日本人に親しまれ続けています。 フレンチ・ブルドッグは人懐っこい犬種ですね。 あの笑顔を見ているとこちらまでつられてしまいます。 子犬の頃から変わらないつぶらな瞳にとても癒されます。 フレブルは鼻ぺちゃなので、太らせてしまうと呼吸がつらくなってしまいます。 呼吸器の疾患も多いので、いつもより荒い呼吸をしていないか常日頃よく見ていてあげてください。 お水を飲んだ時にもむせやすいです。 運動も必要ですが、椎間板ヘルニアや股関節形成不全といった関節系の病気を起こしやすいので、ダイエットだからと無理に走らせたりしてはいけません。 ボールを投げて持ってくるなどの短距離でできる運動を喜びます。 屋内でもできるので、コミュニケーションにもなりますね。 糖尿病から合併症も起こしやすいです。 どれも肥満にさせないことでだいぶ予防になるので、食事量などはしっかり管理してあげてください。 食べるのが大好きな犬種なので、本当に美味しそうに食べてくれます。 特におやつなど与え過ぎないように注意してください。 つぶらな瞳につられてはいけませんよ。 フレブルは割と短命な方に入ってしまいます。 かかりやすい病気が多いからというのも原因です。 我慢強い性格なので、隠れた病気を見落としてしまいがちです。 なるべくたくさんコミュニケーションを取り、いつもと違う面を見つけたらすぐに獣医さんに相談してくださいね。 フレンチブルドッグかわいいですね。 いろいろな毛色のパターンにも驚きました。 うちはテリア系の犬種なのですが、飼いはじめる時にフレンチブルととても迷いました。 記事にもありますようにブリーダーさんのところでないとなかなかみかけることのないフレブルちゃんですが、あの半分人間のようなお顔と体系が大好きなんです。 結果、我が家は抜け毛の関係でシュナウザーを飼いはじめました。 こちらの記事を読んでいるとフレブルちゃんの魅力が満載で、いろいろなエピソードにほほえましく癒されます。 私はこんなにフレブルちゃん大好きなのですが、うちのわんこは実はあまり得意ではないようです。 鼻ぺチャの子の特徴でもあるあの鳴き声が、自分とあまりにも違うためなのか吠えてとても警戒モードになってしまいます。 悲しいと思いトリマーさんとそのお話をしていたら、意外にも鼻ぺチャの子はそういう扱いを結構受けているみたいです。 ほとんどの鼻ぺチャちゃんは相手にもしていないみたいですが 笑。 マイペースな感じも魅力のひとつですよね。 フレンチブルドッグ、最高にカワイイですよね!現在の犬は保健所から引き取った小型犬のミックスなのですが、とても人懐っこくて他の犬に対しても温厚なので、もう一匹欲しいねと旦那と話をしています。 私は以前から鼻ぺちゃの犬が大好きで、フレンチブルドッグを飼うことが夢だったので、鼻ぺちゃ犬専門の里親サイトから引き取ろうと考えています。 フレンチブルドッグを実際に飼っている友人曰く、その子の性格にもよりますが、とても明るくて友好的な犬種だと話を聞きました。 しかし、毛がかなり抜け落ち、皮膚も弱いということも理解しておくようにとアドバイスをもらいました。 確かに、皮膚が弱いという話は聞いたことがあります。 全てを受け入れる準備は整っているので、早く良いパートナーに出会えるといいなと思っています。 私自身はフレンチブルドッグを飼っていませんが、我が家の愛犬と相性がよい犬種なのか フレンチブルドッグのお友達が大勢います。 「個性的なフレンチブルドッグの性格」の項で紹介されている、紹介されるまでアピールする行動、知り合いになったら、自身が満足がいくまで挨拶をしてくれる感じは、本当にそのままで、読みながら笑いを禁じ得ませんでした。 また、焼き餅焼きみたいですね。 私が聞く限りでは、男の子はママへ、女の子はパパが好きな傾向が強いようで、ママやパパを取られそうになると、きっちり間に入ってくるとか。 人間の子どものような性質が垣間みられ、飼い主さんがフレンチブルドッグにはまるのは本当によくわかります。 しかし、健康面・身体面では、フレンチブルドッグならではの特別な注意が必要のようです。 とにかく、夏に弱いこと、だからといってクーラーがガンガンきいた部屋では器官に疾患が出やすいこと、食物アレルギーを持っている子も増えているようで、フードやオヤツにも配慮が必要、安上がり・簡単とはいかないようですが、愛くるしいフレンチブルドッグのためなら!と、苦労話を笑顔で教えてくれる飼い主さんばかりです。 これからも、たくさんのフレンチブルドッグのお友達に出会えます様に。 我が家のフレンチブルドッグは、リング9歳です。 うまれつき下半身に奇形がありますが、とても、頭が良すぎて、飼いやすいか飼いにくいか、と、最初は考えさせられました、しつけは、一回教えたら必ず覚えてました、毎日足などを、風呂場で洗ってたのですが、毎日夜の散歩のあとは、洗わないときがすまないようで風呂場で待ってます! いたずらもしません、遊ぶ時間、寝る時間、散歩の時間、ご飯の時間が決まってるみたいです毎日リングにふりまわされてますが、なんか、頑固なおじさんと居るみたいです。 あと、家族以外の人に全く興味がないです。 リングと出会ってからはフレンチブルドッグ以外飼えなくなりそうです。 とても、人間ぽい犬種だと思います。 体温調節、鼻炎、など、大変ですが我が子と同じく大切な存在です。 フレンチブルドッグを飼う上での、健康面で最も気を付けなければならないことは、暑さと湿度の管理です。 日本のような高温多湿の気候には向いていない犬種なので、夏場はエアコンは常にかけていないと熱中症にすぐにかかってしまいます。 私のかかりつけの動物病院の先生が言うことにはは、夏場はフレンチブルドッグはじめ、パグやボストンテリアなどの短頭種のわんちゃんが体調不良で来院する頭数が激増するそうです。 シャンプーもお湯の温度のに気をつけないといけません。 少しでも熱くすると、その熱気でやられてしまうらしく、身体を乾かすためのドライヤーもだめだそうです。 ですので、夏に美容院に行くのはお勧めできないですね。 フレンチブルドッグは結構体臭があ るので、夏場は気になります。 お手入れは濡れタオルなどで身体を拭いてあげたりするのがいいでしょう。 フレンチブルドッグは大好きな犬種です。 ぬいぐるみのような華奢な犬種が多い中、愛嬌のある表情でがっしりむっちりとした骨格、なんて可愛いんだろう!と一目惚れしてしまいました。 我が家にはご縁がなかったのか、現在はダックスの男の子と暮らしていますが、今でもフレンチブルドッグは大好きでお散歩中に見かけると思わず微笑んでしまいます。 よく遊びに行くペットショップでたまに会うフレンチブルドッグ君はとても人懐っこくて見た目もパワフル、周りの小型犬に吠えられようと全く気にしない様子でずんずん店内に入ってきて他の飼い主さんに挨拶して周っています。 私が大好きなのを見透かしているかのように、「僕のこと好きでしょー!!」と言わんばかりに激しく挨拶をしてくれます 笑 そのフレンチブルドッグ君の飼い主さんとはよくお話しをさせて頂くのですが、体重は10キロを超えている為、お散歩中に引っ張られると非常に大変とおっしゃっていました。 年配の女性だと厳しいかもしれません。 フレンチブルドッグはブルドッグが元となりパグやテリアとの交配で小さめに作られた犬種で、闘犬の血が入っているということもあり、興奮しやすいそうです。 お散歩中に興奮し過ぎてしまうと、ぐいぐい凄い力で引っ張ってしまうため、首輪だと首にかなりの圧力がかかってしまい、眼圧が上がってしまうことを非常に心配されていました。 フレンチブルドッグは元々、目が飛び出している犬種ということもあり、出来るだけ負担のかからないようハーネスがお薦めとのことでした。 記事にもあるように、フレンチブルドッグはダックスと同様に、椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種です。 ダックスフンドよりはヘルニアのイメージが少ないようですが、階段の上り降りやジャンプは厳禁です。 上記のフレンチブルドッグ君のお友達のフレンチブルドッグの女の子は、家の階段を自由に上り降りをさせていたところ、ヘルニアになってしまったそうです。 ダックスよりは体重は重いため抱っこも大変だと思いますが、高さがある場所では基本的に抱っこする方が良いようです。 なお、フレンチブルドッグなどの短頭種はその構造から暑さに非常に弱く、気圧や気温の変化に適応することが苦手です。 そのため、多くの航空会社が預かりを禁止しているため、飛行機での移動は難しくなります。 預かってもらえたとしても、夏の移動は命の危険もありますので出来れば避けた方が無難です。 フレンチブルドッグは人懐っこくて子供にも優しく、表情豊かで見ているだけで癒される魅力的な犬種です。 ただ、小型犬よりもパワーがあること、顔のしわのお手入れは欠かさせないこと、目の病気、ヘルニアにかかりやすいこと、そして飛行機移動にはリスクが伴うことも考慮して家族として迎え入れるかを考えられるといいのかなと思います。 フレンチブルドッグに限らず、どの犬種にもそれぞれ大変な面があります。 我が家のダックス君も、ヘルニアの心配、ダックス特有の吠え癖など大変なことはいろいろとありますが、我が家の宝物です。 大変な面を大変だと思わずに過ごせる相手を見つけることが、お互いにとって幸せなことなのかなと思っています。 記載されている通り、人懐っこく愛嬌抜群。 マラセチアや膿皮症などといった皮膚トラブルに年中悩まされています。 なので、経済的にも少し余裕を持って考えてあげてからのお迎えがいいのかも。 皮膚が弱いフレブルちゃんは特に体臭も強め。 お散歩していても、笑顔で声をかけられます。

次の